Tag Archive: 0x8004210b????

virus tag

{解決済み}:Outlookエラー0x800ccc1a-0x800CCCAD???

Outlookエラー0x800ccc1aに直面していますか?このエラーのためにOutlookアプリケーションをスムーズに使用できませんか? 0x800ccc1aエラーを修正しますか?破損したpstファイルが主にこれに責任があり、それを修正するために破損したpstファイルを修復する必要があります。ここで、この特定のエラーとその原因に焦点を当てましょう。実際、Outlookユーザーは、使用されているバージョンに関係なく、Outlookでエラーを送受信するときに問題に直面する可能性があります。このような場合、ユーザーは、エラーの背後にある理由を明確に示すポップアップとしてエラーメッセージを受け取ります。メッセージで指定されている暗号化設定タイプに問題がある場合。ただし、誤ったポート番号や破損したpstファイルなどの他の可能性も除外できません。 Outlookエラー0x800ccc1aを修正する方法は? このために、MSOutlookの暗号化設定を変更する必要があります 最初にOutlookアカウントを開き、次にメインメニューの[ファイル]をクリックする必要があります。 これにより、この中の情報画面として、ドロップダウンを選択してアカウント設定を選択し、それをクリックする必要があります。 アカウント設定内で、メールアカウントを選択してから、このオプションをクリックして変更を選択する必要があります 次に、[アカウントの変更]ウィンドウ内の[その他の設定]をクリックする必要があります 次に、[詳細設定]タブをクリックして、チェックボックスをオフにします。これにはSSLまたは暗号化された接続サーバーが必要です 暗号化されたサーバー接続のポート番号を変更する必要があります 次に、終了時に選択して設定を保存します。 ただし、Outlookエラー0x800ccc1aの理由が破損したpstファイルである場合は、scanpst.exeを使用してpstファイルをスキャンして修復する必要があります。これは、Outlookにデフォルトで存在する受信トレイ修復ツールです。同じものを次のように指定されたパスに配置できます Outlook 2019:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2016:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2013:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office15…
Read more

圧縮後にPSTファイルを修復するための最良のソリューション-?????????????????

ここにいる場合は、圧縮後にPSTファイルを修復するソリューションを検索する必要があります。さて、ここでこの問題を解決するための最良のソリューションが得られるため、あなたは正しい場所にいます。 Outlookは素晴らしい電子メールアプリケーションですが、フリーズなどの問題が一般的です。通常、PSTファイルのサイズが大きくなると発生します。その場合、ユーザーはPSTファイルのサイズを圧縮するか、不要なファイルを削除するだけで問題を解決できます。しかし、取得を開始するユーザーは多数います。メッセージングインターフェイスは、PSTファイルを圧縮した後に不明なエラーメッセージを返しました。 このエラーは、不適切なコンパクトプロセスのためにPSTファイルが破損していることを示しています。以下に、PSTファイルサイズを圧縮する適切なプロセスを示します。 Outlookを開き、ファイルに移動します [データファイル管理]をクリックします 個人用フォルダを選択し、設定をクリックします [今すぐ圧縮]ボタンを押して[OK]をクリックします 圧縮後にPSTファイルを修復するには、組み込みのユーティリティを使用できますが、ユーティリティは大きなサイズのPSTファイルを修復できないため、通常は修復しません。したがって、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティアプリケーションを使用することをお勧めします。これは、Outlookでいくつかの問題とエラーにつながる大きなサイズのPSTファイルだけでなく、ひどく破損したものを修復できる素晴らしいアプリケーションです。最も良いのは、Outlookのすべてのバージョンをサポートし、使いやすいインターフェイスが付属していることです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする