Tag Archive: Outlook 2013 PSTの修復ツール

virus tag

PSTファイルを解決する方法にデータエラーはありませんか?-0x800CCC69???

.pstファイルを読み取るエラーメッセージを表示するOutlookプロファイルにデータがありませんか? Outlookプロファイルに保存されているデータにアクセスできませんか? Outlookは、Outlookデータを保存および管理する最も用途の広い電子メールクライアントアプリケーションです。ただし、pstファイルは破損する傾向があり、そのような状況では、Outlookプロファイルを開いてアクセスするとすぐに、.pstファイルを示すOutlookプロファイルにデータエラーがないことを期待するのは不思議ではありません。 pstファイルが破損し、Outlookプロファイルが.pstファイルにデータエラーがないという次の条件を見てみましょう PSTのヘッダーファイルの破損または損傷 ハードドライブ上の不良メディアまたはセクターの存在 マルウェアの侵入 MS Outlookバージョンの不適切な更新 Outlookプロファイル構成の欠陥 ただし、pstファイルが破損していて、.pstファイルにデータがない場合、ユーザーは慌てる必要はありません。それはあなたのpstファイル全体または保存されたデータが失われるということではありません。 MS Outlookで新しいプロファイルを作成することで修正できます。ただし、問題が解決しない場合は、pstファイルにさらに損傷を与える可能性があるため、ユーザーはOutlookを終了しないでください。サードパーティのOutlook PST修復ソフトウェアを使用して、破損したpstファイルを修復し、.pstファイルにデータエラーがないことを修正することをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

MS Outlookで失われた連絡先を取得する方法?-0x800ccc0b Outlook???

私のOutlookにはいくつかの電子メール関連の問題があり、最近修正されました。しかし、私はすべての電子メールを取り戻しますが、最近の連絡先と古い連絡先の一部がOutlookから欠落しています。 [連絡先を検索]列でそれらの連絡先を検索しましたが、見つかりませんでした。これらの連絡先は私にとって非常に重要でした。 MS Outlookで失われた連絡先を取得するのを手伝ってください。 メールと同様に、連絡先もOutlookで重要なものであり、他のユーザーに関する情報が含まれています。しかし、いつかユーザーが誤って連絡先を削除してしまい、連絡先を見つけるのに必死になっています。誤って削除する以外に、Windows OSの再インストール、マルウェアの攻撃などにより、Outlookからのデータ転送の不適切な方法など、連絡先が削除されるいくつかの理由があります。ただし、次の手順を使用してMS Outlookで失われた連絡先を取得できるため、心配する必要はありません。 [ツール]メニューを開き、[アカウント設定]オプションを開きます [アドレス帳]タブをクリックして、アカウント設定ボックスを閉じます [ツール]メニューで、アドレス帳をクリックします 開いたダイアログボックスで、[ツール]メニューのオプションをクリックします 次に[このアドレスリストを表示]をクリックし、[連絡先]をクリックします 上記の手順を使用しても連絡先が見つからない場合は、心配しないでください。あなたはまだサードパーティのソフトウェアの助けを借りてMS Outlookで失われた連絡先を取得することができます。 PST修復ソフトウェアは、Outlookから削除または失われた連絡先を取得することができるような素晴らしいアプリケーションです。連絡先に加えて、MS Outlookのメールやその他のアイテムも復元します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookで送信済みメールを復元するための最適なソリューション-0x8004210a Outlook???

Outlookで送信済みメールを復元する方法は?この質問は多くのOutlookユーザーから寄せられたもので、解決策があります。受信したメールと同様に、送信されたメールも有用な情報が含まれているため、Outlookでも重要です。すべての送信済みアイテムは送信トレイに保存され、多くのユーザーは送信済みメールを保持して、メールの送信を評価し、送信済みアイテムリストに含まれていないユーザーに転送します。ただし、ユーザーはこれらの送信済みアイテムを削除することもありますが、送信された電子メールが依然として重要であることに気付いた場合、ユーザーはイライラします。 Outlookが送信したアイテムの削除のその他の理由 時々、ユーザーは送信されたアイテムを役に立たないと考えて意図的に削除します アンチウイルスは、悪意のある添付ファイルがある場合、送信された電子メールも削除します PSTファイルの破損は、送信されたメールの削除の背後にある他の理由です Outlookは、削除したすべての送信および受信した電子メールが保存される削除済みアイテムフォルダーを提供します。ただし、問題は、削除済みアイテムフォルダーが14日間のみデータを保持し、その後自動的にそれらを削除することです。その場合、あなたは何をしますか?サードパーティのユーティリティを使用して、Outlookで送信済みメールを復元できることを心配しないでください。 PST修復ソフトウェアは、Outlookで削除された送信または受信アイテムを復元する素晴らしいアプリケーションの1つです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2010を解決するためのガイドはPSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができません-0x800CCC90???

最近のOutlook 2010ユーザーのほとんどは、古いバージョンからWindows OSをアップグレードした後、「Outlook 2010でPSTファイルアクセス拒否エラーを解決できません」のような一般的なエラーメッセージに直面しています。あなたもこのエラーメッセージに直面していて、それを修正するための適切な解決策を探しているならば、それから完全にこのポストを通り抜けてください。 Outlook 2010を解決するための手動による解決策PSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができない 解決策1:ファイル許可を変更する スタートボタンをクリックしてください。 それを右クリックし、「ファイルエクスプローラ」オプションを選択してください。 ブラウザのPSTファイルの場所。 PSTを右クリックして、[プロパティ]オプションを選択します。 それでは、セキュリティセクションに進んでください。 その後、編集ボタンをクリックしてください。 画面に「Permission for filename.pst」という名前のポップアップウィンドウが表示されたら、ユーザーアカウントを選択します。 フルコントロール許可のオプションを選択してください。 今、あなたはOKボタンをクリックしなければなりません。 フルコントロールのアクセス許可を得るには、システムと管理者に対して同じ手順を繰り返します。 最後に、MS Outlookを再起動してください。 解決策1に従うことで、読み取り専用機能を正常に削除し、「Outlook 2010はPSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができません」を解決できます。それでもこのエラーが解決しない場合、あなたはScanPST.exeという名前の受信トレイ修復ツールを試してみてください。 解決策2:PC上でScanPST.exeを実行してください。 開いているすべてのMS Outlook 2010ファイルを閉じます。 ScanPST.exeを見つけ、それをダブルクリックして実行します。 それが起動したら、あなたの壊れたPSTファイルの名前を入力しなければならないウィンドウがあなたのスクリーンに現われるでしょう。あなたはPSTファイルの正確な名前についてわからない場合はしかし、あなたはそれからあなたの好ましいものを選択するために参照ボタンをクリックしなければなりません。 ファイルが見つかったら、[スタート]ボタンをクリックして手順を開始します。 スキャンに成功したら、画面にエラーが発生した場合は[修復]ボタンをクリックしてください。 前述の手動の指示は「Outlook 2010はPSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができません」を解決するのに最善です。しかし、あなたが本当に即座にそのようなエラーメッセージを解決したいと思うなら、そしてあなたはOutlook PST Repair Toolと名付けられた第三者のユーティリティを使用しなければなりません。この効果的なサードパーティ製ユーティリティに慣れるには、このエキスパートガイドをよく読んでください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

scanpst.exe 2016のダウンロード方法-0x800ccc78 outlook 2016

scanpst.exeを使用して2016をダウンロードしてPSTファイルを修復する scanpst.exe download 2016は、MS Outlook 2016 PSTファイルが破損したり、破損したり、削除されたりする場合に必要です。 MS Outlook 2016は、Windowsユーザーが単一のスペースで複数の電子メールアカウントを管理するために使用するMS Outlookの最新バージョンの1つですが、主に、連絡先、カレンダー、リマインダ、および電子メールの統合について知られています。すべてのデータをPSTファイル形式で保存しました。 それはすべての便利な機能にもかかわらず、場合によってはPSTファイルがMS Outlookの突然の終了、突然のシステムシャットダウン、ソフトウェア、ハードウェアの故障などの理由で破損、破損または削除される可能性があります。 しかし、合法的なMicrosoftによって提供されたscanpst.exeのダウンロード2016のおかげです。この内蔵修復ユーティリティはscanpst.exeとも呼ばれ、通常はMS Outlookと共にインストールされます。この費用のかからないユーティリティを使用するには、まずそれが正確な場所である必要があります。これらの場所でscanpst.exeのダウンロード2016を簡単に見つけることができます: C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office16 C:\ Program Files \ Microsoft Office \ root \ office16 scanpst.exeを使用するように指示するダウンロード2016 まずscanpst.exeをダウンロードして2016をダウンロードし、ダブルクリックしてアプリケーションを実行します。 [参照]ボタンをクリックするか、PSTファイルの名前を直接入力して、破損したPSTファイルを選択します。 あなたの好みのPSTファイルを選択した後、スタートボタンをクリックしてスキャン手順を開始します。 スキャン時にエラーが見つかった場合は、修復ボタンをクリックして修復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

さまざまなOutlookバージョンの最大PSTサイズ制限は何ですか?-scanpst exe 2010?????????

MS Outlookは、ユーザーが幅広いデータを保存するために使用されますが、システムのユーザーの中には、Outlookバージョンごとの最大PSTサイズ制限を知っているユーザーはごくわずかです。 Outlookでは、電子メール、連絡先の詳細、重要なメモ、重要な日付、雑誌、タスクなど、PSTファイル形式でユーザーデータをOutlookに保存していました。しかし、PSTのサイズがユーザーを超えると、PSTファイルの削除や破損など、いくつかのOutlook関連の問題に直面する必要があります。 PSTファイルの破損や紛失の原因にはいくつかの要因がありますが、Oversized PSTファイルは最も一般的な理由の1つです。これは、システムユーザーが異なるOutlookバージョンの最大PSTサイズ制限について知っている必要がある理由です Outlook 97〜2002の最大PSTサイズ制限 Ms Outlook 97〜2002は、USEnglishに限定されたPSTファイル形式を使用しています。これらのバージョンでは、外国語の文字をエンコードする必要があります。これらのバージョンは2GBのPSTファイルサイズの制限があり、増やすことはできません。 PSTファイルが最大PSTサイズ制限に近づいた場合は、古いメッセージまたはOutlookコンテンツを別のアーカイブPSTファイルに移動するか削除する必要があります。 Outlook 2003の最大PSTサイズ制限を最新バージョンにする Outlook 2003から最新バージョンに至るまで、MS Outlookは、PC上のアルファベットでも表現できる標準データを意味するUnicodeデータを格納できるPSTファイル形式を使用します。これらのバージョンにはPSTファイルサイズの制限はありませんが、実際には20GBから50GBまでです。安定性とパフォーマンス上の理由から、ユーザーは20GBを超えるべきではありません。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookの予定を復元する方法-0x800CCCA4???

Outlookの予定を復元するには、このポストに従う必要があります。カレンダーから古い予定を見つけるのが難しくなっているので、気になるかもしれません。カレンダーが削除されたためです。この問題は、2週間後に予定されている予定を削除するOutlookの設定を行ったために発生します。ただし、Outlookの予定にアクセスできないためにPSTファイルが破損している可能性もあります。ただし、Outlookの予定を簡単に復元できるようになりました。 これら2つのエラーや間違いを別にすれば、Outlookの予定を間違って失ってしまったことを理解するのに役立つ情報がもっとたくさんあります。ここで最大の問題は、Outlookの予定を復元することです。答えははいです。Outlookの予定を失った場合でも簡単に復元できます。ちょうどあなたが投稿に従って、いくつかのユーザーのヒントやトリックを学びました。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookの電子メール添付ファイルを回復する方法-0x800CCC90???

Outlookの電子メールの添付ファイルを回復するソリューションを探している場合は、明らかに正しい投稿を読み込んでいます。添付ファイルは、ドキュメント、写真、オーディオファイルなど、さまざまな形で重要です。しかし、間違いがあるとOutlookの電子メールの添付ファイルが失われ、Outlookの電子メールの添付ファイルの回復が必要になることがあります。 Outlookは、問題に遭遇する可能性のあるすべてのソリューションを提供する優れたアプリケーションです。実際に電子メールに添付されている添付ファイルは一時的な場所に保存されるため、ユーザーは簡単に一時的なOutlookフォルダを見つけて開くことができます。添付ファイルが見つからない場合は、Regedit.exeユーティリティを使用して添付ファイルを元に戻してください。次の手順に従います。 スタート>>実行>> "Regedit"と入力し、 "OK"をクリックします。 関連するレジストリに移動するパス: – "マイコンピュータ" HKEY_CURRENT USER >>ソフトウェア>> Microsoft >> Office >> 12.0 >> Outlook >>セキュリティ " 1つ以上の項目が表示された後>> "OutlookSecureTempFolder"の場所をコピー – >>ファイルエクスプローラにパスを入力します。 あなたはOutlookの電子メールの添付ファイルを回復している手順に従うことを願っていますが、与えられた手順が失敗した場合は、PST修復ソフトウェアを使用して失望する必要はありません。推奨されるツールは使いやすく、信頼性が高く、安全です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする