Tag Archive: Outlookがインストールされていない状態でpstをスキャンする

virus tag

ScanPSTツールを使用せずにOutlookのPSTファイルを修復する手順-0x800CCC1A???

OutlookのPSTファイルが壊れていませんか? ScanpstでOutlookPSTファイルを修復できませんか?あなたはscanpstツールなしでOutlookのPSTファイルを修復したいですか? Outlookはデータをpst形式で保存しますが、そのデリケートな性質のため、破損する傾向があります。ネットワークドライブで共有するとOutlookのpstファイルが破損したり、ファイルサイズが大きすぎたり、pstファイルの使用中にOutlookアプリケーションが突然終了したりする場合があります。これは、ユーザーがOutlookデータやその他のメールボックスアイテムにアクセスできないという問題に直面しなければならない場所です。 バックアップを使用してOutlookデータを回復および復元する 残念ながら、pstファイルが破損していて、pstファイルにアクセスできない場合は、バックアップを使用してメールボックスアイテムを復元できます。利用可能なバックアップがない場合は、pstファイルの破損を修復するための他の代替手段を探す必要があります。 scanpst.exeは深刻なpstファイルの破損を修復するのに十分な信頼性がないため。したがって、サードパーティのOutlookPST修復ソフトウェアを使用することをお勧めします。一方、ユーザーはいくつかの手動の手順を試して、.pstファイルの破損を修正することが機能するかどうかを確認できます。 古いPSTからコンテンツをコピーして新しいPSTファイルを作成する このため、ユーザーは破損した古い.pstファイルのバックアップを取る必要があります。ただし、Outlookアプリケーションを使用して開くことができる場合にのみ可能です。それが開かない場合、古いpstファイルは次のようにOutlookにリンクされます ファイル->開く-> Outlookデータファイル Outlookを使用して既に開いている場合、ユーザーは新しいpstファイルを作成する必要があります Outlook2007以前のバージョンの場合 ファイル>新規> Outlookデータファイル Outlook2010の場合 [ホーム]タブ-> [新しいアイテム]> [その他のアイテム]> [Outlookデータファイル] 次に、すべての破損したpstファイルを新しいファイルにコピーし、デフォルトとして設定することをお勧めします。 次に、ユーザーは、以前に破損したpstファイルを切断した後、MSOutlookを再起動する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

(解決済み)Win7でScanpstを見つけることができません-scanpst exe outlook 2007 windows 7???????

Win7でscanpstを見つけることができませんか? scanpst.exeの正確な場所を見つけるためのソリューションを探していますか?あなたが正しいページにいるので、検索を止めてください。 Scanpstは、ユーザーがPSTの破損の問題を取り除くのを助けるOutlookの便利な機能の1つです。 PSTの腐敗は、Outlookのエラーのほとんどの主な理由です。しかし、この受信ボックスユーティリティの場所は、OutlookまたはWindowsのバージョンによって異なります。これは、多くのユーザーがscanpstを見つけることができない理由です。あなたもそれらの中にいる場合は、Windows 7の下のパスからscanpstを見つけることができます: 64ビットWindows 7用 C:\ Program Files \ Microsoft Office \ OFFICE16 C:\ Program Files \ Microsoft Office \ OFFICE15 C:\ Program Files \ Microsoft Office \ OFFICE14 C:\ Program Files \ Microsoft Office \ OFFICE12 32ビットWindows…
Read more

Scanpstの場所Windows XP:PSTの問題を簡単に解決する-0x800CCC78???

すべてのMicrosoft Outlookユーザーには、PSTファイルのマイナーレベルの破損を修正するために使用されるScanpst.exeという名前の修復ユーティリティが組み込まれています。 PSTファイルに関連する問題が発生した場合は、PSTの損傷または破損を解決するためにscanpstの場所ウィンドウxpを見つける必要があります。ファイルの構造が完全であるかどうかを確認するために、PSTファイルを完全にスキャンします。 場合は、Scanpst.exeがPSTファイル内の問題を検出すると、すぐにファイルを修復し、同様にメールボックスコンポーネントを復元します。上記のとおり、ツールはPSTファイルのマイナーな問題のみを修正します。 Outlook PSTが深刻な破損または損傷を受けている場合は、scanpstの場所ウィンドウxpを見つけて信頼できるOutlook PST修復ツールを使用し、PSTファイルの修復に失敗する必要があります。以下で推奨されるユーティリティは、少数の簡単なクリックでファイルを修復し、メールボックス項目を復元します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookで壊れたPSTを修復するためにScanpst PSTファイルを検索する方法-0x80040154???

Microsoft Outlook電子メールクライアントを起動すると、Outlookプロファイルでエラーが検出され、受信トレイ修復ユーティリティを実行する必要があることを示すメッセージが表示されることがあります。ここで重要なのは、あなたのマシン上のscanpst pstファイルを見つけることができるところです。ただし、受信トレイの修復ツールはScanpst.exeとも呼ばれ、このファイルの場所はほぼすべてのMicrosoft Outlookアプリケーションで異なります。 さらに、scanpst pstファイルの場所は、32ビットバージョンのWindowsオペレーティングシステムまたは64ビットOSにインストールした場合でも、MS Outlook電子メールプログラムのインストール時に選択した言語によって異なります。ただし、Scanpst.exeを使用してPSTファイルを修復しようとしたときに何らかの結果が発生した場合は、この記事の下で最も信頼できるOutlook PST修復ツールを使用することができます。 scanpst pstファイルを検索するには、次のコマンドを実行します。 Outlook 2016 / Office 365 32ビットWindows C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office16 64ビットWindows C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office16 64ビットOutlook C:\ Program Files \ Microsoft Office \…
Read more

Outlookの予定表を修復する方法-0x800CCCA9???

「Microsoft Office Outlook 2010(64ビット版)で作業しています。最近、カレンダーで編集中にエラーが発生します。それが自動的に消えてしまったのは突然だったので、メッセージを読む時間がありません。しかし、数時間前に私は私のOutlookを開いて、私はいくつかのエラーを取得し、私のカレンダーは開いていませんでした。私はそれが破損していると思いますOutlookのカレンダーを修復する方法を知らない場合、 Microsoft Outlook 2010(64ビット)は、最もよく使用されるOutlookのバージョンの1つですが、ユーザーがこの種のエラーを取得して重要なファイルや機能を失うケースが多くあります。この場合、同じことが起こり、ユーザーは自分のカレンダー機能へのアクセスを失ってしまいましたが、今はOutlookカレンダーを修復します。 Outlookカレンダーを使用すると、会議のために修正したすべての日付、楽しい時間、映画の時間などを保存できます。この方法では、それが破損した場合は、プレゼンテーションを提出するか、友人と映画を見に行く必要がある日にあなたのために覚えにくいです。それは何らかのばかげたエラーのせいで破損しているからです。しかし、PSTの修復ソフトウェアを使用すると簡単にOutlookのカレンダーを修復することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

MS Outlookで無料修理PSTを取得-0x800CCCAB???

無料の修復pstファイルについての説明。 MS Outlookユーザーが自分のpstファイルにアクセスできない場合、この問題を解決するには無料の修復ツールが必要です。 pstファイルの破損はMS Outlookで非常に一般的です。その後、電子メール、タスク、連絡先、雑誌を含む他のデータへのアクセスの拒否も発生します。 MS Outlookには、MS Outlookアプリケーションのインストール時に自動的にインストールされるscanpst.exeという組み込みアプリケーションが含まれていますが、 過度のレベルでのpstファイルの破損原因は以下のとおりです。 電源の変動。 不適切な方法でのMS Outlookのインストール。 PCのランダムな終了。 大きなサイズのpstファイル。 PC上のマルウェア攻撃。 scanpst.exeは無料の修復用PST機能を提供しますが、一定の制限内で動作することもできます。 pstの破損の小さな原因に対して有用であることが判明しています。何らかの重大な原因がある場合、ユーザーは何の利益も得られません。したがって、彼らは何らかの理由でpstファイルを修復するOutlook pst修復ソフトウェアであるサードパーティのユーティリティをインストールすることがあります。また、すべての電子メール、アイテムを新しいpstファイルに回復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Olmapi32.dllはMicrosoft Outlookと互換性がありません-0x800CCC93???

Outlookは、いくつかの絶滅した機能が付いている、信頼性が高く主に使用される電子メールクライアントです。しかし、いつかは何らかのエラーが発生したときにOutlookで特に苦労してアプリケーションを開くのを防ぐ必要があります。 olmapi32.dllはMicrosoft Outlookと互換性がありません。Outlookでの使用経験を低下させるようなエラーメッセージです。通常、このエラーメッセージは、ユーザーがOSをアップグレードしたときに表示されます。 OSユーザーをアップグレードする際、このエラーの原因となるOLMAPI32.dllファイルを置き換えることを忘れないでください。しかし、この問題は、olmapi32.dllファイルを新しいものに置き換えることで解決できます。これを行うには、次の手順を実行します。 スタート>コンピュータをクリックし、ローカルディスク(C)をダブルクリックします。 次に、[プログラムファイル]を選択し、Microsoft Officeに移動します。 プログラムの追加と削除、およびMicrosoft Officeスイートの修復に進みます。 しかし、上記の手順を経てもolmapi32.dllがMicrosoft Outlookのエラーと互換性がない場合は、PSTファイルを修復する必要があります。 Scanpst.exeと呼ばれる受信ボックスユーティリティを実行して、破損したPSTファイルを修復できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする