Tag Archive: Outlookエラーgdiplus.dll

virus tag

アーカイブPSTで検出されたエラーを修正するガイド-0x800ccc13???

この投稿は、OutlookユーザーがArchive PSTで検出されたエラーを簡単に修正できる、簡単で適切なソリューションをまとめたものです。したがって、このチュートリアルガイドを読み続け、提供された指示を正確な順序で実行してください。 アーカイブPSTで検出されたエラーを修正する理由 MS Outlookは、いくつかの優れた機能を備えており、クラッシュしないだけでなく、破損の問題も発生しやすいため、複数の家庭や技術専門家が使用する広く受け入れられ安定した電子メールサービスプロバイダーの1つです。何らかの理由でOutlook PSTファイルが破損すると、多くのエラーメッセージが表示され、その場合、ユーザーはArchive PSTで検出されたエラーを修正するための適切なソリューションを必要としました 。 アーカイブPSTで検出されたエラーの発生の原因 ソフトウェアのインストールまたはアンインストールの失敗または不正確。 Windows PCの突然または突然のシャットダウン。 マルウェアまたはウイルス感染。 必要なレジストリエントリとシステムファイルの誤った削除。 PSTファイルなどの不正アクセス。 アーカイブPSTで検出されたエラーを修正する実用的なソリューション 解決策1:MS Outlook設定を使用する PCで、MS Outlookアプリケーションを起動します。 [ファイル]タブに移動し、[アカウント設定]オプションを選択します。 [電子メール] >> [メールアカウント] >> [フォルダの変更]オプションを選択します。 その後、「新しいOutlookデータファイル」のオプションをクリックして、一時的なOutlookデータファイルを作成します。 [受信トレイ]フォルダーを選択し、[OK]ボタンをクリックします。 「アカウント設定」に移動し、その後「フォルダの変更」の代替を選択します。 メールメッセージを保存したいOutlookフォルダーを右クリックして、[OK]ボタンを押します。 次に、Outlookデータファイルに移動し、フォルダーから一時的なOutlook PSTファイルを削除します。 その後、「アカウント設定ダイアログ」というタイトルのウィンドウを終了します。 Outlookリボンから、[代替の送信/受信]をクリックします。 解決策2:ScanPST.EXEを使用して、アーカイブPSTで検出されたエラーを修正する ScanPST.EXEユーティリティを使用するには、まず、開いているOutlookアプリケーションを閉じる必要があります。 次に、受信トレイ修復ツールが保存されている場所を探します。 その後、ダブルクリックして実行します。 一度、このツールが画面上で開かれ、スキャンしたいファイルを選択します。 ファイルを選択したら、[開始]ボタンをクリックしてスキャン手順を開始します。…
Read more

PSTファイルに受信トレイの下にサブフォルダが表示されない:何をすべきかを知っている-0x800CCC11???

この記事は主に「PSTファイルに受信トレイの下にサブフォルダが表示されない」問題に関する完全な詳細をカバーし、それを解決するためのいくつかの効果的な解決策を提供します。だから、あなたはそのような問題を解決するための簡単で簡単な解決策を得るためにこのガイドを通らなければなりません。 受信トレイの問題の下にPSTファイルのすべてについてサブフォルダが表示されない 最近では、MS Outlookアプリケーションは、いくつかの非常に高度で優れた機能を備えた、最も広く使用されているユーティリティです。ユーザーは他の人とのコミュニケーションのためにそれを使うだけでなく、彼らのすべての貴重なデータを保存するためにもそれを使います。 Outlookにはいくつかのバージョンがあるので、ユーザーは常に高度な機能を得るためにそれを更新しようとします。古いものから新しいものにデータを移動するために、ユーザーは通常コピー&ペーストのコマンドを使います。しかし、一部のケースでは、受信トレイの下のサブフォルダがコピーされず、「PSTファイルに受信トレイの下のサブフォルダが表示されない」などのエラーメッセージが表示されるとユーザーから訴えられました。さて、あなたは簡単にあなたが簡単に解決することができるいくつかの簡単な方法があります ' PSTファイルは受信トレイの下にサブフォルダを表示しません '。 PSTファイルを修正するための効果的な解決策は、受信トレイの問題の下にサブフォルダを表示しない 解決策1:あなたのMS Outlookビューをリセットする Microsoft Outlookアプリケーションを起動します。 受信トレイフォルダに移動します。 Viewタブ>> Viewの変更をクリックしてから、表示モードを設定します。 今、あなたのMS OutlookビューをリセットするためにReset ViewオプションをクリックしなければならないViewタブがあなたのスクリーン上に開かれるでしょう。 確認ダイアログボックスが画面に表示される場合は、[はい]ボタンをクリックしてください。 もう一度、[表示]タブ>> [表示の変更]のオプションを選択>> [現在の表示を他のメールフォルダに適用]のオプションをクリックします。 これで、メールボックスとそのサブフォルダのチェックボックスをクリックしてサブフォルダにビューを適用するダイアログが表示されます。 すべての変更を保存するには、OKボタンをクリックしなければなりません。 解決策2:Scanpst.exeという名前の受信トレイ修復ユーティリティを使用する Windowsのファイルエクスプローラの検索バーで、まず最初にscanpst.exeを見つけます。 ユーティリティを見つけたら、それを開きます。 今、あなたはあなたがファイル名を入力するか、またはBrowseボタンをクリックすることによってあなたが修復したいPSTファイルを選ばなければなりません。 ファイルを選択した後、スキャン手順を実行するためにスタートボタンをクリックしてください。 スキャンに成功したら、エラーが見つかった場合はあなたのPSTファイルを修復し、PSTファイルが受信トレイの下にサブフォルダを表示しない問題を修復するために修復ボタンをクリックしてください。 PSTファイルに受信トレイの下にサブフォルダが表示されない問題を解決するには、上記の手動による手順で十分ですが、あなたがOutlookの初心者で、あなたがあまりにも技術的な知識を持っていない場合は、 OutlookのPSTファイル修復ツール。それは、いくつかの優れた機能、使いやすいインターフェース、およびすべてのバージョンのOutlookと互換性のある機能を備えた、安全に使用できるユーティリティの1つです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookがセーフモードになっているかどうかはどうすればわかりますか。-0x800CCC62???

これは、Outlookユーザーから最もよく寄せられる質問の1つです。この場所にたどり着き、このチュートリアルガイドを読む準備が整ったら、自分もOutlookがセーフモードになっているかどうかを知りたいと思っているOutlookユーザーであることが確認されます。さて、ここであなたはあなたの問題を簡単に解決するでしょう。それで、このガイドを完全に読んでください。 問題を解決する:Outlookがセーフモードになっているかどうかはどうすればわかりますか? MS Outlookは、コミュニケーションの目的で送受信されるEメール、重要なタスク、ジャーナル、重要な日付などのデータを.pstファイル形式で保存するために、家庭だけでなくプロのユーザーによっても使用される、広く使用され最も人気のあるEメールクライアントアプリケーションです。もっと。それがすべての機能であるにもかかわらず、時々ユーザーはいくつかのエラーメッセージやOutlookが自動的にセーフモードで起動するような望ましくない状況で苦しむかもしれません。 あなたのOutlookがセーフモードであることを認識するためのサイン MS Outlookのセーフモードはアドインなしで実行されることが多いので、アドインを見ることができます。アドインが特定のまたは特定の時間に必要でないならば、MS Outlookは普通のようです。一般的に、Microsoft Outlookのセーフモードは、Outlookアプリケーションのタイトルバーに記載されており、セーフモードの単語が「Microsoft Outlook」の元のタイトル名に追加されます。 Outlookのセーフモードの問題を修正するための解決策 Windows PCを起動してください。 コントロールパネルに行きます。 コントロールパネルウィンドウで、「プログラムと機能」のオプションを選択します。 左側のウィンドウには、[コントロールパネルホーム]、[インストールされた更新プログラムの表示]、[Windowsの機能の有効化または無効化]の3つのオプションがあります。 これで、インストールされているすべてのアップデートの一覧がPCに表示されます。 右上には検索フィールドにKB3114409と入力します。 右クリックし、[アンインストール]ボタンをクリックして、このアップデートをアンインストールします。 そのようなアップデートをアンインストールした後、Windows PCを再起動してMS Outlookアプリケーションを起動してみてください。 Outlookのセーフモード問題の症状に慣れたら、Outlookのセーフモード問題やその他のOutlook関連のエラーを修正するためにOutlook PST Repair Toolとして知られている自動化された解決策を試みなければなりません。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

サイズ制限による破損したOutlook PSTファイルの修正-0x800cc0f outlook 2007

あなたのPSTファイルは大きいサイズのために破損していますか?サイズ制限による破損したOutlook PSTファイルを修復しますか?もしそうなら、あなたはここで案内されます。 Pstファイルにはサイズ制限があり、サイズ制限を超えると破損または破損します。そのような状況では、そのデータにアクセスするためにPSTファイルを修復する必要があります。 PSTの破損が発生するたびに私たちはそれらを修復するためにScanpst.exeについて考えます。しかし、この受信箱ツールはPSTファイルを修復することが可能ですが残念ながらそれは大きいサイズのために破損したPSTファイルを修復することはできません。 あなたはそのサイズを管理するためにあなたのPSTファイルのサイズを減らすことができますが、あなたがサードパーティ製のアプリケーションを必要とするサイズ制限のために壊れたOutlook PSTファイルを修復するために。 PSTファイルの修復ソフトウェアは、サイズが大きいために発生するPSTファイルの破損を防ぐことができるような強力なユーティリティです。それは破損の背後にある理由に関係なくOutlookの異なるバージョンをサポートし、PSTファイルを修復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookの巡回冗長検査エラーを修正する-???Outlook?PST??????

電子メールアプリケーションに関しては、Microsoft Outlookが多くのユーザーにとって最初の選択肢です。それが優れた機能を提供することは間違いありませんが、Outlookの問題も一般的です。巡回冗長検査エラーは、新しい電子メールがローカルコンピュータにダウンロードされたときに発生するような問題です。しかし、このエラーの背後にある主な原因はPSTファイルの破損ですが、ディスクエラーもこの問題の背後にある理由でなければなりません。あなたはPSTファイルを修復する前に、それはあなたが以下の与えられたステップに従うことをするためにハードディスクチェックを実行することが推奨されます。 スタートメニューの検索フィールドに「cmd」と入力します。 対応するプログラムが表示されます。それをクリックしてコマンドプロンプトを開きます。 ここで「chkdsk diskname:/ f」と入力してEnterキーを押します。 CHKDSKが完了したら、コマンドプロンプトを閉じてOutlookを再起動します。 それでも巡回冗長検査エラーが解決しない場合、それは不良PSTファイルが原因です。あなたはPSTファイルを修復するために受信トレイツール(Scanpst.exe)で行くことができます。しかし、このツールがファイルを修復しない場合は、その後、サードパーティプログラムの助けを借ります。 PSTファイルの修復ソフトウェアはPSTファイルを修復し、作り付けのユーティリティが失敗したときにOutlookのエラーを取り除くための最良の解決策です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2007エラーを解決するためのガイドOutlook.OSTはオフラインフォルダファイルではありません-Outlook?pst???????????

OSTファイルを開いているときに "Outlook 2007エラーOutlook.OSTがオフラインフォルダファイルではありません"というメッセージが表示されますか?このような問題を解決する最適なソリューションを探していますか?もしそうなら、この投稿はあなたにとって本当に役に立ちます。この記事では、Outlook 2007エラーOutlookの背後にある事実についてご説明します.OSTはオフラインフォルダファイルではありません。簡単に解決できるファイルとソリューションです。だから、この投稿を完全に読んでください。 Outlook 2007のエラーの原因Outlook.OSTがオフラインフォルダファイルではない OSTファイルの破損 マルウェアまたはウイルス感染 インターネットの突然の故障 ハードドライブ上の不良セクタの発生 Outlook OSTファイルの転送中または移動中に中断 同期エラーなど。 ソリューションOutlook 2007エラーを解決するOutlook.OSTがオフラインフォルダファイルではない 解決策1:手動でOSTファイルを再作成する MS Outlookを終了してプロシージャを開始します。 その後、[コントロールパネル]オプションを選択し、[メールとプロファイル]オプションをクリックします。 必要なプロファイルを選択します。 今度は、[プロパティ]オプションを選択してから、電子メールアドレスを選択する必要があります。その後、[変更]ボタンをクリックします。 次に、[キャッシュされたExchangeモード]を[詳細設定]オプションで有効にします。 必要な変更をすべて保存するには、[OK]ボタンを押してください。 ソリューション2:ScanPST.exeと呼ばれるMicrosoftの受信トレイ修復ツールを実行する 「Outlook 2007エラーOutlook.OSTオフラインフォルダファイルではありません」の解決手順を開始するには、まずScanPST.exeという名前の受信トレイ修復ツールを探します。 その後、ダブルクリックして実行します。 これで、あなたのOSTファイルの名前を入力する必要があるウィンドウが画面に表示されます。または、[参照]ボタンをクリックして、適切なものを選択することもできます。 OSTファイルを選択したら、[スタート]ボタンをクリックしてスキャン手順を開始します。 スキャン後、画面にエラーが表示された場合は、[修復]ボタンをクリックします。 注:上記の手動ソリューションに従うことで、「Outlook 2007エラーOutlook.OSTはオフラインフォルダファイルではありません」とはっきりと解決されますが、この方法には多大なスキル、時間、労力が必要です。このようなOSTファイルに関するエラーメッセージを直ちに解決するには、Outlook PST修復ツールというサードパーティのユーティリティを使用する必要があります。 Outlook PSTの修復ツールについての完全な情報を得るために、この記事を最後まで完全に読んでください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst.exe Outlookの破損を簡単に処理する-0x800CCC94???

あなたがこのページに着陸した場合、scanpst.exeのOutlookの破損後にヘルプを探していることが確認されます。ここでは、scanpst.exeのOutlookの破損の正確な原因と、scanpst.exeのOutlookの破損の問題を修正するための適切な解決方法を知っています。この投稿を読んで続ける… Scanpst.exe Outlook破損ヘルプが必要な場合 Outlookユーザーであるため、正当なMicrosoftがMS Outlook関連の問題を修正するために提供したscanpst.exeに精通しています。 MS Outlookは、Windowsユーザーがデータを処理または管理し、インターネットなしでスパムメッセージを送受信するために使用されます。効果的なものですが、PSTファイルが削除、消去、破損または破損する予期せぬ理由により、その時にscanpst.exeツールが必要になることがあります。 Outlookが異常に動作するシナリオ 一部の電子メールメッセージがありません。 ヘッダーファイルの破損。 ソフトウェアまたはハードウェアの障害 マルウェアやウイルスの侵入。 フォルダまたはファイルの削除。 突然の停電。 特大のPSTファイル。 Scanpst.exe Outlookの破損は、効果的なサードパーティツールで処理することができます。 Scanpst.exeツールは間違いなくOutlookの問題を処理するための効率的なものですが、予期しないいくつかの要因により破損する可能性があります。どういうわけかscanpst.exeの見通しが壊れている場合は、サードパーティのユーティリティを探す必要があります。しかし、いくつかのOutlookの回復ツールが利用可能ですが、OutlookのPSTの修復ツールは、いくつかの高度な機能が付属して100%有効なものとして証明されています。この自動Outlook修復ツールは、すべてのバージョンのOutlookユーザーと互換性があります。システムユーザは簡単にそれを使用して、手間をかけずにPSTファイルを回復できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする