Tag Archive: Outlookのpstは個人用のフォルダファイルではありません

virus tag

ScanPSTツールを使用せずにOutlookのPSTファイルを修復する手順-0x800CCC1A???

OutlookのPSTファイルが壊れていませんか? ScanpstでOutlookPSTファイルを修復できませんか?あなたはscanpstツールなしでOutlookのPSTファイルを修復したいですか? Outlookはデータをpst形式で保存しますが、そのデリケートな性質のため、破損する傾向があります。ネットワークドライブで共有するとOutlookのpstファイルが破損したり、ファイルサイズが大きすぎたり、pstファイルの使用中にOutlookアプリケーションが突然終了したりする場合があります。これは、ユーザーがOutlookデータやその他のメールボックスアイテムにアクセスできないという問題に直面しなければならない場所です。 バックアップを使用してOutlookデータを回復および復元する 残念ながら、pstファイルが破損していて、pstファイルにアクセスできない場合は、バックアップを使用してメールボックスアイテムを復元できます。利用可能なバックアップがない場合は、pstファイルの破損を修復するための他の代替手段を探す必要があります。 scanpst.exeは深刻なpstファイルの破損を修復するのに十分な信頼性がないため。したがって、サードパーティのOutlookPST修復ソフトウェアを使用することをお勧めします。一方、ユーザーはいくつかの手動の手順を試して、.pstファイルの破損を修正することが機能するかどうかを確認できます。 古いPSTからコンテンツをコピーして新しいPSTファイルを作成する このため、ユーザーは破損した古い.pstファイルのバックアップを取る必要があります。ただし、Outlookアプリケーションを使用して開くことができる場合にのみ可能です。それが開かない場合、古いpstファイルは次のようにOutlookにリンクされます ファイル->開く-> Outlookデータファイル Outlookを使用して既に開いている場合、ユーザーは新しいpstファイルを作成する必要があります Outlook2007以前のバージョンの場合 ファイル>新規> Outlookデータファイル Outlook2010の場合 [ホーム]タブ-> [新しいアイテム]> [その他のアイテム]> [Outlookデータファイル] 次に、すべての破損したpstファイルを新しいファイルにコピーし、デフォルトとして設定することをお勧めします。 次に、ユーザーは、以前に破損したpstファイルを切断した後、MSOutlookを再起動する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

個人用フォルダを表示できないエラーの修復方法は?-?????????????????

Outlookのディスプレイに個人用フォルダのエラーを表示できない場合は、非常に面倒です。 Microsoft Outlookが指定されたフォルダの場所にアクセスできない場合に発生します。ユーザーはこの問題を解決するためにパニックにならず、いくつかのことを使用しないことをお勧めします。誤った方法でデータを大量に失う可能性があるためです。観察されたようにエラーはユーザーが特定のフォルダにアクセスすることを防ぎ、また電子メール操作で問題を引き起こします。ただし、このエラーの根本的な原因はまだはっきりしていませんが、不良PSTがこのエラーの背後にある理由である可能性があります。 修正するには、個人用フォルダのエラーを表示できないため、Scanpst.exeを利用できます。ただし、受信トレイユーティリティもデータ損失のために報告されているので注意してください。そのため、まずバックアップを作成してから、組み込みユーティリティを実行します。または、Outlookのフォルダを他の場所に転送することもできます。次に、新しいOutlookプロファイルを作成して、移動したフォルダを追加します。しかし、この方法でもうまくいかない場合は、サードパーティ製のプログラムを試してください。それは安全にPSTファイルを修復し、エラーを修正するためPST修復ソフトウェアはScanpst.exeの最良の代替手段です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2010を解決するためのガイドはPSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができません-0x800CCC90???

最近のOutlook 2010ユーザーのほとんどは、古いバージョンからWindows OSをアップグレードした後、「Outlook 2010でPSTファイルアクセス拒否エラーを解決できません」のような一般的なエラーメッセージに直面しています。あなたもこのエラーメッセージに直面していて、それを修正するための適切な解決策を探しているならば、それから完全にこのポストを通り抜けてください。 Outlook 2010を解決するための手動による解決策PSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができない 解決策1:ファイル許可を変更する スタートボタンをクリックしてください。 それを右クリックし、「ファイルエクスプローラ」オプションを選択してください。 ブラウザのPSTファイルの場所。 PSTを右クリックして、[プロパティ]オプションを選択します。 それでは、セキュリティセクションに進んでください。 その後、編集ボタンをクリックしてください。 画面に「Permission for filename.pst」という名前のポップアップウィンドウが表示されたら、ユーザーアカウントを選択します。 フルコントロール許可のオプションを選択してください。 今、あなたはOKボタンをクリックしなければなりません。 フルコントロールのアクセス許可を得るには、システムと管理者に対して同じ手順を繰り返します。 最後に、MS Outlookを再起動してください。 解決策1に従うことで、読み取り専用機能を正常に削除し、「Outlook 2010はPSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができません」を解決できます。それでもこのエラーが解決しない場合、あなたはScanPST.exeという名前の受信トレイ修復ツールを試してみてください。 解決策2:PC上でScanPST.exeを実行してください。 開いているすべてのMS Outlook 2010ファイルを閉じます。 ScanPST.exeを見つけ、それをダブルクリックして実行します。 それが起動したら、あなたの壊れたPSTファイルの名前を入力しなければならないウィンドウがあなたのスクリーンに現われるでしょう。あなたはPSTファイルの正確な名前についてわからない場合はしかし、あなたはそれからあなたの好ましいものを選択するために参照ボタンをクリックしなければなりません。 ファイルが見つかったら、[スタート]ボタンをクリックして手順を開始します。 スキャンに成功したら、画面にエラーが発生した場合は[修復]ボタンをクリックしてください。 前述の手動の指示は「Outlook 2010はPSTファイルアクセス拒否エラーを開くことができません」を解決するのに最善です。しかし、あなたが本当に即座にそのようなエラーメッセージを解決したいと思うなら、そしてあなたはOutlook PST Repair Toolと名付けられた第三者のユーティリティを使用しなければなりません。この効果的なサードパーティ製ユーティリティに慣れるには、このエキスパートガイドをよく読んでください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

ファイルoutlook.pst 2007でエラーが検出されました-0x800CCC66???

.pstはMS Outlook PSTのファイル形式です。このファイルには、カレンダー、Outlookタスク、電子メール、連絡先、Outlookのほぼすべての情報など、PSTに保存されているすべての関連情報が含まれています。 「2007年のファイルoutlook.pstでエラーが検出されました」というメッセージが表示された場合は、非常に恐ろしい状況です。すべての重要なものがPSTの1つのフォルダに保存され、このフォルダに問題が発生すると、すべてのデータが失われる可能性があります。しかし、このようなエラーは、MS Outlookに何か問題があるか、何らかの間違いのために突然画面に表示されることはありません。このエラーがシステムの画面上のファイルoutlook.pst 2007メッセージで検出された可能性がある理由を確認します。 PSTエラーの考えられる原因: 大きなサイズの電子メール添付ファイルのためにエラーが発生する可能性があります。 MS Outlookの不適切な終了により、このような問題が発生する可能性があります。 過大サイズのPSTファイルでもこの​​エラーメッセージが表示されることがあります。 1つのOutlookまたはPSTエラーが大きな問題(電子メールを含むすべての重要なファイル)につながる可能性があります。だからあなたは、ファイルのoutlook.pst 2007の問題で検出されたエラーから克服するPSTの修復ソフトウェアを使用することをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

すばやくscanpst.exeでPSTを修復するWindows 7をダウンロード-Outlook?503??????

scanpst.exeとは何ですか? MS Outlookは間違いなく非常に重要で過度に使用される電子メールクライアントです。連絡先ジャーナル、カレンダーエントリなどの他の要素とともに、データの流れをスマートに管理します。これはpstファイルとして知られているこれらすべてを格納するボックスを含んでいます。したがって、pstファイルはMS Outlookの重要な部分の1つです。しかし、それは敏感な要素であり、すぐに腐敗の被害者になる。その後、ユーザーはpstファイルへのアクセス不可能に直面する必要があります。 Windows 7上でMS Outlookを使用している人は、scanpst.exeダウンロードウィンドウ7を通してpst破損に関する問題を克服することができます。これは、Outlook自体によって提供されるinbuiltユーティリティです。 通常、scanpst.exeは下記の場所からWindows 7にダウンロードできます: 32ビットWindows C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office14 64ビットWindows C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office14 64ビットOutlook C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office14 pstファイルが破損するのは、scanpst.exeダウンロードウィンドウ7が軽微な損傷のために役に立たないという重大な理由のためです。そのような場合にはユーザーは心配する必要はなく、Outlook PST修復ソフトウェアである代替サードパーティユーティリティをインストールして、状況に関係なくpstファイルをすばやく修復できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

未知のエラーを修正する方法、エラーコード:0x80040116 MS Outlookで-0x800CCC6A???

なぜ未知のエラーが発生しましたか、エラーコード:0x80040116が発生しますか? 時には、MS Outlookユーザを使用中に不明なエラーが発生した場合、エラーコード0x80040116が発生することがあります。これは、MS Outlookアプリケーションで重大なpstファイル破損につながる可能性があるため、かなり混乱する可能性があります。 PSTファイルが壊れているか破損していることを示します。ユーザーはpstファイルへのアクセスに問題が発生し始めます。 MS Outlookアプリケーションと共にインストールされるscanpst.exeは未知のエラーを修正することができませんが、エラーコードは0x80040116です。 以下のような理由により、このエラーの原因となる場合があります 不適切なシャットダウン pstファイルのサイズ以上。 不適切なファイル転送方法。 PC上のウイルス攻撃。 Ms Outlookアプリケーションの不適切なインストール。 特定の理由は、pstファイルの破損の背後には問題はありませんが、それが発生した場合、ユーザーが不明なエラーが発生した場合、エラーコード:0x80040116が発生する可能性があります。この時点で、未知のエラー、エラーコード0x80040116が発生したために壊れたpstファイルを修復することができるOutlook PST修復ソフトウェアが必要になります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする