Tag Archive: 送信エラーを送信する

virus tag

エラーコード10の後にOutlook PSTファイルを修復する方法-0x800ccc1a Outlook???

Outlook Server Error Code 10への接続中にプロキシエラーが発生しますか?エラーコード10の後でOutlook PSTファイルを修復しますか?このエラーコード10が原因で、OutlookユーザーはOutlookのメールにアクセスできません。実際、このエラーは主に、プロキシサーバーのセキュリティ証明書にエラーまたは問題がある場合に発生します。セキュリティ証明書に記載されている名前がターゲットサイトと一致しないか、証明書が無効である可能性があります。このような状況では、Outlookはプロキシサーバーに接続できず、エラーコード10がスローされます。 ただし、これは、ユーザーがエラーコード10の後にOutlook PSTファイルを修復しようとしたときの唯一の理由ではありません このような問題は、次の要因によっても発生します。 ファイアウォールの問題またはネットワーク接続が原因 DNSサーバーが開いているため 無効なセキュリティ証明書 障害のあるExchangeサーバー Outlookがプロキシサーバーへの接続に失敗した場合、理由が何であれ、メールにアクセスできず、PSTファイルを開いたり、アクセスしたりできません。このような状況では、適切なネットワーク接続でセキュリティ証明書を検証する必要があります。ただし、エラーコード10が引き続き表示される場合は、pstファイルが破損している可能性があります。このような状況では、サードパーティのOutlook PSt修復ソフトウェアを使用する必要があります。エラーコード10の後に、pstファイルの破損を修復し、Outlook PSTファイルを修復できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

「Microsoft Outlookを起動できません。Outlookウィンドウを開けません」というエラーの修復方法-0x800ccc13

この記事には、「Microsoft Outlookを起動できません。Outlookウィンドウを開けません」というエラーを修正するための効果的で実用的な解決策が含まれています。それで、最後までそれを完全に通過してください。 「Microsoft Outlookを起動できません。Outlookウィンドウを開けません」というエラーを修正するための有効な解決策 解決方法1:ナビゲーションウィンドウの構成ファイルを復元する スタート>>実行に移動します。 検索ボックスに、outlook.exe / resetnavpaneと入力してEnterボタンを押します。 このようにして、ナビゲーションペイン設定ファイルの設定を簡単に復元できます。 解決策2:互換モードを無効にする 開始に行き、次にRunオプションを選択して下さい。 [ファイル名を指定して実行]ボックスに、outlook.exeと入力します。 OUTLOOK.EXEを右クリックして、[プロパティ]オプションを選択します。 次に、[互換性]タブに切り替え、[このプログラムを互換モードで実行する]をオンにし、[OK]ボタンをクリックします。 今、あなたのMS Outlookを始めてみてください。 解決策3:新しいOutlookプロファイルを作成して古いファイルからデータをインポートする [コントロールパネル] >> [メール]に進みます。 次に、データファイル>>追加を選択します。 今、あなたの新しいプロファイルをデフォルトのものとして設定します。 MS Outlookを起動してみてください。 今、あなたは古いOutlookのPSTファイルからあなたのデータをインポートしようとする必要があります。 NextをクリックしてからFinishボタンをタップしてください。 解決策4:セーフモードでMS Outlookを起動する MS Outlookをセーフモードで起動するには、Ctrlキーを押しながらアイコンをクリックします。 開始するには、検索行にoutlook / safeと入力し、Enterボタンを押した後。 これで、Outlookに確認メッセージが表示されます。 はいボタンをクリックしてください。 解決策5:受信トレイ修復ツールを使ってPSTファイルを修復する Windowsエクスプローラを開き、ScanPST.exeを見つけるために「C」フォルダに移動します。 ScanPST.exeを見つけたら、それをダブルクリックして実行します。 あなたのPSTファイルを選ぶためにBrowseボタンをクリックするか、直接ファイル名を入力することができます。…
Read more

.pst用の最新の修復ツールを入手する-0x800CCC16???

Personal Storage TableはPSTまたは.pstとも呼ばれ、Outlookアプリケーションのすべての重要なファイルが保存されるフォルダです。あなたのPSTフォルダに何らかの損傷が発生した場合、あなたのOutlookプロファイルが失われ、そこから永久に保存されたデータが失われます。このようなことが起こった場合は、.pstの修復ツールを使用してOutlookデータの問題を修正する必要があります。 PSTファイルが損傷していると、Outlookアプリケーションの一部の機能にアクセスできなくなります。 Outlookは連絡先リストとアドレスを管理するような機能の数を提供します。予定されているタスクをカレンダーに保存したり、日付をスケジュールすることもできます。これらはすべてPSTフォルダに保存されるので、安全にする必要があります。 しかし、あなたはそれをやっていないし、保存されたカレンダーの日付、仕事、連絡先リスト、住所などのすべての重要なデータを失った結果、保存されたメールも損傷してしまいます。このファイルはすべて壊れているため、アクセスできません。したがって、破損したデータを修復するには、.pstの修復ツールが必要です。ただし、Outlook自体が修復ツール名 "Scanpst.exe"を提供しますが、データが2つ以上のBGを超える場合は機能しません。それはあなたがPSTの修復ツールの事前修復ツールを探している理由です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookでエラー0x800ccc6fを修正します。-0x800CCC94???

Outlookは信頼性が高く、最もよく使用される電子メールアプリケーションの1つですが、他のソフトウェアと同様に、障害が発生しやすくなります。エラー0x800ccc6fは、Outlookの正常な動作を妨げるようなエラーです。このエラーは、通常、ユーザーがOutlookから電子メールを送信しようとしているときに表示されます。このエラーが発生すると、電子メールを送信できなくなり、時間通りに修復されないと、データが失われても致命的な被害につながる可能性があります。 PSTファイルが破損したり破損したりすると、このエラーが発生します。 PSTファイルを破損する可能性のあるものはいくつかあります: Outlookアプリケーションの不完全なインストール ウイルスまたはマルウェアの攻撃 サードパーティのソフトウェアの競合のため Outlookでエラー0x800ccc6fのトラブルシューティングを行うには、損傷したPSTファイルまたは破損したPSTファイルを修復する必要があります。 1つは、Outlookの受信トレイツールであるScanpst.exeを使用してPSTファイルを修復できます。しかし、このインボックスユーティリティは、動作しないことがあります。そのような状況では、PST修復ソフトウェアを使用することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

PSTファイルを分割する方法-0x800CCCC6???

MS Outlookアプリケーションでは、パーソナルストレージテーブルにすべての重要なデータが格納されます。しかし、PSTファイルのサイズは限られており、それを超えると問題が発生します。メールを送信したり、電子メールを別のフォルダに移動したり、電子メールを削除したり、読んだりするなど、重要な作業を行っている間にOutlookアプリケーションが応答しなくなることがあります。この不安定な動作は、Outlookのクラッシュの原因となり、結果としてPSTファイルがアクセス不能になることがあります。このような問題は、PSTファイルのサイズが大きくなるために発生します。問題を解決するために、pstファイルを小さな部分に分割することができます。 Outlookを長年使用するとデータが増加し、管理しなければサイズ制限を超えて問題につながります。スプリットpstファイルの必要性を避けるために、不要な電子メールを削除し、コンパクト化する必要があります。時折サイズが大きくなるとPSTの破損につながり、データが失われる可能性もあります。 PSTファイルを修復するには、PST修復ソフトウェアを使用できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする