Tag Archive: Outlookエラーコード0x800cccdd

virus tag

{解決済み}:Outlookエラー0x800ccc1a-0x800CCCAD???

Outlookエラー0x800ccc1aに直面していますか?このエラーのためにOutlookアプリケーションをスムーズに使用できませんか? 0x800ccc1aエラーを修正しますか?破損したpstファイルが主にこれに責任があり、それを修正するために破損したpstファイルを修復する必要があります。ここで、この特定のエラーとその原因に焦点を当てましょう。実際、Outlookユーザーは、使用されているバージョンに関係なく、Outlookでエラーを送受信するときに問題に直面する可能性があります。このような場合、ユーザーは、エラーの背後にある理由を明確に示すポップアップとしてエラーメッセージを受け取ります。メッセージで指定されている暗号化設定タイプに問題がある場合。ただし、誤ったポート番号や破損したpstファイルなどの他の可能性も除外できません。 Outlookエラー0x800ccc1aを修正する方法は? このために、MSOutlookの暗号化設定を変更する必要があります 最初にOutlookアカウントを開き、次にメインメニューの[ファイル]をクリックする必要があります。 これにより、この中の情報画面として、ドロップダウンを選択してアカウント設定を選択し、それをクリックする必要があります。 アカウント設定内で、メールアカウントを選択してから、このオプションをクリックして変更を選択する必要があります 次に、[アカウントの変更]ウィンドウ内の[その他の設定]をクリックする必要があります 次に、[詳細設定]タブをクリックして、チェックボックスをオフにします。これにはSSLまたは暗号化された接続サーバーが必要です 暗号化されたサーバー接続のポート番号を変更する必要があります 次に、終了時に選択して設定を保存します。 ただし、Outlookエラー0x800ccc1aの理由が破損したpstファイルである場合は、scanpst.exeを使用してpstファイルをスキャンして修復する必要があります。これは、Outlookにデフォルトで存在する受信トレイ修復ツールです。同じものを次のように指定されたパスに配置できます Outlook 2019:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2016:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2013:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office15…
Read more

(修正済み)Outlook PSTファイルを修復中にScanpst.exeが応答しない-0x800ccc13 windows 10

Scanpst.exeがOutlook PSTファイルを修復中に応答しませんか?あなたは正しい場所にいます。ここでは、この問題を解決するための完璧な解決策を得るでしょう。 Scanpst.exeは破損したPSTファイルや破損したPSTファイルを修復するために設計されたOutlookの組み込みユーティリティです。しかし、ときどきこのinbuiltユーティリティは、ユーザーがそれを使用しようとすると応答を停止します。 PSTファイルの重大な破損のようにscanpstを応答しないようにする理由は数多くあります。問題は、オーバーサイズのPST、受信ボックスツールのインストールの失敗、サーバーの問題の交換などです。 scanpst.exeがOutlook PSTファイルの修復中に応答しない場合、実際には不都合な状況です。しかし、あなたはまだあなたの破損したPSTファイルを修復ソフトウェアのようなサードパーティのプログラムを使用して修復することができますので、心配する必要はありません。それは破損の背後にある理由にかかわらずPSTファイルを修復することができる専門のソフトウェアです。 scanpstと同様に、制限はなく、すべてのバージョンのOutlookと互換性があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

scanpst exeをインストールしてOutlookの問題を解決する方法-0x800CCC04???

scanpst exeについて何を知っていますか? 壊れた、破損した、紛失した、または削除されたPSTファイルは、ほぼすべてのOutlookユーザーが直面する最も一般的な問題の1つです。 Outlookの属性またはPSTファイルは、マルウェア攻撃、オーバーサイズのPSTファイル、ヘッダーファイルの破損などの理由で破損する可能性があります。あなたのPSTファイルがどのように破壊されたのか誰にでも簡単にアクセスすることはできません。 その場合、Scanpst.exeという名前の無料の受信トレイ修復ツールが必要です。それを使用するには、scanpst exeをインストールする必要があります。システムユーザーが自分のPCにMS Outlookアプリケーションをダウンロードすると、自動的にWindowsマシンにインストールされます。このコストのかからないユーティリティは、PST構造とPSTの一貫性を再構築するため、Outlookの問題を解決するための効率的なユーティリティとみなされます。 あなたのPCでscanpst.exeを見つけるには? Scanpst.exeは、MS Outlookと同じフォルダにあります。この方法で簡単に見つけることができます: タスクマネージャを開く [プロセス]タブで、Outlookを見つけます。 MS Outlookを右クリックし、「ファイルの場所を開く」を選択します。 これで、Windows ExplorerがMS Outlookがインストールされているフォルダを開いていることがわかります。 scanpst exeのインストール方法 まず、scanpst exeツールをインストールします。 その後、それをダブルクリックして起動します。 表示されたウィンドウからPSTファイルを選択します。 ファイルを選択した後、スキャン開始ボタンをクリックしてスキャン手順を開始します。 エラーが見つかった場合は、修復ボタンをクリックしてPSTファイルを修復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpstの場所Windows XP:PSTの問題を簡単に解決する-0x800CCC78???

すべてのMicrosoft Outlookユーザーには、PSTファイルのマイナーレベルの破損を修正するために使用されるScanpst.exeという名前の修復ユーティリティが組み込まれています。 PSTファイルに関連する問題が発生した場合は、PSTの損傷または破損を解決するためにscanpstの場所ウィンドウxpを見つける必要があります。ファイルの構造が完全であるかどうかを確認するために、PSTファイルを完全にスキャンします。 場合は、Scanpst.exeがPSTファイル内の問題を検出すると、すぐにファイルを修復し、同様にメールボックスコンポーネントを復元します。上記のとおり、ツールはPSTファイルのマイナーな問題のみを修正します。 Outlook PSTが深刻な破損または損傷を受けている場合は、scanpstの場所ウィンドウxpを見つけて信頼できるOutlook PST修復ツールを使用し、PSTファイルの修復に失敗する必要があります。以下で推奨されるユーティリティは、少数の簡単なクリックでファイルを修復し、メールボックス項目を復元します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

修復された.Pstは空です:PST修理のためのより良い解決策を知る-????550???

どうやら、Microsoft Outlookへのアクセスを失った場合、PSTファイルが壊れている可能性があります。破損した後は、修復した.PSTファイルを使わずに重要なファイルにアクセスすることはありません。それは、いずれかと起こる共通のPhilomenaですが、PSTの破損の裏にある理由があります。致命的なウイルス感染、Microsoft OutlookアプリケーションのクラッシュまたはオーバーサイズのPSTファイルにより、PSTファイルが破損している可能性があります。理由は何かであるかもしれませんが、PST修復ツールを使用することによって、PSTのあらゆる種類の破損を修復することができます。修正された.pstファイルをMicrosoft Outlookにインポートすると、重要な情報に再度アクセスすることができます。 ただし、Microsoft OutlookがOutlookの破損を修復するために提供するScanpst.exeと呼ばれるツールが組み込まれていますが、その制限により、Scanpst.exeが修復に失敗することがあります。その場合、破損後のすべてのPSTの問題を撃退するための優れたツールであるPST修復ツールを使用することができます。このツールは損傷/破損したPSTファイルを修復し、新しいものを提供します。ソフトウェアにはインタラクティブなインターフェースがあり、基本的な手順をほとんど使わずにpstファイルを修復できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする