Tag Archive: pstのエラーがOutlook 2010で検出されました

virus tag

Microsoft Scanpst EXEの場所を検索し、PSTファイルを回復します。-0x800cc0e Outlook???

MS Outlookアプリケーションには、scanpst.exeと呼ばれる内蔵の修復ユーティリティが付属しています。これは、システムユーザーが損傷を診断して修復したり、PSTファイルを破損したりするのを助けます。システムユーザがMS Outlookアプリケーションを自分のWindows PCにメールクライアントアプリケーションとしてインストールすると、自動的にWindowsシステムにインストールされます。 PSTファイルをスキャンし、PSTファイル構造が本当かどうかをチェックし、問題が発生した場合は構造を休止します。それは最高のものですが、このユーティリティを使用するには、microsoft scanpst exeの場所について知っておく必要があります。 Microsoft Scanpst Exeの場所 Microsoft Outlookのバージョン Scanpst.exeの場所 Outlook 2016-32ビットWindows C:\ Program Files \ Microsoft Office \ルート\ Office16 Outlook 2016-64ビットWindows C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2013-32ビットWindows C:\ Program Files \…
Read more

エラーコード10の後にOutlookのPSTファイルを修復する-0x800CCC0A???

今日、Outlookは個人ユーザーだけでなく、ほとんどの組織の最初の選択となっています。しかし残念なことに、この電子メールアプリケーションにも問題はありません。 OutlookのデータファイルをExchangeサーバに接続する際に、エラーコード10について報告したユーザの数。エラーコードは、異なるバージョンのOutlookで異なる形式で表示されることがあります。エラーメッセージの発生により、ユーザーは自分のメールアカウントにアクセスできなくなります。あなたの電子メールとデータにアクセスするには、エラーコード10の後にOutlook PSTファイルを修復する必要があります。このエラーメッセージの背後にはいくつかの理由があるはずです: ネットワーク接続にファイアウォールの問題があるため セキュリティ証明書の検証に失敗した場合 Exchangeサーバーの構成が間違っているため 信頼されていない証明機関を使用する エラーコード10を解決するには、ユーザーはセキュリティ証明書の検証を確認する必要があります。しかし、エラーが繰り返された場合は、修復ユーティリティを使用する必要があります。 PST修理ソフトウェアは、エラーコード10の後にOutlook PSTファイルを修復することができる優れたソフトウェアです。このソフトウェアを使用すると、Outlookで発生したエラーを簡単に解決してPSTファイルに再度アクセスすることができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

簡単なガイド破損する.PSTの回復(実績のある)-Outlook?PST???????????????

特定の目的のために数多くの対策を試みたが、目標を達成することができなかったので、 .pst回復を損なうための効率的なソリューションを探していますか?あなたの応答が「肯定的」であれば、その状況では、破損した.pst回復に関する保証された作業ソリューションが含まれているので、掲載された記事に焦点を当てることをお勧めします。 .pstファイルについて .pst(つまり、個人用のストレージテーブル)は、基本的に、カレンダー、連絡先、予定、メモなどの他のいくつかのOutlookデータと一緒に、重要な個人的な電子メールだけでなく、すべての重要な個人的な電子メールを格納するファイルです。ユーザーは、Outlookで提供される拡張検索メカニズムを利用して、文字通りアーカイブや電子メールへのアクセスを非常に簡単に行うことができますが、専門家はOutlookでタスクを実行するのが困難なユーザーもいると報告しています。同様に、いくつかの他のアプリケーションのものと同様に、Outlookは多くの状況下で破損したり破損したりします。したがって、.pstの破損後、文字通り、プログラムが多数のエラー通知を表示し始めると、ユーザーがPSTファイルからデータにアクセスすることが非常に困難になります。 ファイルが修復されたため、開くことができませんでした 'ファイルパス'でエラーが検出されました。 OutlookExt.datファイルがありません .PST回復を破損するソリューション これらのすべてのエラーは、.pstファイルの破損を明確に示しています。しかし、状況は非常に忙しいですが、それはまだパニックを取得し、代わりに専門家が厳しく腐敗したPSTを修正することでそれを証明したとして破損した.pst回復のための効率的なOutlookのPST回復ソフトウェアの利用を提案していませんOutlookアカウントへのアクセスを回復する際のユーザーの手助けとなります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

破損したOutlook 2007のプロファイルの修復-0x800CCC6E???

Outlookには、ユーザーのニーズに応じた数のプロファイルを作成するオプションが用意されています。 Outlookの各プロファイルは個々のアカウントのデータを保護するため、複数のメールアカウントを使用しているユーザーは混乱することはありません。各プロファイルからのメールのデータはすべて別のPSTファイルに保存され、PSTファイルが破損するとプロファイルが破損します。破損したOutlook 2007のプロファイルの修復は、Outlookユーザーが直面する一般的な問題の1つです。 Outlookのプロファイル破損の主な理由を見てみましょう。 PSTが格納されているハードドライブ上のウイルスの攻撃 PSTファイルが保存されている場所での不良セクタの形成 誤った設定や不適切な設定などの論理的なエラーがあるため 上記のインスタンスのために、Outlookプロファイルが簡単に破損する可能性があります。破損したOutlook 2007のプロファイルの修復は、受信トレイツールを使用してもかまいませんが、PSTファイルがひどく損傷している場合は、受信ボックスツールが機能しなくなります。そのような場合は、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティプログラムを使用する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする