Tag Archive: 0x800ccc0fエラーを修正する方法

virus tag

OutlookでPSTファイルを復元する方法-0x800ccc13???????????????

OutlookでPSTファイルを復元しますか? あなたのPSTファイルがウイルス感染のために破損している場合、scanpst.exeを使用して修復することはできません。実際、システムにインストールされているアンチウイルスは、ウイルスに感染したファイルをスキャンし、それらを隔離します。あなたのpstファイルが感染している場合、それはアンチウイルスによって隔離され、ファイルを修復できないため、scanpst.exeの範囲を超えています。そのような状況では、ユーザーはOutlookでpstファイルを復元する必要があります まず、システムにインストールされているアンチウイルスを選択してクリックします。 隔離セクションに移動し、OutlookPSTのチェックボックスをクリックして復元します 選択したpstファイルを駆除できないことを示すポップアップメッセージが表示された場合、復元プロセスを中止しますか?いいえを選択 復元プロセスを完了させます。 pstファイルのサイズにもよりますが、多少時間がかかります。復元プロセスが完了したら、ユーザーはウイルス対策アプリケーションのホームページに戻る必要があります。最後に、リアルタイム保護を無効にしてから有効にする必要があります。 これは、ウイルスに感染したPSTファイルを復元するのに役立ち、今すぐ開くことができます。ただし、pstファイルにアクセスできない場合は、ファイルがひどく破損している可能性があります。そのような状況では、OutlookPST修復ソフトウェアを使用することをお勧めします。これは、scanpst.exeまたは受信トレイ修復ツールを使用して修復できないウイルスに感染したpstファイルを修復するための高度なツールです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

エラーを開くには大きすぎるOutlook PSTファイルを修正する-0x800cce05 Outlook???

エラーを開くには大きすぎるOutlook PSTファイルを修正するには?同じソリューションも必要な場合は、これが適切な場所です。 Outlookで毎日多くのメールを受信しているため、PSTファイルのサイズが大きくなり、このエラーが発生します。その結果、特定のPSTファイルに保存されたデータにアクセスできません。 PSTファイルのサイズも大きくなる場合、最初に行う必要があることは、どの項目が役に立たないかを確認することです。不要なメールがある場合は、削除する必要があります。 不要なメールを削除しても、Outlook PSTファイルが大きすぎてエラーを開くことができない場合は、次のトラブルシューティング手順を実行してください。 [ファイル]メニューに移動し、[データファイル管理オプション]を選択します 大きすぎるPSTファイルを選択し、[設定]を選択します 今すぐコンパクト化オプションに移動 上記の方法で、Outlook PSTファイルが大きすぎてエラーを開けない場合、PSTが破損していることを意味します。ただし、OutlookにはPSTを修復するユーティリティが組み込まれていますが、サイズが大きいため破損が発生すると失敗します。したがって、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティのユーティリティを選択する必要があります。それは簡単に大きなサイズの破損したPSTを修復し、そのデータにアクセスできるようにする強力なユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

セーフモードでOutlookがクラッシュした場合の対処方法Mspst32.dll?-0x800CCC63???

どういうわけか、あなたのOutlookがmspst32.dllによってセーフモードでもクラッシュし、この問題を解決するための最良のチュートリアルガイドを検索すると、このポストを読むことはあなたに有益です。この投稿を完全に読んでください。 mspst32.dllに関する記述 mspst32.dllは、MS Outlookアプリケーションに簡単にアクセスするために必要なMS Outlookの重要かつ重要なファイルとして改訂されています。何らかの理由で.dllファイルが破損したり、何らかの理由で破損したりすると、MS Outlookアプリケーションの起動に問題が生じ、Outlookのほぼすべてのコンポーネントがアクセス不能になる可能性があります。 mspst32.dllクラッシュエラーの外観の背景 mspst32.dllファイルが削除または不足しています。 ウイルスまたはマルウェアに感染したPSTファイル。 システムソフトウェアの不適切なインストール。 MS Outlookアプリケーションの突然のシャットダウン。 システムレジストリファイルが破損しているか、システムデータファイルが壊れています。 オーバーサイズのPSTファイルなど。 解決策mspst32.dllで安全モードでもOutlookのクラッシュを解決する問題 解決策1:損傷したmspst.exeファイルを修復する [スタート]メニューの[コマンド]を入力して、コマンドプロンプトを開きます。 今度は、Ctrl + Shiftキーを一緒に押し、Enterキーを押してから選択します。はいボタン。 次に、実行ボックスにregeditと入力し、Enterキーを押します。 表示されたレジストリエディタで、本当にバックアップするmspst32.dll関連ファイルを選択します。 「ファイル」メニューから「エクスポート」オプションを選択します。 [保存先]タブで、コピー先の場所を指定し、ファイル名を指定し、有効な選択されたブランチを確認して最後に[保存]ボタンをクリックします。 解決方法2:mspst32.dllファイルを再インストールする MS Outlookユーザーは、正当なドメインからmspst32.dllファイルを再インストールできます。 mspst32.dllファイルを再インストールすることで、mspst32.dllの問題によって安全モードでもOutlookのクラッシュを簡単に解決できます。 解決策3:内蔵MS Outlookユーティリティを使用して壊れたPSTファイルを修復する PC上でScanPST.exeを見つけます。 それをダブルクリックして実行します。 表示されたウィンドウでPSTファイルの名前を入力するか、実際にスキャンする[参照]ボタンをクリックし、[開始]ボタンをクリックします。 スキャンの手順が完了するまで待ちます。 スキャンに成功すると、エラーが見つかった場合は修復ボタンをクリックして修復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst 2003 Vs 2007:どちらが最適なバージョンですか-0x800ccc13???

Scanpst 2003とscanpst 2007は、どちらも優れた受信トレイ修復ツールであり、それぞれMS Outlook 2003とMS Outlook 2007で利用できます。 MS Outlook 2007はMS Outlook 2003のアップグレード版であることがわかっているので、いくつかの高度な機能が搭載されています。 scanpst 2003と2007の違いを知る MS Outlook 2007には、Outlook 2003の画面があまりにも異なって見えている間に、Outlookユーザーが電子メールを検索したり、仕事を整理したり、連絡先と簡単に情報を共有したりすることが容易になるという新機能がいくつか付属しています。 Outlook 2003のユーザーがより効率的に作業できるようにするための重要な細部まで説明します。 scanpst 2007とscanpst 2003の利点 アンチフィッシングツールと迷惑メールフィルタの強化と拡張。 強化された改良されたメニュー、インターフェイス、ツールバーで検索結果を高速化 Ms Outlook 2007のTo-Do-Barで一度に複数のタスクを実行できます。 ツールバーを作成してボタンを配置すると、カスタマイズされた画面が表示されます。 キーボードショートカットとクイックアクセスツールバーなどを提供 間違いなく、scanpst 2003とscanpst 2007の両方は、MS Outlookに関連する問題を簡単に解決できるコストのかからないユーティリティです。しかし、あなたが最高のものについて話しているなら、MS Outlookユーティリティのアップグレード版であるscanpst 2007と一緒に行かなければならず、いくつかの偉大で高度な機能が列挙されています。だから、あなたの好きなものを使用して、すべての問題に関連するMS Outlookを解決し、破損した、紛失した、削除された、または破損したPSTファイルを修復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2016で削除されたカレンダーを回復するガイド-0x800cc0e Outlook???

Outlookでカレンダーを誤って削除しましたか? Outlook 2016で削除したカレンダーを復元する方法をお探しですか?はいの場合は、正しいページにいます。ここで、重要なOutlookカレンダーを簡単に元に戻すことができるソリューションを入手できます。カレンダーは、ユーザーが重要な日付のイベントを作成できるようにするOutlookのもう1つの便利な機能です。しかし、時には、便利なイベントを含むカレンダーを誤って削除することがあります。カレンダーを削除するユーザーの中にいる場合は、以下の手順に従ってリカバリーします。 検索ボックスに「Run」と入力してRunコマンドを実行します。 ここで、 "実行"コマンドで "outlook / cleanreminders"と入力し、 "OK"を押します。 "Run"コマンドを再度開き、ボックスに "outlook / resetfolders"と入力して "OK"を押します。 手順を実行した後、Outlookを再起動します。しかしカレンダーが表示されない場合は、サードパーティのソフトウェアを使用する必要があります。 PSTの修復ソフトウェアは、Outlook 2016で削除されたカレンダーを回復するのに役立つそのようなユーティリティです。その主な機能は、PSTを修復することですが、Outlookのアイテムを回復することも可能です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする