Tag Archive: .ostファイルでOutlook 2010のエラーが検出されました

virus tag

OutlookがエクスポートされたPSTファイルアクセスを拒否できないというエラーを修正する-0x800ccc0e???

PSTファイルをバックアップからインポートした後、外付けハードドライブに保存しました。しかし、これらのファイルにアクセスしようとすると、常にPSTファイルアクセス拒否エラーが発生します。 PSTファイルを適切にエクスポートしましたが、エラーが発生する理由がわかりません。これらのPSTファイルには多くの貴重なデータストアがあります。 OutlookがエクスポートされたPSTファイルのアクセス拒否エラーを開けないのを修正するのを手伝ってください。 Outlookには、PSTファイルをインポートおよびエクスポートするための組み込みユーティリティが用意されています。通常、Outlookユーザーは電子メールアイテムをバックアップするためにPSTファイルをエクスポートします。しかし、ユーザーが適切な方法に従わないと、エクスポートされたPSTファイルのアクセス拒否エラーをOutlookで開けない場合があります。このエラーも発生している場合は、ここで解決策が得られるので心配しないでください。解決策を知る前に、ユーザーがPSTファイルのバックアップを取る理由を見てみましょう。 システムのハードドライブをフォーマットして再フォーマットする前に ユーザーがオペレーティングシステムをインストールする必要がある場合 Outlookをあるシステムから別のシステムに移動する必要がある場合 一般的に、PSTが破損または破損している場合、エクスポートされたPSTファイルアクセス拒否エラーはOutlookで開けません。その場合、Scanpst.exeはこの問題を修正できないため、このエラーを修正するにはサードパーティのユーティリティが必要になります。 PST修復ソフトウェアは、PSTファイルを修復してこのエラーを簡単に修正できる最も信頼性の高いアプリケーションです。それとは別に、削除または失われたPSTファイルを復元することもできます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

MS Outlookで失われた連絡先を取得する方法?-0x800ccc0b Outlook???

私のOutlookにはいくつかの電子メール関連の問題があり、最近修正されました。しかし、私はすべての電子メールを取り戻しますが、最近の連絡先と古い連絡先の一部がOutlookから欠落しています。 [連絡先を検索]列でそれらの連絡先を検索しましたが、見つかりませんでした。これらの連絡先は私にとって非常に重要でした。 MS Outlookで失われた連絡先を取得するのを手伝ってください。 メールと同様に、連絡先もOutlookで重要なものであり、他のユーザーに関する情報が含まれています。しかし、いつかユーザーが誤って連絡先を削除してしまい、連絡先を見つけるのに必死になっています。誤って削除する以外に、Windows OSの再インストール、マルウェアの攻撃などにより、Outlookからのデータ転送の不適切な方法など、連絡先が削除されるいくつかの理由があります。ただし、次の手順を使用してMS Outlookで失われた連絡先を取得できるため、心配する必要はありません。 [ツール]メニューを開き、[アカウント設定]オプションを開きます [アドレス帳]タブをクリックして、アカウント設定ボックスを閉じます [ツール]メニューで、アドレス帳をクリックします 開いたダイアログボックスで、[ツール]メニューのオプションをクリックします 次に[このアドレスリストを表示]をクリックし、[連絡先]をクリックします 上記の手順を使用しても連絡先が見つからない場合は、心配しないでください。あなたはまだサードパーティのソフトウェアの助けを借りてMS Outlookで失われた連絡先を取得することができます。 PST修復ソフトウェアは、Outlookから削除または失われた連絡先を取得することができるような素晴らしいアプリケーションです。連絡先に加えて、MS Outlookのメールやその他のアイテムも復元します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

ScanPSTエラー後にOutlook 2010 PSTを修復するソリューション-0x800CCCDC???

Scanpst.exeはMicrosoftが提供する便利なユーティリティで、PTSファイルの破損やその他の問題を修正します。しかし、Outlook 2010の組み込みユーティリティを使用してPSTを修復しようとすると、エラーメッセージが表示されると報告したユーザーもいます。今、彼らはScanPSTエラー後にOutlook 2010 PSTを修復する方法を探していますか? Outlook 2010またはそれ以降のバージョンを使用しているかどうかにかかわらず、Scanpst.exeでPSTを修復しているときにエラーが発生する可能性があります。組み込みのユーティリティには制限があり、マイナーなPSTの問題のみを処理できるために発生します。 PSTの修復中にScanPSTでエラーが発生するのはなぜですか? 不適切な更新が原因でScanpst.exe自体が破損した場合 PSTファイルがひどく破損しているか、ウイルスまたはマルウェアによって破損している場合 Outlook PSTファイルのサイズが大きい場合、Scanpst.exeは失敗します。 ただし、ScanPSTエラーの後にOutlook 2010 PSTを修復できるため、心配する必要はありません。そのためには、強力なサードパーティアプリケーションの支援が必要です。 PST修復ソフトウェアは、PSTファイルの修復に関してOutlookユーザーが最初に選択する優れたユーティリティです。制限がなく、破損や損傷の理由に関係なくPSTを安全に修復するため、ユーザーはそれを信頼します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Microsoft Outlookで移動したフォルダーを回復するソリューション-0x800CCC15???

Microsoft Outlookで移動したフォルダーを復元できますか?同じクエリもある場合は、これが適切な場所です。ここでは、Outlookでフォルダーを取り戻すための最適なソリューションを取得します。 Outlookの個人用フォルダーまたはサブフォルダーを別の場所に移動するのは簡単なようです。ただし、プロセスの移動中に1つの間違いが発生すると、重要なPSTファイルを含むフォルダーが失われる可能性があります。ある場所から別の場所にフォルダを連続的に移動すると、Outlookアプリケーションがハングし、重要なOutlookフォルダが失われたり削除されたりすることがあります。 Microsoft Outlookで移動したフォルダーを回復する方法を知る前に、移動するOutlookフォルダーを見つけるための簡単で安全な手順を見てみましょう。 メニューに移動し、[フォルダリスト]オプションを選択します ダイアログボックスで、ドロップダウンボックスで移動したフォルダーを見つけます OKボタンをクリックしてください。 Outlookはそれぞれのフォルダーを開きます ただし、上記の手順を実行してもフォルダを回復できない場合は心配しないでください。サードパーティのユーティリティを使用して、Microsoft Outlookで移動したフォルダーを回復することもできます。最適なユーティリティの1つは、Outlookのファイルとフォルダーを修復および復元できるPST修復ソフトウェアです。システムを詳細にスキャンし、重要なデータを含む移動したフォルダーをレスキューする事前スキャンモジュールが付属しています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookでメールボックスのサイズを増やす方法は?-0x800CCC67???

多くのユーザーは、Outlookでメールボックスのサイズを増やす方法を知りたいと考えています。あなたもそれらのユーザーの中にいて、それを行う方法がわからない場合、私たちはあなたをガイドします。 Outlookメールボックスのデフォルトサイズは1.933GBで、このサイズ制限を超えると、ユーザーはメールを送受信できなくなります。通常、メールで送受信するサイズの大きい添付ファイルのため、Outlookメールボックスはいっぱいになります。したがって、この問題を取り除くための基本的な手順は、不要なメールや古いメールを削除することです。 ただし、すでにメールを削除しているが、Outlookメールボックスにまだスペースが必要な場合は、レジストリを変更する必要があります。これを行うには、次の手順を実行できます。 Win + Rキーを押してレジストリエディターを開きます 今すぐレジストリウィンドウからHKEY_CURRENT_USERをクリックしてください ツリー構造から、PSTオプションをクリックします リストからMaxLargeFileSizeをダブルクリックします 必要な値をMB単位で定義し、[OK]をクリックします。 この方法により、Outlookでメールボックスのサイズを増やすことができます。ただし、メールボックスの容量が不足すると、メールが破損する場合があります。このような状況では、Scanpst.exeが大きなファイルの修復に失敗するため、サードパーティのソフトウェアを選択する必要があります。 PST修復ソフトウェアは、Outlook内の大きく破損したPSTファイルを安全に修復する強力なユーティリティです。電子メールからカレンダーまで、すべてのPSTファイルを修復し、Outlookのすべてのバージョンをサポートします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookのエラーコード8を解決する方法?-0x800ccc0b Outlook???

オフラインモードでOutlookを使用している間、ユーザーはメールデータのアクセスをブロックする可能性があるエラーメッセージの数に直面することができます。 Outlookのエラーコード8は、あなたがオフラインモードの間に遭遇することができるそのような問題です。これは、ユーザーがOutlookメールアカウントにアクセスできないようにするセキュリティ証明書の問題です。通常、エラーは交換サーバーのセキュリティ証明書が認証機関から購入されていない場合に表示されます。ユーザーが信頼されたルート証明機関の下でローカルシステムにセキュリティ証明書を公開していない場合にも、エラーが発生する可能性があります。エラーメッセージを修正するには、次の手順を試してください。 エラーボックスの[証明書の表示]オプションをクリックして証明書をインストールします ローカルコンピュータにセキュリティ証明書を発行する これらの方法が機能しないにもかかわらずOutlookエラーコード8が解決しない場合、それはPSTの破損につながる可能性があります。しかし、心配する必要はありません、あなたは受信トレイユーティリティの助けを借りて簡単に破損したPSTを修復することができます。ただし、受信トレイユーティリティはそれほど強力ではなく、破損が深刻な場合は修復を拒否します。あなたはPSTの修復ソフトウェアのようないくつかのサードパーティ製のユーティリティをsuの場合それ故にそれは良いはずです。それは安全にひどく破損したPSTファイルを修復し、ユーザーがそれらに再びアクセスできるようにする著名な修復ユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

「Microsoft Outlook 2010で電子メールが送受信されない」問題のトラブルシューティング方法-????????

「Microsoft Outlook 2010が電子メールを送受信しない」問題を修正するための効果的な解決策 解決策1 – 新しい電子メールプロファイルを作成する まず、メール設定ダイアログボックスを開きます。 そうするために、Start> Runの順に進みます。 [ファイル名を指定して実行]ボックスに「Control」と入力し、[OK]ボタンをクリックします。 今すぐメールセットアップダイアログボックスが画面に表示されます。 その後、プロファイルの表示>追加をクリックして新規プロファイルウィザードを起動します。 [プロファイル名]ボックスに「Test」と入力し、[OK]ボタンをクリックして新しい電子メールプロファイルに名前を付けます。 今すぐクリックして「手動でサーバー設定を構成する」チェックボックスをオンにします。 Nextボタンをクリックしてください。 [サービスの選択]のページで、[インターネットメール]をクリックし、[次へ]ボタンをクリックした後。 今すぐインターネット電子メール設定ダイアログボックスのボックスを入力します。 アカウントの種類の設定がPOP3に設定されていることを確認してください。 [次へ]をクリックし、プロンプトに従ってアカウントの設定を終了します。 最後に、Finishボタンをクリックしてください。 新しい電子メールプロファイルを作成したら、それをデフォルトのプロファイルとして設定します。 解決策2:マイクロソフトの受信トレイ修復ツールを使う Microsoft Outlook 2010には受信トレイ修復ツールが付属しています。どういうわけかあなたの「Microsoft Outlook 2010は電子メールを送信または受信しないでしょう」そしてそのような問題を解決したいならばあなたはScanPST.exeと名付けられた内蔵のユーティリティを使わなければなりません。このユーティリティを使用するには、次の手順に従ってください。 まず、ScanPST.exeツールを見つけなければなりません。 内蔵ツールを見つけたら、それをダブルクリックして実行します。 これで、ウィンドウが画面上にボックスとともに表示されます。 空白のボックスに、スキャンしたいPSTファイルの名前を入力する必要があります。 あなたはPSTファイルの正確なファイル名に気付いていないなら、あなたは好ましいものを選択するために参照ボタンを使用することができます。 ファイルを見つけたら、スタートボタンをクリックしてください。 成功したスキャンの後、画面にエラーが見つかった場合は、破損したPSTファイルを修復するには[修復]ボタンをクリックする必要があります。 注:前述の解決策は「Microsoft Outlook 2010が電子メールを送受信しない」問題を解決するのに十分ですが、この方法はあまりにも多くのスキルと知識、努力と時間を必要とします。しかし、あなたが本当に即座にそのようなOutlook関連の問題を解決したいのであれば、あなたはOutlook PST Repair Toolという名前の自動化された解決策を講じなければなりません。…
Read more

Outlookエラーコード50を修正する方法を知っている-??pst????????2007

Outlookエラーコード50は、Outlookアプリケーションで作業中に発生する可能性のある最も一般的なエラーの1つです。このエラーは、ユーザーが最も重要な機能であるOutlookでメールを送受信できないようにします。この厄介なエラーの背後には多くの理由があり、その理由を見つけ出すために必要な問題を解決することができます。エキスパートによると、エラーメッセージは、ウイルス攻撃、電子メールアカウントのSSL、アンチスパムアドイン、破損したOutlookファイルなどのために発生する可能性があります。このエラーを修正するには、以下の手順に従ってください。 コントロールパネル>メール>メール設定をクリックします。 プロファイルを表示して追加をクリックする 新しいOutlookプロファイルを作成し、アカウントを追加します。 今すぐOutlookを開き、電子メールを送信してみてください。 しかし、手動の手順でOutlookエラーコード50を修正できない場合は、心配しないでください。サードパーティのツールを使用して簡単に修正できます。 PSTの修復ソフトウェアは、PSTの破損または他の理由によるOutlookのエラーを修正するために設計された高度なユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

「4GB以上の.pst」ファイルサイズを修正する方法-0x800CCC0A???

4GBより大きい.pstの詳細情報 あなたは通常のMS Outlookのユーザーで、メッセージ数だけでなくメールの膨大な数を受け取っている場合、4GBファイルサイズ以上の.pstを経験する可能性があります。あなたのPSTファイルがそのサイズ制限に達すると、あなたはMS Outlookのコンテンツにアクセスしたり、それ以上読むことができなくなります。また、ファイルサイズが超過したためにいくつかのエラーメッセージが表示されることがあります。オーバーサイズのファイルの問題のために、あなたのMS Outlookはパフォーマンスの低下に応答しなくなる可能性があります。 "4GBより大きい.pst"の問題を修正するのに役立つユーティリティ Outlook関連の問題を解決するために、MS Outlookはscanpst.exeと呼ばれる費用のかからないユーティリティを提供しています。これは、PSTファイルで発生している一般的なエラーを処理することは可能ですが、このユーティリティは特大のPSTファイルを修復することができません。その場合、システムユーザーは、Outlook PST修復ツールと呼ばれるサードパーティ製の信頼性の高いユーティリティを選択する必要があります。このツールは、Outlookのユーザーが高度なアルゴリズムを使用してOutlook関連の問題を修正し、 "4GB以上の.pstファイルサイズ"の問題を修正するのに役立ちます。したがって、このような有用なユーティリティを利用することができます。 Outlook PSTの修復ツールについてもっと知っている 「4GBより大きな.pst」を修正するために、OutlookのPST修復ツールは、アクセス不能、破損、削除、または4GBを超える.pstのような何らかの理由で失われたPSTファイルを修正することができる、 。それは元のファイル形式でMS OutlookのPSTファイルと他の帰属を回復することができます。だから、あなたは簡単にOutlookの問題を修正するOutlook PSTの修復ツールを採用することができます。それは、いくつかの高度な機能が付属し、ユーザーフレンドリーなインターフェイスで設計されています。このソフトウェアの最も良い点は、MS Outlookのすべてのバージョンと互換性があることです。したがって、どのOutlookユーザーも、4GB以上の.pst以上のOutlook関連の問題を簡単に修正できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Windows PCで.PSTパスワードクラックソフトウェアをダウンロードする方法-0x800CCC7A???

.pstパスワードクラックツールをマシンにダウンロードする場合は、適切な場所にいます。このソフトウェアは、最終的にMicrosoft Outlookユーザーにとって最適なソリューションです。オリジナルのPSTファイルを変更せずにPSTパスワードを簡単に復元できます。ほとんどのMicrosoft Outlookユーザーは、PSTファイルに保存された重要なデータにアクセスできないPSTパスワードを忘れることがあります。 このような状況では、重要な電子メールメッセージ、添付ファイル、ジャーナル、連絡先、メモ、予定リスト、およびその他のメールボックスアイテムにアクセスできなくなる可能性があります。幸いなことに、ダウンロード.pstパスワードクラックユーティリティの助けを借りれば、あなたのPSTファイルのパスワードを簡単に簡単に破ることができます。パスワードで保護されたPSTファイルの回復中、元のファイルは変更されずそのままでした。その後、PSTファイルの新しいパスワードをリセットして、他のユーザーのアクセスから保護することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする