Tag Archive: Microsoft受信トレイの修復ツールが応答しない

virus tag

pst19upg.exeでPSTパスワードを削除する方法-scanpst exe????????

Microsoft Outlookは、pstファイルからパスワードを削除するpst19upg.exeとして無料の組み込みユーティリティで有効になっています。ただし、ANSI形式で動作するため、MS Outlook2002およびそれ以前のバージョンにのみ適用可能であるという特定の要件を満たす必要があります。したがって、ANSI形式のみをサポートし、UNICODE形式はサポートしません。 OutlookのPSTファイルからパスワードを削除するためにpst19upg.exeを使用する手順 ユーザーはOutlookを閉じて終了し、PSTファイルのコピーを作成する必要があります。 ScanPST.exeを実行し、PstCopyを修復します。完了したら、ファイルをpst19upg.exeの場所に移動します。 次に、ユーザーはWindows + Rを押す必要があります。 これにより、[ファイル名を指定して実行]ウィンドウが開きます。ここで、CMDと入力し、Enterキーを押します。 ユーザーはpst19upg.exeのパスを入力し、Enterキーを押す必要があります。 「pst19upg.exe-xPstCopy.pst」と入力し、Enterキーを押します。これにより、新しいファイルPstCopy.psxが作成されます 元のPSTファイルの名前を別の名前に変更します。次に、CMDに「pst19upg.exe-i PstCopy.psx」と入力し、Enterキーを押します。 ユーティリティは、パスワードを持たない新しいPSTを作成し、最終的にはパスワードなしでpstファイルにアクセスできるようになります。ただし、前述のように、この方法は以前のバージョンのOutlookでのみ機能するか、適用できます。ただし、Outlook 2007などの新しいバージョンまたはそれ以降のバージョンを使用している場合は、サードパーティのOutlookPSTパスワード回復ソフトウェアを使用する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookエラーシステムが指定されたファイルを見つけられないのを修正-0x800ccc69 Outlook 2013

あなたはOutlookのエラーシステムが指定されたファイルを見つけることができない取得していますか?この迷惑なエラーを修正するための解決策を探していますか?ここであなたが適切な解決策を得るのでそうであれば、あなたは正しい記事を持っています。ユーザーによると、彼らは彼らがWindowsシステムをアップグレードした後にOutlookを開こうとすると、このエラーが発生します。通常、PSTファイルの場所がOutlook 2003で変更されたときにエラーが発生しました。このエラーが発生した後、ユーザーはOutlook 2003でメールやその他の重要なデータにアクセスすることができません。 Outlook 2003のアップグレード中に中断が発生した 突然のシステムシャットダウンまたは不適切なOutlookの終了 マルウェアやウイルスの攻撃、システムエラー、ハードドライブの問題など システムがファイルの指定されたエラーを見つけることができない修正するためには、場所の変更が原因で破損したそれらのPSTファイルを修復する必要があります。 Scanpst.exe(組み込みユーティリティ)を使用することはできますが、ひどく損傷したPSTファイルでは動作しません。したがって、それはPSTの修復ソフトウェアのようなサードパーティ製のユーティリティを使用することをお勧めします。それは簡単にOutlookのエラーを取り除くためにひどくまたはひどく破損したPSTファイルを修復する最新のスキャンアルゴリズムが付属しています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

IMAPエラーを解決する方法 – 0x800CCC0E(100%ワーキングガイド)-0800ccc13 outlook 2013

あなたはIMAP Error – 0x800CCC0Eを解決するための簡単で無料の解決策を探していますか?もしそうなら、この記事を読むことはあなたにとって本当に有益すぎるでしょう。ここでは、IMAP Error – 0x800CCC0EのようなOutlook関連の問題を簡単に解決することができる最も良い解決策について知っているでしょう。このチュートリアルガイドを完全に見てください。 IMAPエラーを解決するための効果的なソリューション – 0x800CCC0E 解決策1:設定からサーバーの接続性を確認する はじめに、MS Outlookを起動してください。 ファイルを開く>>をクリックし、ツール>>を選択してからアカウント設定オプションをクリックします。 [アカウント設定]タブで、[メール]オプションをクリックします。 表示された一覧から、Outlookの電子メールアカウントを選択します。 これで、新しいウィンドウがEメールアカウントで開きます。 'More Setting'ボタンを探してクリックしてください。 それでは、Outgoing Serverウィンドウを開いてください。 [私の送信サーバー(SMTP)には認証が必要です]チェックボックスをオンにします。 OKボタンを押して、処理が完了するまで待ちます。 解決策2:IMAPエラーを解決するためにSMTPポート番号を変更する – 0x800CCC0E Microsoft Outlookアプリケーションを起動します。 メニューバーから、ツールをクリックしてください。 アカウント設定をクリックしてください。 その後、EメールタブをクリックしてからEメールアカウントをクリックする必要があります。 今、あなたはChange E-mail Accountという名前のポップアップウィンドウによって促されるでしょう。ここで、あなたはMore Settingタブをクリックしなければなりません。 メニューバーから、詳細設定タブをクリックします。 さて、あなたはOutgoing Server(SMTP)を見つけなければなりません、そしてあなたのサーバーポート番号が587であることを確認してください。 最後に、OKボタンをクリックしてください。 解決策3:MS…
Read more

pstパスワードを見つけるための簡単な手順-0x800ccc0e outlook express

どのようにpstパスワードを見つけるには? すべてのMS Outlookユーザーは、パスワードで保護されたpstファイルの管理がさらに安全であることを認識しています。一つのことは、最も複雑なパスワードを作成しようとする人々の間では非常に一般的であり、後でPSTファイルを開かずにパスすると、簡単に自分のパスワードを忘れることになります。これは非常に厄介な状況を引き起こし、またOutlookユーザーの仕事を個人的、職業的な両方で妨害するのに非常に貢献します。したがって、できるだけ早くpstパスワードを見つけることが不可欠になります。 ユーザーは、pstパスワードを見つけるためのPSTパスワード回復ソフトウェアとして一般的なサードパーティのユーティリティのインストールを選択することをお勧めします。これは失われたpstパスワードを復元するのに非常に役立ち、すべてのバージョンのOutlookで機能します。 pstパスワードを復元するほかに、以下のような別の有益な属性も備えています。 電子メール、添付ファイル、連絡先、カレンダー、メモ、雑誌を含む壊れたpstファイルとメールボックスの内容を修復します。 これにより、ユーザーはリカバリー可能なコンポーネントの順序を維持し、それらを定義されたグループごとに整理できます。 これは、回復されたpstファイルをユーザの所望の場所に従って格納することを可能にする。 このツールの最も便利な機能は、回復可能なファイルを保存する前にそのファイルをプレビューするオプションを提供することです。 したがって、MS Outlookのユーザーは、PSTパスワード回復ソフトウェアを使用してpstパスワードを見つけるのは簡単ですが、今のところ動揺する必要はありません。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする