Tag Archive: pst修復ツールデモをダウンロードする

virus tag

Outlookで不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002を修正-0x800CCC1A???

Outlookで不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002を取得しますか? Outlookに保存されているデータにアクセスできず、不明なエラーが発生しましたエラーコード0x80070002? Outlookで理由と不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002を扱っているため、この投稿を最後まで読んでください。 MS Outlookがメール、メモ、ジャーナルなどの重要なデータを保存する重要なメールクライアントであることは誰もが知っています。しかし、ユーザーはOutlookでエラーコード0x80070002などの不要で不明なエラーに直面する可能性があります。これにより、PSTファイルが破損する可能性があります。また、すべてのpstデータが格納されるディレクトリにアクセスできなくなります。 実際には、すべてのpstファイルは次のパスでディレクトリに保存されます C:\ Users \ YourUsername \ AppData \ Local \ Microsoft \ Outlook C:\ Users \ YourUsername \ Documents \ Outlook Files したがって、ユーザーはOutlookのファイルとフォルダにアクセスするために、システム上のパスを確認する必要があります。ファイルが壊れている場合、Outlookで不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002が原因でPSTファイルとデータにアクセスできなくなります。ただし、pstファイルが破損している場合、ユーザーはscanpst.exeを使用できます。これは、pstファイルの破損を修正するための組み込みの受信トレイ修復ツールです。 Outlookで不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002が原因で受信トレイ修復ツールを使用して破損したPSTを修復するには Scanpst.exeを起動します。 [参照]をクリックして、PSTファイルの場所に移動します。 [開始]をクリックして、スキャンプロセスを開始します。 ただし、scanpst.exeでエラーが修正されない場合、ユーザーはOutlook PST修復ソフトウェアを使用して、Outlookで不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002が原因で破損したpstファイルを修復する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

起動中にOutlookがクラッシュする問題を修正するソリューション-0x800CCC0C???

Outlookは高度な電子メールアプリケーションですが、多くのユーザーは時々問題に苦しんでいます。起動中にOutlookがクラッシュすることは、不便を引き起こし、電子メール送信エクスペリエンスを低下させるような問題です。この問題のため、ユーザーはOutlookを開くことができず、メールの送受信などの重要なタスクを実行できません。あなたも同じ問題に直面しているなら、心配しないでください。この問題を解決するために、最近インストールされたアドインを削除できます。問題が解決しない場合は、Outlookをセーフモードで起動します。それを行うには、以下の所定の手順を使用します。 PCで実行されている場合はOutlookを閉じます スタートメニューをクリックし、exe / safeと入力してEnterキーを押します。 その後、Outlookアプリケーションを閉じます その後、通常どおりOutlookを再起動します Outlookをセーフモードで起動すると、起動中にOutlookがクラッシュし、問題が解決します。しかし、任意のアプリケーションの頻繁なクラッシュはその動作に影響を与える可能性があり、Outlookの場合はPSTファイルの破損を引き起こします。ただし、軽微な損傷がある場合は、Scanpst.exeを使用してPSTを修復できます。しかし、PSTファイルがひどく破損している場合は、PST修復ソフトウェアのようなサードパーティのユーティリティの助けが必要になります。それは大きなサイズのためにそれがひどく破損しているか破損しているかどうかにかかわらず、簡単にPSTファイルを修復する強力なアプリケーションです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Ms Outlookで検索インデックスを再構築するガイド-0x800ccc0d outlook 2007

MS Outlookアプリケーションの使用中、または特に検索が機能しない、またはメールボックスが読み込まれないなど、MS Outlookアプリケーションの操作中に問題に直面していますか?そのような問題を修正する簡単な方法をお探しですか?検索インデックスを再構築するための効果的な指示をお探しですか?はいの場合、適切な場所にいます。ここでは、Outlookアプリケーションで検索インデックスを再構築する方法を知っています。 検索インデックスを再構築する理由 MS Outlookは、Windows PCの高度な機能を備えたアプリケーションの1つであり、カレンダー、タスク、連絡先管理、メールなど、いくつかのプログラムが1つに含まれています。機能があるからといって、需要が高すぎます。すべての機能にもかかわらず、PSTファイルの再構築、新しいメールボックスの追加、新しいPCへの電子メールの移行など、Outlook関連の問題が時間の経過とともに発生する可能性があります。どういうわけか、Outlookが機能しないという問題、特に検索やメールボックスが読み込まれないという問題に直面している場合は、Outlookアプリケーションで検索インデックスを再構築する必要があります。 Outlookで検索インデックスを再構築するための手動の手順 最初に、Windows PCでコントロールパネルを開きます。 インデックスオプションのアイコンをタップし、その後[詳細設定]ボタンをクリックします。 [インデックス設定]タブに移動します。 [トラブルシューティング]セクションで、[再構築]ボタンをクリックします。 検索インデックスを再構築する手順を確認するには、[OK]ボタンをクリックします。 これで、インデックス作成の進行状況バーが表示されます。 インデックス作成手順が正常に完了したら、[閉じる]ボタンをクリックします。 上記の手動の指示は、 検索インデックスの再構築に役立ちます。ただし、Outlookに関連する小さな問題を解決する場合は、Scanpst.exeという名前のOutlookの受信トレイ修復ツールを使用する必要があります。このユーティリティを使用するには、次の手順を実行する必要があります。 まず、Scanpst.exeを見つける必要があります。 このユーティリティをダブルクリックして開きます。 Scanpst.exeが画面に表示されると、ウィンドウが表示されます。 ここで、修復するPSTファイルの名前を入力する必要があります。 または、参照オプションを使用できます。 ファイルを選択したら、[開始]ボタンをクリックしてスキャン手順を開始する必要があります。 スキャンが成功した後にエラーメッセージが表示される場合は、[修復]ボタンをクリックしてOutlookのファイルを修復する必要があります。 MS Outlookの受信トレイ修復ツールは、Outlook関連の小さな問題を解決するのに十分ですが、大きな問題を解決するには、Outlook PST修復ツールと呼ばれるサードパーティのユーティリティを使用する必要があります。このユーティリティを使用すると、 検索インデックスを簡単に再構築し 、Outlook関連の主要な問題を修正できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

PSTファイルの電子メールヘッダーの破損を修復する方法-0x800CCC07???

あなたの電子メールヘッダは壊れていますか? PSTファイルの電子メールヘッダーの破損を修正するための簡単で適切な解決策を探していますか?数回クリックするだけで、このような問題を簡単に解決したいですか。あなたの答えが上記のすべての質問に対してイエスなら、このガイドはあなたにとって有益です。このチュートリアルガイドは、PSTファイルの電子メールヘッダーの破損を修正する方法についてあなたを支援することを目的としています。それで、この記事を完全に読んで、正確な順序で指示を実行してください。 OutlookのPSTファイルの概要 最近では、多くのシステムユーザーが、個人用または業務用の電子メールを保存するために、電子メールクライアントとしてMS Outlookアプリケーションを使用しています。このアプリケーションは、送信済みアイテム、受信トレイ、送信トレイ、連絡先、履歴、削除済みアイテムフォルダ、RSSフィード、カレンダーアイテムなどの関連情報を格納するためにユーザーによって使用されます。そのすべての機能にもかかわらず、ユーザーはPSTファイルの損失のシナリオに直面する可能性があります。この状況は、あらゆる状況、状況、および要因で発生する可能性があります。まあ、良いニュースはあなたが簡単にPSTファイルの電子メールヘッダーの破損を修正することができる方法があるということです。 PSTファイルの電子メールヘッダーの破損の背後にある理由 一般的なネットワーク上でのPSTファイルの共有 PSTファイルのヘッダは、感染性のあるマルウェアやウイルスに汚染されています。 MS Outlookの強制終了または中断 無許可の人によるMS Outlookアプリケーションへのアクセス。 ハードディスクドライブに不良セクタが存在します。 MS OutlookのPSTファイルなどのサイズが大きすぎる PSTファイルの電子メールヘッダーの破損を修正するための手動による解決方法 まず、MS Outlookアカウントからログアウトしてアプリケーションを終了します。 その後、Windowsエクスプローラまたはシステムのファイルマネージャに行きます。 drive:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office14フォルダを選択します。 今、scanpst.exeを見つけてそれをダブルクリックします。 開いたウィンドウで、破損したPSTファイルの名前を入力します。あなたはPSTファイルが壊れているという考えがないなら、あなたは参照オプションを使うことができます。 表示されたオプションで、実際にヘッダ破損に関連しているPSTファイルを選択してください。 その後、スキャン手順を開始し、スタートボタンをクリックしてください。 この行動は本当に修理を必要とするすべての問題を引き起こすことを目的としています。 そのため、修復ボタンをクリックして修復を行います。 手動の指示はPSTファイルの電子メールヘッダーの破損を修正するのに十分ですが、この方法は技術的なスキル、時代と過度の努力を必要とします。場合には、あなたは新しいMS Outlookユーザーであり、簡単にPSTファイルの電子メールヘッダーの破損を修正したいのであればOutlook PST Repair Toolという名前の自動化されたユーティリティを試してみてください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Microsoft Outlookのエラーを修正するための簡単なソリューション20-0x800CCC64???

Outlookのエラー20は、時間に解決されなければ問題を引き起こす可能性のある別の厄介な問題です。このエラーは、Microsoft Outlookまたはこのアプリケーションに関連するソフトウェアがシステム上で実行されている場合に発生します。誤った日付と時刻の設定、ファイアウォールによるOutlookの活動の遮断、Outlookの不完全なインストール、安全でないプログラムからのOutlook関連のファイルの削除など、このようなOutlookのエラーの背景にはさまざまな理由があります。このOutlookのエラーを修正するには、手順のトラブルシューティング: 日付と時刻を設定しようとする PCをスキャンしてデバイスドライバを更新する 最新のWindows Updateをインストールしてディスククリーンアップを実行する ときどき破損したPSTファイルもOutlookのエラー20を引き起こし、実行されます。実行中の受信トレイユーティリティは、Outlookの唯一のトレール問題を処理するように設計されているため、ひどく破損したPSTファイルを修復することはできません。したがって、このエラーを修正するには、専門的なサードパーティツールが必要です。 PSTの修復ソフトウェアは、簡単に破損し、破損したPSTを修復してエラーからあなたを救うための効率的なユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

破損したメールボックスの修復方法に関するヒント-800ccc0f???

PSTはMicrosoft Outlookを使用してすべての重要な情報を格納する個人用ストレージファイルの略です。それは最も重要なファイルの一つです、一度壊れた場合は、情報にアクセスすることはできません。ただし、破損したメールボックスの修復には、.pstファイルの破損が原因でも発生します。メールボックスはMicrosoft Outlookの重要な機能ですが、オフィスや企業で電子メールの送受信に使用されていました。しかし、一度.pstの破損が大容量のpstファイル、ウイルスの感染、ファイルヘッダの破損、アプリケーションのクラッシュなど多くの原因で発生しました。このケースに対処するには、あなたの問題を解決するのに最適なツールが必要です。 市場にはいくつかのツールがありますが、 PST修復ツールは、PSTの破損を処理するための最適なアルゴリズムロジックをプログラムして適用した最良のツールです。提案されたツールは、壊れたメールボックスの修復と共に、すべてのメールボックスコンポーネントを効果的に回復します。この製品を使用すると、誤って削除したメールボックスを取得できます。だから今すぐこのソフトウェアを手に入れ、問題をすべて解決してください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookでエラーコード20を修正するには?-0x80040154???

Outlookでエラーコード20が表示されますか?このエラーを解決しますか?はいの場合は、ここでこの問題を解決するのに役立つ解決策を知ることができます。 Outlookはいくつかの機能を提供していますが、残念ながらエラーは発生しません。エラーコード20は、Outlookでの経験を損なう可能性がある問題です。通常、このエラーメッセージは、電子メールを送信しようとしたときに「Outlookがプロキシサーバーに接続できません(エラーコード20)」というメッセージが表示されます。この問題のために、ユーザーは重要な電子メールを送信できず、より多くの問題を引き起こすいくつかの不必要な活動を開始することができません。 アプリケーションがプロキシサーバーに接続できない場合、Outlookでこのエラーが発生する可能性があります。この問題を解決するには、システムファイルチェッカースキャンの実行、アンチウイルススキャンの実行、ファイアウォールのオフなど、いくつかの手順を使用できます。しかし、これらの手動ステップをすべて試しても、まだエラーが発生していて、悲しいことはありません。 PST修理ソフトウェアなどの効率的なツールを使用してOutlookでエラーコード20を修正できます。ソフトウェア修復はPSTファイルを壊し、Outlookで発生するエラーも修正します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookアーカイブファイルを開かないように修正する方法-0x800CCC42???

Outlookは偉大な電子メールアプリケーションですが、連続した外観にも似ています。Outlookのアーカイブファイルが開かれていないため、Outlookユーザーが気になる状況に置いています。この種の問題が発生したOutlookのアクティビティは完全に中断されましたが、Outlookのアーカイブファイルが開かれていないと修正する必要はありません。アーカイブファイルを安全に保つには、重要なOutlookファイルを安全に保管しておく必要があります。これは以下のプロセスに従うことができます。 Outlookアーカイブファイルの送信中に注意を払う。 常に適切な方法でOutlookアプリケーションをシャットダウン/終了します。 安全でない圧縮ツールに決して頼らないでください。 システムを定期的にスキャンして、Outlookアーカイブファイルを安全に保ちます。 さて、あなたは一般的にscanpst.exeとして知られている受信トレイ修復ツールを使用してパニックにする必要はありません簡単にOutlookのアーカイブファイルを開けない修正することができます。 scanpst.exeが失敗した場合は、非常に問題を解決するために推奨PST修復ソフトウェアを使用してください。提案されたツールは、シンプルなインターフェースを備えた経験豊富な専門家によって設計されています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする