Tag Archive: pstファイルの修復ツールの見通し2007のダウンロードのフリーウェア

virus tag

Outlook421がSMTPサーバーに接続できないというエラーを修正する-0x8004210b Outlook???

Outlookを使用してメールを送信できませんか? メールの送信中にOutlook421がSMTPに接続できないというエラーがOutlookで発生しますか? Outlook 421 SMTPサーバーに接続できないというエラーを修正するための解決策をお探しですか? SMTPは、SMTPをシンプルメール転送プロトコルと呼びます。実際には、SMTP設定が正しくない場合、またはSMTPポートがブロックされている場合、ユーザーはこのような問題に直面する可能性があります。このような問題に直面している場合は、この投稿がすべてであるため、心配する必要はありません。したがって、時間を無駄にすることなく、このチュートリアルを開始しましょう。 メールを送信しているOutlookユーザーは、IMAPOutlookアカウントで特にこのようなエラーに直面しなければならない場合があります。これは、SMTP構成の設定に誤りがあるか正しくないことが原因である可能性があります。ただし、SMTP構成の問題だけでなく、システムにインストールされているウイルス対策や、Outlookアプリケーションのスムーズな動作を妨げる可能性のあるプロキシファイアウォールの設定が原因で発生することもあります。 Outlook421がSMTPサーバーに接続できないというエラーについて確認する一般的なエラーメッセージのいくつかを見てみましょう メッセージを送信できませんでした。エラー421不明なエラーが発生しました:サーバーエラー421 上記のエラーメッセージのいずれかが表示された場合は、SMTPですべてがうまくいかず、ポートの設定と構成に問題があると結論付けることができます。その結果、ユーザーは電子メールを送信できず、Outlook421エラーに直面します。 Outlook 421がSMTPサーバーに接続できないというエラーを修正しますか? SMTPまたはSimpleMail Transfer Protocolは、Outlookのサーバーに接続するために、デフォルトでポート25を使用します。ただし、このポートがブロックされていると、メールの送信に問題が発生します。ただし、以下のようにSMTPポートの設定を変更することで解決できます。 まず、Outlookを起動します Outlook> [ファイル]> [アカウント設定]に移動します。 次に、SMTPエラーが発生している電子メールアカウントを選択し、[変更]ボタンをクリックします。 ここで、ユーザーは[その他の設定]を選択する必要があります。その中で、[詳細設定]タブを開きます。 [送信サーバー(SMTP)]フィールドで、ユーザーはポート番号を465に設定する必要があります 次に、[OK]をクリックします。 ユーザーは、インターネット電子メール設定ウィンドウでポート番号を変更する必要もあります 設定で、ユーザーはメールサーバーのを自動的に取得するようにOutlookを設定する必要があります。 まず、[インターネットメール設定]ウィンドウで、[送信サーバーの設定]を選択して開きます。 次に、[送信サーバー(SMTP)認証]チェックボックスをオンにして、受信メールサーバーオプションと同じ設定を選択します。 次に、[OK]をクリックします。 うまくいけば、これは修正されるはずです Outlook421はSMTPサーバーに接続できませんエラー。ただし、pstファイルが破損していると、メールボックスアイテムやOutlookデータがpstファイルの破損によって破損するなどの問題が発生する場合があります。したがって、ユーザーはOutlookPST修復ソフトウェアを使用してpstファイルの破損を修復する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookエラーコード50を修正する方法を知っている-??pst????????2007

Outlookエラーコード50は、Outlookアプリケーションで作業中に発生する可能性のある最も一般的なエラーの1つです。このエラーは、ユーザーが最も重要な機能であるOutlookでメールを送受信できないようにします。この厄介なエラーの背後には多くの理由があり、その理由を見つけ出すために必要な問題を解決することができます。エキスパートによると、エラーメッセージは、ウイルス攻撃、電子メールアカウントのSSL、アンチスパムアドイン、破損したOutlookファイルなどのために発生する可能性があります。このエラーを修正するには、以下の手順に従ってください。 コントロールパネル>メール>メール設定をクリックします。 プロファイルを表示して追加をクリックする 新しいOutlookプロファイルを作成し、アカウントを追加します。 今すぐOutlookを開き、電子メールを送信してみてください。 しかし、手動の手順でOutlookエラーコード50を修正できない場合は、心配しないでください。サードパーティのツールを使用して簡単に修正できます。 PSTの修復ソフトウェアは、PSTの破損または他の理由によるOutlookのエラーを修正するために設計された高度なユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

フォルダを表示できません。Outlookは、指定されたフォルダの場所にアクセスできません。-0x800CCCDE???

こんにちは友人!、私はOutlookのユーザーであり、私はPSTファイルにアクセスしているときに「指定されたフォルダの場所にアクセスできないフォルダを表示できません」というエラーメッセージが表示されます。このエラーメッセージを解決するか、誰かを助けてください。効果的なソリューションは本当に感謝されます。前もって感謝します… 「Outlookが指定されたフォルダの場所にアクセスできない」というエラーが表示される一般的な原因 フォルダを表示するためのメモリが不足しています。 不要なアドインやアプリケーションのインストール。 フォルダビューへの不必要なカスタマイズ。 Outlookアプリケーションや他の多くの権限のないアクセス。 解決策 'Outlookが指定されたフォルダの場所にアクセスできないフォルダを表示できません'というエラーを解決するソリューション 「指定されたフォルダの場所にアクセスできないフォルダを表示できません」というエラーメッセージが表示された場合は、次の手順に従って「SharedMemMaxSize」を編集する必要があります。 まず、開いているMS Outlookアプリケーションを閉じます。 「スタート」>「実行」を選択します。 [ファイル名を指定して実行]ボックスにregeditと入力し、[OK]ボタンをクリックしてレジストリエディタを起動します。 次に、このレジストリサブキーを選択します。HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows Messaging Subsystem 次のウィンドウで、編集/新規/ DWORD値に移動します。 SharedMemMaxSizeと入力し、Enterボタンをクリックします。 「SharedMemMaxSize」エントリを右クリックします。 [値のデータ]ボックスに「300000」と入力し、[OK]ボタンをクリックします。 最後に、PCの開いているウィンドウをすべて閉じます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpstツールを使用してPSTファイルを修復する簡単な方法-0x800CCCA0???

scanpstツールは、何らかの理由でPSTファイルがアクセス不能、破損、削除、紛失または破損した場合に必要です。 MS Outlookのデータ属性およびPSTファイルには、いくつかの理由によりデータが失われる傾向があります。 PSTファイルを本当にリカバリしたいのであれば、scanpstツールを使用することは本当に有益です。 あなたがscanpstツールで認識しなければならない重要な事実 scanpstツールは、システムユーザーが任意のバージョンのMS Outlookをダウンロードしてインストールすると、Windowsマシン内に自動的にインストールされるInbox Repair Toolとしても知られています。影響を受けるユーザーがMS OutlookのPSTファイルやその他の属性を簡単に回復できるように、Microsoftが提供するこの組み込みユーティリティ。この記事では、scanpstツールを簡単に見つける方法と、それを使って破損したPSTファイルを処理する方法を理解しています。 Scanpstツールの機能 簡単に壊れたまたは破損したPSTファイルをスキャンします。 Outlook関連のエラーをチェックし、簡単に解決してください。 ヘッダーの破損の問題を簡単に修正します。 ファイル構造を再構築します。 電子メールやインデックスなどを削除してPSTファイルを再インデックス化し修復する Scanpstツールの場所 Microsoft Outlook 2016 32ビットWindows C:\ Program Files \ Microsoft Office \ルート\ Office16 64ビットWindows C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Microsoft…
Read more

破損したメールボックスの修復方法に関するヒント-800ccc0f???

PSTはMicrosoft Outlookを使用してすべての重要な情報を格納する個人用ストレージファイルの略です。それは最も重要なファイルの一つです、一度壊れた場合は、情報にアクセスすることはできません。ただし、破損したメールボックスの修復には、.pstファイルの破損が原因でも発生します。メールボックスはMicrosoft Outlookの重要な機能ですが、オフィスや企業で電子メールの送受信に使用されていました。しかし、一度.pstの破損が大容量のpstファイル、ウイルスの感染、ファイルヘッダの破損、アプリケーションのクラッシュなど多くの原因で発生しました。このケースに対処するには、あなたの問題を解決するのに最適なツールが必要です。 市場にはいくつかのツールがありますが、 PST修復ツールは、PSTの破損を処理するための最適なアルゴリズムロジックをプログラムして適用した最良のツールです。提案されたツールは、壊れたメールボックスの修復と共に、すべてのメールボックスコンポーネントを効果的に回復します。この製品を使用すると、誤って削除したメールボックスを取得できます。だから今すぐこのソフトウェアを手に入れ、問題をすべて解決してください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst.exeをインストールする:Outlookの整合性の問題を修正する-scanost exe???????

Outlookユーザーとしては、私たち全員がpstファイルの破損の問題に精通しています。 pstファイルの破損は、オーバーサイズされたpstファイル、マルウェア攻撃、Outlookアプリケーションの不適切な処理、アプリケーションの不正アクセスなどの要因により発生する可能性がありますが、MicrosoftがOutlook関連の問題に対処するために提供したscanpst.exeユーティリティ Scanpst.exe:Outlookの問題に十分に対応 Scanpst.exeは、主にOutlook PSTファイルの整合性エラーを検証するように設計されたMS Outlookアプリケーションの受信トレイ修復ツールです。デフォルトでは、Outlookアプリケーションは、電子メール、送受信されたメッセージ、重要なメモ、日付、カレンダー、タスク、雑誌などを含むすべてのデータをpstファイル形式で保存します。したがって、pstファイルの破損は、何らかの要因によっていつでも発生する可能性があります。 pstの破損を修正するには、scanpst.exeをダウンロードしてインストールしてください。ただし、Windowsシステムのユーザーが自分のPCにOutlookアプリケーションをダウンロードすると、自動的にscanpst.exeがインストールされます。 scanpst.exeを使用するには、まずscanpst.exeユーティリティを実行し、実際にスキャンしたいファイルを選択して、[スタート]ボタンをクリックします。 scanpst.exeから、OutlookユーザーはOutlookの問題を確実に解決しますが、このユーティリティにはあまりにも多くの知識とスキルが必要です。 Outlookの知識が不足している場合は、Outlook PSTの修復ツールという名前のサードパーティユーティリティを使用する必要があります。このOutlookの修復ツールは元のpstファイルの複製を作成し、その後pstファイルをスキャンします。まず、pstファイルのすべての問題を特定し、高度なアルゴリズムを使用して修復します。あなたのpstファイルが破損、紛失、破損または削除されたかどうかは関係ありません。あなたは簡単にOutlook PST修復ツールを使用してそれらを修復しました。それはいくつかの素晴らしい機能が付属していますが、このユーティリティの優れた点は、それが非常に使いやすく便利なインタラクティブなユーザーフレンドリーなインターフェイスが付属しているということです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookの予定を簡単に抽出する方法(ベストソリューション)-5?????????????

Outlookの予定について知っている この投稿には、Outlookの予定を簡単に抽出するために必要な詳細がすべて含まれています。しかし、その前にOutlookの予定について知っておく必要があります。予定は、実際には、他の人を招待したり、ソースを予約したりすることなく、予定表でスケジュールするアクティビティです。システムユーザーは、出席者を追加することで、予定に簡単に会議を切り替えることができます。それは本当にMS Outlookの優れた機能の一つです。 適切なソリューションを使用してOutlookの予定を抽出する しかし、他のアプリケーションと同様に、MS Outlookもデータを失う傾向があります。時々、予期せぬ理由によりOutlookの予定がpstファイルの不必要な削除、マルウェア攻撃、Outlookアプリケーションの不正アクセス、ヘッダーファイルの破損、シフト+ delキーの使用などの予定を削除するなど、削除、紛失または破損している可能性があります。その時点でOutlookユーザーは、Outlookの予定を抽出するための適切なソリューションを選択する必要があります。 Outlookの予定抽出は、scanpst.exeという名前のMicrosoftの内蔵修復ユーティリティを使用して行うことができます。このユーティリティは実際にはすべての予定を回復する最良のソリューションの1つです。ユーザーがそのような不審なアプリケーションを自分のPCにダウンロードすると、自動的にWindowsシステムにインストールされます。このユーティリティの助けを借りれば、簡単にOutlookの予定を抽出できますが、このソフトウェアはあまりにも多くの技術的な知識、時間と労力が必要であることをあなたの心に留めておいてください。 しかし、あなたがMS Outlookアプリケーションの初心者で、Outlookの予定を簡単に抽出したい場合は、Outlook PST修復ツールという名前のサードパーティのOutlook修復ツールを選択する必要があります。このソフトウェアは、強力で高度なアルゴリズムを使用している専門家によって設計されています。それは、Outlookの予定を抽出し、ほぼすべてのOutlook関連の問題を解決することが可能です。インタラクティブでユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えているので、使いやすいです。すべてのOutlookユーザーは、ほとんどすべてのバージョンのMS Outlookをサポートしていたため、Outlook PSTの修復ツールを手間をかけずに使用できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

受信トレイの修復ツールOutlook 2000:MS Outlookを回復する方法-???????????????

受信トレイの修復ツールOutlook 2000の紹介 他のいくつかのバージョンのMS Outlookと同様に、Outlook 2000には、破損または破損したPSTファイルの診断と修復を支援するツールInbox Repair Tool(またはScanpst.exe)が組み込まれています。インボックスの修復ツールOutlook 2000は、名前が示すとおり、PSTとOSTファイル(つまり、メールボックスまたはサーバーではない)のみをスキャンします。 受信トレイ修復ツールOutlook 2000は、PSTをスキャンして、実際にファイルの構造が完全であるかどうかをチェックします。ファイル構造内の問題を検出し、構造をリセットした後、ヘッダーを再構築するツール。 受信トレイ修復ツールの場所は、Outlookの異なるバージョンによって異なります。 Inbox修復ツールのOutlook 2000の場所は次のとおりです。 C:¥Program Files¥Common Files¥System¥MAPI¥¥NT¥scanpst.exe 今やInbox修復ツールOutlook 2000がOutlookユーザーに効率的なサービスを提供しているにもかかわらず、ツールが破損したPSTファイルを回復できない状況が発生する可能性があります。このタイプの状況では心配されているにもかかわらず、ここでは、Outlook PST回復ソフトウェアを使用して、紛失したOutlook(PSTファイル)をいくつかのパワフルなアルゴリズムスキルで修復することをお勧めします。深刻なスキャンを実行し、重大な破損したPSTファイル内のすべての取得可能なデータを検索する可能性があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする