Tag Archive: Outlookはメールを送信しない

virus tag

「Microsoft Outlookはアイテムを移動できません」というエラーを修正するためのガイド-Outlook?pst????????????

この記事には、複数のOutlookユーザーが直面している「Microsoft Outlookではアイテムを移動できません」というエラーの側面が含まれており、その原因の鍵、解決ツール、および方法が概説されています。詳細情報を知るには、このチュートリアルガイドをよく読んでください。 「Microsoft Outlookはアイテムを移動できません」というエラーについて知っている MS Outlookは、電子メールの転送と日常的な企業コミュニケーションの両方にユーザーが使用する、広く使用されている電子メールクライアントアプリケーションの1つです。このアプリケーションのすべての優れた機能にもかかわらず、Outlookユーザーはアイテムを移動できないMicrosoft Outlookを含むいくつかのエラーメッセージを表示することがあります。まあ、そのようなエラーメッセージを簡単に解決できる効果的な方法があります。解決方法については、このエキスパートガイドを読み続けてください。 エラーの主な原因「Microsoft Outlookはアイテムを移動できません」 移動またはコピーのために選択されたEメールは既に宛先フォルダーにあります。 本当にコピーまたは移動したいEメールは既に使用されています。 脅威チェック操作は、Outlookファイルに対してウイルス対策によって実行されます。 オーバーサイズのOutlook PSTファイル マルウェアやウイルスがOutlookなどに感染しました。 「Microsoft Outlookではアイテムを移動できません」というエラーを解決するための指示 解決策1:OutlookのPSTファイルのサイズを確認または決定する MS Outlookアプリケーションを起動します。 [ファイル]に移動して[アカウント設定]のオプションをクリックし、[データファイル]タブをクリックした後。 さて、.PSTファイルをハイライトしてOpen File Locationをクリックしてください。 その後、主に[プロパティ]オプションが続くPSTファイルを右クリックします。 次のウィンドウでは、OutlookのPSTファイルのサイズを小さくする必要があります。 解決策2:MS Outlookプロファイルを作成する MS Outlookを起動し、「オプション」を選択します。 次に、主にプロファイルの管理が続くアカウント設定を選択します。 その後、「プロファイルの表示」オプションを選択してから、「追加」ボタンをクリックした後。 さて、Profile nameのボックスにProfileの名前を入力してOKボタンをクリックしてください。 解決策3:エラー「Microsoft Outlookはアイテムを移動できない」を修正するためにScanpst.exeという名前の組み込みユーティリティを使用する Scanpst.exeを見つけます。 実行可能ファイルを見つけたら、それを開き、破損したOutlookの.pstファイルを起動するための参照オプションを選択します。 スキャン手順を開始するには、スタートボタンをクリックしてください。 スキャン処理が完了するまで待ちます。…
Read more

Olmapi32のDLL修正のベストソリューション(更新されたガイド)-0x800CCC41???

Olmapi32 dllはマイクロソフト社のファイルです。ほとんどのMS Outlookユーザーは、Microsoftの最新の更新プログラムをインストールしようとすると、olmapi32 dllエラーが発生しました。このエラーは通常、MS Office 2007のベータユーザーに影響します。その結果、ユーザーはOutlookアプリケーションにアクセスできなくなります。この問題が発生するため、この未処理の電子メールクライアントのユーザーは貴重なメールボックスデータにアクセスできなくなります。したがって、彼らはolmapi32 dllの修正を探し始めました。 Microsoftが開発した無料の組み込みユーティリティであるScanpst.exeを使用して、olmapi32 dll修正を試すこともできます。ただし、Outlookファイルの低レベルの問題を修正できるため、発生した問題の解決に失敗することがあります。したがって、olmapi32 dll fixを簡単に実行し、数分でOutlook電子メールアプリケーションへのアクセスを提供できる、サードパーティの注目すべきMS Outlook PST修復ツールを使用することを強くお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst EXE 2007を使用してPSTファイルを回復する方法-0x800CCCD8???

Scanpst Exe 2007のダウンロードについて scanpst exe 2007のダウンロードは、MS Outlook 2007の内蔵修復ツールです。この費用のかからないユーティリティは、ほとんどすべての破損、破損、紛失または削除されたPSTファイルを修復または回復するための最高のコストと究極のソリューションとみなされます。この無償のユーティリティは、Microsoftによって完全なPST修復手順を実行するように設計されています。それは、オブジェクト、カレンダー、電子メール、ジャーナル、連絡先、タスク、メモなどを含むMS Outlook 2007のほぼすべてのオブジェクトを取得することが可能です。しかし、scanpst exe 2007のダウンロードを使用するには、正確な場所を知っている必要があります。 Scanpst Exe 2007のダウンロードの場所 Outlook 2007-32ビットWindows – C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office12 Outlook 2007-64ビットWindows – C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office12 Outlook 2007のPSTファイルの削除の原因となる要因 ヘッダーファイルの破損 マルウェア攻撃…
Read more

Scanpst exeを2013年に実行する方法:効果的なヒント-pst???????????????

この記事の内容は、Outlook 2013関連の問題を解決するために、2013年にscanpst exeを検索して実行する方法に焦点を当てています。だから、この記事を慎重に最後まで読んでください。 2013年にScanpst exeの重要性を知る 停電、マルウェア攻撃、ヘッダーファイルの破損、Outlookアカウントの不正アクセスなどにより、PSTファイルまたはMS Outlook 2013の他のファイルが削除、破損、破損または一覧表示された場合、2013年のscanpst exeが必要です。 Scanpstツールは、Microsoftが提供する受信トレイ修復ツールとして知られており、整合性エラーをチェックして修復手順を実行します。 2013年のscanpst exeは、Outlook 2013の破損問題を解決するための応急処置としても知られています。このユーティリティの主な目的は、PSTファイルをスキャンして修復することです。しかし、このユーティリティを使用するには、正確な場所と2013年にscanpst exeを実行する方法について知っておく必要があります。 2013年のScanpst exeの場所 32ビットWindows C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office15 \ 64ビットWindows C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office15 \ 64ビットOutlook C:\ Program Files \…
Read more