Tag Archive: 見通しscanpstの場所

virus tag

pst19upg.exeでPSTパスワードを削除する方法-scanpst exe????????

Microsoft Outlookは、pstファイルからパスワードを削除するpst19upg.exeとして無料の組み込みユーティリティで有効になっています。ただし、ANSI形式で動作するため、MS Outlook2002およびそれ以前のバージョンにのみ適用可能であるという特定の要件を満たす必要があります。したがって、ANSI形式のみをサポートし、UNICODE形式はサポートしません。 OutlookのPSTファイルからパスワードを削除するためにpst19upg.exeを使用する手順 ユーザーはOutlookを閉じて終了し、PSTファイルのコピーを作成する必要があります。 ScanPST.exeを実行し、PstCopyを修復します。完了したら、ファイルをpst19upg.exeの場所に移動します。 次に、ユーザーはWindows + Rを押す必要があります。 これにより、[ファイル名を指定して実行]ウィンドウが開きます。ここで、CMDと入力し、Enterキーを押します。 ユーザーはpst19upg.exeのパスを入力し、Enterキーを押す必要があります。 「pst19upg.exe-xPstCopy.pst」と入力し、Enterキーを押します。これにより、新しいファイルPstCopy.psxが作成されます 元のPSTファイルの名前を別の名前に変更します。次に、CMDに「pst19upg.exe-i PstCopy.psx」と入力し、Enterキーを押します。 ユーティリティは、パスワードを持たない新しいPSTを作成し、最終的にはパスワードなしでpstファイルにアクセスできるようになります。ただし、前述のように、この方法は以前のバージョンのOutlookでのみ機能するか、適用できます。ただし、Outlook 2007などの新しいバージョンまたはそれ以降のバージョンを使用している場合は、サードパーティのOutlookPSTパスワード回復ソフトウェアを使用する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

修正方法は、Outlookデータファイルエラーを作成できませんでしたか?-Outlook?pst???????????

この記事は、Outlookデータファイルエラーを作成できなかったユーザーにソリューションを提供するために作成されました。あなたもそれらのOutlookユーザーの間にいるなら、注意深く読んで、与えられたステップに従ってください。通常、ユーザーが電子メールを追加しようとするとこの問題が発生し、エラーが原因で追加できません。それはあなたの重要な仕事を止めるかもしれない本当に問題のあることです。エラーの修正方法を知る前に、Outlookでこの迷惑な問題を引き起こす原因を知る必要があります。 Outlookデータファイルを作成できなかった原因は何ですか? このエラーの主な原因は、ユーザーがアカウントの追加オプションからメールを追加できないようにするOutlookのバグです。 簡易アカウント作成ウィザードを使用すると、Outlookデータファイルエラーを作成できませんでした。 Outlookデータファイルエラーを作成できなかった問題を修正するには、アカウントの簡易作成を無効にします。ただし、エラーが原因でOutlook電子メールのいずれかが破損または破損しても、心配する必要はありません。 PST修復ソフトウェアを使用できます。これは、ひどく損傷および破損したPSTファイル(電子メール)を修復できる強力なユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Windows 8でOutlook PSTファイルを修復する方法-0x800CCCA5???

Windows 8でOutlook PSTファイルを修復する方法あなたが同じためにインターネットを掘っているなら、この記事はあなたのための解決策を持っているので、検索を停止します。 Windows 8はWindowsの最新OSの1つで、いくつかのアップデートが付属していますが、Outlookのユーザーはこの最新OSでアプリケーションを使用しているときに問題を発見したことがあります。 Windows 8を使用しているPCがウイルスまたはマルウェアに対して適切に保護されていない場合、PSTファイルを含むPCに保存されているデータが破損します。その後、ユーザーがOutlookを開くとエラーが発生します。 Windows 8でのPST破損のその他の理由 PSTファイルのサイズが規定の制限を超えると、PSTファイルが破損する可能性があります Outlookの予期しない終了により、PSTファイルが破損する可能性があります 同期プロセス中にインターネットが突然故障すると、PSTも破損します エラーを取り除くために、ユーザーはScanpst.exeを使用して行うことができるWindows 8上のOutlook PSTファイルを修復する必要があります。ただし、深刻なマルウェア攻撃やサイズの増加が原因でファイルが破損した場合、受信トレイユーティリティは機能しません。その場合、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティアプリケーションを使用する必要があります。あらゆる種類のPSTファイルを変更せずに修復する、信頼できる評判の高いソフトウェアです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scan Pstツールが失敗した場合のPstの修復-0x800CCC6D???

Scanpstは、MicrosoftがOutlookの問題を修正するために提供する受信トレイツールです。 Outlookのほとんどのエラーと問題は、pstファイルが破損しているために発生します。 Pstファイルは、適切に処理されないと簡単に破損する可能性があります。あなたのpstファイルが壊れた場合、あなたはそれを修復するためにスキャンpstツールを利用することができます。しかし、ユーザーが受信トレイツールを使用してpstファイルを修復しようとすると、失敗したり応答しないことがあります。スキャンPST障害の原因には、次のようなものがあります。 PSTファイルのサイズが大きすぎる場合 Scanpst.exeツールの不適切なインストール PSTファイルの重大な破損のため 交換サーバーの問題のため 受信トレイツールが動作しない状況では、PSTファイルのサイズを縮小または圧縮するようにしてください。しかし、まだ問題を抱えていてスキャンpstツールが失敗した場合にpstを修復したい場合は、サードパーティツールを使用してください。 PST修復ソフトウェアは、受信ボックスツールが機能しなくなったときにPSTファイルを修復するツールです。 Scanpstと同様に、それには制限はなく、重大な破損や大きすぎるPSTも修正されます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする