Tag Archive: 見通しエラー3176

virus tag

Outlook PSTファイルのWindows 10を修復する方法?-0x800ccc19 outlook express

先週、OSをWindows 10に更新しましたが、その後、PSTファイルを開くときにエラーメッセージが表示されます。エラーは破損したPSTファイルが原因であることがわかっているので、Scanpst.exeで修復を試みます。しかし、残念ながら、組み込みのユーティリティは破損したPSTファイルを修復しません。 Outlook PSTファイルのWindows 10を修復するためのいくつかの解決策を提案してください。 Windows 10を使用している場合でも、他のバージョンのWindowsを使用している場合でも、PSTファイルを気にしないと、簡単に破損または損傷します。しかし、Outlookには、ユーザーが破損または損傷したPSTファイルを修復できる組み込みのユーティリティが付属しています。残念ながら、ユーティリティはOutlookの深刻な問題を解決することができません。あなたのPSTファイルがひどく破損しているか、そのサイズが大きい場合、あなたはOutlook PSTファイルのWindows 10を修復することはできません。 心配しないでください、あなたはまだサードパーティの修復アプリケーションを使用してそのようなPSTファイルを修復することができます。 PST修復ソフトウェアは、あなたが大きなサイズまたはひどく破損したPSTファイルを修復できる最も有名で信頼できるユーティリティの1つです。このソフトウェアの高度なスキャンアルゴリズムは、システムを深くスキャンし、Outlook PSTファイルWindows 10を修復します。Scanpst.exeのように、データを削除せず、すべてのWindows OSと互換性があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst.exeが見つからないときにPSTを修復する方法は?-???Outlook?PST??????

Scanpst.exeが見つからないときにPSTを修復する方法は?コンピューター上でScanpst.exeを見つけることができない多くのOutlookユーザーがおり、PSTが破損または破損した場合に問題に直面する必要があります。 Scanpst.exe(組み込みユーティリティ)の実際の場所は、Outlookのバージョンによって異なります。それは、組み込みユーティリティの場所がOutlook 2003とOutlook 2007で同じではないことを意味します。PSTが破損し、Scanpst.exeが表示されないため修復できないOutlookユーザーの場合も、指定された手順に従ってScanpst.exeを見つけます。 コンピューター上のScanpst.exeを見つける手動の手順 Windows PCでタスクマネージャーを開きます。 [プロセス]タブに移動します。 次に、Outlookを右クリックし、「ファイルの場所を開く」を選択します。 Outlookをインストールせずにデータを変換することを選択します。 これで、Inbox修復ツールは「SCANPST.EXE」としてフォルダーに配置されます。 上記の手順を使用すると、Scanpst.exeが見つからない場合にPSTを修復できます。ただし、場合によっては、Scanpst.exeが機能しないため、ユーザーがPSTを修復できません。そのような状況では、ユーザーはサードパーティのソフトウェアに依存する必要があります。最も信頼性の高いユーティリティの1つは、Scanpst.exeでは修復できない破損または破損したPSTファイルを修復するために特別に設計されたPST修復ソフトウェアです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

.pstファイルをコピーするときにCRCエラーを解決するには?-0x800ccc13 Outlook 2013 Windows 10

.pstファイルをコピーするときにCRCエラーが発生しましたか?もしそうなら、あなたは一人ではない、同じ問題に苦しんでいる他の多くのOutlookユーザーがあります。 CRCエラーが発生したのは、あなたのPSTファイルをコピーしようとしているストレージメディア上の不良箇所があることを意味します。時にはエラーがOutlookアプリケーションの誤動作のためにも現れる。それ以外にも、CRCエラーを引き起こし、Outlookの突然の終了、破損したPSTファイル、不完全な電子メールのダウンロードなど、PSTファイルのコピーまたはアクセスを許可しないその他の理由がいくつかあります。 OutlookのPSTファイルのCRCエラーを修正するステップ まず第一に近いOutlookと他のアクティブなプログラム スタートに移動し、cmdと入力してコマンドプロンプトを右クリックします。 管理者として実行を選択して続行します。 ここでcd /と入力してEnterキーを押します。次にchkdsk D:/ rと入力して、Enterキーを押します。 次のメッセージが表示されたら、Nを押してEnterをタップします。 ボリュームが別のプロセスによって使用されているため、Chkdskを実行できません。このボリュームを先にマウント解除すると、Chkdskが実行されることがあります。このボリュームを強制的にマウント解除しますか? (Y / N)」 次のメッセージが画面に表示された場合は、Yを入力してEnterボタンを押してからシステムを再起動する必要があります。 ボリュームが別のプロセスによって使用されているため、Chkdskを実行できません。次回のシステム再起動時にこのボリュームをチェックするようにスケジュールしますか? (Y / N)」 .pstファイルをコピーするときに上記の方法がCRCエラーを修正できない場合は、それはPSTファイルの破損を示しているので、あなたはいくつかのサードパーティ製ユーティリティを選ぶ必要があります。 PSTファイルの修復ソフトウェアは、Outlookに表示されるエラーの種類を修正するために安全に破損または破損したPSTファイルを修復する強力なユーティリティです。 Scanpst.exeのようにそれは制限がなく、それはまた削除されたPSTファイルを回復することが可能です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2016でPSTファイルを追加できないエラーを修正する方法-0x800CCCD3???

この記事では、MS Outlook 2016ユーザーが簡単にエラー「Outlook 2016にPSTファイルを追加できない」を修正できるようにするための簡単で効果的なガイドラインを概説します。あなたが本当にこのエラーメッセージに遭遇していて、それを解決したいならば、このポストを完全に読んで、そして慎重に下記の説明に従ってください。 見通し2016年にpstファイルを追加することができないエラーの発生の背後にある理由 ソフトウェアまたはハードウェアの障害 破損したシステムファイル Windowsレジストリファイル内の誤ったエントリの入力 Outlook 2016アプリケーションへの不正アクセス MS Windowsアプリケーションなどの不完全または未完成のインストール 見通し2016年問題にPSTファイルを追加することができない修正するための実用的な解決策 解決策1:Outlook 2016のインターフェイスにあなたのPSTファイルをインポートする MS Outlook 2016アプリケーションを起動します。 [ファイル]タブ>> [情報] >> [アカウント設定]に移動します。 ドロップダウンメニューから[アカウント設定]ボタンを選択します。 アカウント設定で、追加のボタンをクリックしてください。 今、あなたのPSTファイルを追加し、[OK]ボタンをクリックしてください。 最後に、開かれたアカウント設定のプロンプトを閉じなければなりません。 解決策2:セーフモードでMS Outlookを実行し、アドインを無効にする Windows PCを起動してください。 スタートアイコンをクリックしてファイル名を指定して実行オプションを選択します。 起動したファイル名を指定して実行ボックスにOutlook / safeを入力し、OKボタンを押してください。 ファイルに移動し、オプションを選択してからアドインを選択します。 [管理]のドロップダウンから[COMアドイン]を選択し、[移動]オプションをクリックします。 今、あなたはすべての選択されたチェックボックスをオフにしてそしてそれからOKボタンを押す必要があります。 ファイルメニューに行き、終了オプションを選択します。 解決策3:Scanpst.exeを実行する まず、あなたのWindows…
Read more

Outlookで「不明なエラーが発生しました。エラーコード:0X800401d」を修正する方法-???????????

Outlookで「不明なエラーが発生しました。エラーコード:0X800401d」が発生しましたか?この問題を解決する効果的なソリューションをお探しですか?もしそうなら、ここであなたの検索は間違いなく終わります。この記事では、Outlookで "不明なエラーが発生しました、エラーコード:0X800401d"というすべての情報を取得し、解決する方法を説明します。 Outlookで「不明なエラーが発生しました。エラーコード:0X800401d」を取得する理由 オーバーサイズのPSTファイル。 PSTファイルの破損。 MS Outlookアプリケーションなどの不正アクセス。 ソリューションOutlookで「不明なエラーが発生しました。エラーコード:0X800401d」を修正するには ソリューション1:MS OutlookのPSTファイルを圧縮または圧縮する まず、MS Outlookアプリケーションを起動します。 [ファイル]タブに移動し、[データファイルの管理]オプションをクリックします。 次に、[データファイル]タブに移動します。ここで、圧縮または縮小したいデータファイルを選択します。 PSTファイルを選択したら、[設定]オプションを選択し、[今すぐ圧縮]ボタンをクリックしてPSTファイルのサイズを圧縮します。 解決策2:受信トレイ修復ツールまたはScanPST.exeを使用してPSTファイルを修復する まず、MS OutlookのScanPST.exeツールを探します。 見つけた後、ダブルクリックして実行します。 表示されるウィンドウで、PSTファイルの名前を入力するか、[参照]ボタンをクリックして適切なものを選択します。 ファイルを選択したら、修復ボタンをクリックして修復処理を開始します。 手動ソリューションの代替 上記の手動ソリューションに従うことで、Outlookで「不明なエラーが発生しました:エラーコード:0X800401d」が間違いなく修正されますが、MS Outlookの初心者であり、MS OutlookやPCのスキルがあまり高くない場合は、ソリューションは、PSTの修復ツールは、 "不明なエラーが発生した、エラーコード:0X800401d" Outlookで任意の面倒を修正する名前。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookの.pstファイルを完全に修復する方法に関する完全な情報を入手する-0x800CCC65???

PSTはパーソナルストレージテーブル(Personal Storage Table )とも呼ばれ、MS Outlookユーザー向けに異なる種類の情報を保持するOutlookの重要なファイルです。通常、電子メール、文書、アドレス帳、連絡先、その他の個人情報などの情報を保持します。時間が経過すると、ユーザーはOutlook PSTファイルにますます多くのファイルと情報を格納します。デフォルトでは、Outlookはすべてのプロファイルに対して1つのPSTファイルを作成し、この1つのファイルはOutlookに保存しているすべてのアイテムを保持します。通常、各PSTには独自の容量があり、MS Outlookのバージョンにも依存します。ファイルの記憶容量を超えると、 Outlookの.pstファイルが破損する可能性があります。ウイルス侵入、アプリケーションクラッシュ、およびその逆のようなファイル破損の別の理由があるかもしれません。 Outlookの.pstファイルを修復するために使用されるMS Outlookのscanpst.exeと呼ばれる組み込みのツールがありますが、その制限のために何度か動作しません。したがって、 PSTの修復ツールと呼ばれるサードパーティのツールが必要になることがあります。このツールは、あらゆる種類のOutlook .pstファイルの破損を処理するのに最適です。このツールにはシンプルで直感的なインターフェースが付属しており、初心者の方には非常に簡単です。これは、Outlook 2010,2007,2003,2002などのOutlookバージョンで動作し、Windowsで正常に動作するように設計されています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする