Tag Archive: Outlook接続の問題

virus tag

Outlook 2010 PSTファイルを回復する簡単な方法-pst???????????

Outlook 2010 PSTファイルを回復する方法はありますか?不要なOutlookプロファイルを削除しようとして、重要なプロファイルを誤って削除してしまいました。 OutlookのメールやOutlook上の他の重要なデータなど、私のすべての重要なデータにアクセスできなくなりました。 Outlook 2010 PSTファイルを回復する方法はありますか? Outlook 2010に複数のメールアカウントがリンクされている場合、実際にこのような問題が発生する可能性があります。また、Outlook 2010にリンクされているOutlookプロファイルが多数あります。これが、最終的に重要なプロファイルを削除することになった理由ですOutlook 2010で.pstファイルを破損させる。これは、発生している問題と同じであり、データにアクセスできなくなります。 Outlookプロファイルを削除することとは別に、pstファイルを破損させる他の理由もあるので無視しないでください。 マルウェアまたはスパイウェアの攻撃により、.pstファイルが破損します。 Outlook pstファイルの移行中に、いくつかのエラーが発生する可能性があります。 エラーが発生した場合にストレージドライブをフォーマットすると、pstファイルにアクセスできなくなります。 OutlookのPST修復ソフトウェアを使用してOutlook 2010のPSTファイルを回復する 破損したpstファイルを回復したい場合は、scanpst.exeとして組み込みのツールがあります。はい、これはすべてのOutlookバージョンに対してMicrosoftが考案した組み込みユーティリティです。ただし、特定の制限があり、pstファイルの破損を修復および回復できません。ただし、Outlook PST修復ソフトウェアは、破損したpstファイルを回復し、Outlook 2010 PSTファイルを回復するための究極のソフトウェアであるため、このような場合でも機能します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

MDBVU32での変更後にPSTファイルを修復する方法-0x800CCC10???

MDBVU32.EXEで変更した後、PSTファイルを修復しますか?役立つが、バックグラウンドで実行されているアプリケーションに特定の損傷を与える可能性があるさまざまな開発者バージョンがあることを知っていますか? MDBVU32.EXEは、PSTファイルに損傷を与える可能性があるそのような実行可能ファイルです。それは、Outlookのクラッシュ、フリーズ、ハングの原因となる可能性があります。実際にMDBVU32.EXEは、MicrosoftがWindows OS用に開発した実行可能ファイルです。個人情報や個人情報のほか、.pstや.ostの保存にも使用されます。これが、技術者がpstファイルを修復したり、Outlookの送信トレイに届いたメッセージを削除したりするために、めったに使用されない理由です。 MDBVU32での変更後にPSTファイルを修復する方法を知っている Outlookユーザーは、MDBVU32.EXEエラーに関連するこれらのエラーメッセージに遭遇する可能性があります "MDBVU32.EXEアプリケーションエラー" 「MDBVU32.EXEは有効なWin32アプリケーションではありません」 「MDBVU32.EXEは問題が発生したため、終了する必要があります。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。」 "MDBVU32.EXEが見つかりません" 上記のエラーメッセージの理由と、MDBVU32での変更後にPSTファイルを修復する方法 プログラムまたはシステムが起動したとき 特定の機能を使用している間 MDBVU32.EXEがバックグラウンドで実行されています Windowsまたはその他のプログラムのインストール中 これらのエラーは主に、MDBVU32.EXEファイルがシステムから削除されたときに、ウイルスまたはマルウェア感染、MDBVU32.EXEによる破損したpstファイル、Windowsレジストリの破損が原因で発生します。 MDBVU32.EXEエラーが原因でOutlookでエラーが発生し、PSTファイルが破損した場合は、scanpst.exeまたは受信トレイ修復ツールを使用する必要があります。これは、MDBVU32.EXEエラーに関連する小さなpstファイルの破損を修正および修復できる組み込みユーティリティです。ただし、それでも破損が続く場合は、ファイルに深刻な損傷があり、高度なOutlook PST修復ソフトウェアが必要です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2016が購読フォルダーエラーを同期できない-Outlook?PST???????????????

Outlook 2016はこの巨大な電子メールアプリケーションの最新バージョンですが、使用中に問題が発生するユーザーもいます。サブスクライブされたフォルダーを同期できないのは、Outlookのユーザーが電子メールを送信するときに発生する可能性があるこのようなエラーです。通常、このエラーは、Outlook 2016がIMAP電子メールアカウントに接続したときに添付ファイルとともにすべての電子メールメッセージをダウンロードするときに発生します。このエラーが発生した場合、事前にIMAP構成が必要なサーバーを認識するようにメールアプリケーションがセットアップされていないことを意味します。ただし、以下の手順を使用してこのエラーを解決できるため、心配する必要はありません。 Outlookメールアカウントを削除してから再度追加します Outlookアプリケーションを開き、[ファイル]タブに移動します [アカウントを追加]をクリックして、新しいメールアカウントを追加します メールアドレスを入力し、接続をクリックしてください 資格情報を入力し、[完了]オプションをクリックします 上記の手順を使用すると、Outlook 2016が購読済みフォルダーを同期できないというエラーを修正できます。ただし、問題が引き続き発生する場合は、PSTファイルに問題があります。 PST修復ソフトウェアを使用して、このような障害のあるPSTファイルを修復し、Outlookでエラーを修正できます。これは、PSTファイルを適切に修復し、Scanpst.exeのようにデータの損失につながらない素晴らしいソフトウェアです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

フルバージョンをダウンロードするOutlookの回復ツール:Outlookファイルを回復する-0x800C0131???

この記事はOutlook PSTファイルを修復するためにダウンロードしてインストールするのが無料であるフルバージョンOutlookの回復ツールをダウンロードするための詳細な情報を含んでいます。それ以来、OutlookのPSTファイルは個人にとって非常に重要なので、安全で清潔に保つことが非常に必要です。このガイドでは、破損した、破損した、紛失した、または削除されたOutlookデータを修正および復元するためにフルバージョンのOutlook Recovery Toolをダウンロードする必要がある理由を理解するでしょう。 なぜあなたはフルバージョンのOutlookの回復ツールをダウンロードする必要があります MS Outlookは、広く使用されている人気のある電子メールクライアントアプリケーションです。 Outlookでは、PSTファイルは電子メールとメールボックスアイテムのデータを含む主要なファイルと見なされます。 MS Outlookのユーザーにとって、すべてのデータは非常に重要なので、データやPSTファイルに損傷を与えると、いくつかの深刻な問題が発生する可能性があります。あなたが他のMS Outlookユーザーであるなら、あなたはOutlook PSTファイルの重要性をよく知っていなければなりません。 Outlookの回復はあなたが破損、破損または紛失したPSTファイルを修復する必要があることを意味します。時にはいくつかの予期しない要因により、PSTファイルが破損または紛失し、その時間ユーザーはあなたの削除された、破損した、フォーマットされた、または破損したPSTファイルを回復するためのフルバージョンOutlook回復ツールをダウンロードする必要があります。 PSTファイルの損傷の原因となる要因 大きすぎるPSTファイル マルウェアやウイルスの攻撃 古いハードディスクの使用 Outlookアプリケーション設定の不必要な変更 PCの突然のシャットダウン OutlookのPSTファイルへの不正アクセス これら以外にも、PSTファイルの破損につながるいくつかの他の要因があります。その場合は、 フルバージョンのOutlook回復ツールをダウンロードする必要があります 。 ダウンロードフルバージョンOutlookの回復ツールの機能に精通している 大きすぎる、または大きいPSTファイルを回復するために可能です。 送信トレイ、受信トレイ、メモ、予定表、連絡先などのOutlookメールボックスアイテムを復元します。 回復プロセスのログファイルを生成します。 最大限のデータを回復することができます。 OutlookのPSTファイルの暗号化をサポートします。 2016年、2013年、2010年および以下のバージョンを含むMS Outlookのほぼすべてのバージョンをサポートします。 回復されたOutlookのPSTファイルをさまざまな形式で保存します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

修正プログラムのスキャンエラー内部ファイルがこのファイルに見つかりました-0x800CCC78???

Outlookでエラーが発生すると、まずinbuiltユーティリティであるScanpstを使用します。しかし、このツールが失敗したらどうしますか?この記事では、scanpstが失敗したときに表示されるこのファイルエラーで内部エラーが見つかりました。この厄介な問題の背後には多くの理由があるはずです。この問題の背景にある主な理由は、腐敗のレベルがscanpstの能力を超えていることです。 inbuiltユーティリティは、一般的な破損を解決するために設計されていますが、PSTファイルが深刻に破損しているか、サイズが2 GBを超える場合、この組み込みユーティリティは修復に失敗します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook Scanpst Windows 10:Outlookを関連する問題を解決するための最適なユーティリティ-0800ccc13 outlook 2013

Outlook Scanpst Windows 10の詳細情報 最近のWindows 10は、Windowsオペレーティングシステムの最新バージョンの1つで、いくつかの優れた機能が搭載されています。他のバージョンのWindows OSと同様に、このWindowsユーザーは、データを保存、整理、管理するための電子メールクライアントアプリケーションであるMS Outlookも使用します。この電子メールクライアントアプリケーションは、通常、すべてのデータをPSTファイル形式で保存しますが、他のファイルと同様にデータが失われる傾向があります。 PSTファイルの紛失や削除の背後には、責任ある理由がいくつかありますが、最も一般的な要因のいくつかには、ヘッダーファイルの破損、大量のPSTファイル、マルウェア攻撃、突然のシステムシャットダウンなどがあります。このような問題を克服するため、 outlook scanpst windows 10と呼ばれるユーティリティ。正確な場所を知っている必要があります。 Outlook Scanpst Windows 10の場所 32ビットWindows – C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office14 64ビットWindows – C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office14 64ビットOutlook – C:\ Program…
Read more

Outlookエラー10060を修正するには?-0x800CCC78???

Outlookのエラー10060について報告した多くのOutlook 2010ユーザーがいます。ユーザーによれば、電子メールを送信しようとしたときにこのエラーコードが表示されます。プログラムが発信SMTPサーバーに接続できないというエラーメッセージstat。これは、ユーザーの重要な電子メールの送信を妨げるため、実際には迷惑なエラーです。同じエラーメッセージを受け取っているユーザーの中にいる場合は、悲しいことはありません。サーバーの設定が正しいかどうかを確認してください。サーバーの設定が正しくてもエラーが発生した場合は、PSTが破損していることを示します。 PSTの破損は、Outlookで発生したいくつかの種類のエラーの原因です。 Outlookのエラー10060を修正するには、受信トレイユーティリティを使用できますが、いくつかの制限があるため、毎回機能しません。そのような状況では、あなたはPSTの修復ソフトウェアを使用しています。破損したPSTファイルを簡単に修復してエラーを修正する強力なプログラムです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする