Tag Archive: 0x800CCC06???

virus tag

Outlookからパスワードを削除する方法-???pst?????

Outlook PSTパスワードを忘れましたか? Outlookの.pstファイルからパスワードを削除しますか? MS Outlookは、パスワードを設定して個人用ストレージテーブルまたは.pstファイルに追加し、より安全で安全なものにすることを提案しています。 Outlookにパスワードを割り当てると、Outlookに保存されているデータやメールボックスアイテムへの不正アクセスを防ぐことができます。過去のファイルがパスワードで保護されている場合、MSOutlookを起動するたびにパスワードを要求するウィンドウがポップアップ表示されます。ただし、そのようなメッセージを毎回表示したくない場合は、ユーザーはOutlookの.pstファイルからパスワードを簡単に削除できます。あなたがしなければならないのは以下に与えられたステップに従うことです まず、Outlookアプリケーションを起動します 次に、[ファイル]> [アカウント設定]に移動します [アカウント設定]タブで、パスワードを削除するPSTファイルを選択する必要があります。 次に、設定をクリックします。 Outlookのデータファイルウィンドウにパスワードを変更するオプションのあるボタンがあります。 古いパスワードを入力し、新しいパスワードフィールドのスペースを空白のままにする必要があります。 次に、[OK]をクリックします。 ただし、これは、以前の既存のパスワードを知っている場合にのみ機能します。ただし、pstパスワードを紛失したり覚えていない場合は、Outlookの.pstファイルからパスワードを削除することはできません。 パスワードを紛失し、パスワードで保護されているpstファイルを回復したい場合は、サードパーティのPSTパスワード回復ソフトウェアを使用する必要があります。これは、Outlook 2019、2016、2013、2010、さらには古いバージョンのOutlookからパスワードで保護されたpstファイルを回復できるプロフェッショナルなツールです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Windows 8でOutlook 2013が応答しないエラーを修正する-0x800CCC01???

Windows 8でOutlook 2013が応答しないエラーを修正する方法は?さて、この記事ではその方法を説明します。 Outlook 2013はその高度な機能のため多くのユーザーに使用されていますが、一部のレポートによると、Windows 8でOutlook 2013を使用しているときにユーザーにエラーが発生します。アドイン、ソフトウェアの競合、インターネットの切断など。ただし、このエラーを取り除くことができるいくつかの手順があることを心配しないでください。 Outlook 2013をセーフモードで起動してみてください Windows + Rを押して、実行コマンドプロンプトを開きます 次に、コマンドボックスにOutlook / safeと入力し、Enterキーを押します Outlookからの異常なアドインを無効にする [ファイル]をクリックして、オプションに移動します。 [アドイン]をクリックし、[管理]に移動して、[COMアドイン]を選択します。 [アドイン]を選択し、[無効]をクリックして[OK]をクリックします。 上記の手動手順を使用すると、Windows 8でOutlook 2013が応答しないエラーを修正できます。ただし、エラーが原因でPSTファイルが破損した場合は、サードパーティのユーティリティを使用する必要があります。 PST修復ソフトウェアは、PSTファイルを詳細にスキャンし、変更を加えずに安全に修復する卓越したユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

scanpstファイルを簡単に修復する方法-0x800CCC00???

このポストは主に、PSTファイルが破損し、scanpst破損ファイルを修復するための適切な解決策を探しているMS Outlookユーザーを支援するために作成されています。あなたがそのような状況に苦しんでいて、最高の適切な解決策を探しているユーザーの1人でもあるなら、あなたは絶対に正しい場所に着陸します。この投稿を完全に読んでください。 scanpstファイルについて知っておく必要がある情報 Scanpstは実際に正当なMicrosoftによって提供されたMS Outlookの組み込みユーティリティです。受信トレイ修復ツールとも呼ばれます。このタイプのユーティリティは、指定されたPSTファイルをスキャンし、PSTファイルのディレクトリ形式を調べ、ヘッダーへのメールアイテム参照をチェックして修復するために使用されます。システムユーザである私たちはすべて、MS Outlookがすべての電子メールとフォルダ項目をPSTファイルに保存するという事実に精通しています。何らかの形でPSTファイルが壊れたり、破損したり、削除されたりすると、その時点でシステムユーザはscanpst.exeユーティリティを実行する必要があります。 Scanpstは、PSTファイルの問題を診断し、修復します。このような無償のユーティリティは、MS Officeスイートをインストールすると自動的にPC内部にインストールされます。ファイルを修復するために実行されます。まず、このソフトウェアが何らかの不具合に遭遇した場合、スキャン手順を実行して破損したPSTファイルまたは破損したPSTファイルをチェックします。 Scanpst.exeの正確な場所を知っている C:/ Program Files / Microsoft Office / OFFICE12または C:/ Program Files / Common Files / System / MSMAPI / 1033 scanpst.exeを実行してscanpst破損ファイルを修復する方法に関するユーザーガイド scanpst.exeを見つけてダブルクリックして実行します。 実行後、画面にウィンドウがポップアップします。 PSTファイルの名前を入力します。または、[参照]ボタンをクリックすることもできます。 スキャンの手順が完了するまで待ちます。 エラーが特定された場合は、修復ボタンをクリックして修復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

適切なツールを使用してスキャンPSTファイルを修正する方法-???pst?????

どのように簡単にスキャンPSTファイルのエラーを修正する方法を知っている Scanpst.exeは、壊れた、破損した、または紛失したPSTファイルを修復するための応急処置キットとして知られています。この無償のユーティリティは、エラーを修正して破損したPSTファイルを修復することができるため、受信トレイ修復ツールとも呼ばれる合法的なMicrosoftによって提供されます。その実行により、データベースに作成されたPSTファイルの別のインデックスコピーが、修復プロセスで非常に重要かつ重要な役割を果たします。このコストのかからないツールは、低レベルの破損で動作します。言い換えれば、ヘッダファイルが破損したり紛失した場合にのみ動作します。この費用のかからないツールは、ヘッダー部分の詳細をチェックし、インデックスファイルの詳細と一致しないものを探します。 WindowsマシンにMS Outlookをダウンロードしてインストールすると、それ自体でインストールされます。 いくつかのMS OutlookバージョンでのScanpst.exeの場所 Outlook 2016: C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2013: C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office15 Outlook 2010: C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office14 Outlook 2007: C:\ Program Files(x86)\…
Read more

Outlookエラー998を修正する最善の手順-0x800CCCAD???

Outlookエラー998が表示されますか?このエラーを解決しますか?はいの場合は、これはあなたのための適切な場所です。 Outlookの他のエラーに似ていますが、これはOutlookでの電子メールエクスペリエンスを低下させる厄介で邪魔なエラーです。ほとんどのOutlookのエラーメッセージと同様に、電子メールを送受信するときにも発生します。このようなエラーメッセージの後、あなたは電子メールを送受信できなくなります。同じエラーに直面している場合は、次の手順で修正できます。 Outlookアプリケーションを開き、[アカウント設定]に移動します。 今すぐEメールを選択し、あなたのアカウントを選択し、修理をクリックしてください [インターネット電子メールの設定]に移動し、[その他の設定]を選択します。 [Outgoing Server]タブで、すべてのチェックボックスをオフにします。 OKとNextをクリックします。最後にFinishをクリックします しかし、Outlookのエラー998が表示されても、PSTファイルが破損していることが示されます。 PSTファイルを修復するには、受信トレイツールを使用することができますが、破損が深刻な場合は修正できません。したがって、PST修復ソフトウェアを使用することをお勧めします。それは簡単に深刻な破損したPSTファイルを修復し、Outlookの問題を修正する堅牢なソフトウェアです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

破損した.PST修復のための簡単なソリューション-0x800CCC69???

.pstファイルについて Outlookは疑いもなく世界中で利用されている最も依存している電子メールアプリケーションです。今は非常に効率的であるという事実にかかわらず、PSTファイルの破損という大きな欠点も含んでいます。 Outlookは、電子メールの管理、カレンダー、連絡先の作成、タスクのスケジュール設定、メモの保存などの目的で実際に利用されています。Outlookはこれらの情報をすべて.PSTファイルに保存します。 今すぐ.PSTファイルの元のコピーがシステムドライブに存在するため、破損する確率が高くなります。技術者はPSTファイルの破損や破損を報告しており、Outlookプロファイルにアクセスできないデータが失われる可能性があります。ただし、 .pst修復を破損する可能性があります。ここでは、破損した.pstファイルを修正するための2つの手法について説明しています。 内蔵の修復ツールを使用して.pst破損修復 最初にPCのcドライブにあるscanpst.exeアプリケーションを検索して起動します。 次に、破損したPSTファイルを選択して、[開始]ボタンをタップします。 [修復する前にスキャンしたファイルをバックアップする]オプションを選択します。 次に、PSTバックアップを保存する場所を指定します。 最後に、「Repair」キーを押します。 PSTの修復ソフトウェアは、簡単に破損を修復する。多数の強力な機能とプログラミングスキルを備えているため、このソフトウェアは破損した.pstファイルの回復に非常に効果的です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

scanpst.exe 2003を使用してPSTの問題を解決する-0x800CCC02???

Outlook 2003を使用しているときに問題が発生した場合は、pstに関連する問題がある可能性があります。 Outlookはそのバージョンを更新し続け、常にユーザーにより良いインターフェース、使いやすい機能などを提供するために最善を尽くすようにしています。そのようなpstに関連する変更の問題を引き付けることは、依然として大きな懸念事項です。しかし、Outlookのinbuiltツール、つまり受信トレイ修復ツールのおかげで、Outlook 2003のscanpst.exe 2003としても知られているので、簡単にPSTの問題を解決できます。これは、すべての種類のOutlookの問題を解決する責任があるOutlookアプリケーションに組み込まれている最善のツールです。 scanpst.exe 2003の場所は次のとおりです。 32ビットWindows C:\ Program Files \ Common Files \ System \ MSMAPI \ 64ビットWindows C:\ Program Files(x86)\ Common Files \ System \ MSMAPI \ scanpst.exe 2003を使用したいと思ったら、.pstの問題が正常に解決されました。状況が同じで、エラーメッセージが表示された場合は、PST修復ソフトウェアが使用されているため、.pstの破損を簡単に修正できるため、心配する必要はありません。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする