Tag Archive: scanpst Outlook 2003の場所

virus tag

修正エラーOLMAPI32.dllがコンピュータから見付かりません。-0x800CCC93???

OLMAPI32.dllがコンピュータに存在しない場合、Outlookを使用している間に遭遇する厄介なエラーの1つです。報告書によると、Outlook 2010のユーザーは非常に大きなエラーに直面しています。ユーザーが報告したように、scanpstツールを使用して損傷PSTファイルを修復しようとしたときにエラーメッセージが表示されます。 Scanpstとも呼ばれる受信トレイの修復ツールは、Outlookで破損や損傷の問題があるかどうかをユーザーが確認するための主なものです。しかし、もしそのようなエラーがあなたにインボックスツールを使ってあなたを妨げたらどうでしょうか?どのようにPSTファイルを修復しますか? コンピュータのエラーからOLMAPI32.dllが見つからないために、Scanpstを使用できない場合は心配しないでください。 PST修復ソフトウェアなどのサードパーティツールを使用してPSTファイルを修復することはできます。このソフトウェアは、Outlookのその他のエラーが発生する可能性のある破損した破損したPSTファイルを修復するために特に設計されています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Office .Pstファイルの簡単なガイド破損後の修復-0x800CCC68???

マイクロソフトのオフィスは、各タスクを簡単に実行するためのさまざまなプログラムを提供する最高のアプリケーションスイートです。それは、ワード、パワーポイント、エクセル、アクセス、アウトルックなどのいくつかのユーティリティを含みます。とりわけ、Microsoft Outlookは、他のユーザーとの間で通信する電子メールアプリケーションとして主に使用されることが多い、通常の役割を果たします。これとは別に、ジャーナル、連絡先、カレンダー、タスクマネージャー、メモ作成などの他の重要な機能を容易にします。これは、スタンドアロンアプリケーションとして使用されるか、または組織内の複数のユーザーに対してSharePointサーバーおよび交換サーバーと連携できます。しかし、Outlookがpstファイルの破損の状況に遭遇し、後のユーザーがOffice .pstファイルの修復を探す可能性があります。 Office .Pstファイルの破損には、オーバーサイズpstファイル、ウイルス感染、ファイルヘッダー破損、アプリケーションクラッシュなどの多くの理由がありますが、状況は何かであるかもしれませんが、現在はPST修復ツールを使用してOffice .Pstファイルの修復を行うことができます。 Office .pstファイルの修復には、推奨されるツールをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

破損したOutlookで.pstフォルダを簡単に抽出する方法-0x800CCCAB???

Microsoft Outlookのデータファイル(.pst)が開かない、またはファイルが破損していると思われる場合は、破損したOutlookの.pstフォルダを解凍するための指示に従ってください。投稿に注意深く従います。 .pstフォルダの抽出について知っていますか? Microsoft Outlookは世界中で有名な電子メールサービスです。それはビジネスで非常に電子メールを送受信するために使用されます。連絡先、カレンダー、タスク、メモなどの追加コンポーネントでも非常に人気があり、日常の作業ルーチンを非常に簡単にし、すべての予定、連絡先、会議および他の同様の活動を制御します。貴重なすべての添付ファイルをOutlookで.pstファイル形式で.pstフォルダに保存できます。 ただし、保存された添付ファイルの.pstファイルは、多くの望ましくない理由により削除または破損していることがあり、コンピュータの破損が続いていることがあります。ウイルスや感染の攻撃、システムの中断、システムの障害、ハードディスクの障害、不適切なシャットダウンなどのためにPC上で発生しました。そのため、貴重な.pstフォルダをすべて復元するか、Outlookアカウントの.pstフォルダを展開する必要がある場合は、影響を受けるコンピュータ上で最も価値の高いOutlook PST修復ツールを使用して、保存された.pstフォルダをすべて復元します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookの.pst修復ソフトウェアを使用してPSTファイルを修復する簡単な方法-0x800CCCAE???

あなたはMS OutlookのPSTファイルにアクセスしている途中で問題が発生しましたか?それらを開くためのソリューションをお探しですか?もしそうなら、あなたの検索はここで終わります。すべてのOutlook関連の問題を解決するには、Outlookの.pst修復ソフトウェアを選択する必要があります。すべての詳細については以下で説明します。 Outlookを.pst修復ソフトウェアと必要なときに使用する理由 Outlookユーザーとして、突然のシステムシャットダウン、ヘッダーファイルの破損、ウイルス攻撃、特大のpstファイルなどの理由により、pstファイルがアクセス不能になったり削除されたりするその瞬間を熟知しています。その瞬間、全世界は深い浅いところにいるようです。このような状況では、Outlookの.pst修復ソフトウェアが必要です。 ただし、Scanst.exeという名前のOutlookの内蔵修復ツールを使用すると、pstファイルの復元が可能です。この組み込みユーティリティには素晴らしい機能がありますが、いくつかの制限があります。破損したファイル、破損したファイル、破損したファイル、アクセスできないファイル、または紛失したpstファイルを修復できない可能性があります。その時点で、サードパーティのOutlook .pst修復ソフトウェアを選択する必要があります。 しかし、市販されている様々なサードパーティ製のソフトウェアがありますが、Outlook PSTの修復ツールは適切かつ最高のものです。高度にスキャンされたアルゴリズムといくつかの高度な機能を備えているので、pstファイルを修復するのに適しています。このソフトウェアにはグラフィックインターフェイスが付属しているため、このソフトウェアを使用するための専門知識は必要ありません。 OutlookユーザーはこのOutlookの.pst修復ソフトウェアを簡単に使用することができ、MS Outlookのすべてのバージョンと互換性があるため、躊躇せずにファイルを復元できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Windows 7でscanpst.exeとPSTファイルを修復する方法-0x800ccc13 outlook 2016

scanpst.exeについて scanpst.exeは、MS Officeのすべてのパッケージにインストールされている、小型で非常に効率的なPST修復ツールです。この組み込みツールは、ヘッダー破損の問題で動作することが保証されています。今ではツールは効率的に動作しますが、PCのどこかに隠れる傾向があるため、修理作業に関してユーザーが使用するのが難しくなります。しかし、Windows 7でこのような問題が発生した場合、ここではscanpst.exeの正確な場所としてパニックにはならないことをお勧めします。Windows 7の詳細: 32ビットWindows 7 ドライブ:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office16 ドライブ:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office15 ドライブ:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office14 ドライブ:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office12 64ビットWindows 7 ドライブ:\ Program Files…
Read more