Tag Archive: scanpstウィンドウ10

virus tag

新しいOutlookプロファイルを作成して使用する方法-0x8004210a Outlook???

Outlookプロファイルは、より優れたスムーズなOutlookエクスペリエンスのために非常に重要です。アカウント、Outlookデータファイル、その他の重要な設定の管理に役立ちます。どういうわけかOutlookプロファイルが破損または削除された場合、スムーズな作業で問題が発生します。また、ユーザーはMSOutlookの使用中に電子メールを保存または受信することはできません。その場合、ユーザーはOutlookでプロファイルを作成する必要があります 新しいOutlookプロファイルを作成および設定する方法 まず、ユーザーはMS Outlookを閉じて、開いている他のすべてのファイルとプログラムを終了する必要があります 次に、コントロールパネルを開きます。 次に、メールを検索し、[メール]をダブルクリックして選択したメールを開く必要があります。 メール設定ウィンドウ内で、プロファイルを表示するオプションをクリックする必要があります 次に、[追加]をクリックし、プロファイル名を指定して、[OK]をクリックする必要があります。 次に、アカウントの追加ウィザードに移動し、ユーザーの電子メールアカウントを作成して設定します。完了したら、ユーザーは[完了]をクリックする必要があります。 [メール]ウィンドウで、ユーザーは元のOutlookプロファイルを選択し、[削除]をクリックする必要があります。 警告メッセージが表示されます。 Outlookデータファイルのバックアップがすでに作成されている場合は、[はい]をクリックする必要があります。 ただし、プロファイル作成の上記の手順を実行した後でも、ユーザーがOutlookデータにアクセスできない場合は、pstファイルが破損している可能性があります。このような状況では、ユーザーはscanpst.exeまたは受信トレイ修復ツールを選択する必要があります。これは、pstの破損を修復するための組み込みユーティリティです。ただし、その制限があるため、サードパーティのOutlookPST修復ソフトウェアを使用することをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

(修正)Scanpst.Exeが修復中に応答を停止する-0x800CCC0A???

Scanpst.exeが修復中に応答を停止した場合はどうしますか?何らかの理由でOutlook PSTファイルが破損し、Scanpst.exeが修復プロセス中に応答を停止した場合でも、心配する必要はありません。ここでは、その状況でPSTファイルを修復する方法に関する適切な手順をご案内します。したがって、読む前に、所定の手順に従ってください。 ユーザーは、PSTファイルが破損または損傷した場合は常にScanpst.exeを使用することをお勧めします。これは、PSTファイルに関連する小さな問題を修正するために設計された組み込みのユーティリティです。しかし、修復プロセス中に応答しないか、動作を停止することがあります。これは主に、PSTファイルのサイズが大きすぎるか、ひどく破損している場合に発生します。さらに、Scanpst.exeは、次のような他の条件で修復中に応答を停止します。 Scanpst.exeツールが正しくインストールされていない場合 Exchangeサーバーの問題が原因でScanpst.exeが失敗する Scanpst.exeのサブファイルの破損 有害なウイルス攻撃のためにPSTが破損している しかし、前述のように、Scanpst.exeが修復中に応答を停止した場合でも悲しいことはありません。PSTファイルを修復することは可能です。そのためには、サードパーティの修理アプリケーションを使用する必要があります。 PST修復ソフトウェアは、インボックスユーティリティが失敗したときにPSTの問題を修正するために使用できるよく知られたアプリケーションです。 PSTが破損した状態でも失敗せず、ほとんどのOutlookバージョンと互換性があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookの致命的なエラーを修正する完全なガイド-0x800CCC07???

Outlookアプリケーションで操作を行い、Outlook Fatalを修正するための適切なソリューションを検索中に何らかの理由でOutlook Fatalエラーが発生した場合、このチュートリアルガイドを読むことは非常に役立ちます。このチュートリアルガイドでは、このような問題を修正するための適切なソリューションを含むOutlook Fatalに関連するすべての情報を知っています。したがって、最後までこの投稿を注意深く読んでください。 Outlookの致命的なエラーについて知っておくべき事実 Outlookの致命的エラーは、Outlookユーザーがメールまたはファイルの操作中に直面するもう1つの最も一般的なエラーメッセージです。ただし、Outlookアプリケーションにはいくつかの優れた機能が搭載されていますが、何らかの理由でユーザーが電子メールを送受信できなくなり、Outlookの致命的なエラーなどのエラーメッセージがスローされることがあります。このようなエラーメッセージは、頻繁に再起動するため、システムのパフォーマンスを低下させることがよくあります。このエラーメッセージが表示され、適切なタイミングで修正しないと、BSODエラー、Outlook、システムクラッシュ、Windows起動時にシステムがフリーズするなど、さまざまな危険で深刻な問題が発生する可能性があります。 Outlookの致命的なエラーの発生の理由 Outlookデータファイルが破損しているか、見つかりません。 Outlookおよびシステムアプリケーションの破損。 インストールされたアドインとMS Outlookアプリケーションの競合。 オペレーティングシステムの障害または破損。 オーバーサイズのOutlookデータファイル。 マルウェアまたはウイルス感染。 MS Outlookアカウントなどで破損した電子メールが存在します。 Outlookの致命的なエラーをトラブルシューティングまたは修正するための効果的なソリューション 解決策1-インストール済みのMS Outlookアプリケーションを注意深く見てください。不要なアドインを削除し、保留中の更新を完了する必要があります。 解決策2- Windowsファイアウォールの設定を確認します。セキュリティの脅威が見つかった場合、Outlookアプリケーションがファイアウォールを無効にすることがあるためです。そのため、ファイアウォール設定をセットアップする必要があります。 解決策3-システムが正常に動作し、インターネットに接続されていることを確認します。また、アカウントまたはプロファイルの設定ですべてが完璧であることを確認する必要があります。 解決策4- Outlookデータとファイルをバックアップしてから、MS Outlookアプリケーションを再インストールします。 解決策5- Outlookの致命的なエラーを修正するには、システムの復元の機能を使用できます。すべての問題に関連するOutlookの修正に役立ちます。 上記のトラブルシューティングソリューションは、 Outlookの致命的なエラーを修正するのに効果的で完璧なものですが、このエラーメッセージを解決または修正する問題が発生した場合は、Outlook PST Repair Toolという名前の自動化ユーティリティを使用する必要があります。これは、Outlookの致命的なエラーを数回クリックするだけで簡単かつ迅速に修正するのに最適なソリューションです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2013エラー30088-27を修正-0x800CCC41???

Outlookユーザーは、郵送の経験を低下させる可能性のあるいくつかのタイプの問題に時間を掛けなければなりません。 Outlook 2013のエラー30088-27は、煩わしいだけでなく、ユーザーがアプリケーションにアクセスするのを妨げるような問題です。このエラーは、通常、インターネット接続が遅い、ファイルのインストールが破損または不完全で、プロキシなどの競合が発生した場合に表示されます.Windowsのファイアウォールまたは以前のオフィスファイルのインストールが不完全なためにエラーが発生することがあります。したがって、このエラーメッセージが表示され、修正したい場合は、次のいずれかの手順を試行してください。 Windowsファイアウォールを無効 以前のOfficeのインストールを削除する インストールプロセスを再開する しかし、Outlook 2013のエラー30088-27がまだ発生している場合、上記の手順を実行しても、PSTファイルに破損がある可能性があります。 PSTの破損を修正するには、Scanpstを使用することができますが、ほとんどの場合は動作しません。したがって、あなたがPST修復ソフトウェアなどのサードパーティのユーティリティを選択した方がよいでしょう。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする