Tag Archive: Outlookのエラー552

virus tag

pst19upg.exeでPSTパスワードを削除する方法-scanpst exe????????

Microsoft Outlookは、pstファイルからパスワードを削除するpst19upg.exeとして無料の組み込みユーティリティで有効になっています。ただし、ANSI形式で動作するため、MS Outlook2002およびそれ以前のバージョンにのみ適用可能であるという特定の要件を満たす必要があります。したがって、ANSI形式のみをサポートし、UNICODE形式はサポートしません。 OutlookのPSTファイルからパスワードを削除するためにpst19upg.exeを使用する手順 ユーザーはOutlookを閉じて終了し、PSTファイルのコピーを作成する必要があります。 ScanPST.exeを実行し、PstCopyを修復します。完了したら、ファイルをpst19upg.exeの場所に移動します。 次に、ユーザーはWindows + Rを押す必要があります。 これにより、[ファイル名を指定して実行]ウィンドウが開きます。ここで、CMDと入力し、Enterキーを押します。 ユーザーはpst19upg.exeのパスを入力し、Enterキーを押す必要があります。 「pst19upg.exe-xPstCopy.pst」と入力し、Enterキーを押します。これにより、新しいファイルPstCopy.psxが作成されます 元のPSTファイルの名前を別の名前に変更します。次に、CMDに「pst19upg.exe-i PstCopy.psx」と入力し、Enterキーを押します。 ユーティリティは、パスワードを持たない新しいPSTを作成し、最終的にはパスワードなしでpstファイルにアクセスできるようになります。ただし、前述のように、この方法は以前のバージョンのOutlookでのみ機能するか、適用できます。ただし、Outlook 2007などの新しいバージョンまたはそれ以降のバージョンを使用している場合は、サードパーティのOutlookPSTパスワード回復ソフトウェアを使用する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2016で削除された添付ファイルを回復する方法は?-0x800CCC90???

Outlook 2016で削除された添付ファイルを回復する方法は? Outlookを毎日使用している場合は、重要な添付ファイル付きの大量のメールを取得する必要があります。しかし、間違えたり、意図的にユーザーがメールの添付ファイルを削除したりして、後で必要になる場合があります。ほとんどのOutlookユーザーは、いったんメールが削除されると、元に戻すことはできないと考えています。ただし、Outlook電子メールで取得した添付ファイルは一時的な場所に保存され、電子メールの添付ファイルの形式は重要ではないため、事実ではありません。 削除された電子メールの添付ファイルを復元する手順 [スタート]、[実行]の順に移動し、Regeditと入力します。 OKをクリックします。 開いたウィンドウで、関連するレジストリに移動します [マイコンピュータ]、[HKEY_CURRENT USER]の順に移動します。ソフトウェアをクリック 次に、[Microsoft]、[Office]の順にクリックします。次に、12.0およびOutlook>セキュリティ OutlookSecureTempFolderの場所をコピーします 上記の手順を使用すると、Outlook 2016で削除された添付ファイルを回復できます。ただし、指定された方法が常に機能しない場合や、何か問題が発生した場合、より多くの問題が発生する可能性がありますただし、サードパーティのソフトウェアを使用して削除された添付ファイルを復元できるため、悲しむ必要はありません。 PST修復ソフトウェアは、Outlookで削除された電子メールの添付ファイルやその他のファイルを取得できる優れたユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

破損したPSTファイルを修復するためにScanpst.exeを復元する簡単な方法-0x800CCCDE???

Scanpst.exeを簡単に復元する Microsoft Outlookは、Windowsユーザーが電子メール、連絡先、メッセージ、カレンダー、送受信されたメッセージなどを含むすべてのデータを保存および管理するために使用される、よく知られた最も広く使用されている電子メールクライアントアプリケーションの1つです。このアプリケーションは、しばしばすべてのデータをPSTファイル形式で保存しました。間違いなく、このアプリケーションは素晴らしい機能が付属していますが、いくつかの予期せぬ理由によりPSTファイルが破損したり、削除されたり、PSTファイル、ヘッダファイルの破損、システムシャットダウン、 あなたのPSTファイルがどのように破損したり、紛失したり、削除されたりしてもscanpst.exeを使って簡単に回復できます。これは、Microsoftが提供する受信トレイ修復ツールとしても知られています。このツールは、破損した破損したPSTファイルをすべて復元するのには効率的ですが、問題はPSTの整合性と矛盾などの小さな問題のみを解決することです。しかし、あなたのPSTファイルが破損したり、大きな問題がなくなったら、scanpst.exeを復元してPSTファイルを回復する必要があります。 Scanpst.exeを復元するための代替ユーティリティ scanpst.exeを復元するにはいくつかのサードパーティのツールがありますが、Outlook PSTの修復ツールが最も効果的です。プロフェッショナルなエキスパートがデザインしているので、いくつかの素晴らしい機能があります。 PSTに関連する主要な問題を解決することができます。このユーティリティのいくつかの有益な機能がありますが、最も簡単なのはそのシンプルで使いやすいインターフェイスです。 MS Outlookユーザーのどのバージョンでも、このユーティリティを使い簡単にPSTファイルを回復できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst.exe Outlook 2007 Windows 7を実行するための完全な手順-0x800ccc19 outlook express

破損したPSTファイルとOutlookデータファイルを修復するために、Scanpst.exe Outlook 2007 Windows 7を実行することができます。このユーティリティは、PSTファイルのサイズが比較的大きく、5 GB以上で、再作成に時間がかかる場合に便利です。ただし、この受信トレイの修復ツールは、Outlookのメールボックスコンポーネントにアクセスしているとき、またはPSTファイルからデータをインポートしているときにエラーメッセージが表示される場合にも役立ちます。 ただし、Scanpst.exe Outlook 2007 Windows 7を複数回実行する必要があります。ファイルに問題やエラーがないことがわかるまで、このプログラムを実行し続けます。残念ながら、このツールは、PSTファイルが破損しているか、または深刻に破損している場合に役立ちません。この種の状況では、破損したPSTファイルを修復し、カレンダー、メッセージ、Eメール、連絡先、添付ファイル、メモ、タスクなどのメールボックスコンポーネントを回復するのに役立つプロフェッショナルOutlook PST修復ツールを実行する必要があります。数分。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

どのようにOlmapi32.dllを修正するにはOutlookで互換性のないエラーがありますか?-0x800CCC6E???

あなたはまた、Outlookでの互換性のないエラーolmapi32.dllの迷惑ですか?はいの場合は、ここにあなたのための解決策です。 Outlookユーザーによると、Windows版を更新してOutlookを使用しようとすると、この迷惑なエラーメッセージが表示されるようになります。エラーメッセージは、Outlookを再インストールして解決するとも言います。しかし、多くのユーザーから報告されているように、Outlookをアンインストールして再インストールしても、このエラーメッセージを取り除くことはできません。エラーが発生した場合は、2つのバージョンのOutlookがインストールされていないことを確認してください。また、交換アカウントが設定されているかどうかを確認してください。 まだolmapi32.dllが互換性のないエラーメッセージを受け取っている場合は、心配しないでください。このようなエラーメッセージは、PSTファイルが破損している場合にも発生します。したがって、このエラーを取り除くためにPSTファイルを修復することをお勧めします。 PSTファイルを修復するには、Scanpstにいくつかの制限があるため、サードパーティプログラムを使用することができます。 PSTの修復ソフトウェアは、Outlookのエラーを修正するために破損し、破損したPSTファイルを簡単に修復するようなプログラムです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

削除された.PSTファイルを回復する簡単な方法-0x800ccc0f????????????????

PSTファイルについて知る PSTファイルは、Outlookの電子メールや連絡先、メモ、雑誌、予定表、仕事などの他の文書を保存するために、システムユーザーが使用するMS Outlookの最も有用なファイル形式の1つです。このファイル形式では、バックアップされた詳細を細かいものに細分化し、重要で貴重なファイルを簡単に管理できるようにします。しかし、PSTファイルの破損のリスクは、実際にはOutlookユーザーが直面する最も一般的な問題の1つです。したがって、セキュリティ専門家は、PSTファイルのバックアップを保持する必要があることを強くお勧めします。 理由がPSTファイルの削除につながる マルウェア攻撃 Shift + Delキーを使用してPSTファイルを意図せず削除します。 ハードディスクドライブの不良セクタ ハードドライブの故障 オペレーティングシステムのクラッシュ ソフトウェアの誤動作など OutlookのPSTソフトウェアを使用して削除された.PSTファイルを回復する 前述の理由以外にも、PSTファイルを削除する傾向がある他のシナリオがあります。このような場合、削除された.PSTファイルを回復するには、効果的なソフトウェアが必要です。このような状況に対処するために、オンラインでもオフラインでも利用できるサードパーティのソフトウェアが多数ありますが、すべてのOutlook PST修復ツールの中では、削除されたOutlook PSTファイルを簡単に取り出せる高度で安全なアプリケーションです。このソフトウェアは、最も強力なスキャンアルゴリズムを実行するように特別に設計されています。このソフトウェアの最も良い点は、すべてのバージョンのMicrosoft Outlookと互換性があることです。したがって、問題なく使用することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

PSTが破損した場合のOutlook PSTの修復:完全な解決策-0x800CCCD1???

pstが破損しているときにOutlookのpst修復の手引きを探しているのであれば、正しい投稿を読んでいるようです。すべてのOutlookデータは.pstファイル形式で格納されているため、Outlookアプリケーションの適切な機能を維持するためには常に重要なコンポーネントです。ただし、さまざまな状況下でOutlookが奇妙な動作を開始し、ユーザーがpstが破損したときにOutlookのpst修復ソリューションを探し始めると、削除または破損する可能性があります。 PSTが破損すると、.pstデータファイルのエラーを診断して修復するInbox修復ツール(SCANPST.EXE)があるので、パニックする必要はありません。 Scanpst.exeは、Outlookの問題のすべての種類を修正することができるOutlookアプリケーションとinbuilt素晴らしいソリューションです。 Scanpst.exeの場所は次のとおりです。 Outlook 2016:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2013:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office15 Outlook 2010:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office14 Outlook 2007:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office12 受信トレイ修復ツールがうまくいくのは不思議ではありませんが、しばらくの間は機能しない可能性があります。あなたはPST修復ソフトウェアがあるので、PSTが破損したときにOutlook PST修復を簡単に行うことができます。…
Read more