Tag Archive: PST修理無料ツール

virus tag

Outlookエラー0x800ccc78を修正する最適なソリューション-0x800CCC02???

Outlookエラー0x800ccc78を修正する方法?同じクエリのソリューションを探している多くのOutlookユーザーがいます。このエラーは、通常、ユーザーがOutlookで電子メールを送受信しようとしているときに発生します。多くのユーザは、この迷惑なエラーの原因を理解していないので、それを取り除くためにいくつかのことをやり始めます。 Outlookで電子メールを送信するか、または電子メールの受信を待つときにエラーメッセージが表示されるのは本当に邪魔です。同じ問題を抱えている場合は、以下の手順に従ってこのOutlookエラーメッセージを修正してください。 Outlookを開く>ツール>アカウント設定をクリックします。 電子メールアカウントをダブルクリックします。 インターネット電子メール設定ウィンドウがポップアップします。 次に、より多くの設定をクリックし、[Outgoing server tabs]をクリックします。 [送信サーバーSMTP認証が必要]チェックボックスをオンにし、[OK]を押します。 しかし、Outlookエラー0x800ccc78はまだあなたのPSTファイルが壊れていることを意味しています。修復するには、インボックスユーティリティを使用することができますが、破損や損傷が深刻な場合は、PSTの修復を拒否します。しかし、サードパーティツールを使用してPSTを修復できるので、悲しい必要はありません。 PSTの修復ソフトウェアは、ひどく損傷した、または破損したPSTを簡単に修正し、それらによって引き起こされるOutlookのエラーを修正することができる主要なユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst Exe 2003ダウンロード:PSTファイルを修復するための無償ユーティリティ-????????????????????

Scanpst Exe 2003を使用してPSTファイルを修復する scanpst exe 2003のダウンロードは、Outlook PSTファイルが何らかの理由で削除、破損、または失われた場合に必要です。 PSTファイルの削除、紛失または破損の背後にはいくつかの要因がありますが、ハードウェアおよびソフトウェアの障害、MS Outlookアプリケーションの不正アクセス、マルウェア攻撃、ヘッダーファイルの破損などがあります。 この費用のかからないユーティリティは、WindowsユーザーがMS Outlookアプリケーションをダウンロードすると自動的にWindows PC内にインストールされる受信トレイの修復とも呼ばれます。このユーティリティは、PSTファイルに関連する問題を診断および識別するために使用されます。いくつかの機能を備えていますが、Outlookユーザーが小さな問題を解決するのに役立つだけであることを心に留めてください。 Scanpst Exe 2003の代替ダウンロード しかし、どうかしたら、あなたのPSTファイルは何らかの理由で削除、紛失または破損し、Outlook PST修復ツールという名前のサードパーティツールを選択する必要があります。このサードパーティのツールは、高度なスキャンアルゴリズムを使用して専門家のチームによって特別に作成されています。それは深くPSTファイルをスキャンし、PSTファイルの元の品質を変更せずに修復します。これは、MS Outlookのほぼすべてのバージョンをサポートし、それらを修復する。任意のOutlookユーザーの任意のバージョンは、PSTファイルおよびMS Outlookの他の属性を修復するためにscanpst exe 2003ダウンロードの最良の代替手段としてOutlook PST修復ツールを簡単に使用できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

削除されたOutlookファイルを回復するための便利なソリューション-Outlook????????????????????

削除されたOutlookファイルを回復するには?これは、MS Outlookユーザーがpstファイルを破損したり、破損したり、何らかの理由で紛失したりしたときによく聞かれる質問の1つです。あなたのPST Outlookのファイルも削除され、削除されたOutlookファイルを回復する最良の方法を探している場合、あなたの検索は間違いなくここで終わります。この投稿を読んでください。 すべてのOutlook PSTファイルとその回復ソリューションについて PSTはPersonal Storage Tableファイルの略で、添付ファイル、連絡先、カレンダーイベント、重要なタスク、電子メールなどを含む単一の場所にユーザーのデータを格納するMS Outlookデータファイルと呼ばれます。高度な機能が搭載されていますが、このアプリケーションの最も良い点は、ユーザーがインターネットに接続しなくてもメッセージを送受信できることです。 すべての実り多い機能にもかかわらず、マルウェア攻撃、pstファイルヘッダーの破損、shift + delコマンドの使用、MS Outlookアプリケーションの不正アクセスなどを含む予期しない理由により、pstファイルが破損したり破損したりすることがあります。 。しかし、これらの簡単なヒントに従って、削除されたOutlookファイルを簡単に復元できるので、心配する必要はありません。 まず、あなたのMS Outlookアプリケーションを開きます。 「ファイル」をクリックします。 [Outlookデータファイル]の下の[削除済みアイテム]を選択します。 そのメニューでは、削除したフォルダを特定する必要があります。 今度は、主に上部にある「削除済みアイテムの回復」をクリックする必要があります。 簡単な手順を選択することで、削除されたOutlookファイルを簡単に回復できますが、前述の手動手順を処理できない場合は、Outlook PST修復ツールというサードパーティの修復ツールを選択する必要があります。この修復ユーティリティは、本当に削除されたOutlookのPSTファイルを回復するための素晴らしい優れた選択肢です。それはしばしばMS Outlookファイルの広い範囲を簡単に回復します。このユーティリティの助けを借りて、削除されたOutlookファイルを数分で簡単に回復できます。それはMS Outlookのすべてのバージョンと互換性があるので、互換性の問題について考える必要はありません。 OutlookのPSTの修復ツールを使用して、簡単かつ完全に削除されたOutlookファイルを回復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2007受信トレイの修復ツールで解決できない問題を解決するソリューション-0x800CCCC2???

受信トレイ修復ツールの概要 受信トレイ修復ツール (Scanpst.exe)は、問題のあるPSTファイルを分析および識別するために実際に使用される受信トレイツールです。このツールは、コンピュータシステムに対するエラーの場所を指定するため、メールボックス全体で検索することはありません。代わりに、データが破損しているかどうかを判断するための個人用フォルダ、またはPSTファイルの修復のためのエラーの種類を調べてください。受信トレイ修復ツールは、PSTファイル構造の状態を確認することによって動作します。適切な構造で整理されていない場合、その状況では、ツールはリセットでエラーを修正した後、適切なヘッダーを再構築します。 受信トレイ修復ツール(Scanpst.exe)をPCにインストールする 受信トレイ修復ツールのファイルの場所はC:\ Program Files \ Microsoft Office \ OFFICE12です。受信トレイ修復ツールの場所は、ほぼすべてのバージョンのOutlookで異なり、多くの場合、ユーザーがインストールしたOutlookの言語によって異なります。また、インストールされているOSによって、32ビット版と64ビット版のWindows OSがインストールされているかどうかにも依存します。 Outlook 2007受信トレイ修復ツールの場所 Outlook 2007の受信トレイ修復ツール 32ビットWindows C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office12 64ビットWindows C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office12 Outlook 2007の受信トレイ修復ツールが、効率の良いサービス(つまり、発生したすべての問題を解決する)をユーザーに提供しているにもかかわらず、Outlookの問題を解決できない状況が発生する可能性があります。このような状況ではなく、Outlook PST回復ソフトウェアの使用を多くの効率的なだけでなくアルゴリズムスキルを強化するようにすることをお勧めします。このプログラムにはOutlook 2007の受信トレイの修復で発生したエラーを修復する可能性があります破損または破損したPSTファイルを回復中のツール 。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookの連絡先リストを復元する方法-0x800cccof Outlook????

この記事では、Outlookの連絡先リストを復元する方法について説明します。ユーザーはしばしば、Outlookアプリケーションから重要なデータを失うために愚かな間違いを犯すので、この状況では、失われたデータをシステムに戻すために何らかの助けを必要とします。 Outlookはメールの送受信に関してすべてではありませんが、Outlookアプリケーションを使用することでさらに多くのものを失う可能性があります。あなたは既知の連絡先リストの全リストを作成することができます。特定のリストのためにメモを保存することさえできます。ただし、作成した連絡先リストをすべて失うことがない限り、Outlookアプリケーションを慎重に操作する場合にのみ機能します。 あなたがOutlookの連絡先リストを簡単に復元できるように、Outlookの連絡先リストが削除されているか、またはOutlookのアプリケーションから抜けていれば、それを心配する必要はありません。 Outlookはすばらしいアプリケーションです。不適切な作業をするべきではありません。小さな間違いが大きなダメージを与える可能性があります。重要なデータが失われたときのデータ量を取得するようになりました。幸いなことに、PST修復ソフトウェアを使用してOutlook連絡先リストを復元することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2010でPSTファイルが開かない問題を修正-scanpst exe 2010?????????

Outlook 2010は、インタラクティブ機能と簡単なナビゲーションで人気があります。しかし、私たちが知っているように、PSTファイルはOutlookのどのバージョンでも重要なことであり、PSTファイルの問題は何らかの問題を引き起こす可能性があります。 Outlook 2010でPSTファイルが開かないような問題は、ユーザーが重要なデータにアクセスできないようにするためです。あなたがPSTファイルにアクセスする必要があるとき、そのようなエラーメッセージを得ることは非常に面倒です。このエラーが発生すると、PSTファイルに破損があることが明確に示されます。 PSTファイルに破損や破損を引き起こす理由はいくつかあります: 論理エラーと不適切な同期のため コンテンツにアクセス中にOutlookを終了する PSTでの危険なウイルスやマルウェアの攻撃 PSTファイルのオーバーサイズなど そのため、Outlook 2010の問題でPSTファイルが開かないようにしたい場合は、破損したPSTを修復する必要があります。ただし、Scanpstを使用してPSTファイルの破損の問題を修正することはできますが、このinbuiltユーティリティは常に機能しません。したがって、PST修復ソフトウェアなどの強力なサードパーティユーティリティを使用することをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

PSTファイルはOutlook 2010と互換性がありません-Outlook?pst??????????????????

Outlook 2010のエラーは、他のバージョンのMS Outlookと同じように一般的です。 PSTファイルはOutlook 2010と互換性がありませんPSTファイルを以前のバージョンのOutlookにインポートしようとすると、ユーザーが直面するようなエラーメッセージが表示されます。 Outlook 2010は、以前のバージョンのOutlookがANSI形式をサポートしているPSTにデータをインポートおよびエクスポートするために、Unicode形式をサポートしています。これは、ユーザーがPSTファイルをエクスポートまたはインポートしようとすると、そのようなエラーが発生する理由です。エラーを修正するには、次の手順を実行してください Outlook 2010を開く> [ファイル]タブをクリックし、[情報]タブをクリックします アカウント設定をクリックし、アカウント設定をもう一度クリックします。 Outlook 97-2002個人用フォルダファイルをファイルとして保存の下で選択します。 デフォルト名を受け入れ、[OK]ボタンをクリックします。 下部のナビゲーションウィンドウで、フォルダの一覧を表示 情報をOutlook 2010フォルダから新しい.PSTファイルにドラッグする 上記の手順を実行してもPSTファイルがOutlook 2010と互換性がないというエラーが発生した場合は、PSTファイルが破損している可能性があります。 PSTファイルの破損の問題を修正するには、PST修復ソフトウェアを使用することをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

コンタクトアウトビュー2007を回復するソリューション-0x800CCC6F???

この記事では、Microsoft Outlook 2007のプロファイルからすべての連絡先を失った場合、連絡先Outlook 2007を回復するための完全で簡単なソリューションを目指しています。 Outlook 2007は、誤って削除されたファイルを復元するためのすべてのソリューションに付属するすばらしいアプリケーションです。 Outlookは、削除されたデータをOutlookプロファイルから簡単に取り出すことができる、「削除済みアイテム」という名前のフォルダを提供します。しかし、間違って連絡先を削除すると、「削除済みアイテム」フォルダがバイパスされ、回復がより困難になります。人間の間違いに加えて、連絡先の見通しを2007年に回復する必要があるその他の理由は次のとおりです。 PSTファイルの不適切なアーカイブ。 アンチウイルススキャナとの競合。 Outlookプロファイルに対する悪意のあるウィルス攻撃。 PSTファイルのオーバーサイズの問題。 理由は重要ではありませんが、良いニュースはあなたがPST回復ソフトウェアを使用して連絡先の見通し2007を回復できるということです。提案されたツールは、100%安全で使いやすく、信頼性が高く、Microsoft Outlookの連絡先を含むOutlook 2007のデータを元に戻すことができます。だから、提案されたツールを試して、簡単なクリックで削除された連絡先のOutlook 2007を回復してください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

OutlookでPSTファイルを分割する-0x800CCC68???

大規模なPSTファイルは、いくつかの迷惑なOutlookエラーにつながるPSTの破損の背後にある主な理由の一つです。通常、PSTファイルサイズが制限されたサイズ(2 GB)を超えると発生します。その後、エラーメッセージが表示されるか、重要なファイルにアクセスできなくなる可能性があります。これらの問題を避けるために、pstファイルの分割が必要になります。 Outlookを定期的に使用すると、サイズ制限を超えた主な理由の1つである多数のデータが格納されます。しかし、不要な電子メールを削除したり、電子メールをアーカイブしたりすることで、それを回避できます。 予防的な手順に従うと、pstファイルを分割する必要はありません。サイズ制限のためにPSTファイルが破損した場合は、心配しないでください。そのような場合は、Scanpst.exeを使用して修復できます。 PSTの破損または破損に起因するエラーを解決するために、Microsoftが提供する組み込みプログラムです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする