Tag Archive: 0x800ccc13 Outlook 2013

virus tag

Outlookで不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002を修正-0x800CCC1A???

Outlookで不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002を取得しますか? Outlookに保存されているデータにアクセスできず、不明なエラーが発生しましたエラーコード0x80070002? Outlookで理由と不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002を扱っているため、この投稿を最後まで読んでください。 MS Outlookがメール、メモ、ジャーナルなどの重要なデータを保存する重要なメールクライアントであることは誰もが知っています。しかし、ユーザーはOutlookでエラーコード0x80070002などの不要で不明なエラーに直面する可能性があります。これにより、PSTファイルが破損する可能性があります。また、すべてのpstデータが格納されるディレクトリにアクセスできなくなります。 実際には、すべてのpstファイルは次のパスでディレクトリに保存されます C:\ Users \ YourUsername \ AppData \ Local \ Microsoft \ Outlook C:\ Users \ YourUsername \ Documents \ Outlook Files したがって、ユーザーはOutlookのファイルとフォルダにアクセスするために、システム上のパスを確認する必要があります。ファイルが壊れている場合、Outlookで不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002が原因でPSTファイルとデータにアクセスできなくなります。ただし、pstファイルが破損している場合、ユーザーはscanpst.exeを使用できます。これは、pstファイルの破損を修正するための組み込みの受信トレイ修復ツールです。 Outlookで不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002が原因で受信トレイ修復ツールを使用して破損したPSTを修復するには Scanpst.exeを起動します。 [参照]をクリックして、PSTファイルの場所に移動します。 [開始]をクリックして、スキャンプロセスを開始します。 ただし、scanpst.exeでエラーが修正されない場合、ユーザーはOutlook PST修復ソフトウェアを使用して、Outlookで不明なエラーが発生したエラーコード0x80070002が原因で破損したpstファイルを修復する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

(修正済み)Outlookデータファイルエラーを適切に閉じずにOutlookが終了した-0x800CCC65???

Outlookデータファイルのエラーを適切に閉じずにOutlookを終了し、それを修正する方法がわからなくても心配する必要はありません。この記事では、このOutlookエラーの修正に役立つ適切なソリューションを提供します。通常、このエラーは、ユーザーがOutlookアプリケーションを不適切に終了したときに表示されます。このエラーの表示は、PSTファイルに破損があることを明確に示しており、問題を修正するには修復する必要があります。解決策を知る前に、このエラーが発生する一般的な理由を見てみましょう。 Outlookとウイルス対策ソフトウェアの間に競合がある場合 Outlookアプリケーションの使用中にシステムが予期せずシャットダウンする インストールされたアドインに関連する論理エラーもこのエラーを引き起こします Outlookデータファイルのエラーを適切に閉じずに終了したOutlookを修正するには、Scanpst.exeツールを使用できます。この組み込みユーティリティは、破損したPSTファイルを修復するためにOutlookによって提供されますが、ファイルがひどく破損している場合やサイズが大きい場合も動作しません。悲しいことはありません、あなたはまだPSTを修復し、PST修復ソフトウェアを使用してこのエラーを取り除くことができます。これは、さまざまな理由によるPSTファイルの破損または破損を処理するために特別に設計された専門的なソフトウェアです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

(修正済み)新しいプロファイルを作成するとOutlook 2016がクラッシュする-???pst?????

新しいプロファイルを作成するとOutlook 2016がクラッシュするのはなぜですか?まあ、それの背後にあるいくつかの理由があり、ここであなたはそれを知っているでしょうそしてまたどのように問題を解決するか。彼らは新しいプロファイルを作成しようとしていたときにOutlook 2016でクラッシュを報告する多くのユーザーがいます。重要な作業が中断される可能性があるため、これは非常に厄介であると同時に問題もあります。ユーザーは次のシナリオで問題に直面する可能性があります。 Windows 10でOutlook 2016を実行している間。 Internet Explorerでプロキシサーバーが設定されている場合 ユーザーがフォルダリダイレクトを有効にしている場合 ProxySettingsPerUserレジストリデータが欠落しているため。 新しいプロファイルの問題を作成するときにOutlook 2016のクラッシュを修正するためには、以下のトラブルシューティングの手順を使用することができます。 Internet Explorerを起動し、[ツール]ボタンをクリックして 次にインターネットオプションをクリックします。 [接続]タブの[LANの設定]をクリックします。 [設定を自動的に検出する]のチェックを外します。 OKを2回クリックしてください。 上記の手順を使用すると、Outlook 2016のクラッシュの問題を解決できますが、PSTが破損した場合は、それ以外の場合はそれを修復する必要がありますより多くのエラーが発生します。それはいくつかの制限があるため、Scanpst.exeよりもPSTを修復するためにサードパーティ製のソフトウェアを使用することをお勧めします。 PSTファイルの修復ソフトウェアは、破損または破損したPSTファイルを修復するための最良の選択肢の一つです。それは欠陥PSTファイルを適切にチェックしてそれを簡単に修正する事前スキャンアルゴリズムを内蔵しています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

PSTの解決このセッションエラーの読み込みに失敗しました-scanpst exe 2010?????????

彼らはアプリケーションを開くときにPSTが発生し、このセッションエラーのためにロードに失敗した多くのOutlookユーザーがあります。その結果、Outlookが応答を停止し、ユーザーがデータにアクセスしたり電子メールを送受信したりすることができなくなります。この迷惑なエラーメッセージの背後にあるいくつかの理由があるはずです。 pstファイルがロードに失敗した場合、別のプロセスによってロックされている場合、または破損した場合は、エラーメッセージが表示されることがあります。また、PSTファイルへのアクセスがOutlookユーザーに許可されていない場合のアクセス権の問題が原因で問題が発生することもあります。この問題を解決するには、次の手順に従います。 Windowsの検索バーを開き、「コントロールパネル」と入力します。 メール(32ビット)をクリックしてからメールアカウントをクリックします。 データファイルタブに行き、 "M-ファイル"を検索してください。 それをクリックして "設定…"を選択してください PSTファイルのファイル名入力場所。 上記の手順を使用することで、PSTがこのセッションエラーに対してロードできなかったことを修正できます。しかし、それでもエラーが続く場合は、PSTの破損の可能性があります。このような状況でScanpst.exeも一般的な損傷のみを修復するように設計されているために動作しない可能性があります。したがって、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティ製ユーティリティを使用することをお勧めします。ユーティリティは強力なアルゴリズムが含まれており、それは簡単に安全に不良または破損したPSTファイルを修復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

セーフモードでOutlookを実行するための完全なガイド-pst???????

このページに到達したら、Outlookをセーフモードで開くことができず、Outlookをセーフモードで起動するための適切なガイドを検索できないことを確認してください。そのため、このガイドを完全に読み、正しい順序で正確に指示を実行してください。 Outlookをセーフモードで起動する理由 エキスパートは、何かが正しく機能していない場合やMS Outlookで正しく機能していない場合に、セーフモードでMS Outlookを起動することをユーザーに推奨することがよくあります。なぜなら、このモードはいくつかのカスタマイズファイルとアドインなしでMS Outlookをロードするからです。 Outlookをセーフモードで起動することで、Outlook関連の問題をすべて簡単に解決できます。 セーフモードでOutlookを実行する手順 Ctrlキーを押しながらMS Outlookのショートカットアイコンをクリックします。 VistaまたはWindows 7のユーザーは、[スタート]メニューの[スタート]フィールドにoutlook.exe / safeと入力し、続けてEnterキーを押す必要があります。 Windows 8ユーザーはWindowsキーを押してスタート画面に戻り、outlook.exe / safeを入力する必要があります。 [スタート]メニューに[ファイル名を指定して実行]ボックスが表示されている場合は、それをクリックして[名前]フィールドにoutlook.exe / safeと入力します。その後OKボタンを押してください。 今、Win + Rキーを押します。 開いたフィールドにoutlook.exe / safeと入力してOKボタンを押してください。 [ファイル名を指定して実行]ボックスから、Outlookをセーフモードで簡単に実行できますが、Windows PCでファイルが見つからない場合は、MS Outlookのフルパスを使用する必要があります。 フルパス方式を使用してOutlookをセーフモードで実行する MS Outlookのデフォルトの場所はC:¥Program Files¥Microsoft Office¥OfficeXXです。XXはバージョン番号を表します。そのため、この場所を参照するか、クイック起動のショートカットでファイルパスを確認することができます。クイック起動ツールバーのMS Outlookのショートカットを右クリックして、[プロパティ]オプションを選択します。 / recycleを/ safeに置き換えてからApplyボタンを押す必要があります。今すぐショートカットをダブルクリックしてOutlookをセーフモードで実行します 。…
Read more

OutlookのPST修復ツール:.pstファイルを修復するための迅速かつ簡単な手順-0x800CCCA8???

あなたのOutlook保存された.pstファイルは開いていませんか?すべての.pstファイルを元に戻してアクセスできるようにしたい場合は、下記の投稿に従ってください。 Outlook PSTの修復ツールについてもっと知っている Microsoft Outlookは、電子メール、カレンダー、ミーティング、予定、さまざまなタスクの時間と日付の設定、その他の同様のアクティビティのスケジュールを作成するのに本当に役立つメモなどのコンポーネントを通じてさまざまなサービスを提供する電子メールクライアントです。主に法人顧客や個人の仕事からの電子メールの送受信にも使用されます。 Outlookは、すべての電子メールのニーズに最適なソリューションであり、さまざまなタスクを実行します。 Outlookがすべてのタスクやファイルを.pstファイル形式で保存していることはわかっているかもしれませんが、さまざまな未知の条件があるため、ウイルス攻撃や読み取り中や書き込み中の誤った中断など.pstファイルが破損または削除されています、データにアクセスできなくなります。だから、このような状況では、実際にいくつかの重要な質問に入ることができます。しかし、慌てないでください。影響を受けたコンピュータのOutlook PST修復ツールを使用して、破損した.pstファイルを再度復元してください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

scanpstexeで簡単にPSTの破損を修正-0x800ccc0e???

scanpstexeとは何ですか? MS Outlookアプリケーションでpstファイルの破損が原因で問題が発生した場合、そのユーザーはscanpstexeであるinbuiltツールを簡単に利用できます。我々は非常によく知っているMS Outlookは、世界中の広範な範囲で使用されるそのような電子メールアプリケーションです。だから間違いなく、一日を通してメッセージの膨大な流れに直面していなければなりません。そのすべてのデータは、pstファイルである別のフォルダの中に保存されたままになります。pstファイルは、いつかは壊れてしまい、ユーザーのアクセスからはずれてしまいます。一般的にpstファイルは、以下の理由で予期しない破損を起こします: MS Outlookの不適切なインストール 電源の変動。 PSTファイルの大容量。 マルウェアによるPCへの攻撃。 しかし、scanpstexeは、重要ではない理由で破損するとpstファイルを修復するユーティリティです。原因のレベルが高くなるにつれて、それは有用ではない。その後、ユーザーがOutlook PSTの修復ソフトウェアとして一般的なサードパーティの修復ツールの利用を選択することができます。それは非常に効果的な方法でpstを修復し、ユーザーは電子メール、カレンダー、メモ、ジャーナルを含むすべてのコンテンツを回復することができます。また、回復されたすべてのデータを新しいpstファイルに保存する機能も備えています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

scanpst.exeソフトウェアですばやく破損したPSTファイルを取り戻す-0x8004210A???

scanpst.exeとは何ですか? MS Outlookアプリケーションを使用するために問題が発生すると、このアプリケーションにはすべてのファイル、フォルダ、およびその他のものがpstファイルの形式で格納されていることがわかります。それはもちろん、それが設計されているMS Outlookアプリケーションの技術的特徴です。したがって、技術的な問題のためにpstファイルが壊れてしまっても、それは衝撃的で新しいことではありません。それが文字通り起こる場合、ユーザーは修理プロセスに精通していなければなりません。 scanpst.exeソフトウェアに関する限り、これは簡単に利用でき、MS Outlookアプリケーション自体によって提供されます。ユーザーがMS Outlookプログラムをインストールする際に自動的にインストールされるため、ユーザーは別途インストールする必要はありません。これらのすべてのユーザーにもかかわらず、どのpstファイルにアクセス可能または破損する可能性があるかという理由で、考えられる理由のいくつかが考えられる必要があります。 考えられる理由は次のとおりです。 不適切な方法でのMS Outlookのインストール。 PCの突然のシャットダウン。 PC上のマルウェアの隠された攻撃。 pstファイルのサイズ以上。 ユーザーは、異なるバージョンのWindowsでscanpst.exeユーティリティの異なる動作を検出することがあります。 Outlook 2016 / Office 365 32ビットWindows:C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office16 64ビットWindows:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office16 Outlook 2013 32ビットWindows:C:\ Program Files \…
Read more