Tag Archive: 0x800CCC01???

virus tag

破損した PST を修復するために無料の ScanPST.exe をダウンロードする方法-0x800ccc0f Outlook 2007???

Outlook のメール クライアントでエラー メッセージやメールの紛失などの問題が発生していませんか? これらの問題は、破損した PST ファイルから発生する可能性があります。幸いなことに、Microsoft は解決策を提供しています: ScanPST.exe (受信トレイ修復ツール)。ここでは、破損した PST を修復するために ScanPST.exe を無料でダウンロードする方法についての包括的なガイドを紹介します。 scanpst.exe について理解する: まず、破損した PST を修復するために ScanPST.exe を無料でダウンロードするには、ScanPST.exe について知っておく必要があります。受信トレイ修復ツールとしても知られる ScanPST.exe は、Outlook データ ファイルのエラーを診断します。また、Microsoft Outlook には修復 (.pst および .ost) 用のユーティリティが用意されています。これは、ほとんどの Outlook バージョンに組み込まれている機能で、電子メール、連絡先、予定表などの重要な Outlook データを保存する PST ファイルの破損の問題に対処します。 ScanPST.exe を使用して破損した…
Read more

Outlookの破損した.Pstファイルを修復するための効果的なガイド-0x8004210b

別のメール管理アプリケーションと同様に、Microsoft Outlookは、有名かつ広く使用されているアプリケーション個人および企業ユーザーの1つです。電子メール、連絡先、カレンダー、ジャーナル、メモ、タスクなど、ユーザー関連のメールボックスコンポーネントにさまざまな機能を提供します。アプリケーションには、すべてのエンドユーザーが使用できる優れた機能と簡単なインターフェイスがあります。ソフトウェアは究極のものですが、ユーザーがファイルのエラーやアクセス不能に直面すると、PSTファイルが破損してしまいます。通常、PST(Personal Storage Table)はMicrosoftの見通しのすべての情報を保持するファイルです。 Outlookの骨です。PSTが壊れてしまった場合、修復までファイルにアクセスできない可能性があるからです。一度破損したら、すぐにOutlook Corrupted .Pstを修復する必要があります。 しかし、Microsoft Outlookはユーザーの問題を理解し、pstの破損を効果的に修復するのに役立つscanpst.exeという組み込みツールを追加します。通常、Outlookアプリケーションとともにインストールされます。あなたはそれを非常に簡単に見つけて、あなたの問題を解決することができます。さらに、pstの破損レベルが高い場合、scanpst.exeは破損を修正するのに役立ちません。その場合、破損したpstファイルを簡単に修復するPST修復ツールという信頼できるツールが必要です。どんな問題でも、汚職の背後にある理由は、汚職を是正し、簡単な方法で解決します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2013エラー30088-27を修正-0x800CCC41???

Outlookユーザーは、郵送の経験を低下させる可能性のあるいくつかのタイプの問題に時間を掛けなければなりません。 Outlook 2013のエラー30088-27は、煩わしいだけでなく、ユーザーがアプリケーションにアクセスするのを妨げるような問題です。このエラーは、通常、インターネット接続が遅い、ファイルのインストールが破損または不完全で、プロキシなどの競合が発生した場合に表示されます.Windowsのファイアウォールまたは以前のオフィスファイルのインストールが不完全なためにエラーが発生することがあります。したがって、このエラーメッセージが表示され、修正したい場合は、次のいずれかの手順を試行してください。 Windowsファイアウォールを無効 以前のOfficeのインストールを削除する インストールプロセスを再開する しかし、Outlook 2013のエラー30088-27がまだ発生している場合、上記の手順を実行しても、PSTファイルに破損がある可能性があります。 PSTの破損を修正するには、Scanpstを使用することができますが、ほとんどの場合は動作しません。したがって、あなたがPST修復ソフトウェアなどのサードパーティのユーティリティを選択した方がよいでしょう。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

修正されたolmapi32.dllは互換性のないエラーです-0x8004210b

olmapi32.dllは、アプリケーションで何も実行できないOutlookの重要なファイルの1つです。このファイルは、Outlookの適切な作業に必要であり、ユーザーがアカウントにログインせずに電子メールメッセージにアクセスするのに役立ちます。しかし、いつかolmapi32.dllが矛盾しないエラーメッセージに遭遇することがあります。エラーは、アプリケーションがolmapi32.dllファイルを上書きしようとしたときに発生します。エラーを修正するには、次の手順を実行します。 すべての開いているプログラムを閉じてセーフモードでWindowsを再起動します。 inbuilt検索ユーティリティを使用してolmapi32.dllを検索する msmapi32.dllを右クリックし、名前の変更をクリックして、olmapi32.oldと入力します。 次に、Enterキーを押して古いファイルの名前を変更します しかし、あなたが上記の修正を使用した後でさえ、olmapi32.dllが互換性のないエラーであることを修正できない場合は、その理由がPSTを破損している必要があります。そのような場合は、PSTファイルを修復し、そのために受信トレイ修復ユーティリティ(Scanpst.exe)を使用する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst 2007を使用してPSTの破損を修正する-Outlook?550???

Scanpstは、Outlookの破損したPSTファイルや破損したPSTファイルを修復するために使用できる、組み込みツールです。 Outlookを正しく使用しないと、PSTファイルが破損し、アプリケーションがエラーメッセージをスローします。このような状況では、Scanpst 2007が使用され、破損したPSTファイルを修復して問題を修正します。しかし、このinbuiltツールを実行する前に、専門家のOutlookで提案されているように適切に閉じておく必要があります。 PSTファイルを開いたままにしてscanpstを開始すると、PSTファイルが破損し、Outlookでエラーメッセージが表示されます。 また、scanpst 2007には、Outlookのエラーを修正するのに役立つにもかかわらず、Outlookのファイルサイズが2 GBを超える問題を修正できない場合でも、制限の問題があります。特大のPSTファイルを修復しようとすると、このinbuiltユーティリティが応答しなくなります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする