Tag Archive: Outlookで電子メールを送受信できない

virus tag

Windows10でOutlookOSTファイルを開くことができないというエラーを修正する-scanpst???????

OutlookはWindows10でOSTファイルを開くことができませんか? Windows 10でOutlookOSTファイルを開くことができないというエラーを取得していますか? OSTファイルにアクセスできませんか? MS Outlookが、ビジネスおよび専門家のニーズと要件を管理するための最も熟練した電子メールクライアントアプリケーションであるという事実に疑いの余地はありません。ただし、ユーザーが特定の問題に直面する必要があり、OutlookOSTファイルを開くことができない場合があります。Windows10エラーはその1つです。ただし、このような問題は主に、ユーザーがOutlookを高度なバージョンにアップグレードするとき、またはWindows8からWindows10に切り替えるときに発生します。また、Outlookのデータファイルとフォルダーが破損したり、破損したOSTファイルを開くことができない場合もあります。 OutlookOSTファイルを開くことができないWindows10エラーを修正する方法 WindowsまたはMSOfficeのアップグレード後、またはMS Outlookの再インストール後に問題が発生または発生した場合、ユーザーはWindows 10PCを再起動するだけです。 PCを再起動すると、このような問題が修正され、OutlookOSTファイルにアクセスできることがよくあります。ただし、問題が破損または破損したpstおよびOSTファイルが原因で発生した場合、そのような場合、ユーザーはOSTファイルを修復する必要があります。この目的のために、Outlookは組み込みユーティリティとしてscanpst.exeまたは受信トレイ修復ツールで有効になります。 または、最初に保存した場所からOSTファイルを削除して、Outlookを終了することにより、OSTファイルの再作成を試みることもできます。その後、Outlookを再起動すると、OSTファイルが自動的に再作成されます。 また、OutlookアドインがOutlookアプリケーションと競合していないかどうかをクロスチェックする必要があります。実際にインストールされたアドインは、MS Outlookのスムーズな実行と競合し、最終的にOSTファイルをWindows10で開くことができなくなることがあります。 Outlookアドインを無効にしてOutlookOSTファイルを開くことができないエラーを修正する方法 まず、Windowsのスタートメニューに移動し、「実行」を検索します。 次に、入力フィールドにoutlook.exe / safeと入力し、[OK]をクリックしてOutlookをセーフモードで起動します。 次に、[ファイル]タブを開き、[オプション]> [アドイン]に移動します。 下部にある[管理]セクションを見つけて見つけます。 ドロップダウンメニューで[COMアドイン]オプションが選択されていることを確認してから、[実行]をクリックする必要があります。 次に、すべてのアドインの選択を解除または選択解除して、[OK]をクリックします 次に、最後にOutlookを終了し、もう一度再起動します。次に、一度に1つのアドインを選択して有効にし、OutlookOSTファイルを開くことができないというエラーの原因となるアドインを見つけます。見つかったら、そのアドインをアンインストールして、残りのOutlookアドインを有効にすることができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2007のScanpst.exeをダウンロードしてPSTの問題を解決する-0x800CCC10???

破損したPSTファイルまたは破損したPSTファイルを修復するために、Outlook 2007用のScanpst.exeをダウンロードできます。 Scanpst.exeは、Outlook 2007のPSTファイルに関連する問題を解決するために使用できる究極の修復ソリューションと見なされる受信トレイ修復ユーティリティです。ただし、電子メール、カレンダー、連絡先、タスク、ジャーナルなどの重要なメールボックスアイテムをすべて取得できます。ただし、PSTファイルが破損したり破損したりすると、Outlook 2007用のScanpst.exeをダウンロードできません。 それに加えて、重要なメールボックスコンポーネントを復元するために、Windowsマシン上でOutlook 2007用Scanpst.exeのダウンロードを数回実行する必要があります。 PSTファイルの修復に失敗し、Outlook電子メールアプリケーションから重要なアイテムを回復できない場合は、PSTの問題を簡単に修正し、数回のクリックでメールボックスから重要なコンポーネントを回復できる信頼できるOutlook PST修復ツールを使用する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Olmapi32.dllがOutlookでエラーを検出しなかった問題を修正しました。-0x800CCC1A???

Outlookは最高の電子メールクライアントの1つであることは間違いないが、あなたもその問題から否定することはできない。 Outlookユーザーを使用すると、いくつかの種類のエラーが発生する可能性があり、olmapi32.dllが見つかりませんでした。このエラーは、Outlookで重要な作業を行うことができないため、実際には迷惑です。ユーザーによると、Scanpstを使用して破損したPSTファイルを修復しようとしたときに、このエラーメッセージが表示されます。受信トレイツールがPSTの修復に失敗し、エラーメッセージがスローされます。 エラーolmapi32.dllが見つかりませんでしただけでなく、迷惑なだけでなく、深刻なデータの損失につながる可能性のあるPSTファイルを修復する受信トレイツールを停止します。しかし、あなたはPSTファイルを修復し、サードパーティツールを使用してこのエラーを取り除くことができるので、心配する必要はありません。 PSTの修復ソフトウェアは、インボックスツールで修復するのは簡単ではない破損した損傷したPSTファイルを修復するそのようなプログラムです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする