Tag Archive: PSTの修理のcnet

virus tag

破損したPSTファイルから連絡先を取得する方法-0x800CCC6C???

こんにちは、私は過去1年間Outlookを使用していました。 Outlookを安全に保存して終了した昨夜まで問題はありませんでした。しかし、MS Outlookを起動した今日の朝、保存されているデータにアクセスできません。また、私はすべての重要な連絡先を失いました。これらの連絡先は私のビジネスに関連していたので、誰かが私を助けてくれますか?前もって感謝します! MS Outlookは、連絡先を含むOutlookデータをpstファイル形式で保存する重要なメールクライアントアプリケーションです。ただし、保存されている連絡先にアクセスできない、またはアクセスできなくなることを後悔することがあります。連絡先はビジネスの見込み客にとって最も重要です。連絡先にアクセスできず、破損したPSTファイルから連絡先を取得できない場合は、困難な作業になる可能性があります。 Outlookの保存された連絡先にアクセスできなくなるpstファイルの破損のいくつかの理由を見てみましょう。 サイズ制限を超える特大のPStファイル PSTファイルの使用中にOutlookが突然終了する PSTファイルの不適切な圧縮 ウイルスに感染したネットワークでPSTファイルを共有する MS OutlookとWindows OSのクラッシュが原因 Scanpst.exeは、pstファイルの破損を修復するためにMicrosoftによって設計された組み込みユーティリティです。しかし、scanpst.exeがpstファイルを修復して連絡先にアクセスできないようにする特定の制限があります。これは、受信トレイ修復ツールが破損したPSTファイルから連絡先を取得できない場合でも、Outlook PST修復ソフトウェアがpstファイルの破損を修復できる場所です ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

修正方法は、Outlookウィンドウエラーを開けませんか?-???Outlook???

Outlookウィンドウを開けないというエラーが発生していますか? Outlookを開けませんか?このエラーを修正するワット?はいの場合、ここで最適なソリューションが得られるため、適切な場所に到達しました。エラーとOutlookは互いに関連しており、一部のエラーは非常に迷惑なため、Outlookアプリケーションの重要なデータにアクセスできなくなります。 Outlookが互換モードで実行されている場合、Outlook PSTファイルが破損して破損している場合、アドインとOutlookとの競合など、このエラーの背後にあるさまざまな理由があります。 修正手順は、Outlookウィンドウエラーを開くことができません Outlookウィンドウを開けないというエラーが表示されても心配する必要はありません。以下に示す手動手順を使用して修正できます。 [スタート]メニューに移動し、[実行]と入力してEnterキーを押します [実行]ボックスに「Outlook / safe」と入力し、[OK]を選択します プロファイル名を選択し、デフォルトのプロファイルとして設定オプションを有効にします 最後に[OK]オプションが表示されたらクリックします 上記の手順を実行してもOutlookウィンドウを開けないというエラーが解決しない場合は、PSTファイルの破損の問題を示しています。そのような状況でもScanpst.exeを使用できますが、ほとんどの場合、このユーティリティは制限のために失敗します。したがって、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティのユーティリティを使用することをお勧めします。これは、あらゆる種類のPSTファイルを修復してOutlookエラーを解決する強力なアルゴリズムが付属した信頼性の高いユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst 2007を使用してOutlook 2007のPSTファイルを修復する方法の手順-0x800CCC67???

Scanpst 2007の詳細情報 Scanpst 2007は、Outlook 2007のPSTファイルの破損の観点から、救急箱として知られています。 Windowsユーザーとしては、Microsoft Outlook 2007にすべてのデータがPSTファイル形式で保存されていることがわかります。 MS Outlook 2007は、いくつかの偉大で高度な機能を備えたMS Outlookの最も一般的で広く使用されている変種の1つです。他のファイルと同様に、PSTファイルが破損したり、削除されたり、紛失したり、破損したりする可能性があります。 ヘッダーファイルの破損 ウイルスまたはマルウェア攻撃 MS Outlookアプリケーションの不正アクセス。 MS Outlookアプリケーションの不適切な処理。 特大のPSTファイルなど。 Scanpst 2007の場所 Microsoft Outlook 2007(32ビットWindows): C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office12 Microsoft Outlook 2007(64ビットWindows): C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office…
Read more

Microsoft Outlook .Pstの破損に関する完全な情報を入手する-0x800CCC09???

あなたがOutlookユーザーの場合は、 Microsoft Outlook .Pst破損が発生し、いくつかの問題が発生したことがわかります。 Microsoft Outlookは、電子メールやその他の情報を世界中のユーザーが共有できるようにする重要な個人用電子メールサービスです。このアプリケーションには、カレンダー、ジャーナル、タスクマネージャー、ノートを取る、連絡先マネージャーなど多くのコンポーネントがあります。これらの情報はすべて、.pst(個人用ストレージテーブル)という1つのファイルに格納されています。しかし、いくつかの理由は、オーバーサイズの.pstファイル、Outlookアプリケーションのクラッシュ、ウイルス感染、ファイルヘッダーの破損などの理由により、Outlookファイルが破損するためです。 しかし、この問題に対処するために、Microsoft Outlookには、pstの破損の問題を修復するのに役立つビルトインツールがあります。この組み込みツールには、破損したpstファイルを処理するための独自の制限があります。ほとんどの場合、scanpst.exeはMicrosoft Outlookの.Pst破損の主要な問題を修正できません。その場合、 PST修復ツールは、このMicrosoft Outlook .Pst破損の単一の信頼できるソリューションです。提案されたツールは、Microsoft Outlookの.Pst破損の背後にある理由に関係なく、あらゆる種類のpst破損を修正するのに役立ちます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookエラー678を修正する最善の手順-421????????

Outlookは正確な電子メールアプリケーションであり、その機能と信頼性のために多くのユーザーが使用しています。間違いなく、私たちの日常業務は簡単ですが、この電子メールアプリケーションでは一般的な問題もあります。 Outlookのエラー678は、煩わしい問題であり、不便を招く可能性があります。このエラーメッセージは、ユーザーがOutlookを開いて電子メールを送受信しようとしたときに発生します。このエラーメッセージの背後には別の理由があり、そのうちの1つがPSTファイルの破損です。 PSTファイルは本質的に繊細で、適切に使用されないと簡単に破損または損傷することがあります。 破損したPSTを修復し、Outlookのエラー678を修正するには、受信トレイツールを使用できます。しかし、この受信ボックスのツールにはいくつかの制限があり、PSTファイルの修復に失敗する場合がほとんどです。したがって、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティのツールを使用することをお勧めします。このソフトウェアは、Outlookのエラーのほとんどの背後にある理由である深刻な破損または大きなサイズのPSTファイルを修復することができる最新のスキャンアルゴリズムが付属しています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

破損後の.pstファイルを効果的に復元する方法-0x800ccc13

Outlookユーザーであるため、毎日のスケジュールでその重要性と役割を説明する必要はありません。このメール管理アプリケーションは、何千もの個人ユーザーによって主催者が受信メールを送信するために使用されています。復活電子メールを送信することは別として、このプログラムはさまざまな重要なコンテンツを管理するためにも使用されます。すべてのOutlookコンテンツはPSTという名前の単一ファイル形式で保存されています。いずれかの種類のOutlook、またはWindowsでPSTの破損が発生する可能性があります。一度破損がOutlookで発生すると、Outlookのプロパティに正しくアクセスできなくなります。そして、後で.pstファイルを効果的に復元する方法を探すかもし​​れませんか? しかし、それは非常に一般的なシナリオであり、MS Outlookユーザーで最も発生しているので、.pstファイルを復元するのは大したことではありません。腐敗の背後にはさまざまな理由がありますが、このsoluitonを解決するのに役立つscanpst.exeと呼ばれるツールが組み込まれているので心配しないでください。後であなたはこの問題に対処するためのPST回復ツールとして最高のthridパティツールが必要です。それはこの目的のためだけに有効で最も信頼性の高いツールです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookのpstファイルの破損ヘッダを修正する方法-0x80042108 Outlook???

幸いにも、もしあなたが.pstエラーを取得し、Outlookのpstファイルの破損ヘッダを修正する解決策を探していれば、適切なポストにいます。 Outlookは最高の電子メールクライアントではなく、関連する問題があまりにも多くのことを挫折させるのも不思議ではありません。 Outlookは、受信トレイ、送信トレイ、ジャーナル、連絡先、予定表アイテム、送信済みアイテム、削除済みアイテムフォルダ、RSSフィードなどのビジネス関連の電子メールをすべてPSTファイル形式で保存します。 PSTはOutlookメールの重要なコンポーネントですが、ユーザーが個人のストレージファイルにアクセスできなくなることがあります。 Outlookユーザーが次のエラーメッセージを表示することがあります。Outlook.pst は個人用のフォルダファイルではありません。 Outlook PSTファイルのヘッダーが破損しているため、主に発生する問題があります。マルウェア/スパイウェア攻撃、Outlookの不適切な終了など、複数の理由があります。さまざまな理由があるかもしれませんが、Outlookのpstファイルの破損したヘッダを簡単に修正できるPST修復ソフトウェアを使用するようにパニックにする必要があります。推奨されるツールは使いやすく、信頼性が高く、安全です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

scanpst exe download:損傷したPSTファイルを修復する-0x800CCC05???

破損したPSTファイルを修復する方法を心配していますか?最高の修復ツールを検索して修復しますか?その場合は、効果的なOutlook修復ツールであるscanpst exeをダウンロードして修復してください。 scanpst exeについて何を知っていますか? scanpst exeは、電子メール、連絡先、カレンダー、タスク、ジャーナル、メモなどを含む破損した、壊れた、または削除されたPSTファイルを修復することをユーザーに許可する、MS Outlook用の最高の内蔵修復ツールとして知られています。ウイルスの感染、2GBの制限の問題、ハードディスクの破損、PSTファイルのヘッダーの損傷、PSTファイルのアクセス不能につながる障害のあるネットワークなどのすべての腐敗の破損したPSTファイル。 しかし、いつかはあなたのファイルを修復することができないかもしれません。このような状況では、サードパーティのソフトウェアを使用する必要があります。オンラインとオフラインの市場で利用可能ないくつかのオンラインとオンラインの修復ユーティリティがありますが、すべてのOutlookのPST修理の中で高度な機能に付属している最高のツールです。ユニークな機能の一部は次のとおりです。 破損したPSTファイルを修復し、元の形式でそのアイテムを回復します。 PSTの2GB制限エラーを解決 切り捨てられたファイルから回復を実行します。 MS Outlookのすべてのバージョンと互換性があります。 ANSIおよびUNICODE形式の回復をサポートします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする