Tag Archive: 見通し送信エラー

virus tag

Outlookで不特定のエラーを修正するには?-0x800CCCC5???

Outlookで不特定のエラーについて報告したユーザーが多数存在します。ユーザーによると、電子メールに返信しようとすると、このエラーが発生しています。しかし、彼らは電子メールを作成したり送信したりすることはできますが、エラーによって返信が送信されなくなります。これは非常に迷惑な瞬間で、電子メールを受け取ったときにエラーのため返信できませんでした。このエラーが発生した場合は、次のプロセスを使用して修正することもできます。 [ツール]の[オプション]をクリックします。 その後、HTML形式をPLAIN TEXTに変更します しかし、上記の手順を実行した後でもまだOutlookで不特定のエラーが発生している場合は、心配しないでください。この問題を解決するには、以下の手順を試してください: [スタート]をクリックし、[実行]をクリックして次のコマンドを入力します Regsvr32.exe%Windir%\ System32 \ Ole32.dll 開いたRegSvr32ダイアログボックスの後、[OK]をクリックします。 しかし、まだOutlookで不特定のエラーを修正できない場合は、PSTが破損していることを示します。受信トレイツールには制限があるため、PSTファイルを修復する最善の方法はサードパーティのソフトウェアを使用することです。 PSTの修復ソフトウェアは、あなたがPSTを修復し、エラーを修正しようとするかもしれない最高のユーティリティの一つです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2007受信トレイの修復ツールで解決できない問題を解決するソリューション-0x800CCCC2???

受信トレイ修復ツールの概要 受信トレイ修復ツール (Scanpst.exe)は、問題のあるPSTファイルを分析および識別するために実際に使用される受信トレイツールです。このツールは、コンピュータシステムに対するエラーの場所を指定するため、メールボックス全体で検索することはありません。代わりに、データが破損しているかどうかを判断するための個人用フォルダ、またはPSTファイルの修復のためのエラーの種類を調べてください。受信トレイ修復ツールは、PSTファイル構造の状態を確認することによって動作します。適切な構造で整理されていない場合、その状況では、ツールはリセットでエラーを修正した後、適切なヘッダーを再構築します。 受信トレイ修復ツール(Scanpst.exe)をPCにインストールする 受信トレイ修復ツールのファイルの場所はC:\ Program Files \ Microsoft Office \ OFFICE12です。受信トレイ修復ツールの場所は、ほぼすべてのバージョンのOutlookで異なり、多くの場合、ユーザーがインストールしたOutlookの言語によって異なります。また、インストールされているOSによって、32ビット版と64ビット版のWindows OSがインストールされているかどうかにも依存します。 Outlook 2007受信トレイ修復ツールの場所 Outlook 2007の受信トレイ修復ツール 32ビットWindows C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office12 64ビットWindows C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office12 Outlook 2007の受信トレイ修復ツールが、効率の良いサービス(つまり、発生したすべての問題を解決する)をユーザーに提供しているにもかかわらず、Outlookの問題を解決できない状況が発生する可能性があります。このような状況ではなく、Outlook PST回復ソフトウェアの使用を多くの効率的なだけでなくアルゴリズムスキルを強化するようにすることをお勧めします。このプログラムにはOutlook 2007の受信トレイの修復で発生したエラーを修復する可能性があります破損または破損したPSTファイルを回復中のツール 。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

oultook .pstファイルを修復する方法を知っている-0x800CCC09???

Ms Outlookは、今日のIT世界の成長に情報を交換する役割を果たすMicrosoft Incの最も顕著なメール管理アプリケーションの1つです。電子メールの送受信以外にも、ノート、タスク、連絡先、ジャーナル、予定、スケジュールなどのさまざまなOutlookアイテムを1か所に保存して管理することができます。 Outlookは、すべてのOutlookデータファイルを格納するためにPSTという名前の単一のファイル形式を生成し、各ファイルストアは.pst拡張子を持ちます。 しかし、いくつかの望ましくないシナリオのために、pstファイルが破損し、影響を受けるユーザーが貴重なメール、連絡先、タスクなどにアクセスすることができない可能性があります。状況に基づいて、専門家はStellar Phoenix Outlook Pst Reapir Toolという革新的なソリューションを提供します。このような状況のために設計され、Pstファイルに基づいてすべての問題を修正します。だから心配する必要はありません。ちょっとした簡単なクリックでpstファイルをダウンロードして修復してください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookエラー0x80048002を解決するソリューション-550????????

この資料では、Outlookエラー0x80048002を解決するための完全で簡単なソリューションを提供することを目的としています。間違いなくOutlookは優れたアプリケーションであり、世界中で幅広く使用されている拡張機能があるためです。しかし、0x80048002などのさまざまな種類のエラーメッセージが表示されていて、Outlookユーザーが苛立っているという主な理由は、.pstの破損です。さらに、0x80048002エラーが発生するその他の理由には、POP3メールサーバーの問題、マルウェア攻撃、ネットワーク接続の問題、Outlookの設定の問題、およびpstファイルのサイズ超過などがあります。 異なる理由があるかもしれませんが、Outlookアプリケーションの組み込みツールであるscanpst.exeを使用してOutlookエラー0x80048002を簡単に解決できるので、心配する必要はありません。 scanpst.exeが問題の解決に失敗し、問題が引き続き発生する場合は、PST修復ソフトウェアを使用するよう強くお勧めします。提案されたツールは非常にシンプルなインターフェイスを備えた経験豊かな人たちによって設計されています。 Outlookのエラー0x80048002を含むあらゆる種類の問題を修正することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Windows XPでscanpstを使って瞬時に回復したPSTファイルを入手-0x800ccc0f???

scanpst windows XPとは何ですか? Windows XPのScanpstは、Windows XP版で使用されているMicrosoft Outlookの組み込みユーティリティです。私たちは、MS Outlookは電子メールの送受信を管理するだけでなく、日々の公式および個人のスケジュールを維持するためのプラットフォームと完璧なフォーマットを提供する電子メールクライアントだということを認識しています。ここには、タスク、カレンダー、雑誌など多くの施設がユーザーに提供されています。この電子メールクライアントは、すべてのデータを.pst拡張子で区別できる個人用ストレージテーブルまたはpstファイルに格納します。それはマイクロソフトのオフィススーツの最高の部分の下に保管されています。今日、多数の顧客を獲得しており、ほぼすべてのバージョンのWindowsで使用されていることがわかります。 ここで我々はバージョンwindows XPに光を投げたいと思います。 MS Outlookは技術的な翼なので、pstファイルの大容量、Outlookアプリケーションの不適切なインストール、PCへのウイルス攻撃のようないくつかの理由により、破損の被害者になる可能性があります。その場合、ユーザーは自分のpstファイルにアクセスできなくなります。その後、scanpst windows XPの助けを借りて、この問題を克服することができます。これは、MS Outlookのインストールと一緒に自動的にインストールされるinbuilt修復アプリケーションです。しかし、それはマイナーな原因のために壊れているそれらのpstファイルを修復するために利用されるかもしれません。いくつかの重大な原因がある場合、ユーザーは、暗号化されパスワードで保護されたpstファイルの修復に役立つOutlook pst修復ソフトウェアである第三者ユーティリティのインストールを進めることができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする