Tag Archive: Outlookエラー0x800cccof

virus tag

Outlookプロファイル2016を再作成するための最良の手順-???pst?????

メールアカウントを構成するために、Outlook 2016で複数のプロファイルを作成しました。最近、いくつかの未知の理由により、Outlookプロファイルの1つが破損し、メールアカウントにアクセスできません。そのプロファイルには多くの個人的なメールが保存されているので、それは本当に残念です。 Outlookプロファイル2016の再作成を手伝ってください。 Outlook 2016は、この電子メールアプリケーションの最も使用されている最新バージョンの1つです。しかし、それは多くの高度な機能を備えていますが、それでもユーザーは上記のシナリオで述べたように問題に直面する必要があります。プロファイルが破損したり削除されたりしても心配する必要はありません。ここでは、Outlookプロファイル2016を再作成するためのソリューションを取得します。以下は、プロファイルを再作成できる手動の手順です。 コントロールパネルを開き、メール(32ビット)アプリケーションをクリックします。 次に、[プロファイルオプションを表示]をクリックして[追加]をクリック プロファイルにUnifiedTenantという名前を付けます アカウントを追加し、新しいプロファイルをデフォルトのプロファイルとして設定します ただし、破損したOutlookプロファイルは、PSTファイルの損失または破損につながる可能性があります。したがって、上記の手順を使用すると、Outlookプロファイル2016を再作成できますが、PSTファイルを回復または修復できません。その場合、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティ製アプリケーションの助けが必要になります。これは、破損または損傷したPSTファイルを修復するだけでなく、紛失または削除されたPSTファイルを復元することもできる強力なアプリケーションです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

(修正)起動時に応答しないOutlook 2007-0x800CCCA0???

最近、WindowsコンピュータでMy OutlookをOutlook 2007にアップグレードして、高度な機能を利用できるようにしました。しかし、アップグレード後、フリーズし始めるOutlookプロファイルに問題が生じ始めました。クリックしてもアプリケーションが応答しないため、この問題を解決するにはシステムを再起動する必要があります。起動時に応答しないOutlook 2007の修正を手伝ってください。 アプリケーションをOutlook 2007にアップグレードした多くのOutlookユーザーがこの問題について報告しています。あなたもその中にいて、Outlookプロファイルにアクセスできない場合は、心配しないでください。ここで解決策が得られます。一般に、この種の問題は、ユーザーがOutlookをアップグレードする不適切な方法に従うか、アップグレードプロセス中にエラーが発生した場合に発生します。起動時に応答しないOutlook 2007を修正するには、以下のトラブルシューティング手順を実行します。 スタートボタンをクリックし、プログラムに移動します Microsoft Office 2007をクリックし、次にOfficeツールをクリックします。 次に、アプリケーションの回復オプションをクリックします ダイアログでOutlookを選択し、[End Application]を選択します 上記の方法を使用すると、起動時に応答しないOutlook 2007を修正できます。しかし、アプリケーションのクラッシュが原因で、Outlook PSTも破損または破損することがあります。ただし、一部のユーザーはScanpst.exeを使用してそのようなPSTを修正しようとしましたが、組み込みのユーティリティの制限のために機能しませんでした。したがって、そのような状況では、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティのユーティリティの支援が必要になります。それは破損の背後にある理由に関係なくPSTファイルを適切にスキャンして修復する効果的なユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookエラー0x800ccc15を修正するための最良の方法-0x800CCC0C???

ユーザーの問題に悩まされることがないように、Outlookは機能を更新し続けています。しかし、すべての機能にもかかわらず、電子メールの利便性を低下させるOutlookでエラーが発生することがあります。 Outlookエラー0x800ccc15はあなたがOutlookユーザーであればあなたが遭遇したくないようなエラーです。エラーのため、ユーザーはOutlookで電子メールを送受信できません。通常、Outlookが電子メールサーバーとの接続を確立できないときにエラーが発生します。同じエラーが発生したOutlookユーザーの中にもいる場合は、次の手順を実行して問題を解決します。 MS Outlookのアカウント設定を確認してください 送信トレイに座っているメッセージを削除する Outlookを再起動して電子メールを送受信する それでもOutlookエラー0x800ccc15が存在する場合は、お使いのアンチウィルスソフトウェアを無効にしてください。ただし、Outlookで電子メールを紛失したり誤って削除した場合でも、心配する必要はありません。あなたはサードパーティ製のソフトウェアを使用して削除されたかなくなったEメールを検索することができます。 PSTファイルの修復ソフトウェアはPSTファイルを修復するだけでなく、Outlookで削除または失われたアイテムを回復することができる素晴らしいアプリケーションです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

エラーを修正する方法:Outlookであなたのデフォルトの電子メールフォルダを開くことができません。-pst???????????????

このガイドは、主にエラーを修正するためにユーザーを助けるために作成されています。このエラーメッセージの背後には多くの原因がありますが、良いニュースは下記の最も簡単な解決策でそれらを簡単に修正できることです。だから、正確な順序でステップバイステップの指示に従ってください。 「Outlookでデフォルトの電子メールフォルダを開けない」というエラーの原因 MS Outlookアプリケーションは互換モードで実行されています。 OutlookのPSTファイルが破損しているか破損しています。 誤ってOutlook PSTファイルを削除しました。 MS Outlookのナビゲーションペイン設定ファイルが破損しているか破損しています。 Outlookアプリケーションなどの不正アクセス 「Outlookでデフォルトの電子メールフォルダを開けない」というエラーを修正するための解決策 解決策1:MS Outlookの互換モードを無効にする MS Outlookのデフォルトのインストールフォルダに移動します。C>プログラムファイル> Microsoft Office> Office XX> Outlook.exe その後、MS Outlook.exeを右クリックします。 [プロパティ]、[互換性]タブの順にクリックします。 それでは、「このプログラムを互換モードで実行する」のチェックを外してください。 最後に、Applyボタンをクリックしてください。 解決策2:セーフモードでMS Outlookを実行する Win + Rキーを押して実行ボックスを開きます。 [ファイル名を指定して実行]ボックスに、Outlook / safeと入力してEnterキーを押します。 今、すべての危険なアドインを確認して無効にします。 解決策3:修正エラーScanPST.exeを使用してOutlookでデフォルトの電子メールフォルダを開くことができない まず第一に、MS Outlookのインストールフォルダに移動し、ScanPST.exeという名前の受信トレイ修復ツールを見つけます。 MS Outlookアプリケーションをダブルクリックして起動します。 それが成功したプロンプトが表示されたら、ユーティリティを参照して破損または破損したPSTファイルを選択し、[スタート]ボタンをクリックしてください。…
Read more

Outlook 2010を解決するためのガイドはPSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができません-0x800CCC90???

最近のOutlook 2010ユーザーのほとんどは、古いバージョンからWindows OSをアップグレードした後、「Outlook 2010でPSTファイルアクセス拒否エラーを解決できません」のような一般的なエラーメッセージに直面しています。あなたもこのエラーメッセージに直面していて、それを修正するための適切な解決策を探しているならば、それから完全にこのポストを通り抜けてください。 Outlook 2010を解決するための手動による解決策PSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができない 解決策1:ファイル許可を変更する スタートボタンをクリックしてください。 それを右クリックし、「ファイルエクスプローラ」オプションを選択してください。 ブラウザのPSTファイルの場所。 PSTを右クリックして、[プロパティ]オプションを選択します。 それでは、セキュリティセクションに進んでください。 その後、編集ボタンをクリックしてください。 画面に「Permission for filename.pst」という名前のポップアップウィンドウが表示されたら、ユーザーアカウントを選択します。 フルコントロール許可のオプションを選択してください。 今、あなたはOKボタンをクリックしなければなりません。 フルコントロールのアクセス許可を得るには、システムと管理者に対して同じ手順を繰り返します。 最後に、MS Outlookを再起動してください。 解決策1に従うことで、読み取り専用機能を正常に削除し、「Outlook 2010はPSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができません」を解決できます。それでもこのエラーが解決しない場合、あなたはScanPST.exeという名前の受信トレイ修復ツールを試してみてください。 解決策2:PC上でScanPST.exeを実行してください。 開いているすべてのMS Outlook 2010ファイルを閉じます。 ScanPST.exeを見つけ、それをダブルクリックして実行します。 それが起動したら、あなたの壊れたPSTファイルの名前を入力しなければならないウィンドウがあなたのスクリーンに現われるでしょう。あなたはPSTファイルの正確な名前についてわからない場合はしかし、あなたはそれからあなたの好ましいものを選択するために参照ボタンをクリックしなければなりません。 ファイルが見つかったら、[スタート]ボタンをクリックして手順を開始します。 スキャンに成功したら、画面にエラーが発生した場合は[修復]ボタンをクリックしてください。 前述の手動の指示は「Outlook 2010はPSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができません」を解決するのに最善です。しかし、あなたが本当に即座にそのようなエラーメッセージを解決したいと思うなら、そしてあなたはOutlook PST Repair Toolと名付けられた第三者のユーティリティを使用しなければなりません。この効果的なサードパーティ製ユーティリティに慣れるには、このエキスパートガイドをよく読んでください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

scanpst exeツールとはどのようなものですか?-????????

scanpst exeツールについて何を知っていますか? scanpst exeツールは、正規のMicrosoftが提供するMS Outlookアプリケーションの内蔵または無償のユーティリティです。このユーティリティは、システムユーザがマシン内に電子メールクライアントアプリケーションであるMicrosoft Outlookをインストールすると自動的にインストールされます。正当なMicrosoftは、ほぼすべてのバージョンのWindowsユーザーにOutlookデータファイルを修復し、ほぼすべてのOutlook関連のエラーを修正するよう提案しています。 Scanpst exeツールは、Outlook関連のほとんどすべての問題を修正するための、実際には最高の効率的なツールとみなされています。 scanpst exeツールを使用する必要がありますか? scanpst exeツールの必要性は、Outlookのアイテムが何らかの理由で削除、紛失、破損、破損またはフォーマットされた場合に必要となることがよくあります。破損、PSTファイルの削除または紛失の背後には、責任を負う多数の要因がありますが、最も一般的な理由のいくつかは ソフトウェアとハ​​ードウェアの問題 MS Outlookアプリケーションの突然の終了 ウイルス、マルウェア、またはシステム感染 突然のシステムがシャットダウンします。 ネットワークのねじれの問題など scanpst exeツールの使い方 scanpst exeツールを使用するには、まずWindowsマシンの中にツールを配置する必要があります。 scanpst exeツールを見つけたら、それをダブルクリックして実行します。 この無償ユーティリティーのメインインターフェースでは、スキャンするファイル名を入力する必要があります。 PSTファイル名に精通していない場合は、[参照]オプションを使用することもできます。 その後、スキャンボタンをクリックしてスキャン手順を開始します。 スキャンに成功すると、エラーが見つかった場合は、PSTファイルやMS Outlookの他の属性を修復するために修復ボタンを使用することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Vistaのscanpstはどこですか?VistaのScanpstの場所についての知識を得る-550????????

Vistaでscanpstがどこにあるか:コンピュータ上の正確な位置を知る Windows Vista上のMS Outlookは、グラフィックス、ユーザーフレンドリーなインターフェイスなどを含む多くの便利な機能が付属している最も効率的で信頼性の高い電子メールサービスクライアントの1つです。しかし、別のオペレーティングシステムと同様に、Windows Vistaでは.pstファイルの破損が発生するため、MicrosoftはWindows Vista用の組み込みツールであるscanpst.exeを修正して、ほとんどすべての破損したPSTファイルを修復しています。 Scanpst.exeは、破損したPSTファイルを修復し、すべての小さなOutlookの問題を解決するために特別にプログラムされています。 MS-Outlookをマシンにインストールする際にシステムにインストールされます。あなたはVistaでscanpstがどこにあるのか知っていますか?与えられていない場合は、以下の段落を読んでください。 Vistaでscanpstがどこにありますか:Scanpst.exeの場所 scanpstの場所は、さまざまなWindowsバージョンのMicrosoft Outlookの更新版ごとに異なります。正確な場所を覚えておくことは非常に難しく、PSTデータや電子メールの救いと重要な損失につながる可能性があります。ですから、もしあなたがどこでscanpstがVistaであるのか知りたいのであれば、下記のparaを読んでください Vistaでscanpstがどこにあるか64ビットWindows Vista、Windows 7、Windows 8 ドライブ:\ Program Files \ Microsoft Office \ OFFICE15 ドライブ:\ Program Files \ Microsoft Office \ OFFICE14 ドライブ:\ Program Files \ Microsoft Office \ OFFICE12 32ビットWindows…
Read more

破損したPSTファイルを修復するには.pst修復ユーティリティをダウンロードする方法-0x800CCCA0???

あなたが知っているように、Microsoft Outlookは世界中のよく知られた電子メールクライアントです。これは、プロフェッショナルが企業メッセージを送信または受信するためにグローバルに使用されます。それは個人的な電子メールにも使用されます。 Outlookには、会議、スケジュール、タスク、予定などの管理などの便利なサービスを提供するコンタクト、カレンダー、タスクなどのいくつかのコンポーネントが用意されています。 Outlookは、PSTフォルダ内のすべてのコンポーネントファイルを.pstファイル形式で保存することがわかります。しかし、さまざまな望ましくないシナリオの.pstファイルがアクセス不能または破損していることがあります。この場合、システムの.pst修復ユーティリティをダウンロードして破損の問題を修正する必要があります。 .pstファイルの破損の主な理由のいくつかは、読み取りまたは書き込みプロセス、ウイルスまたはマルウェア攻撃、システムクラッシュ、突然のシャットダウンなどの中断によるものです。添付ファイルを開く必要がある場合は、破損したファイルを.pstファイルに修正するために、感染したコンピュータ上の.pst修復ユーティリティをダウンロードする必要があります。ユーティリティは、Outlookのすべての問題を簡単に修正するように特別に設計されています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

オーバーサイズの.PSTファイルの問題を修正または修復する方法-???????????????

このような不快な問題は、Outlook PSTファイルのサイズが最大許容限度を超えた場合に発生します。しかし、あなたは心配する必要はありません!効率的なMS OutlookのPSTの修復ツールは正常にすべての破損または破損した特大の.pstファイルを修復することができますので、簡単に通常のMicrosoft Outlookの操作をコンピュータ上でスムーズに実行できます。また、MS Outlook PSTファイルがオーバーサイズになって、さまざまな電子メールコンポーネントのアクセス不能につながる理由を知ることは、同様に非常に重要です。 あなたの重要な電子メール、連絡先、添付ファイル、メモ、タスク、または予定リストを含むPSTファイルがオーバーサイズになって破損した場合、損失はお金やビジネスの面でも大きくなる可能性があります。 Microsoft Outlookは、PSTファイルの破損につながる大きすぎる.pstファイルを処理するために、受信トレイ修復ツールと信頼できるOutlook PST回復ツールという名前のユーティリティを提供しています。しかし、MS Outlook PSTファイルの破損レベルが厳しい場合、そのようなユーティリティでもOutlook PSTファイルを修復できない場合、貴重なメールはすべてアクセス不能のままです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

すばやくOutlook 2007のエラー0x8004210aを簡単な手順で削除する-0x800CCCA2???

Outlook 2007のエラー0x8004210aとは何ですか? MS Outlook 2007のユーザーで、Outlook 2007のエラー0x8004210aなどのエラーが発生した場合は、POP3に関連する問題が発生している可能性があります。 POP3に関しては、MS Outlook 2007バージョンで電子メールを送受信するために利用されるプラットフォームです。今、このプロトコルが突然機能を停止し、ユーザーが電子メールに関連する作業を実行できなくなると、何が起こるのかという疑問が生じます。通常これは、以下の理由が原因で発生します。 PCシステムの構成変更。 メールアカウントの設定に関する問題 メールメッセージの破損。 PSTファイルの破損。 ファイアウォールの不適切な設定。 Outlook 2007のエラー0x8004210aのようなエラーは、scanpst.exeというMS Outlookアプリケーションのinbuilt修復ツールの助けを借りて解決される可能性がありますが、そのようなエラーのマイナーな原因の下でのみ有用かもしれません。したがって、ユーザーは、inbuiltツールの代替として設計されているOutlook PST修復ソフトウェアのインストールを進めることもできます。このサードパーティアプリケーションは、MS Outlook 2016、2013、2010、2007、2003,2002および2000を含む他のバージョンのOutlookをサポートします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする