Tag Archive: pstファイルの修復ツールの見通し2007年無料ダウンロード

virus tag

Windows10でOutlookOSTファイルを開くことができないというエラーを修正する-scanpst???????

OutlookはWindows10でOSTファイルを開くことができませんか? Windows 10でOutlookOSTファイルを開くことができないというエラーを取得していますか? OSTファイルにアクセスできませんか? MS Outlookが、ビジネスおよび専門家のニーズと要件を管理するための最も熟練した電子メールクライアントアプリケーションであるという事実に疑いの余地はありません。ただし、ユーザーが特定の問題に直面する必要があり、OutlookOSTファイルを開くことができない場合があります。Windows10エラーはその1つです。ただし、このような問題は主に、ユーザーがOutlookを高度なバージョンにアップグレードするとき、またはWindows8からWindows10に切り替えるときに発生します。また、Outlookのデータファイルとフォルダーが破損したり、破損したOSTファイルを開くことができない場合もあります。 OutlookOSTファイルを開くことができないWindows10エラーを修正する方法 WindowsまたはMSOfficeのアップグレード後、またはMS Outlookの再インストール後に問題が発生または発生した場合、ユーザーはWindows 10PCを再起動するだけです。 PCを再起動すると、このような問題が修正され、OutlookOSTファイルにアクセスできることがよくあります。ただし、問題が破損または破損したpstおよびOSTファイルが原因で発生した場合、そのような場合、ユーザーはOSTファイルを修復する必要があります。この目的のために、Outlookは組み込みユーティリティとしてscanpst.exeまたは受信トレイ修復ツールで有効になります。 または、最初に保存した場所からOSTファイルを削除して、Outlookを終了することにより、OSTファイルの再作成を試みることもできます。その後、Outlookを再起動すると、OSTファイルが自動的に再作成されます。 また、OutlookアドインがOutlookアプリケーションと競合していないかどうかをクロスチェックする必要があります。実際にインストールされたアドインは、MS Outlookのスムーズな実行と競合し、最終的にOSTファイルをWindows10で開くことができなくなることがあります。 Outlookアドインを無効にしてOutlookOSTファイルを開くことができないエラーを修正する方法 まず、Windowsのスタートメニューに移動し、「実行」を検索します。 次に、入力フィールドにoutlook.exe / safeと入力し、[OK]をクリックしてOutlookをセーフモードで起動します。 次に、[ファイル]タブを開き、[オプション]> [アドイン]に移動します。 下部にある[管理]セクションを見つけて見つけます。 ドロップダウンメニューで[COMアドイン]オプションが選択されていることを確認してから、[実行]をクリックする必要があります。 次に、すべてのアドインの選択を解除または選択解除して、[OK]をクリックします 次に、最後にOutlookを終了し、もう一度再起動します。次に、一度に1つのアドインを選択して有効にし、OutlookOSTファイルを開くことができないというエラーの原因となるアドインを見つけます。見つかったら、そのアドインをアンインストールして、残りのOutlookアドインを有効にすることができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scan.pst.exeファイルを簡単に回復する方法-?????pst???????????

この記事には、scan.pst.exeを簡単に復元できる効果的なチュートリアルガイドが含まれています。しかし、適切な回復ソリューションについて知る前に、scan.pst.exeについて知っておく必要があります。だから、この投稿を完全に読んでください。 Scan.pst.exeについて scan.pst.exeはMicrosoftからMS Outlookユーザーに配信される受信トレイ修復ツールとも呼ばれます。この無償のユーティリティは、破損したファイル、破損したファイル、削除されたファイル、または失われたPSTファイルを回復するためのユーザーの応急処置ユーティリティーとみなされます。 PSTファイルは実際には、送信または受信された電子メール、ジャーナル、重要なメモ、タスク、ジャーナル、予定リストなど、すべてのデータを保存するためにMS Outlookで使用されるファイル形式です。それは簡単に見つけることができます: C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office16(64ビットWindowsの場合) C:\ Program Files(* 86)\ Microsoft Office \ Office16(32ビットWindowsの場合) Scan.pst.exeを回復するための最良のユーティリティ scan.pst.exeは間違いなく非常に効果的で使いやすいユーティリティです。このサードパーティのツールはPSTファイルを回復できますが、いくつかの制限があることを心に留めておいてください。場合によっては、scan.pst.exeファイルが破損したり、破損したり破損したりする可能性があります。その時、破損、破損、破損またはフォーマットされたPSTファイルを修復するには、scan.pst.exeの変更が必要です。 オンライン市場だけでなくオフライン市場でも、scan.pst.exeをリカバリすることをユーザーに要求するサードパーティのユーティリティがいくつかありますが、すべてのOutlook PST修復ツールの中で最高のユーティリティと見なされます。このユーティリティは高度な機能を備えており、非常に使いやすいインターフェイスが付属しています。それは深いスキャン手順を実行し、ほとんどすべてのPSTファイルを元のファイル形式に回復します。したがって、ユーザーはOutlook PSTツールを使用してscan.pst.exeを回復する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

「4GB以上の.pst」ファイルサイズを修正する方法-0x800CCC0A???

4GBより大きい.pstの詳細情報 あなたは通常のMS Outlookのユーザーで、メッセージ数だけでなくメールの膨大な数を受け取っている場合、4GBファイルサイズ以上の.pstを経験する可能性があります。あなたのPSTファイルがそのサイズ制限に達すると、あなたはMS Outlookのコンテンツにアクセスしたり、それ以上読むことができなくなります。また、ファイルサイズが超過したためにいくつかのエラーメッセージが表示されることがあります。オーバーサイズのファイルの問題のために、あなたのMS Outlookはパフォーマンスの低下に応答しなくなる可能性があります。 "4GBより大きい.pst"の問題を修正するのに役立つユーティリティ Outlook関連の問題を解決するために、MS Outlookはscanpst.exeと呼ばれる費用のかからないユーティリティを提供しています。これは、PSTファイルで発生している一般的なエラーを処理することは可能ですが、このユーティリティは特大のPSTファイルを修復することができません。その場合、システムユーザーは、Outlook PST修復ツールと呼ばれるサードパーティ製の信頼性の高いユーティリティを選択する必要があります。このツールは、Outlookのユーザーが高度なアルゴリズムを使用してOutlook関連の問題を修正し、 "4GB以上の.pstファイルサイズ"の問題を修正するのに役立ちます。したがって、このような有用なユーティリティを利用することができます。 Outlook PSTの修復ツールについてもっと知っている 「4GBより大きな.pst」を修正するために、OutlookのPST修復ツールは、アクセス不能、破損、削除、または4GBを超える.pstのような何らかの理由で失われたPSTファイルを修正することができる、 。それは元のファイル形式でMS OutlookのPSTファイルと他の帰属を回復することができます。だから、あなたは簡単にOutlookの問題を修正するOutlook PSTの修復ツールを採用することができます。それは、いくつかの高度な機能が付属し、ユーザーフレンドリーなインターフェイスで設計されています。このソフトウェアの最も良い点は、MS Outlookのすべてのバージョンと互換性があることです。したがって、どのOutlookユーザーも、4GB以上の.pst以上のOutlook関連の問題を簡単に修正できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookが破損した.Pstファイルの修復を簡単に行う方法を知っている-??pst????????2007

どうやら、このポストを読んでいてOutlookの破損した.Pstファイル修復ソリューションを探しているなら、あなたは正しい場所にいます。ここでは、破損した.Pstファイル修復の完全な解決策を得て、現在困難に直面しているすべてのデータにアクセスします。 Outlookデータにアクセスできない場合は、.pstファイルが破損しているか破損している可能性があります。一度傷つけば、あなたは心配する必要はありませんし、PSTの修復ツールの使用によって簡単に修正することができます。 ただし、Microsoft Outlookには、.pstファイルの修復に役立つscanpst.exeという名前のツールが組み込まれています。しかし、その限界のために満足のいく結果を得ることができない時があります。その場合、Outlookの破損した.Pstファイルの修復を効果的に行うために設計されたPST修復ツールを使用する必要があります。このツールはMicrosoft Outlookのすべてのバージョンをサポートしているため、ユーザーは簡単に修正できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

2GB .PST修復ツール:大きな個人用フォルダファイルを回復する-0x8004210b Outlook 2013

連絡先、アラーム、カレンダー、会議、電子メール、プロジェクトスケジュール、MS Outlook電子メールクライアントで作成されたイベントは、PSTファイルの形式でシステムに保存されます。 Microsoft Outlook 2003および2007より前のMS Outlookバージョンで作成されたこのPSTファイルは、2GBのサイズ制限があります。つまり、電子メールが保存されるPSTファイルは2GBを超えることはできません。ファイルサイズが最大2GBの制限を超えている場合、メールにアクセスできない、メールボックスがフリーズしたり、メールやデータが失われたりするなどの状況に直面します。 すべての重要なメモ、電子メール、連絡先、イベント、カレンダー、会議、プロジェクトのスケジュール、リストやアラームなどを失うことは大きな損失になることがあります。このような不快な状況に陥った場合は、重要なデータを取り戻すために必要な手順について開始することがあります。心配しないで、あなたがする必要があるのは、その激しい状況から出てくる信頼できる2GBの.PST修復ツールを使用することです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

MS OutlookがPSTファイルエラーにアクセスできない-???????????????

Outlookは、その有用性と信頼性のために最もよく使用される電子メールクライアントの1つになっています。このアプリケーションを使用するのは簡単ですが、何らかの間違いのためOutlookで問題に直面している非賢明なユーザーがいます。 MS OutlookはPSTファイルにアクセスできないエラーは、Outlook PSTファイルで読み取り専用オプションを有効にしたときにユーザーがよく遭遇する問題です。このエラーを取り除くには、PSTファイルを右クリックしてプロパティに移動し、[読み取り専用]チェックボックスをオフにします。 しかし、いつかPSTファイルの破損によってエラーが発生し、このような状況ではPSTファイルを修復して問題を解決する必要があります。 PSTファイルを修復するには、scanpstを利用することができますが、重大な破損がある場合は動作しません。このような状況では、PSTファイルにアクセスできないMS Outlookを解決するためにPST修復ソフトウェアを使用することができますエラー ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする