Tag Archive: ????????????????????

virus tag

ハードディスククラッシュ後のPSTファイルの回復を修復する-??????PST??????

私は過去1年からOutlookを使用していますが、電子メールを含む多くの属性がOutlookに保存されています。しかし、突然、不明な理由により、私のコンピューターのハードドライブがクラッシュし、そこに保存されているすべてのPSTファイルにアクセスできなくなります。しかし、私はそれを回復しようとしましたが、残念ながら私の努力は無駄になります。バックアップコピーも作成していません。ハードディスクがクラッシュした後のPSTファイルの回復は可能ですか? Outlookは、電子メールを管理するために多くのユーザーによって使用されています。定期的に使用するため、PSTファイルの形式でメールを含む多くの重要なデータが保存されています。 PSTファイルはシステムのハードディスクに保存されるため、ハードディスクに問題があるとPSTファイルにアクセスできなくなる可能性があります。ただし、バックアップが存在する場合、ハードディスクがクラッシュした後のPSTファイルの復元は簡単に実行できます。ただし、バックアップがない場合は、サードパーティのリカバリアプリケーションの助けが必要になります。 Outlook PSTに関して利用可能な多くのソフトウェアがありますが、それらのほとんどは削除または失われたPSTファイルを回復することができません。 PST修復ソフトウェアは、PSTファイルを修復および取得できる唯一のアプリケーションです。このソフトウェアの助けを借りて、簡単にハードディスクがクラッシュした後のPSTファイルの回復を行うことができます。シンプルなユーザーインターフェイスを備えており、さまざまなバージョンのOutlookでスムーズに動作します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

(修正済み)Outlook 2016は受信トレイフォルダーの更新を停止しました-0x800ccc0f Outlook???

Outlook 2016が受信トレイフォルダーの更新を停止した場合の対処方法同じソリューションも検索している場合は、ここで検索を終了します。この記事では、問題に関する最善の解決策を取得します。多くのOutlookユーザーは、古いバージョンの新しいPSTファイルを新しいOutlookまたは別のシステムにインポートするため、受信トレイフォルダーが更新されないと報告しています。毎日多くの重要な電子メールを受信し、受信トレイフォルダーが更新されない場合、電子メールを受信したかどうかさえわからないため、それは本当に迷惑です。 大きなPSTファイルを移動すると、そのソースファイルが影響を受ける可能性があります。そのような状況では、Outlook 2016は受信トレイフォルダーの更新を停止しました。ただし、PSTファイルのソースファイルを修復することで問題を解決できるため、悲しむ必要はありません。 scanpst.exeは大きなPSTファイルを修復しないため、サードパーティのユーティリティが必要になります。 PST修復ソフトウェアは、古いバージョンからのインポート中に損傷を受ける大きなPSTファイルを修復する効果的なユーティリティです。使いやすく、Outlookのすべてのバージョンをサポートしています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookのメインプロファイルを修復する最適なソリューション-800ccc13

Outlookのメインプロファイルを修復する方法は? Outlookでは、ユーザーは複数のプロファイルを作成し、異なるメールアカウントを処理できます。アカウントを作成すると、ユーザーがメールを管理しやすくなります。ただし、さまざまな理由により、Outlookのメインプロファイルは、ユーザーがいくつかの問題に直面しなければならないため、破損または破損する場合があります。通常、ユーザーがOutlookでプロファイルのアカウントを変更しようとすると発生します。 Outlookプロファイルが破損すると、ユーザーはメールアカウントデータにアクセスできなくなります。ただし、以下の手順を使用してプロファイルを修復できるため、心配する必要はありません。 PCでOutlookを開く [ファイル]、[アカウント設定]の順に移動します 問題のあるメールアカウントを選択してください 修復ボタンをクリックします ただし、この方法がうまくいかない場合は、心配しないでください。サードパーティのソフトウェアを使用して、Outlookのメインプロファイルを修復できます。 PST修復ソフトウェアは、破損したOutlookプロファイルを簡単に修復できる史上最高のユーティリティです。ソフトウェアには高度なアルゴリズムが付属しており、Outlookプロファイルを安全に修復し、メールにアクセスできます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

(修正)Office 365で使用するとOutlookがクラッシュする-0x800CCC95???

Outlookの通常のユーザーは、このアプリケーションの問題に精通している必要があります。 OutlookをOffice 365と併用するとクラッシュするのは、多くのユーザーが直面しているこのような問題です。この問題が発生するOutlookユーザーは多くおり、重要な作業に影響します。この問題はいくつかの原因による可能性があり、そのうちの1つは互換性のないアドインです。ただし、アドインはOutlookの機能の改善に使用されますが、場合によっては問題が発生します。したがって、最近追加されたアドインを確認し、削除した後にOutlookを使用してみてください。 ただし、アドインを削除しても変更が行われない場合は、Microsoft Officeに問題がある可能性があるため、修正する必要があります。これを行うには、次の手順を使用できます。 Windows + Xキーを押して、[コントロールパネル]を選択します 次に、[プログラムのアンインストール]オプションをクリックします Microsoft Officeを右クリックし、[変更]をクリックします 最後に[オンライン修復]をクリックします 上記の手順でOffice 365の問題で使用したときにOutlookがクラッシュする問題を解決できない場合は、Outlookの診断とトラブルシューティングを実行してください。それを行うには、以下の手順を使用します。 Outlook自動ツールをクリックして問題を修正します 次に、Outlookの問題を解決するために実行します 動作しない場合は、Office 365用のMicrosoft Support&Recovery Assistantを開きます 適切なオプションを選択します 上記のトラブルシューティング手順を使用すると、Office 365の問題でOutlookがクラッシュした場合に解決できます。しかし、Outlookのクラッシュにより、PSTファイルも破損または破損します。そのため、データにアクセスするには、障害のあるPSTを修復する必要があり、Scanpst.exeはそれを支援します。しかし、PSTがひどく破損している場合、またはそのサイズが大きい場合、この組み込みユーティリティはほとんど特別に失敗します。そのような状況では、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティユーティリティを使用できます。ひどく破損した、または大きなサイズのPSTを修正せずに効率的に修復する強力なユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

ScanPSTが失敗したときに2GBを超えるPSTファイルを修復する-scanost exe???????

一部の古いバージョンのOutlookでは、ユーザーは2GBの制限でPSTファイルを保存できます。その場合、PSTファイルのサイズが固定サイズを超えると、破損または破損します。ユーザーは、破損または破損したPSTファイルのデータにアクセスできません。データにアクセスするには、まず問題のあるPSTファイルを修復する必要があります。ただし、Outlookは、ユーザーが破損したPSTファイルを修復できるようにするScanpst.exeオプションをユーザーに提供しています。ただし、この組み込みユーティリティにはいくつかの制限があり、2GBを超えるPSTファイルを修復する必要がある場合、ユーティリティは修復できません。 Outlookファイルが古いバージョンで2GBの制限サイズを超えた場合 メール添付ファイルの蓄積のため、PSTファイルは2GBの制限を超えています さらに多くのデータが追加されると、ファイルは制限されたサイズを超えます ユーザーが削除済みアイテムフォルダーを空にしていない場合、PSTはサイズが大きくなります ただし、Scanpst.exeで失敗しても、2GBを超えるPSTファイルを作成できるため、悲しむ必要はありません。 PST修復ソフトウェアなどのサードパーティのユーティリティを使用して、大きなPSTファイルを修復できます。これは著名なソフトウェアであり、PSTファイルの修復に制限はありません。どのバージョンのOutlookでも、ひどく破損した大きなPSTファイルを簡単に修復できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

特大のPSTファイルがOutlookの破損につながる理由を知る-0x800cccof???

この投稿には、特大のPSTファイルがOutlookの破損につながる理由に関するすべての情報が含まれています。多数のPSTファイルを保存している場合、Outlookアプリケーションが破損する可能性があり、その場合はOutlook破損の問題を解決するために適切な指示が必要になる可能性があります。 Outlookの修復に関する適切なソリューションについては、このチュートリアルガイドをご覧ください。 特大のPSTファイルがOutlookの破損につながる-方法を知る MS Outlookユーザーの場合、サイズの大きなOutlook PSTファイルが破損につながる主な要因の1つであることは非常に難しい事実です。 PSTファイルサイズの問題は、正当なMicrosoftによって既に特定されており、そのため、PSTファイルのサイズが大きすぎるとOutlookが破損します 。この事実を詳しく知ってください。 PSTファイルのサイズを気にせずにOutlookバージョンを使用していて、突然、ファイルが大きすぎるためにOutlookが応答しないというエラーメッセージが表示されたとします。そのとき、何らかのサイズのPSTファイルを減らしてOutlook PSTファイルを回復するための指示を選ぶ必要があります。 特大のPSTファイルの背後にある原因 メールおよびその他のアイテムの大容量ストレージ。 PSTファイルがファイルサイズの制限を超えています。 Outlookアプリケーションに対するマルウェアまたはウイルス攻撃。 Outlookアプリケーションの不適切な処理など。 大きすぎるPSTファイルを回避するための秘Triは、Outlookの破損につながります Outlookメールボックスを定期的にクリーンアップします。 不要なものを取り除きます。 メールアーカイブを作成します。 必要なメールをほぼすべて削除します。 Outlook PSTファイルのバックアップファイルを常に作成します。 Outlookなどの冗長データを削除します。 特大のPSTファイルを克服するための手動の指示がOutlookの破損につながる 開いているOutlookアプリケーションを閉じます。 Scanpst.exeを見つけてダブルクリックして開きます。 これで、ウィンドウを開いて、参照ボタンをクリックして、サイズを本当に小さくしたいPSTファイルを選択する必要があります。 ファイルを選択したら、[スタート]ボタンをクリックします。 次に、「修復する前にスキャンしたファイルのバックアップを作成する」オプションを探し、ドロップダウンから目的の場所を選択してバックアップファイルを保存します。 次に、「修復」ボタンをクリックして修復手順を初期化します。 いくつかの効果的なトリックを実行し、手動の指示を選択した後、Outlookで破損を引き起こす特大のPSTファイルで簡単に克服できます 。ただし、手動のトリックを処理できない場合は、Outlook PST Repair Toolとして知られるサードパーティのツールを使用する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

最近の更新によって引き起こされたOutlookの問題を修正-0x800CCCDB???

Outlookは、ユーザーにアプリケーションの更新を強制する新しい機能を導入し続けています。 Outlookは常に最新の状態に保ちたいと考えていますが、Outlookを最新の機能に更新した後に問題が発生する場合があります。添付ファイルの問題は、最近の更新によって引き起こされるOutlookの一般的な問題です。この問題は、Outlook 2007およびOutlook 2010のユーザーによって報告されています。ユーザーによると、添付ファイルを開くときにこの問題が発生し、添付ファイルの問題はリッチテキスト形式です。多くのユーザーはこの問題に対処する方法を知りません。あなたもそれらのユーザーの間にいるなら、この記事はあなたを助けます。 最近の更新によって引き起こされたOutlookの問題を取り除くには、Outlookアプリケーションを閉じます。 Outlookアプリケーションを再度起動し、ダイアログボックスが表示されるかどうかを確認します。ボックスが表示されたら、ボックスも閉じます。ただし、この問題により添付ファイルが破損する場合があり、破損するとアクセスできます。心配しないで、PST修復ソフトウェアを使用して破損した添付ファイルを修復できます。 Outlookの破損または破損したPSTファイルを効率的に修復する堅牢なユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookの電子メールをローカルハードドライブに保存する方法は?-0x800ccc05 outlook 2007

Outlookのメールをローカルハードドライブに保存しますか?それを行う手順がわかりませんか?心配する必要はありません。ここでは、メールをハードドライブにコピーするプロセスがわかります。重要なOutlookメールには重要な情報が含まれており、破損しやすいため、常にバックアップすることをお勧めします。バックアップがある場合は、削除または紛失したメールを簡単に復元できます。メールをハードドライブに保存するには、以下の手順に従ってください。 Outlook電子メールをローカルハードドライブに手動でコピーする Outlookを起動し、ファイルに移動してアカウント設定を選択します メールの場所ではなく、データファイルオプションをクリックします データのパスに従って、PC上のデータファイルを見つけます ファイルの場所を取得したら、ローカルハードドライブに.pstファイルをコピーします 上記の方法を使用して、Outlookのメールをローカルハードドライブに保存できます。ただし、バックアップの前に電子メールまたはその他のPSTファイルを紛失または削除した場合は、どうしますか? PST修復ソフトウェアとして知られるサードパーティのユーティリティを使用して、削除されたPSTファイルを復元できることを心配しないでください。さらに、このソフトウェアは、破損したメールやアクセスできないその他のPSTファイルも修復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

「PSTファイルのコピー後にファイルアクセスが拒否されました」エラーを簡単に修正する方法-0x800ccc05 outlook 2007

MS OutlookアプリケーションでOutlook .pstファイルをインポートしているときに、「PSTファイルのコピー後にファイルアクセスが拒否されました」というエラーメッセージが表示されますか?このようなエラーメッセージを修正するための簡単で効果的なソリューションをお探しですか?そのようなクエリに対してあなたの答えが肯定的であれば、幸いなことにあなたは正しい場所にいます。この投稿を読んで、数回クリックするだけで簡単に「PSTファイルのコピー後にファイルアクセスが拒否されました」エラーを修正する適切なソリューションについて知ることができます。 「PSTファイルのコピー後にファイルアクセスが拒否されました」エラーを修正するための手動の手順 解決策1:Outlook PSTファイルのプロパティを変更する 本当に開くまたはインポートするOutlook PSTファイルを右クリックします。 [プロパティ]オプションを選択します。 「読み取り専用」のボックスをオフにしてから、「OK」ボタンをクリックした後。 それでも問題が解決しない場合は、PSTファイルを再度インポートするか開いてください。 適切なPSTファイルを右クリックして、[プロパティ]オプションを再度選択します。 [セキュリティ]タブに移動し、[編集]オプションをクリックします。 ここで、[追加]ボタンをクリックします。 Everyoneと入力して[OK]ボタンを押します。 再度、フルコントロールのチェックボックスをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。 次に、MS Outlookアプリケーションを開いてから、Outlook PSTファイルを開くかインポートしようとします。 解決策2:管理者権限でMS Outlookを実行する 最初に、開いているOutlookアプリケーションを閉じます。 MS Outlookアプリケーションを右クリックし、「管理者として実行」のオプションを選択します。 その後、Outlook PSTファイルへのアクセスまたは起動を再試行します。 解決策3:ScanPST.exeを使用してOutlook PSTファイルを再度スキャンおよび修復する 最初に、MS Outlookアプリケーションを閉じます。 Windowsエクスプローラーを開き、scanpst.exeに移動します。 この実行可能ファイルをダブルクリックして、Outlookの受信トレイ修復ツールを起動します。 これで、画面にウィンドウが開きます。ここで[参照]オプションをクリックする必要があります。 次に開いたウィンドウで、インポート/開く希望のOutlook PSTファイルを選択し、[開く]オプションをクリックする必要があります。 修復手順を開始するには、[スタート]ボタンをクリックします。 修復手順が成功したら、MS Outlookアプリケーションを起動し、その後、PSTファイルを再度開くかインポートします。 上記の手順は「PSTファイルのコピー後にファイルアクセスが拒否されました」エラーを修正するのに十分ですが、問題が引き続き発生する場合は、Outlook PST…
Read more

デフォルトのPSTファイルのパスを別の場所に変更する方法-0x800CCC0A???

デフォルトのPSTファイルのパスを別の場所に変更する方法はありますか?あなたは本当にデフォルトのPSTファイルの場所を変更する方法はありますか?あなたの答えが肯定的で効果的な解決策を探すのであれば、このチュートリアルガイドはあなたにとって本当に有益です。ここで、デフォルトのPSTファイルのパスを別の場所に変更する方法を知っているでしょう。そのため、このガイドを完全に読み、提供された指示を正確な順序で正確に実行してください。 デフォルトのPSTファイルのパスを別の場所に変更する理由 それ以来、MS Outlookは優れた機能を備えているので、複数のユーザーによって使用されています。このアプリケーションでは、ユーザーはすべての貴重なデータをPSTファイル形式で保存します。一般的に、ユーザーはMS Outlookで「ファイルの場所を開く」のコマンドでPSTファイルを意味するMS Outlookデータファイルの保存フォルダを開きました。 MS OutlookのPSTファイルにアクセスするのは簡単な手順ですが、.pstファイルの場所フォルダーを開くのが難しい場合があります。だから、このガイドは別の場所にデフォルトのPSTファイルのパスを変更するために専門家によって作成されています。だから、正確な順序で慎重に指示に従ってください。 手動による解決方法デフォルトのPSTファイルパスを別の場所に変更するには レジストリエディタで別の場所にデフォルトのPSTファイルをカスタマイズする Win + Rキーを押して[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。 開いたファイル名を指定して実行ボックスにregeditを入力し、OKボタンをクリックしてください。 これで、ユーザーアカウント制御ダイアログボックスが画面に表示されますので、はいボタンをクリックします。 今、次のパスのいずれかでMS Outlookキーを見つけて選択します。 Outlook 2007:HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 12.0 \ Outlook Outlook 2010:HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 14.0 \…
Read more