Tag Archive: 2013年のOutlookでpstファイルを修正する方法

virus tag

破損したOutlookプロファイルを修正する方法-0x800ccc13????

プロファイルが破損しているためにOutlookデータにアクセスできませんか? Outlookプロファイルが破損していますか?実際には、Outlookプロファイルが破損していると、ユーザーがメールボックスアイテムとpstデータにアクセスできないという問題が発生する可能性があります。このような状況では、Outlookユーザーは破損したOutlookプロファイルを修正および修復するか、MSOutlookで新しいプロファイルを作成する必要があります。 新しいOutlookプロファイルを作成する方法は? まず、Windowsでコントロールパネルを開き、次にメールに移動します 次に、[プロファイルの表示]をクリックし、[追加]オプションをクリックする必要があります メールアカウントの詳細を入力し、[完了]をクリックします。プロセスが完了するとすぐに、新しいプロファイルが作成されます コントロールパネルをもう一度開き、と同じ手順に従います。 [コントロールパネル]> [メール]> [プロファイルの表示]に移動します。ドロップダウンメニューをクリックして、作成されたプロファイルを選択し、デフォルトプロファイルとして設定する必要があります。これにより、[常にこのプロファイルを使用する]オプションが選択されている場合、新しいプロファイルがデフォルトプロファイルとして設定されます。 ただし、それでも問題が発生し、pstファイルまたはメールボックスアイテムにアクセスできない場合は、pstファイルがひどく損傷していることを明確に示しています。あなたはscanpst.exeまたはサードパーティのOutlookPST修復ソフトウェアを使用して破損したpstファイルを修復する必要があります。ただし、scanpst.exeには特定の制限があり、深刻なpstの破損を修復することはできません。したがって、より良い代替手段はOutlookPST修復ソフトウェアです。ユーティリティのデモバージョンは、修復されたpstファイルのプレビューをスキャンして表示します。ただし、修復されたpstファイルを目的の場所に保存するには、ソフトウェアのライセンスバージョンを購入する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

PSTファイルの不明なエラーを簡単に修正する:完璧なチュートリアルガイド-0x800CCC44???

MS Outlookアプリケーションでメールの読み取り、書き込み、送信、削除、または受信を試行中に「PSTファイル不明」エラーが表示されていますか? PST File Unknownエラーを簡単に修正するための簡単で適切なソリューションを探していますか?もしそうなら、あなたは絶対に正しい場所にいます。はい、あなたは正しいと聞きました。この投稿では、不明なエラーの発生の背後にある考えられるすべての原因を要約し、PSTファイルの不明なエラーを簡単に修正するための適切なソリューションを提案します。 PSTファイルの不明なエラーについて知る PST File Unknown errorについて知る前に、PSTファイルがMS Outlookアプリケーションにとって重要または重要であることを知っておく必要があります。通常、電子メールの送信、受信、削除、読み取りに使用されます。いくつかの優れた機能に基づいて、ほとんどの人は、MS Outlookとの間でメールを送受信するのは簡単すぎると思っていますが、ふりをするほど簡単ではありません。一部のインスタンスでは、PSTファイルの送受信中に非常に困難を感じることがあり、その結果、「PSTファイル不明」エラーなどのエラーメッセージが表示される場合があります。これは、Outlookユーザーが遭遇する最も一般的なエラーメッセージの1つであり、その結果、ユーザーはPSTファイルにアクセスできなくなります。 PSTファイルの不明なエラーが発生する一般的な理由 PSTファイルのサイズが2 GBを超えています。 高レベルまたはメジャーレベルのPSTファイルの破損。 MS Outlookアプリケーションの突然の終了。 Windows PCでのマルウェアまたはウイルス攻撃。 インターネットなどの不適切な接続。 PSTファイルの不明なエラーを修正するための効果的なソリューション 解決策1:スキャンディスクユーティリティを実行する Windows PCを起動します。 Windowsの開いている検索ボックスに、cmdと入力します。 開いた検索結果リストで、コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」のオプションを選択します。 画面にコマンドプロンプトが表示されたら、「chkdsk:/」と入力します。 次に、コマンドプロンプトのウィンドウに表示される指示に注意深く従う必要があります。 解決策2:ドライブのプロパティでチェックディスクを実行する 最初に、Windows PCを起動します。 [スタート]メニューに移動し、[コンピューター]オプションにアクセスします。 次に、MS Outlookプログラムがダウンロードおよびインストールされているドライブを見つける必要があります。 それを右クリックして、[プロパティ]オプションを選択します。 これで、画面にプロパティウィンドウが開きます。 [ツール]タブに移動し、[今すぐ確認…]ボタンをクリックします。 これで、画面にダイアログボックスが開きます。チェックディスクのオプションで両方のエントリをマークする必要があります。 その後、[スタート]をクリックし、[ディスクのチェック]プロシージャを実行します。…
Read more

Outlookエラーを修正する方法:「アイテムを移動できません。アイテムを移動できませんでした。-0x800ccc0f???

この投稿には、MS Outlookのエラー 'アイテムを移動できません。アイテムを移動できませんでした。解決法の概要を説明します。したがって、このエラーメッセージに関する完全な情報を知るためにこの記事を完全に読んでください。 エラーの出現の原因 "アイテムを移動できません。アイテムを移動できませんでした。" 破損したPSTファイル コピーまたは移動したいメールはすでに使用中です 実際にコピーまたは移動しようとしている電子メールは、すでにMS Outlookに存在しています。 アンチマルウェアはMS Outlookファイルの脅威チェックを実行しています。 解決策 "アイテムを移動できません。アイテムを移動できませんでした。 解決策1:MS Outlookプロファイルを作成する MS Outlookを開き、オプションを選択します。 ドロップダウンメニューから、[アカウント設定]オプションを選択し、続いて[プロファイルの管理]を選択します。 プロファイルの表示オプションを選択し、追加ボタンをクリックします。 次に、[プロファイル名]ボックスにプロファイルの名前を入力し、[OK]ボタンをクリックして確認します。 解決策2:ユーザー権限を確認する マルチユーザー環境では、各ユーザーにディレクトリレベルのアクセス許可が与えられます。ユーザーがPSTファイルにアクセスする権限を持っていない場合、そのようなメッセージは通常発生します。したがって、あなたが管理者の場合、管理者の権限を要求する必要がない場合は、システム管理者としてMS Outlookを実行する必要があります。 解決策3:ScanPST.exeを使用してMS Outlookを修復する MS Outlookを終了し、ScanPST.exeを探します。 Inbox Repair Toolを見つけたら、それを開きます。 [参照]オプションを選択すると、破損したPSTファイルが開きます。また、実際にスキャンしたいPSTファイルの名前を直接入力することもできます。 ここで、[スタート]ボタンをクリックしてスキャン手順を開始します。 スキャンが完了したらエラーが検出されたら、[修復]ボタンをクリックします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

どのように無料のPSTの修復ツールOutlook 2016を使用する-0x800ccc0d Outlook 2007???

無料のPSTの修復ツールを使用してOutlook 2016 無料のPST修理ツールOutlook 2016の必要性は、MS Outlook 2016のPSTファイルやその他の属性が削除、紛失、壊れたり破損した場合に必要となります。 MS Outlook 2016は、いくつかの先進的で偉大な機能を満載したMS Outlookの最新かつ最も一般的な変形ですが、データ消失の可能性もあります。 突然の停電、突然のシステムのシャットダウン、PSTファイルの不適切な取り扱いなどの理由により、MS Outlook 2016に保存されているPSTファイルが破損する可能性があります。しかし、無料のPST修復ツールのおかげで、正当なMicrosoftがPSTファイルを修復するために配布したscanpst.exeという名前のOutlook 2016は、軽微な理由で破損することがあります。使用方法を知るには、まずInbox修復ユーティリティの場所を理解しておく必要があります。 無料のPST修復ツールの場所Outlook 2016:Scanpst.exe Outlook 2016-32ビットWindows: C:\ Program Files \ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2016-64ビットWindows: C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 無料のPSTの修復ツールOutlook…
Read more

ステラフェニックスOutlookのPSTの修復ツールを使用する方法-554 Outlook????

ステラフェニックスOutlookのPST修理は、すべてのPST関連の問題の包括的なツールの1つです。プログラムはあなたの破損したMS Outlookのデータファイルを簡単に修復することができ、新しいPSTファイル内の連絡先、電子メール、メモ、添付ファイル、雑誌、カレンダー、タスクなどのその他のデータなど、重要なメールボックスコンポーネントをすべて回復できます。 Stellar Phoenix Outlook PST修復ツールを使用して破損したPSTファイルを修復すると、修復されたOutlookメールボックスコンポーネントを保存するためのさまざまなオプションが表示されます。 したがって、メールボックスのデータにアクセスする際に問題が発生している場合は、Stellar Phoenix Outlook PST修復ソフトウェアを使用する方がよいでしょう。何らかの理由でファイルが破損したり破損したりすることなく、わずかなクリックだけでメールボックスコンポーネントを取得できます。 Stellar Phoenix Outlook PST修復プログラムをダウンロードしてインストールし、重要なメールボックスデータへのアクセスを回復するためにPST修復処理を実行してください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

OutlookでOlmapi32.Dllの互換性のないエラーを修復するためのヒント-0x800CCC96???

Olmapi32.dllは、マシンにOutlook電子メールクライアントをダウンロードしてインストールしたときに、WindowsマシンにインストールされるMicrosoftのファイルです。ただし、コンピュータからMS Outlookをアンインストールすると、ファイルはシステムから完全に削除されず、olmapi32.dllに互換性のないエラーが発生します。このような状況では、Microsoft Outlookアプリケーションの2つのバージョンがインストールされているかどうかを確認する必要があります。 これに加えて、いくつかの更新が保留中で、この問題が発生した場合、olmapi32.dllの互換性のないエラーが表示されることがあります。この問題を解決するには、不快な状況のためにPSTファイルが破損しているか破損しているかどうかも確認する必要があります。ファイルが破損し、olmapi32.dllの互換性のないエラーが発生した場合、このエラーを解決していくつかの簡単なクリックでPSTの問題を修正するために、この記事で推奨されているような信頼できるサードパーティのOutlook PST修復ツールを使用する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

MS Outlook 2000/13/16にあるScanpst.exeはどこにありますか-0x800CCC93???

MS Outlookにあるscanpst.exeの場所がわからない場合は、正しい場所に到着しています。ここでは、さまざまなバージョンのOutlook電子メールクライアントでScanpst.exeの場所に関する詳細情報を入手します。しかし、Microsoft OutlookのScanpst.exeファイルの場所について議論する前に、Scanpst.exeがPSTファイルのマイナーな破損レベルを修正するために特別にプログラムされた組み込みの修復プログラムであることを知る必要があります。 PSTは、添付ファイル、連絡先、タスク、スケジュール、雑誌などの貴重な電子メールコンポーネントを保存する責任がありますが、残念なことに、残念なことに、Outlookユーザーはファイルにアクセスできなくなります。あなたがPSTエラーの問題に遭遇していて、MS Outlookにあるscanpst.exeがどこにあるのかを見つける効果的な方法を探している場合は、記事に記載されているさまざまなMS OutlookバージョンのScanpst.exeの場所を含む下記の表を参照してください。 Outlook 2000: C:¥Program Files¥Common Files¥System¥MAPI¥<ロケールID>¥NT¥scanpst.exe Outlook 2013-32ビットWindows: C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office15 Outlook 2013-64ビットWindows: C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office15 Outlook 2016-32ビットWindows: C:\ Program Files \ Microsoft Office \ root…
Read more

scanpstexeで簡単にPSTの破損を修正-0x800ccc0e???

scanpstexeとは何ですか? MS Outlookアプリケーションでpstファイルの破損が原因で問題が発生した場合、そのユーザーはscanpstexeであるinbuiltツールを簡単に利用できます。我々は非常によく知っているMS Outlookは、世界中の広範な範囲で使用されるそのような電子メールアプリケーションです。だから間違いなく、一日を通してメッセージの膨大な流れに直面していなければなりません。そのすべてのデータは、pstファイルである別のフォルダの中に保存されたままになります。pstファイルは、いつかは壊れてしまい、ユーザーのアクセスからはずれてしまいます。一般的にpstファイルは、以下の理由で予期しない破損を起こします: MS Outlookの不適切なインストール 電源の変動。 PSTファイルの大容量。 マルウェアによるPCへの攻撃。 しかし、scanpstexeは、重要ではない理由で破損するとpstファイルを修復するユーティリティです。原因のレベルが高くなるにつれて、それは有用ではない。その後、ユーザーがOutlook PSTの修復ソフトウェアとして一般的なサードパーティの修復ツールの利用を選択することができます。それは非常に効果的な方法でpstを修復し、ユーザーは電子メール、カレンダー、メモ、ジャーナルを含むすべてのコンテンツを回復することができます。また、回復されたすべてのデータを新しいpstファイルに保存する機能も備えています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする