Tag Archive: pstファイルの修復の見通し2013

virus tag

ハードディスククラッシュ後のPSTファイルの回復を修復する-??????PST??????

私は過去1年からOutlookを使用していますが、電子メールを含む多くの属性がOutlookに保存されています。しかし、突然、不明な理由により、私のコンピューターのハードドライブがクラッシュし、そこに保存されているすべてのPSTファイルにアクセスできなくなります。しかし、私はそれを回復しようとしましたが、残念ながら私の努力は無駄になります。バックアップコピーも作成していません。ハードディスクがクラッシュした後のPSTファイルの回復は可能ですか? Outlookは、電子メールを管理するために多くのユーザーによって使用されています。定期的に使用するため、PSTファイルの形式でメールを含む多くの重要なデータが保存されています。 PSTファイルはシステムのハードディスクに保存されるため、ハードディスクに問題があるとPSTファイルにアクセスできなくなる可能性があります。ただし、バックアップが存在する場合、ハードディスクがクラッシュした後のPSTファイルの復元は簡単に実行できます。ただし、バックアップがない場合は、サードパーティのリカバリアプリケーションの助けが必要になります。 Outlook PSTに関して利用可能な多くのソフトウェアがありますが、それらのほとんどは削除または失われたPSTファイルを回復することができません。 PST修復ソフトウェアは、PSTファイルを修復および取得できる唯一のアプリケーションです。このソフトウェアの助けを借りて、簡単にハードディスクがクラッシュした後のPSTファイルの回復を行うことができます。シンプルなユーザーインターフェイスを備えており、さまざまなバージョンのOutlookでスムーズに動作します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookから受信トレイフォルダーを取得するソリューション-0x800CCC67???

あなたがここにいるなら、あなたは間違いなくOutlookから受信トレイフォルダを取得するソリューションを探しています。ここで、受信トレイフォルダを回復できる適切なソリューションを取得できるので、心配しないでください。受信トレイフォルダーにはすべての重要なメールが含まれており、Outlookの重要なフォルダーです。ただし、既知または未知の理由により、ユーザーが受信トレイフォルダーを削除または紛失することがあります。多くのユーザーは、バックアップなしで削除または失われたフォルダーを復元することは不可能だと考えています。しかし、それは真実ではなく、サードパーティの回復ソフトウェアの助けを借りて受信トレイフォルダーを復元できます。 削除のその他の理由または受信トレイフォルダーの損失 ShiftおよびDeleteオプションを使用して、知らずにinboxフォルダーを削除する ウイルス攻撃またはその他の理由によるソフトウェアの競合 Outlookアプリケーションのクラッシュまたはハードドライブの障害のため Outlookの新しいバージョンへの不適切なアップグレード 上記の問題のいずれかが発生し、受信トレイフォルダーを削除してしまった場合、それらは悲しいことではありません。前述のように、ユーティリティを使用してOutlookから受信トレイフォルダを取得できます。PST修復ユーティリティが最適なオプションです。それは専門家によって設計され、PSTファイルとOutlookフォルダーを修復および回復することができる専門的なアプリケーションです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

ScanPSTが失敗したときに2GBを超えるPSTファイルを修復する-scanost exe???????

一部の古いバージョンのOutlookでは、ユーザーは2GBの制限でPSTファイルを保存できます。その場合、PSTファイルのサイズが固定サイズを超えると、破損または破損します。ユーザーは、破損または破損したPSTファイルのデータにアクセスできません。データにアクセスするには、まず問題のあるPSTファイルを修復する必要があります。ただし、Outlookは、ユーザーが破損したPSTファイルを修復できるようにするScanpst.exeオプションをユーザーに提供しています。ただし、この組み込みユーティリティにはいくつかの制限があり、2GBを超えるPSTファイルを修復する必要がある場合、ユーティリティは修復できません。 Outlookファイルが古いバージョンで2GBの制限サイズを超えた場合 メール添付ファイルの蓄積のため、PSTファイルは2GBの制限を超えています さらに多くのデータが追加されると、ファイルは制限されたサイズを超えます ユーザーが削除済みアイテムフォルダーを空にしていない場合、PSTはサイズが大きくなります ただし、Scanpst.exeで失敗しても、2GBを超えるPSTファイルを作成できるため、悲しむ必要はありません。 PST修復ソフトウェアなどのサードパーティのユーティリティを使用して、大きなPSTファイルを修復できます。これは著名なソフトウェアであり、PSTファイルの修復に制限はありません。どのバージョンのOutlookでも、ひどく破損した大きなPSTファイルを簡単に修復できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookで移動したフォルダを見つける最良の方法-0x800CCCAE???

Outlookで移動したフォルダを見つける方法は?これを心配している多くのOutlookユーザーがおり、この記事には解決策があります。 Outlookのフォルダーを他のフォルダーに分類または移動する場合があります。ただし、Outlookフォルダーを移動しているときに、移動したフォルダーを見つけることができないために問題が発生する場合があります。通常、ユーザーがOutlookフォルダーを移動していて、突然アプリケーションがハングしたときに発生します。ただし、Outlookでの問題の解決は常に簡単な作業ではありませんが、心配する必要はありません。以下の手順を使用してOutlookフォルダーを見つけることができます。 Outlookで移動したフォルダーを見つける方法 メインフォルダーの横にある(+)記号または矢印をクリックして、メインフォルダーを展開します。この方法が機能しない場合は、以下の手順を試してください。 [移動]メニューと[フォルダリストの選択]オプションを選択します ダイアログボックスが表示されます。ドロップダウンメニューから、移動したフォルダーを探します [OK]ボタンをクリックします。 Outlookはそれぞれのフォルダーを開きます 上記のトラブルシューティング手順を実行してもOutlookで移動したフォルダーが見つからない場合は、心配しないでください。 PST修復ソフトウェアなどのサードパーティのユーティリティを使用して、フォルダーを回復できます。 Outlook PSTファイルを修復および回復するマルチタスクフォルダーです。したがって、PSTファイルがどのように消えたかは関係ありません。このソフトウェアはそれらを取得します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2016が購読フォルダーエラーを同期できない-Outlook?PST???????????????

Outlook 2016はこの巨大な電子メールアプリケーションの最新バージョンですが、使用中に問題が発生するユーザーもいます。サブスクライブされたフォルダーを同期できないのは、Outlookのユーザーが電子メールを送信するときに発生する可能性があるこのようなエラーです。通常、このエラーは、Outlook 2016がIMAP電子メールアカウントに接続したときに添付ファイルとともにすべての電子メールメッセージをダウンロードするときに発生します。このエラーが発生した場合、事前にIMAP構成が必要なサーバーを認識するようにメールアプリケーションがセットアップされていないことを意味します。ただし、以下の手順を使用してこのエラーを解決できるため、心配する必要はありません。 Outlookメールアカウントを削除してから再度追加します Outlookアプリケーションを開き、[ファイル]タブに移動します [アカウントを追加]をクリックして、新しいメールアカウントを追加します メールアドレスを入力し、接続をクリックしてください 資格情報を入力し、[完了]オプションをクリックします 上記の手順を使用すると、Outlook 2016が購読済みフォルダーを同期できないというエラーを修正できます。ただし、問題が引き続き発生する場合は、PSTファイルに問題があります。 PST修復ソフトウェアを使用して、このような障害のあるPSTファイルを修復し、Outlookでエラーを修正できます。これは、PSTファイルを適切に修復し、Scanpst.exeのようにデータの損失につながらない素晴らしいソフトウェアです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

簡単にOutlook OLEの登録エラーを修正するためのガイド-0x800ccc80 Outlook 2007???

OLE登録エラーが発生しましたか? Outlook OLE登録エラーを修正するための適切な解決策をお探しですか?もしそうなら、あなたの検索は間違いなくここで終わります。 OLEの登録エラーとOutlookのOLE登録エラーを修正するための効果的な解決策の詳細について知るために完全にこの専門家のガイドラインをたどってください。 Outlook OLE登録エラーについて知っている Outlook OLE登録エラーは、システムユーザーがMS Outlookアプリケーションに電子メールを書き込むことができないときに発生した最も一般的なエラーメッセージの一つです。このエラーの出現の背後には、原因となるいくつかの要因がありますが、主にMicrosoft Wordが使用できないか一部のOutlookバージョンとの互換性がない場合に発生します。あなたがそのようなエラーメッセージに出くわして、Outlook OLE登録エラーを修正するために適切なガイドを捜しているならば、下記の説明に従ってください。 Outlook OLEの登録エラーを修正する手動の方法 解決策1:CMDを使用して登録する 最初に、開いているMS Outlookアプリケーションを閉じる必要があります。 あなたがWindowsのタスクマネージャからプロセスを終了することによって開かれたMS Outlookを終了したことを確認してください。 スタートアイコンに移動します。 検索バーに「CMD」と入力し、アイコンを右クリックして[管理者として実行]のオプションを選択します。 これで、コマンドプロンプトウィンドウが画面に表示されます。 コマンドプロンプトでregsvr32 ole32.dllと入力してEnterキーを押します。 コマンドプロンプトに構文エラーが表示された場合は、regsvr32%windr%system32ole32.dllと入力してください。 正常に実行されると、「登録に成功しました」というタイトルの確認メッセージが表示されます。 最後に、OKボタンをクリックしてください。 解決策2:Outlook OLE登録エラーを修正するためにMS Outlookフォルダを空にした 最初に、MS Outlookアプリケーションを閉じて、それがマシンで開かれないようにしてください。 その後、「C:Users USERNAMEAppDataローカルMicrosoftOutlook」パスに従います。 MS Outlookフォルダ内のほぼすべてのファイルを削除してから空にします。 フォルダは削除しないでください。フォルダ内のファイルだけを削除してください。 MS Outlookを起動してデータソースを更新します。 最後に、あなたはそれがうまく機能するかどうかチェックするためにMS Outlookでテストメールを送らなければなりません。…
Read more

OutlookのPSTファイルをバックアップする方法-0x800ccc0f????????????????

バックアップOutlookのPSTファイルを保存する必要がある理由 MS Outlookは、家庭やプロのユーザーが通信に使用し、貴重なデータをすべて保存するために最も広く使用されている電子メールクライアントアプリケーションです。それはPSTファイルの保護になると、それは本当に常に心配する必要があるので、それはOutlookのPSTファイルをバックアップするのが最善です。これらのファイルは、以下のような理由により、いつでも破損、損傷、削除、またはフォーマットされる可能性があります。 更新中にMS Outlookが突然終了しました マルウェアやウイルスの攻撃 アプリケーションまたはシステムエラー Outlookアプリケーションなどの不適切な処理。 PSTファイルの損失を避けるために、バックアップOutlook PSTファイルはより良いオプションです。 OutlookのPSTファイルをバックアップする方法について知るためには、この記事を完全に読んでください。 OutlookのPSTファイルをバックアップする方法 方法1:アドインを使用する MS Outlookはいくつかのアドインをサポートしていますが、OutlookのPSTファイルをバックアップするには、「個人用フォルダバックアップ」アドインを使用できます。このアドインはPSTファイルを自動的にバックアップすることができます。それはOutlookユーザーが彼らが本当にバックアップしたい彼らの好みのファイルを選択することを可能にして、バックアップファイルを格納する場所を選択して、バックアップの頻度を設定します。 方法2:OutlookのPSTファイルをバックアップするにはインポートとエクスポートのオプションを使用する MS Outlookを起動します。 ファイル>インポート/エクスポートを選択します。 [ファイルへエクスポート]のオプションをクリックし、[。pst(個人用フォルダファイル)]を選択します。 フォルダエクスポートを選択します。 次に、あなたは宛先フォルダを選択しなければなりません。ここで、あなたは簡単にエクスポートされたファイルの場所を設定してそれからFinishボタンをクリックすることができます。 「他のプログラムからインポートする」のオプションを選択してください。 ご希望の保存先フォルダを選択し、[完了]ボタンをクリックしてください。 方法3:OutlookのPSTファイルを手動でコピーする MS OutlookユーザーはPSTファイルを手動で簡単にコピーして複数の場所に保存できます。 OSによると、PSTファイルは通常特定の場所に保存されます。いくつかの場所は以下のとおりです。 ドライブ:\ User \\ Roaming \ Local \ Microsoft \ Outlook ドライブ:\ Users…
Read more

Outlookエラーコード0x800CCC09を修正するには?-0x800ccc0f????

予期しないエラーは、どのOutlookユーザーにとっても悪夢になる可能性があります。この記事は刺激的なことを証明するそのようなエラーについてです。エラーコードは0x800CCC09と呼ばれ、ユーザーがOutlookで電子メールを送受信しようとすると、通常は何の警告も出ません。ほとんどのユーザーはこのエラーの原因を認識しておらず、状況を複雑にすることがあるいくつかのことをやり始めています。 Outlookエラー0x800CCC09を解決するには、正確な理由を見つけてすぐに削除する必要があります。 Outlookエラー0x800CCC09の背後にある理由は含まれています 交換サーバーとインターネットの接続が遅い 不適切なプロファイル設定と破損したプロファイル 受信または送信メールをブロックするファイアウォール PSTファイルの破損 Outlookエラーコード0x800CCC09を修正するには、インターネットに接続しているか、ファイアウォールを無効にするか、Outlookのプロファイル設定を確認してください。しかし、あなたがエラーを解決することに成功しなければ、それはPSTの破損を示します。あなたがPSTファイルを修復することによってエラーを修正できることを心配しないでください。 PSTの修復ソフトウェアは、ユーザーが簡単に破損したPSTファイルを修復し、Outlookでエラーを修正できるようにする最高のユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

exe en scanpst.exeの使い方についての効果的なガイド-???Outlook?PST??????

exe en scanpst.exeの情報 exe EN scanpst.exe別名Inbox修復ツールは、合法的なMicrosoftが破損したファイル、破損したファイル、破損したファイル、紛失したファイル、またはアクセスできないPSTファイルを修復するために提供される内蔵の修復ユーティリティです。 PSTファイルにアクセスしているときにエラーメッセージが表示される場合は、この無償ユーティリティを使用することは、あまりにも有益です。これを使用するには、exe EN scanpst.exeをダウンロードする必要があります。これは、ユーザーがWindowsシステムにMS Outlookアプリケーションをインストールすると自動的にインストールされるためです。 PC上のexeとscanpst.exeの場所 Outlook 2007 32ビットWindows – C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office12 64ビットウィンドウ – C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office12 Outlook 2010 32ビットWindows – C:\ Program Files \…
Read more

{解決済み!} Outlook PSTのOlmapi32.dllエラーを簡単に修正する方法-0x800C8105???

今日、Microsoft Outlookは、ほとんどのユーザーが電子メールを送受信するために広く使用されています。この電子メールクライアントは、連絡先、電子メール、添付ファイル、ジャーナル、メッセージ、タスク、メモなどのさまざまなメールボックスデータをPSTという名前のファイルに保存することが知られています。 PSTファイルが何らかの理由で破損したり破損したりすると、メールボックスコンポーネントへのアクセスやMicrosoftメールアプリケーションの使用中に、コンピュータの画面でOutlook pst olmapi32.dllエラーが発生することがあります。このような状況では、OutlookでOutlook pst olmapi32.dllの問題を修正するためにScanpst.exeを実行する必要があります。 ただし、重大なデータを保存する責任を負うファイルが破損または破損した場合、PSTファイルの修復やOutlook pst olmapi32.dllのエラーの修正には、内蔵修復ユーティリティが失敗することがあります。このような状況では、PSTファイルを簡単に修復でき、メールボックスのOutlook pst olmapi32.dllのような問題を解決できる信頼できるOutlook PST修復ツールを使用する必要があります。その結果、メールボックスアイテムへのアクセスを簡単に取り戻すことができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする