Tag Archive: Outlook 2003のヘルプ

virus tag

プログラムのスキャンPst:最高の受信トレイ修復ツールのPST修理-0x800CCCD2???

プログラムスキャンPSTは、Microsoft Outlook電子メールアプリケーションのユーザー向けに特別に設計された内蔵の修復ユーティリティで、PSTファイルに関連するあらゆる種類の問題を修正します。ここでは、ジャーナル、連絡先、電子メール、添付ファイル、メモ、タスクなどの貴重なメールボックスコンポーネントを保管するOutlookのファイルであれば、そのPSTを知る必要があります。 MS Outlookの電子メールクライアントを開き、これらのデータへのアクセスを回復するのに役立つプログラムスキャンpstを実行します。 しかし、場合によっては、プログラムのスキャンpstは、PSTの問題を解決するのに役立つことはありません。これは、PSTファイルが破損したり、重大な損傷を受けた場合に発生します。このような状況では、問題を解決するためにプログラムスキャンpstの代替手段を使用する必要があります。そのためには、プロフェッショナルなOutlook PST修復ツールを使用することができます。修復ツールは、ファイルが破損したり、何らかの理由で重大な損傷を受けたりしても、PSTの問題を修正する機能を備えています。いくつかの簡単なクリックでファイルを修復できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

修正エラーOLMAPI32.dllがコンピュータから見付かりません。-0x800CCC93???

OLMAPI32.dllがコンピュータに存在しない場合、Outlookを使用している間に遭遇する厄介なエラーの1つです。報告書によると、Outlook 2010のユーザーは非常に大きなエラーに直面しています。ユーザーが報告したように、scanpstツールを使用して損傷PSTファイルを修復しようとしたときにエラーメッセージが表示されます。 Scanpstとも呼ばれる受信トレイの修復ツールは、Outlookで破損や損傷の問題があるかどうかをユーザーが確認するための主なものです。しかし、もしそのようなエラーがあなたにインボックスツールを使ってあなたを妨げたらどうでしょうか?どのようにPSTファイルを修復しますか? コンピュータのエラーからOLMAPI32.dllが見つからないために、Scanpstを使用できない場合は心配しないでください。 PST修復ソフトウェアなどのサードパーティツールを使用してPSTファイルを修復することはできます。このソフトウェアは、Outlookのその他のエラーが発生する可能性のある破損した破損したPSTファイルを修復するために特に設計されています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

一度破損したMicrosoft Outlookを効果的に修復する方法-0x80042108 Outlook???

Microsoft Outlookは、Microsoft Office Packageに広く使用されているアプリケーションであり、多くの先進機能、プロパティを備えた最新のOutlookバージョンを備えており、さまざまなOutlookデータファイルを1か所で保存および管理できます。 OutlookはすべてのOutlookデータファイルを保存する単一のファイル形式をサポートしていますが、OutlookユーザーはMicrosoft Outlookを修復する必要があります 。多くの理由がPSTの腐敗の問題の責任を負っていますが、実際にはPSTファイルが破損した場合、それは非常に厳しい時間を与えるでしょう。 さらに、Pstファイルが壊れたり壊れたりすると、そのPstファイルに保存されているデータや情報にアクセスすることはできません。一般的に、pstファイルには添付ファイル付きの電子メール、連絡先フォルダに重要な連絡先番号と住所が格納されています。メモフォルダ内の特別な作業に関する特別なメモ、履歴フォルダ内の他のユーザーと共有できる作業リスト、すべてを保存できるカレンダー重要な日付。それは、データ損失につながる直前にMicrosoft Outlookの破損したPSTファイルを修復することは非常に重要です。したがって、これらの種類の問題でのみ開発されたPst修復ツールを使用する必要があります。それをダウンロードして、PST修復ツールですべての破損問題を修正してください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする