Tag Archive: Outlookのpstファイルを回復する方法

virus tag

Outlook 2000の.pstファイルを修復するさまざまな方法を理解する-scanpst exe????????

MS Outlook 2000を使用していますか? .pstファイルが壊れていますか?破損のため、.pstファイルに格納されているさまざまな重要なデータにアクセスすることはできません。破損後にエラーが発生しましたか?最近多くのユーザーが直面している非常に腐敗のシナリオがあります。しかし、MS Outlookはよく知られたアプリケーションであり、Microsoft Incの最も一般的なメール管理では、何百万人ものPCユーザーが頻繁に使用されていました。あなたが定期的な見通しのユーザーなら、メモや仕事、連絡先、予定、ジャーナル、カレンダーなどを管理し、そのデータと情報をすべて保存するOutlookのサポートPSTファイル形式を知っているかもしれません。 このような場合にPSTファイルが破損したり壊れたりすると、大量のOutlookデータファイルを保存するために使用されるPSTファイルの数があります。それは何らかの理由で起こります。しかし、破損がOutlookで発生すると、破損したPSTファイルがOutlook 2000の.pstファイルを直ちに修復しないと、非常に厳しい時間が与えられます。 Ms Outlookには、破損が発生した後にOutlook 2000の.pstファイルに使用される組み込みのapp scanpst.exeがあります。しかし、その制限のために、それは覚えていないだろうし、ユーザーがサードパーティのソフトウェアは、PSTの修復ツールを必要としません。これは、 Outlook 2000の.pstファイルを修復するのに最適で適切なソリューションです 。このツールは、特大のヘッダ破損などの破損したPSTファイルを簡単に修復でき、失われたアイテムや削除されたアイテムの完全な回復を提供します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook予定表アイテムを復元する方法-0x800ccc0e outlook express

Outlookの予定表アイテムを復元するための適切で簡単な解決方法が不思議ならば、正しい投稿を読んでいるようです。カレンダーは、Microsoft Outlookの最も広く使用されているセクションの1つで、ユーザーがイベントに関する残りの部分を保持できるようにします。イベントや予定を作成することもできますし、カレンダーは会議の編成や再編成に役立ちます。とてもクールな機能にもかかわらず、Outlookユーザーは多くの問題に直面しています。ときどきカレンダーエントリが完全にアクセス不能になり、Outlookカレンダーの削除につながり、Outlookカレンダーアイテムを復元するソリューションが必要になります。カレンダーアイテムの削除や紛失につながる理由はいくつかありますが、そのうちのいくつかは非常に共通しています: 誤ってカレンダーエントリを削除しています。 Outlookアプリケーションの異常終了。 OutlookのPSTファイルの破損。 チェックなしで削除済みアイテムフォルダを空にする。 他の理由があるかもしれませんが、あなたは簡単にOutlookのカレンダーアイテムを復元することができますPSTの修復ソフトウェアを使用してパニックにする必要はありません。提案されたツールは素晴らしく、簡単なインターフェイスで設計されているため、リカバリプロセスが非常に簡単です。だから、それはOutlookのカレンダーアイテムを復元するための最良のソリューションは、PSTの修復ソフトウェアを試してください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookのpstファイルを分割する方法-0x800CCCA9???

Outlookは素晴らしいアプリケーションであり、広く使用されている電子メールクライアントです。 Outlookを長期間使用すると、特定の電子メールアカウントの.pstファイルが非常に大きくなる可能性があります。これにより、Outlookのパフォーマンスが低下したり、問題の数が増えたりする可能性があります。したがって、.pstファイルの分割が必要になります。この記事では、Outlook PSTファイルを分割する方法を理解しています: ステップ1 : – アーカイブダイアログを開きます。 1.)Outlook 2007およびそれ以前 ファイル→アーカイブ… 2.)Outlook 2010およびOutlook 2013 ファイル→クリーンアップツール→アーカイブ… ステップ2 : – 選択:このフォルダとすべてのサブフォルダをアーカイブします。 ステップ3 : – トップレベルのフォルダをクリックしてメールボックス全体を選択します。 ステップ4: – 「より古いアイテムをアーカイブする:」を設定します。 ステップ5: 2011年以前のpstファイルの名前と場所を指定します。 ステップ6: – [OK]をクリックします。 上記の手順を完了したら、アーカイブ機能を使用してpstファイルを分割することができます。それでも解決できない場合は、Outlookのpstファイルを分割するための最良の代替ソリューションとして、PST修復ソフトウェアとして効果的で使いやすいソリューションに頼ることをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookの0x800ccc92エラーを修正しました。-0x800CCCC5???

ユーザーは、メールの送受信中にOutlook 0x800ccc92エラーが発生する可能性があります。データ損失の原因となる最も危険なエラーの1つです。このエラーのため、PSTファイルは破損するため、ユーザーにとって判読不能またはアクセス不能になります。代わりに、この迷惑なエラーのために、Outlookが遅くなり、フリーズすることが頻繁になります。オーバーサイズのpstファイル、間違ったユーザー名とパスワード、POP3&SMTPプロトコルの失敗、ウイルス攻撃されたOutlook電子メールなど、この問題が発生する複数の理由があるはずです。エラーを修正するには、IDとパスワードを確認する必要があります彼らは入る。 IDとパスワードを再入力するとエラーを解決できない場合は、Outlookの0x800ccc92エラーを解決するためにPSTファイルを修復する必要があります。最初にPSTファイルを修復するには、Scanpst.exeとも呼ばれるOutlookのinbuiltユーティリティを使用することができます。しかし、このinbuiltツールは、重大な破損を修復するために失敗し、このような状況では、PSTの修復ソフトウェアを使用することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

エラーを取り除く方法Outlookはこのビューを表示できません-0x800ccc13 Outlook???

Outlookはこのビューを表示できません。 Ms Outlookは今日、Microsoft Exchangeサーバーの電子メールにアクセスするための最も好きな電子メールクライアントです。電子メールの機能だけではなく、連絡先、カレンダー、タスク管理などの他のデータのプラットフォームも提供しています。その利用は、文書を共有し、プロジェクトメモを公表し、公式レベルでリマインダーを送るために行われてもよい。数え切れないほど多くの人がMS Outlookの顧客を全国に送り出しました。しかし、技術の構成要素であるPSTファイル破損の犠牲者となり、ユーザーが電子メールフォルダにアクセスしようとするとOutlookがこのビューを表示できないため、エラーが表示されます。その場合、ユーザーは自分の受信トレイとサブフォルダを見ることができますが、正確なテキストやコンテンツには到達できません。 Outlookがこのビューを表示できないという問題を克服するために、ユーザーは次のような簡単なコマンドを実装できます。 まず、Outlookを閉じます。 今すぐスタートメニューでRunを選択するか、Windowsキー+ Rを押してRunコマンドにアクセスし、そのタイプの後にoutlook.exe / cleanviewsと入力します。 その後、をクリックします。 しかし、ユーザには、Ms Outlookアプリケーションのinbuilt修復ユーティリティとしてscanpst.exeが提供されていますが、すべての場合、特に重大な原因がpstファイルの破損の背後にある場合は特に機能しません。その後、OutlookのPSTの修復ソフトウェアである他のサードパーティのユーティリティは非常に有益で働くと考えられています。これは、Outlookのすべてのバージョンとよく一致するように設計されています。何らかの理由にかかわらず、破損したメールボックスまたはpstファイルを修復できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする