Tag Archive: Microsoftの受信トレイの修復ツール2010

virus tag

新しいOutlookプロファイルを作成して使用する方法-0x8004210a Outlook???

Outlookプロファイルは、より優れたスムーズなOutlookエクスペリエンスのために非常に重要です。アカウント、Outlookデータファイル、その他の重要な設定の管理に役立ちます。どういうわけかOutlookプロファイルが破損または削除された場合、スムーズな作業で問題が発生します。また、ユーザーはMSOutlookの使用中に電子メールを保存または受信することはできません。その場合、ユーザーはOutlookでプロファイルを作成する必要があります 新しいOutlookプロファイルを作成および設定する方法 まず、ユーザーはMS Outlookを閉じて、開いている他のすべてのファイルとプログラムを終了する必要があります 次に、コントロールパネルを開きます。 次に、メールを検索し、[メール]をダブルクリックして選択したメールを開く必要があります。 メール設定ウィンドウ内で、プロファイルを表示するオプションをクリックする必要があります 次に、[追加]をクリックし、プロファイル名を指定して、[OK]をクリックする必要があります。 次に、アカウントの追加ウィザードに移動し、ユーザーの電子メールアカウントを作成して設定します。完了したら、ユーザーは[完了]をクリックする必要があります。 [メール]ウィンドウで、ユーザーは元のOutlookプロファイルを選択し、[削除]をクリックする必要があります。 警告メッセージが表示されます。 Outlookデータファイルのバックアップがすでに作成されている場合は、[はい]をクリックする必要があります。 ただし、プロファイル作成の上記の手順を実行した後でも、ユーザーがOutlookデータにアクセスできない場合は、pstファイルが破損している可能性があります。このような状況では、ユーザーはscanpst.exeまたは受信トレイ修復ツールを選択する必要があります。これは、pstの破損を修復するための組み込みユーティリティです。ただし、その制限があるため、サードパーティのOutlookPST修復ソフトウェアを使用することをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2007で不足しているPSTファイルを回復するガイド-pst???????????

Outlook 2007で不足しているPSTファイルを回復できますか?多くのOutlookユーザーがインターネットで同じ問題を掘っていて、幸いなことに解決策があります。 PSTは、電子メールを含むすべてのデータを保存するOutlookの主要コンポーネントです。ただし、PSTファイルへのアクセス中にユーザーが問題に直面する場合があります。 .pstファイルが見つかりませんでした。これは、Outlookユーザーが遭遇する迷惑なエラーの1つです。ユーザーがPSTファイルにアクセスしようとするとエラーが表示されますが、Outlookはそれが見つからないと表示します。 Outlook 2007でPSTファイルが見つからない原因は何ですか? 不正なウイルス対策を使用したPSTファイルを含むドライブのスキャン OutlookからPSTファイルを移動中に中断が発生する MS Outlookなどの誤ったインストールまたはアップグレードプロセス ただし、ユーザーがバックアップを作成した場合、欠落しているPSTファイルを簡単に復元できます。ただし、バックアップがない場合は、サードパーティのソフトウェアが必要になります。 PST修復ソフトウェアは、Outlook 2007で不足しているPSTファイルを回復できる強力で信頼性の高いユーティリティの1つです。PSTファイルの修復または回復に関しては、多くのOutlookユーザーがソフトウェアを信頼しています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2010のクラッシュ後に破損したPSTファイルを修復する方法は?-0x800ccc0b Outlook???

Outlook 2010には、古いバージョンのOutlookと比較していくつかの高度な機能が備わっています。他のバージョンよりは優れていますが、ユーザーは依然としてクラッシュの問題に直面しています。 Outlookがクラッシュすると、PSTも破損し、いくつかの迷惑な問題、エラー、場合によってはデータの損失につながります。これが、Outlook 2010のクラッシュ後に破損したPSTファイルを修復するソリューションを探しているユーザーが多い理由です。しかし、Outlookのクラッシュ後にPSTを修復する方法を知る前に、MS Outlookアプリケーションのクラッシュを引き起こす理由を知ることが重要です。 Outlook 2010のクラッシュの原因となる要因 ユーザーが誤ったアドインまたは互換性のないアドインをインストールした場合 Outlook 2010は、ウイルスまたはマルウェアの攻撃後にクラッシュする可能性があります オペレーティングシステムのクラッシュもこの問題の原因になります Outlookの不適切なolmapi32.dllまたはMso.dllファイルのため Outlook 2010のクラッシュ後に破損したPSTファイルを修復するには、Scanpst.exeも使用できますが、破損またはサイズが大きいPSTファイルを修復することはできません。したがって、PST修復ソフトウェアのようなサードパーティのユーティリティを使用することをお勧めします。これは、ひどく破損、破損、およびサイズの大きいPSTファイルを修復するために特別に設計された高度なソフトウェアです。簡単なユーザーインターフェイスが付属し、Outlook 2010およびその他のバージョンと互換性があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

エラー「Microsoft Outlook検索がWindows 10で動作しない」を修正するためのガイド-0x800ccc0e Outlook???

あなたがWindows 10ユーザーであり、インストールされたOutlookアプリケーションで何かを検索中に「Microsoft Outlook検索がWindows 10で動作しない」エラーが発生した場合、心配する必要はまったくありません。このチュートリアルガイドには、「Microsoft Outlook検索がWindows 10で動作しない」という問題を簡単に解決できる簡単な手順が含まれているためです。 「Microsoft Outlook検索がWindows 10で動作しない」エラーを修正するための効果的な手動手順 手順1:コントロールパネルからWindows検索の機能を削除する まず、[スタート]アイコンをクリックして[コントロールパネル]オプションを選択し、コントロールパネルを開きます。 開いたコントロールパネルウィンドウで、[プログラムと機能]オプションをクリックします。 左側のペインから、「Windowsの機能をオンまたはオフにする」オプションを選択します。 これで、画面に[Windowsの機能]ウィンドウが開きます。 「Windows Search」のチェックボックスをクリックし、「OK」ボタンを押した後。 画面に確認ボックスが表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。 すべての変更を保存してWindowsサーチ機能を削除するには、[OK]ボタンをクリックします。 ここで、Windowsが機能を変更するまで数分待つ必要があります。 最後に、Windows 10 PCを再起動します。 手順2:コントロールパネルからWindows検索機能を有効にする 再度、[コントロールパネル] >> [プログラムと機能] >> [Windowsの機能を有効にする]に移動します。 次に、Windows Searchのチェックボックスを選択し、OKボタンを押します。 ここで、Windows 10がWindows Search機能に変更を加え、その後Windows 10 PCを再起動するまで待ちます。 ステップ3:Windowsインデックスを再構築する PCを再起動したら、もう一度コントロールパネルに移動します。 [すべてのコントロールパネル項目]のウィンドウで、[インデックス作成オプション]をクリックします。 開いた[インデックスオプション]ウィンドウから、[詳細設定]オプションをクリックします。 次に、[再構築]ボタンをクリックします。…
Read more

OutlookのPSTファイルを修復するための最良の方法-0x800CCC65???

あなたがこの投稿にたどり着いたなら、それはあなたがOutlookのPSTファイルを修復するための最良の無料の方法を探している別のユーザーであることを保証します。幸いなことに、あなたは正しい場所にいます。このガイドでは、OutlookのPSTファイルの回復に関する効果的な解決策について知っているでしょう。それで、このエキスパートのチュートリアルガイドを完全に読んでください。 Outlook PSTファイルを無料で簡単に修復 MS Outlookは、家庭だけでなくプロのユーザーによっても使用される間違いなく最高の電子メールクライアントアプリケーションの1つです。このアプリケーションは、通信目的でユーザーが使用するだけでなく、メッセージ、重要な日付、タスク、ジャーナル、重要なメモなど、すべてのデータを.pstファイル形式で保存することもできます。しかし、時々、MS OutlookのPSTファイルは何らかの理由で破損、紛失、破損、フォーマットまたは削除されます。その時点で、ユーザーはOutlookのPSTファイルを修復するための最良の無料の方法を検索する傾向があります 。 MS Outlookには、ScanPST.exeまたは受信トレイ修復ツールとして知られている、組み込みの無料の修復ユーティリティが付属しています。それは信頼できるか合法的なマイクロソフトによって配達されます、そしてそれはMS Outlookアプリケーションにおけるどんなタイプのエラーまたは破損の出会いでも修正する際に実行する最初のツールとして役立ちます。この実用性は絶対に無料です、従って費用を支払うことなしでそれを使用できます。それは基本的にアプリケーションやシステムグリッチなどによって引き起こされるマイナーなPSTファイルの問題を修正するために使用されます。 ScanPST.exeを使用する手順 最初にMS Outlookアプリケーションを終了してください。 次に、Win + Eキーを同時に押して、ファイルエクスプローラまたはWindowsエクスプローラを開きます。 Windowsエクスプローラのウィンドウで、ScanPST.exeという名前の受信トレイ修復ツールを見つけます。 次に開いたウィンドウで、スキャンしたいファイルの名前を入力します。 あるいは、Browseオプションを使って好みのファイルを選択することもできます。 ファイルを選択した後、スキャン手順を開始するためにスタートボタンをクリックしてください。 今、スキャン手順が完了するまで待ちます。 スキャン時にエラーメッセージが画面に表示されたら、[修復]ボタンをクリックしてください。 ScanPST.exeがOutlookのPSTファイルを修復できない場合 どういうわけかあなたの受信トレイ修復ツールまたはScanPST.exeがOutlook PSTファイルを修復できない場合は、Outlook PST Repair Toolという名前のサードパーティ製ツールを使用する必要があります。これは、MS Outlookのあらゆる種類の破損を修復するための究極のソリューションとして機能する、非常に高度なMS Outlookの修復ツールと見なされています。このプログラムは破損したOutlookのPSTファイルを回復し修復するのに十分であるとみなされている高度なエンジンとしてホストされていることがよくあります。また、それは素晴らしい機能が付属していますし、それは非常にシンプルで使いやすいインターフェースが付属しているのであなたは本当にそれを使用するためにあまりにも多くの技術的なスキルを必要としません。その上、それはMicrosoft Outlookアプリケーションのすべてのバージョンと互換性があるので、あなたは簡単にどんな躊躇もなしでOutlook PSTファイルを修復するためにそれを使うことができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

受信トレイの修復ツールを使用して簡単に暗号化されたPSTからの電子メールを回復-0x800CCC6B???

このページにアクセスしている場合は、暗号化されたPSTファイルから電子メールを復元する最適なソリューションを探していることが確認されています。このポストは、Outlookユーザーがパスワードで保護されたファイルから電子メールを復元し、暗号化されていないファイル形式に簡単に復元できるようにするために主に作成されています。 Outlookのメールについて知る システムユーザーとして、私たちは皆、MS Outlookは、コミュニケーションの目的で家庭ユーザーだけでなく、プロフェッショナルユーザーによって使用される、最も普及して広く使用されている電子メールクライアントアプリケーションの1つであり、すべての貴重なデータを単一の場所に保存するという真実に精通しています。このアプリケーションは、カレンダーエントリ、電子メール、タスク、ジャーナルなどの完全なメールボックスデータを含むデータリポジトリとして、PSTファイル形式を使用することがよくあります。 暗号化されたPSTからの電子メールを簡単に復元 このアプリケーションには、サーバーに接続せずにユーザーがデータや送信メッセージにアクセスできるようにする素晴らしい機能があります。重要なファイルを保護するには、ロックする必要があり、MS Outlook機能を使用することができます。その機能の助けを借りて、パスワードを使用してあなたのPSTを暗号化し、それらが不正アクセスから防ぐことができます。この機能は、一意のファイル暗号化コードがユーザーによって記憶されている限り有益ですが、パスワードを忘れた場合には状況が本当に悪化します。 このような場合、Windowsユーザーはscanpst.exeと呼ばれるOutlookの受信トレイ修復ツールを使用する必要があります。費用のかからないユーティリティは、OutlookユーザーがPSTファイルの問題を解決するためにMicrosoftによって提供されます。このユーティリティの助けを借りて、あなたは間違いなく暗号化されたPSTから電子メールを回復します。しかし、何らかの形で費用のかからないユーティリティがOutlookの問題を修正できない場合は、Outlook PST修復ツールというサードパーティのユーティリティを選択する必要があります。このサードパーティのツールは、暗号化されたPSTファイルから電子メールを回復するための適切かつ効果的なソリューションです。間違いなく、OutlookのPSTの修復ツールは、いくつかの機能が満載されていますが、最高の1つは、インタラクティブで非常に使いやすいインターフェイスです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookの修復ソフトウェア:すべての.PST修復ツールの中で最も実績のある-0x800CCC79???

PST(Personal Storage Table)は実際には電子メール、カレンダー、連絡先、下書き、メモ、タスク、リスト、ジャーナル、共有アイテム、アラーム、さらに多くの有益なOutlookの要素を格納するMicrosoft Outlookのコンテナです。このファイルは、デフォルトでシステムのハードドライブに保存されます。今は信頼できるだけでなく信頼性もありますが、それはまだエラーから解放されていません。 PSTファイルもまた破損したり破損したりすることがあります。 PSTファイルの破損は、通常、MS Outlookアプリケーションをユーザーに全く役に立たなくします。 今や状況を処理するのが非常に難しいにもかかわらず、パニックを起こさず、破損した.PSTファイルを修復するために市場で入手可能な多数の.pst修復ツールの中から効果的なOutlook PST回復ソフトウェアを使用するように提案されています。 PST回復手順に進む前に、技術者は、.PSTファイルの破損の原因となる原因をユーザーが知ることが非常に重要であると報告しています。 .PSTファイルの腐敗の責任を負う強力なソース 特大の.PSTファイル .PSTファイルの圧縮 Outlookのアップグレード ヘッダー破損 上記のすべてのシナリオが発生すると、 .PST修復ツールの最終的な要件が導かれます。ここでは、Outlook PST回復ソフトウェアを使用して、多くの効果的な技術スキルを習得することをお勧めします。破損、破損、損傷を修復するための2つのスキャンオプション、「通常スキャン」と「スマートスキャン」をユーザに提供します。またはアクセスできないMS Outlookの項目。この.PST修復ツールには、簡単でインタラクティブなユーザーインターフェイスが含まれています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

PSTファイルを分割する方法-0x800CCC66???

どうやら、pstファイルを分割する方法についての解決策を探しているなら、あなたは正しいポストにいます。 Outlookはすばらしい電子メールアプリケーションであり、PSTはアプリケーションの適切な機能を担うOutlookの重要なコンポーネントだとは思わないでしょう。ただし、Outlookのパフォーマンスが低下する場合があります。通常、.pstファイルのサイズが大きくなった後に発生します。したがって、Outlookとバックアップのパフォーマンスを向上させるために、私のpstファイルを複数のファイルに分割することは素晴らしい解決策です。質問は、pstファイルを分割する方法が発生しますか? pstファイルの分割は、Outlookのアーカイブ機能で簡単に行うことができます。処理する前に、変更した日付ではなく受信した日付に基づいてアーカイブするためにOutlookアプリケーションを設定する必要があります。手動で行くのは簡単な作業ですが、そのためには技術的に熟練が必要です。真ん中にエラーが発生すると大きな問題につながる可能性があるので、Outlookの問題を解決するのに非常に役立つと証明された効果的なツールと同様にPST Repair Softwareに頼ることを強くお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookメールの送受信中に0x8004210eエラーを修正する方法-800ccc92???????

0x8004210eについての分析 あなたがMS Outlookユーザーで0x8004210eのようなエラーに直面している場合、MS Outlookアプリケーションでは非常に一般的なのでパニックにする必要はありません。これは、通常、電子メールの送信時または受信時に表示されます。 MS Outlookのデータやその電子メールにアクセスするためのあらゆる努力は、0x8004210eという形式の迷惑なエラーメッセージのポップアップとして表示されます。 表示されるメッセージは次のようになります "タスクServer_Name報告されたエラー(0x8004210E)を受信:別の電子メールメッセージが配信されているか、または別のメールアプリケーションがアクセスしているため、メールボックスが一時的に使用できませんでした。 上記のメッセージの外観は、Outlook PSTファイルの破損のために発生します。ユーザーはメールボックスを開くことができなくなり、Outlookアプリケーションもランダムに閉じられます。全体として、MS Outlookアプリケーションに関するすべての作業は深刻な妨げになっています。 0x8004210eエラーの背後にある理由は次のとおりです。 Outlook Serverの切断。 Outlookアカウントの不適切な設定のため。 ファイアウォールの設定の設定が正しくありません。 Outlook .pstファイルの破損。 ただし、0x8004210eは以下の方法で修正できます インターネット構成とOutlookサーバーとの接続を確認します。 ユーザのアカウントを適切に設定する。 新しいOutlookプロファイルを作成します。 これらの手順とは別に、inbuiltユーティリティは、MS Outlookアプリケーションのインストールと一緒にインストールされる受信トレイの修復ツールでも利用可能です。ただし、0x8004210eエラーを修正することはできません。その場合、ユーザは上記の理由により、破損したPSTファイルを修復し回復するための最良の代替救済手段の1つであるOutlook PST修復ソフトウェアの支援を受けることを提案されます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする