Tag Archive: PST修理ツールオフィス2013

virus tag

Outlook 2010の自動受信トレイ更新の問題を修正する-0x800CCCA4???

長い間Outlook 2010を使用してメールを送受信しています。しかし、今日Outlookを起動して送受信操作を実行すると、自動的に実行されません。問題を修正するためにOutlookの設定を変更するように勧められた友人がいますが、どうすればよいかわかりません。これは非常に迷惑な問題であり、メールの送受信を妨げます。 Outlook 2010の自動受信トレイ更新の問題を修正するのを手伝ってください。 Outlookが、ユーザーが問題に苦しむ必要があるため、期待どおりに応答しないことがあります。このような問題の1つは、Outlookが送信または受信機能を実行してサーバーから電子メールを自動的に取得しない場合に発生します。通常、問題はOutlookの送信または受信グループが影響を受けるか壊れている場合に発生します。ただし、以下のトラブルシューティング方法を使用すると、Outlook 2010の自動受信トレイ更新の問題を修正できるため、緊張する必要はありません。 最初にリボンバーの[送受信]タブを選択します 次に、[送受信グループ]を選択します その後、「送受信グループの定義」をクリックします 次に、自動送信/受信エントリのスケジュールをマークします 最後に制限時間を指定する必要があります したがって、上記の手順を使用すると、Outlook 2010の自動受信トレイ更新の問題を修正できます。しかし、これらのエラーがPSTファイルの破損または損傷につながることもあり、組み込みのユーティリティで修復するのも簡単ではありません。ただし、サードパーティのアプリケーションを使用してPSTを修復できるので、悲しいことはありません。 PST修復ソフトウェアは、Scanpst.exeが失敗したときにユーザーがあらゆる種類のPSTを修復できる、強力で信頼性の高いユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Microsoft Outlook Scanpstを使用してOutlookエラーを修正する方法-0x800CCC04???

Microsoft Outlook Scanpstについて知っている 今日、ほとんどのWindowsユーザーは、ビジネス目的だけでなくビジネス目的でも、電子メールアプリケーションとしてMS Outlookを使用しています。このアプリケーションを使用すると、Windowsユーザーはすべてのデータを適切かつ評判の良い形式で整理できます。主にPSTファイル形式でデータを格納していました。間違いなく、MS Outlookは優れた電子メールクライアントアプリケーションの1つですが、Outlookの破損の問題に直面した可能性があります。その時点では、Microsoft Outlookのscanpstが必要です。 Microsoft Outlookのscanpstは、実際にはシステムのユーザーがMS Outlookアプリケーションをダウンロードしてインストールするときに、Windows PCの内部にインストールされる、費用のかからないユーティリティとして知られている内蔵のOutlook修復ツールです。 理由は、PSTファイルの破損の背後にある PSTファイルの削除。 MS Outlookアプリケーションを使用中にシステムがシャットダウンします。 ヘッダーファイルの破損。 Outlookアプリケーションの不正アクセス。 オーバーサイズのPSTファイルなど。 Microsoft Outlook Scanpstを使用する方法のステップバイステップ手順 まず、開いているアプリケーションをすべて閉じ、MS Outlookアプリケーションを再起動します。 その後、scanpst.exeユーティリティを探してダブルクリックします。 これで、システム画面にウィンドウが表示されます。 PSTファイルの名前を入力するか、[参照]ボタンをクリックして適切なファイルを選択します。 その後、 "Start"ボタンをクリックしてスキャン手順を開始します。 スキャンが完了すると、スキャンレポートが表示されます。問題が検出された場合は、ファイルを選択し、[修復]ボタンをクリックして修復手順を開始します。 修復が正常に完了すると、確認メッセージが表示され、「OK」ボタンをクリックする必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookのメールボックスの修復:簡単にPSTファイルを修復する-0x800ccc05 outlook 2007

Microsoft Outlookで電子メールを開くことができない場合は、PSTファイルが破損しているか破損していることを示します。ウイルス攻撃、Outlookの不適切な使用などのPSTファイルの破損や破損につながる理由は数多くあります。 PSTの破損問題を念頭に置いてMicrosoftは破損したPSTファイルを修復できる受信ボックス修復ツールを提供しています。あなたはまた、Outlookのメールボックスの修復ソリューションをお探しの場合は、この受信トレイのツールを試してみる必要があります。 しかし、このinbuiltユーティリティの問題は、PSTファイルの修復に大部分の時間がかかります。特に、サイズが大きいために破損している場合や、重大な破損が発生した場合に発生します。インボックスユーティリティがサードパーティのソフトウェアでOutlookのメールボックスの修復が可能であるため、ヘルプに失敗しても心配しないでください。 PST修復ソフトウェアは、受信トレイツールでは不可能なPSTファイルまで修復することができるプログラムです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2003の修復ツールを使用して破損した.pstファイルを修復するベストな方法-0800ccc13 outlook 2013

Outlook 2003の修復ツールについて知っておくべき基本事項 Microsoft Outlookは、電子メールを送受信するためにデジタルメディアで通信する世界中で非常に普及している電子メールクライアントです。これは、ユーザーに有益なサービスを提供するいくつかの属性を提供するため、専門家によって広く使用されています。 Outlookの属性の中には、カレンダー、電子メール、メモ、タスク、連絡先があり、ユーザーが簡単にタスク、会議、予定、およびその他のさまざまなタスクをスケジュールするのに役立ちます。これらのすべてのアクティビティファイルは、Outlookによって.pstファイル形式で保存されていることがわかります。 しかし時にはさまざまな技術的な問題やシステムや.pstファイルが破損しているため、この場合はOutlook 2003の修復ツールを使用して修正する必要があります。 Outlookには、Outlookの問題を修正できるInbox修復ツールまたはscanpst.exeが既に組み込まれています。しかし、これらのツールは、Outlookの.pstファイルの破損や削除などの大きな問題を修正することはできません。したがって、破損した.pstファイルを簡単に修正するには、最も推奨されるOutlook 2003修復ツールを使用する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

2GB .PST修正:破損した2GBの.PSTファイルを復元する-??????PST??????

MS OutlookのPSTファイルは、連絡先、電子メール、イベント、カレンダー、会議、予定リスト、RSSフィード、タスク、およびMicrosoft Outlook電子メールアプリケーションのさまざまな他の属性で構成される複雑なデータベースと見なされます。 PSTファイルは、2000年から2010年のMicrosoft Outlookのバージョンで使用されますが、MS Outlookの完全な情報に関連するユーザーのプロファイルを保存するための最も安全な形式の1つです。しかし、Outlookの初期のバージョンでは、Outlook 2000とOutlook 2002のファイルは主に2GBの最大サイズを持つANSI形式で格納されています。 Microsoft Outlookの顕著な機能の代わりに、2GBの.PSTの修正のためにあなたを導く理由PSTファイルの破損のために重要なデータを失う可能性があります。 PSTファイルが壊れたり破損したりする理由はいくつかありますが、最も一般的なものの1つは.PSTファイルのサイズが2GBを超えていることです。この種の状況では、2GBの.PST修正のための評判の良い信頼できるOutlook PST修復ツールができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

削除されたOutlookデータを回復する:削除されたOutlookデータを取得する簡単な手順-0x800ccc13???

間違いなく、多くのユーザーは、個人用やビジネス用などのさまざまな目的でOutlookを使用して、電子メールに簡単にアクセスします。 MS Outlookはすべてのデータファイルをパーソナルストレージテーブル(PST)ファイル形式で保存します。電子メール、添付ファイル、連絡先など、あらゆる種類のデータファイルを保存することができます。基本的に、ユーザーはバックアップ情報をより小さな部分に分割して適切に処理できます。いずれにしても、Outlookデータファイルに破損があると、複数のファイルやデータが失われ、削除されたOutlookデータファイルをユーザーが復元するのは非常に複雑になります。したがって、PSTデータファイルのバックアップを保持する必要があります。ユーザーが誤ってPSTファイルを削除し、失われたOutlookデータファイルを回復する場合があります。 OutlookのデータがOutlookのメールボックスから誤って削除された場合は、しばしば修復できますので、最初に[削除済みアイテム]フォルダを確認する必要があります。あなたがそこにそれを見つけなかったなら、あなたは次の場所にOutlook PST修復ツールを使ってアクセスできる復旧可能なアイテムフォルダがあるはずです。このOutlookのPSTの修復ツールを使用すると、簡単にあなたのOutlookのメールボックスにあなたの紛失または削除されたPSTファイルのすべてを回復することができます。 Outlookのデータが誤ってまたは意図的に削除または破損し、削除されたOutlookデータを熱心に回復したいという犠牲者にとっては本当に恩恵です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

scan.pstソフトウェアでPSTファイルを修復する方法-????550???

scan.pstとは何ですか? Outlookアプリケーションには、破損しているか破損しているpstファイルを検出して修正するための内蔵修復ユーティリティがあります。このユーティリティは、scan.pstソフトウェアの名前で一般的です。インストールはユーザーがMS Outlookアプリケーションをインストールすると自動的に行われます。 scan.pstユーティリティの特定の目的は、pstファイルのエラーを分析し修復することです。システムの突然のシャットダウン、ファイルサイズが2 GBを超える、電源が不適切であるなど様々な理由により、pstファイルでエラーが発生することがあります。 ユーザーがscan.pstを見つけられる場所: 'Scanpst.exe'は 'drive:\ Program Files \ Microsoft Office \ OFFICE12'にあります。 「ドライブ」は、MS Outlookをインストールしたドライブの名前を指します。 scan.pstは、内部データを修復することによって内部データを回復するよう努力しますが、完全な方法で回復を実行する可能性はありません。 scan.pstの制限 それは時間エラーを実行します。 ディレクトリ構造とpstファイルのヘッダを修復することはできません。 紛失して見つかったフォルダは修正できません。 したがって、ユーザーは、徹底的に破損または壊れたpstファイルを修正することができるOutlookのpst修復ソフトウェアのインストールである代替の解決策を提案します。これは、完全なOutlookのPST回復を実行します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする