Tag Archive: Outlookのエラーのインデックス作成

virus tag

Outlookで既定の電子メールフォルダエラーを修正できない-0x80042109???

デフォルトの電子メールフォルダを開くことができないというエラーメッセージは、Outlookの迷惑なエラーの1つです。このエラーメッセージは、通常、ユーザーが自分のPCでOutlookアプリケーションを起動したときに発生します。ほとんどのユーザーは、このOutlookエラーの発生原因を知りません。エキスパートによると、このOutlookエラーが発生する原因は2つあり、最初はOutlookが「互換モード」で動作しているときです。このエラーメッセージが表示される場合は、Outlookが互換モードになっているかどうかを確認することをお勧めします。以下の手順でこれを行うことができます: "スタートメニュー"に行き、検索ボックスに "outlook.exe"と入力します。 開いているウィンドウを右クリックし、プロパティを選択します。 このダイアログボックスで、[互換性]タブに移動します。 「このプログラムを互換モードで実行する」の選択を解除します。 あなたはまだあなたのデフォルトの電子メールフォルダのエラーを開くことができない場合は、PSTファイルの破損である第二の理由のためにこの問題に直面している。この状況では、scanpst.exeを使用できますが、破損が深刻な場合は、この受信ボックスユーティリティは失敗します。したがって、サードパーティのユーティリティを使用する方がよいでしょう。 PSTの修復ソフトウェアは、簡単に最も損傷を受けたPSTファイルを修復し、Outlookのエラーを修正するユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

紛失したOutlookの電子メールの添付ファイルを回復する方法-0x800ccc0f Outlook 2007???

紛失したOutlookの電子メールの添付ファイルを回復するには?あなたが同じものを探しているなら、あなたは正しい場所にいます。ほとんどのOutlookユーザーは、電子メールの添付ファイルが削除された場合、添付ファイルが永久に消失したと考えています。しかし、それは真実ではなく、添付ファイルは一時的な場所に保存されます。そのため、一時的なOutlookフォルダのユーザーを探して開くことで、失われた電子メールの添付ファイルを復元できます。そのユーザーを行うには、OLKディレクトリに移動する必要があり、そのデフォルトの場所は次のとおりです。 C:\ Users \ $ user \ AppData \ Local \ Microsoft \ Windows \ TemporaryインターネットFiles \ Content.Outlook \ 8OVAOD6F OLKフォルダは非表示になっているため、最初に表示する必要があります。ただし、OLKフォルダから失われたOutlook電子メールの添付ファイルをまだ回復できない場合は、サードパーティのソフトウェアを使用することができます。 PSTの修復ソフトウェアは、電子メールの添付ファイルを含むOutlookのPSTファイルを修復し回復することができるようなプログラムです。電子メールとは別に、失われたタスク、メモ、カレンダーなどを復元することもできます ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Vistaのscanpst.exeの場所はどこですか?-0x800ccc13???????????????

Windows Vistaのユーザーで、Vistaのscanpst.exeの場所がpstファイルの破損を修正する場所を知りたいですか?もしそうなら、このポストはあなたにとって本当にとても役に立ちます。この投稿を完全に参照してください。 Windows Vistaに精通する 私たちがよく知っているように、MS OutlookのWindows Vistaは、グラフィックス、ユーザーフレンドリーなインターフェイスなど、いくつかの素晴らしい機能を備えた、最も効率的で信頼性の高いものの1つです。しかし、他のOSと同様に.pstファイルの破損もWindows Vistaで発生するため、Microsoftはscanpst.exeをVista用にプログラムして破損したファイルや破損したファイル、または削除したpstファイルをほとんど修復または修復しています。 Scanpst.exeは、破損したpstファイルを修復するように特別にプログラムされており、すべてのマイナーな問題を解決することができます。 MS Outlookのヘッダー部分をスキャンして簡単に修復します。 VistaのScanpst.exeの場所 C:\ User \ AppData \ Local \ Microsoft \ Outlook \ Scanpst.exe Scanpst.exeを使用して破損したPSTファイルを修復する手順 まず第一に、MS Outlookを閉じ、Vistaのscanpst.exeの場所を探します。 ユーティリティを探した後、アプリケーションを実行するためのショートカットアイコンをダブルクリックします。 参照ボタンをクリックして、実際に修復したい.pstファイルを探します。 好みのファイルを選択し、[OK]ボタンをクリックして修復します。 修理手順が完了するまで待ちます。 上記の手順に従って、Vistaのscanpst.exeの場所を簡単に見つけて、このユーティリティで修復できます。しかし、上記の手作業の手順では、プロフェッショナルな専門家や上級ユーザーのみが通常扱う専門知識と知識が必要です。 あなたが経験豊富なMS Outlookまたは高度なユーザーでない場合は、PSTファイルを修復するためにOutlook PST修復ツールを使用することを強く推奨します。この修復ツールは効果的にほぼすべてのバージョンのMS Outlookをサポートし、破損したファイルに存在するすべてのデータを回復し、新しいPSTファイルに保存します。強力な検索アルゴリズムを備えているため、何らかの理由でアクセスできない、破損した、または破損したほぼすべてのポストファイルを検索します。すべてのOutlookユーザーは、OutlookのPSTの修復ツールを使用して簡単に失われたPSTを修復することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

最高の.PST修復ソリューション(すべてのOutlookバージョン)-0x800ccc0e Outlook???

最高の.PST修復ソリューションを探していますか?さて、このポストは、不幸な理由のため破損した.PSTファイルの回復に実績のある作業ガイドが含まれているので、あなたにとって非常に適しています。 MS Outlookは、タスク、カレンダー、メモ、スケジュール、ジャーナルなどのいくつかの他の機能と共に、ユーザーが簡単に簡単にすべての電子メールメッセージを保存し、管理できる最も効率的な電子メールクライアントアプリケーションの1つですこのアプリケーションは、これらすべてのデータ項目をディレクトリ、すなわちパーソナルストレージテーブル(すなわち、.PSTファイル)に格納する。したがって、これらの.PSTファイルのあらゆる種類の破損/損傷は、データ損失の巨大な大きさにつながります。 .PSTファイル破損の責任を負う .PSTファイルの破損は、主に以下の理由により発生します。 大きなサイズの.PSTファイルをコンパクト化しようとすると、エラーが発生して.PSTファイルが破損する可能性があります。 .PSTファイルは、ネットワーク経由で複数のユーザーと共有することによって破損する可能性があります。 破損した.PSTファイルを修復または修正するために使用される受信トレイ修復ツール(つまり、scanpst.exe)。それにもかかわらず、それはすべての問題を、すなわち破損が非常に重大である場合には修復することができない。したがって、それは.PSTファイルをさらに破壊することになります。 ベスト.PST修理ソリューション 上記のすべてのインシデントが発生すると、 最善の.PST修復ソフトウェアが必要になります。したがって、ここでは、Outlook PST回復ソフトウェアの使用を簡単に、効率的に行うとともに、何らかの理由で削除/紛失または破損した.PSTファイルをすばやく回復することをお勧めします。このソフトウェアには、簡単でインタラクティブなユーザーインターフェイスが含まれています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookメールの送受信中に0x8004210eエラーを修正する方法-800ccc92???????

0x8004210eについての分析 あなたがMS Outlookユーザーで0x8004210eのようなエラーに直面している場合、MS Outlookアプリケーションでは非常に一般的なのでパニックにする必要はありません。これは、通常、電子メールの送信時または受信時に表示されます。 MS Outlookのデータやその電子メールにアクセスするためのあらゆる努力は、0x8004210eという形式の迷惑なエラーメッセージのポップアップとして表示されます。 表示されるメッセージは次のようになります "タスクServer_Name報告されたエラー(0x8004210E)を受信:別の電子メールメッセージが配信されているか、または別のメールアプリケーションがアクセスしているため、メールボックスが一時的に使用できませんでした。 上記のメッセージの外観は、Outlook PSTファイルの破損のために発生します。ユーザーはメールボックスを開くことができなくなり、Outlookアプリケーションもランダムに閉じられます。全体として、MS Outlookアプリケーションに関するすべての作業は深刻な妨げになっています。 0x8004210eエラーの背後にある理由は次のとおりです。 Outlook Serverの切断。 Outlookアカウントの不適切な設定のため。 ファイアウォールの設定の設定が正しくありません。 Outlook .pstファイルの破損。 ただし、0x8004210eは以下の方法で修正できます インターネット構成とOutlookサーバーとの接続を確認します。 ユーザのアカウントを適切に設定する。 新しいOutlookプロファイルを作成します。 これらの手順とは別に、inbuiltユーティリティは、MS Outlookアプリケーションのインストールと一緒にインストールされる受信トレイの修復ツールでも利用可能です。ただし、0x8004210eエラーを修正することはできません。その場合、ユーザは上記の理由により、破損したPSTファイルを修復し回復するための最良の代替救済手段の1つであるOutlook PST修復ソフトウェアの支援を受けることを提案されます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする