Tag Archive: 無料のPST回復ソフトウェア

virus tag

Outlook421がSMTPサーバーに接続できないというエラーを修正する-0x8004210b Outlook???

Outlookを使用してメールを送信できませんか? メールの送信中にOutlook421がSMTPに接続できないというエラーがOutlookで発生しますか? Outlook 421 SMTPサーバーに接続できないというエラーを修正するための解決策をお探しですか? SMTPは、SMTPをシンプルメール転送プロトコルと呼びます。実際には、SMTP設定が正しくない場合、またはSMTPポートがブロックされている場合、ユーザーはこのような問題に直面する可能性があります。このような問題に直面している場合は、この投稿がすべてであるため、心配する必要はありません。したがって、時間を無駄にすることなく、このチュートリアルを開始しましょう。 メールを送信しているOutlookユーザーは、IMAPOutlookアカウントで特にこのようなエラーに直面しなければならない場合があります。これは、SMTP構成の設定に誤りがあるか正しくないことが原因である可能性があります。ただし、SMTP構成の問題だけでなく、システムにインストールされているウイルス対策や、Outlookアプリケーションのスムーズな動作を妨げる可能性のあるプロキシファイアウォールの設定が原因で発生することもあります。 Outlook421がSMTPサーバーに接続できないというエラーについて確認する一般的なエラーメッセージのいくつかを見てみましょう メッセージを送信できませんでした。エラー421不明なエラーが発生しました:サーバーエラー421 上記のエラーメッセージのいずれかが表示された場合は、SMTPですべてがうまくいかず、ポートの設定と構成に問題があると結論付けることができます。その結果、ユーザーは電子メールを送信できず、Outlook421エラーに直面します。 Outlook 421がSMTPサーバーに接続できないというエラーを修正しますか? SMTPまたはSimpleMail Transfer Protocolは、Outlookのサーバーに接続するために、デフォルトでポート25を使用します。ただし、このポートがブロックされていると、メールの送信に問題が発生します。ただし、以下のようにSMTPポートの設定を変更することで解決できます。 まず、Outlookを起動します Outlook> [ファイル]> [アカウント設定]に移動します。 次に、SMTPエラーが発生している電子メールアカウントを選択し、[変更]ボタンをクリックします。 ここで、ユーザーは[その他の設定]を選択する必要があります。その中で、[詳細設定]タブを開きます。 [送信サーバー(SMTP)]フィールドで、ユーザーはポート番号を465に設定する必要があります 次に、[OK]をクリックします。 ユーザーは、インターネット電子メール設定ウィンドウでポート番号を変更する必要もあります 設定で、ユーザーはメールサーバーのを自動的に取得するようにOutlookを設定する必要があります。 まず、[インターネットメール設定]ウィンドウで、[送信サーバーの設定]を選択して開きます。 次に、[送信サーバー(SMTP)認証]チェックボックスをオンにして、受信メールサーバーオプションと同じ設定を選択します。 次に、[OK]をクリックします。 うまくいけば、これは修正されるはずです Outlook421はSMTPサーバーに接続できませんエラー。ただし、pstファイルが破損していると、メールボックスアイテムやOutlookデータがpstファイルの破損によって破損するなどの問題が発生する場合があります。したがって、ユーザーはOutlookPST修復ソフトウェアを使用してpstファイルの破損を修復する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

古いOutlookの予定を回復する方法-Outlook?550???

この記事は、MS Outlookユーザーが古いOutlookの予定を簡単に復元できるようにすることを目的としています。あなたがこの記事を読んでいるなら、それはあなたがまたあなたの古いOutlookの予定を回復するための適切なガイドを求めているということです。だから、あなたの時間を無駄にせずに、あなたはこのガイドを通らなければなりません。 古い見通しの予定について MS Outlookはそれをナンバー1電子メールクライアントアプリケーションにするいくつかの非常に高度な機能で列挙しました。とりわけ、整理機能は優れた機能です。古いアイテムの整理機能を使用して、MS Outlookは重要なデータを定期的にアーカイブします。アーカイブデータはしばしばarchive.pstのフォルダに保存されます。あなたは簡単に古いOutlookの予定を回復することができるというそのような事実の利点。あなたは古いOutlookの予定を回復することはできませんがそれらを取り戻したいのであればまず第一にあなたはOutlookプロファイルを作成する必要があります。 MS Outlookプロファイルを作成する方法を知っている MS Outlookを起動します。 ファイル>>アカウント設定の選択>>プロファイルの管理をクリックしてください。 次に、プロファイルの表示オプション>>を選択してから追加ボタンをクリックします。 [プロファイル名]ボックスに名前を入力し、[OK]ボタンをクリックします。 削除された予定を回復するための指示 MS Outlookを起動します。 フォルダタブをクリックしてください。 クリーンアップのグループから、削除済みアイテムを回復のオプションを選択します。 次に、[削除済みアイテムを復元]のダイアログボックスからアイテムまたは古い見込みの予定をクリックし、[選択したアイテムを復元]のボタンをクリックします。 アーカイブされた予定への手動指示 MS Outlookを起動します。 ファイルタブを開き、開くオプションを選択します。 [Outlookデータファイルを開く]をクリックします。 .pstに移動するかOutlookデータファイルをアーカイブし、[OK]ボタンをクリックします。 ナビゲーションウィンドウの[フォルダ]リストから、[アーカイブ]をクリックします。 フォルダを展開するには、アーカイブの横にあるプラス記号をクリックします。 今、サブフォルダにナビゲートします、あなたが右ペインに内容を見るならば、選択されたファイルを動かすためにドラッグアンドドロップオプションを使ってください。 上記の手動の指示の助けを借りて、あなたは簡単に古いOutlookの予定を回復するでしょう。しかし、あなたの古いOutlookの予定が何らかの理由で破損した場合は、Outlook PST Repair Toolという名前のサードパーティ製ユーティリティを利用する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

PSTファイルの“フォルダを展開できない”エラーの修復方法-0x800CCC00???

この記事は主にあなたが簡単にPSTファイルの "フォルダを展開できない"エラーを修正することができる適切な解決策を含みます。だから、この記事を完全に読み、貴重な時間を無駄にすることなく、与えられた指示に従ってください。 PSTファイルの「フォルダを展開することができない」エラーを修正するための手動による解決 解決策1:お使いのPCの誤ったMS Outlookプロファイルを削除する Windowsのスタートメニューに行き、コントロールパネルオプションを選択します。 コントロールパネルウィンドウで、メールオプションを右クリックします。 新しいウィンドウで、[プロフィールの表示]タブに移動します。 今、あなたはボックスからほぼすべての無効なMS Outlookのプロファイルを削除する必要があります。 MS Outlook用の新しいプロファイルを作成するには、追加ボタンをクリックしてください。 Applyを押してからOKボタンをクリックしてください。 最後に、あなたのMS Outlookを始めてください。 解決策2:ScanPST.exeを使用したPSTファイルの "フォルダを展開できない"エラーの修正 まず最初にScanPST.exeというOutlookの受信トレイ修復ツールを起動します。 それが開始したら、破損したPSTファイルを選択するためにBrowseボタンをクリックしてください。 ファイルを選択した後、選択したPSTファイルをスキャンするためにスタートボタンをクリックしてください。 スキャンしたら、エラーメッセージが表示されたら、[修復]ボタンをクリックします。 重要な注意:前述の手動の指示はPSTファイルの "Unable to expandフォルダを開くことができない"エラーを修正するのに十分ですが、あなたが前述の手動操作を実行できない場合は"PSTファイルのエラーOutlook PSTファイル修復ツールという名前。このサードパーティ製ユーティリティには、PSTファイルの "フォルダを展開できない"エラーまたはその他のOutlook関連の問題を修正することを可能にするさまざまな高度な機能が満載です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

エラーが解決しました:「Microsoft Outlookが起動しません」-???Outlook?PST??????

このチュートリアルガイドは、主にOutlookユーザーが「Microsoft Outlookが起動しない」というエラーを解決するのに役立つように作成されています。このエラーメッセージに直面している場合は、この記事を完全に読んでください。 「Microsoft Outlookが起動しない」というエラーが発生した原因 Outlookプロファイルは古いバージョンのOutlookに属します。 MS Outlookアプリケーションの設定が正しくありません。 MS Outlookが正しくインストールされません。 PSTファイルが誤って破損または削除されます。 内部レジストリの矛盾 破損したソフトウェアのインストールなど ソリューションのエラー解決: "Microsoft Outlookが起動しません" 解決策1:MS Outlookを他のソフトウェアとして更新する あなたのPCを開きます。設定に移動。 更新と回復のオプションを確認してください。 次に、アップデートのインストール方法をクリックします。 すべての重要なアップデートについては、「自動アップデート」を有効にしてください。 ソリューション2:ナビゲーションペイン構成ファイルを復元する まずすべての実行中のMS Outlookアプリケーションをシャットダウンします。 [スタート]メニューから[コマンド]を選択します。 これで、画面に[実行]ダイアログボックスが表示されます。 outlook.exe / resetnavpaneコマンドを入力し、[OK]ボタンをクリックします。 解決方法3:ナビゲーションペインの設定ファイルを削除する あなたのPCを開き、ランボックスを起動してください。 [ファイル名を指定して実行]ボックスに%appdata%\ Microsoft \ Outlookコマンドを入力し、Enterキーを押します。 これで、MS Outlookの設定ファイルの場所に移動します。 Outlook.xmlファイルを検索してから[削除]ボタンをクリックしてください。 ソリューション4:損傷したデータファイルを修正する まず第一に、実行中のMS…
Read more

Outlook 2016プロファイルを解決すると、問題が解決されます。-0x800CCC18???

あなたのOutlook 2016プロファイルは何度も何度も壊れていますか?もしあなたが解決策を探しているなら、あなたは正しい場所にいます。 Outlookはすばらしい電子メールアプリケーションですが、他のアプリケーションと同様、問題は無料ではありません。彼らのプロファイルが頻繁に壊れていると不平を言う多くのOutlookユーザーがいます。本当にそれはあなたのビジネスにも影響を与える厄介な問題です。この問題を解決するには、Outlookプロファイルを再構築し、以下の手順に従ってください。 Outlookを開き、ファイルに移動して[アカウント設定]をクリックします [電子メール]タブに移動し、破損したOutlookプロファイルをクリックします。 今すぐ修理をクリックし、指示に従ってください 修復が完了したらOutlookを再起動します 上記の手順を実行した後にOutlook 2016プロファイルが破損しても、PSTファイルが破損していることを示します。 PSTファイルを修復するには、Scanpst.exeを使用できますが、PSTファイルを修復するとは限りません。したがって、サードパーティのツールを使用することをお勧めします。 PSTの修復ソフトウェアは、破損したPSTファイルを修復し、Outlookのプロファイルの破損の問題を解決するのに役立つ有名なソフトウェアの1つです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

エラーを解決する方法Outlook 2016でPSTを追加できませんでした。 "0x80004001エラー"-scanpst exe????????

Outlook 2016でPSTを追加できなかった問題を修正しました。「エラー0x80004001」は本当に簡単な作業ではありませんが、不可能ではありません。この投稿には、MS Outlook 2016のユーザーがこのようなエラーメッセージを簡単に修正できる効果的なガイドラインが含まれています。 Outlook 2016でPSTを追加できませんでした。エラー "0x80004001" Outlook 2016でPSTを追加できませんでした。「エラー0x80004001」は 、実際にはほぼすべてのMS Outlook 2016が直面しているエラーメッセージです。このようなエラーメッセージは、通常、Windowsシステムファイルの破損によって発生します。また、次のようなエラーメッセージが表示される場合があります。 ハードウェアまたはソフトウェアの障害 システムファイルの破損 Windowsアプリケーションの未完了のインストール レジストリファイルの誤ったエントリ MS Outlook 2016アプリケーションなどへの不正アクセス エラーを解決するソリューションがOutlook 2016でPSTを追加できませんでした。 "Error 0x80004001" 受信トレイに疑わしい電子メールがないことを確認してください。 Windowsのファイアウォール設定とウイルス対策ツールを調整します。 ネットワーク上にPSTを保存することは避けてください。 MS Outlookのアカウント設定で、正確で正確な情報を入力してください。 MS Outlook 2016をセーフモードで開きます。 あなたの破損したPSTファイルを修復してからMS Outlookにインポートしてください。 PSTを追加するには、MS Outlook 2016インターフェイスをお試しください。このMS Outlookを起動するには、[ファイル]タブ> [情報]> [アカウント設定]ドロップダウンメニュー> [アカウント設定]ボタン>…
Read more

scanpstがOutlook 2007で応答しない今何をする-0x800CCC06???

Outlook 2007でのScanpst.exeの重要性 Scanpst.exeは合法的なMicrosoftが提供する無料のOutlook 2007修復ツールです。 PSTファイルを修復するのは効果的ですが、この無償ユーティリティを使用してPSTファイルをリカバリしているときに、「Outlook 2007でscanpstが応答していません」というエラーメッセージが表示されることがあります。 scanpst.exeツールがPSTファイルを修復できない場合に発生します。えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ。 Outlook 2007でscanpstが応答しないために表示される問題 特大のPSTファイル(2 GB以上) Outlook 2007でscanpst.exeを見つけることができません PSTファイルを修復するのに時間がかかりすぎる 破損したPSTファイルを修復できません マルウェアやウイルス攻撃。 "Outlook 2007でscanpstが応答しない"問題を修正するための役立つ指示。 MS Outlook 2007アプリケーションを再インストールするか、scanpst.exe Outlook 2007ツールを更新してください。 新しいMS Outlookプロファイルを作成します。 MS OutlookのPSTファイルが2GBのファイル制限範囲内にあることを確認してください。 上記を選択することで、簡単にscanpstを有効にしてPSTファイルを修復できます。しかし、何らかの理由で「tippostがOutlook 2007で応答していません」と表示された場合は、Outlook PST修復ツールというサードパーティのユーティリティを試す必要があります。このサードパーティのユーティリティは、scanpst.exeファイルが機能しなくなった場合にPSTファイルを回復するのに役立ちます。このユーティリティの最良の点は、いくつかのインタラクティブな機能が搭載されており、非常にシンプルなインターフェイスが付属していることです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

削除されたOutlook電子メールを回復する最善のソリューション-?????????????

誤ってまたは間違ってOutlookの電子メールを削除または削除したが、復元する方法が見つからないという状況に遭遇したことはありますか? Outlookで削除されたメールを回復するには、ほかに何ができますか?ここに掲示された記事では、Outlookの削除された電子メールを簡単なクリックで回復する2つの方法があります。削除されたメールを回復するOutlookの方法のいずれかを選択することができます。 方法1:失われたまたは削除されたOutlook電子メールを手動で回復する まず、Microsoft Outlookを起動して開き、それぞれのアカウントとパスワードでログインします。 Outlook.comウィンドウの左ペインで「削除済みアイテムフォルダ」を選択します。 さらにウィンドウの上部で、[削除されたアイテムを復元する]を選択します。 この後、削除されたアイテムのリストがダイアログボックスに表示されます。 復旧するアイテムやメールを選択し、「復旧」をタップします。 最後に、[OK]をタップすると、 削除されたメールを回復するOutlookの処理が完了します。 方法2:OutlookのPST回復ソフトウェアを介してOutlookを削除または失われた電子メールを回復する OutlookのPST回復ソフトウェアは、削除または失われたOutlookの電子メールを回復するための最善のソリューションの一つです。このソフトウェアは、MS Outlook 2016、2013、2010、2007、2003、2002および2000を含むOutlookアプリケーションのすべての最新バージョンをサポートしています。これには、非常にシンプルでインタラクティブなユーザーインターフェイスが含まれています。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

修正Outlook 2013のPSTファイルのエラー-Outlook???????????????

Outlookで問題に直面したときは非常に不満ですが、ほとんどすべてのユーザーで発生します。 Outlook 2013 PSTファイルエラーは、ユーザーがPSTデータにアクセスできないような問題です。私たちが知っているように、PSTにはOutlookのすべての要素が含まれています。突然のシステムシャットダウン、PSTファイルの割り当てサイズへの到達、有害なウイルスの攻撃、ソフトウェアの誤動作など、このエラーの原因は多数あるはずです。このエラーがどのように発生しても、重要なデータには完全にアクセスできません。 Outlookは、Scanpst.exeと呼ばれる受信ボックスユーティリティを提供しています。この受信トレイツールは、破損したPSTファイルまたは破損したPSTファイルを修復するように設計されており、Outlookのすべてのバージョンで動作します。したがって、Outlook 2013 PSTファイルエラーが発生している場合は、このツールを使用して修正することもできます。しかし、これにはいくつかの制限があり、破損が深刻な場合は機能しません。そのような状況では、簡単にPSTを修復し、エラーを修正するPSTの修復ソフトウェアを使用することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

即座にPSTファイルの破損を無料にするpstスキャンで-?????PST???????

pstスキャンとは何ですか? いつかMS Outlookユーザーは、自分自身が自分の格納されたpstファイルにアクセスできなくなってしまいます。このような状況が発生した場合、疑いなくpstファイルが破損していると結論づけることができます。 MS Outlookの最も便利な機能は、pst scanまたはscanpst.exeと呼ばれる無償の修復ツールを提供することです。通常の原因の下では、それは効率的に損傷を修正し、それらを破損から解放する。それは救急医療の修復ツールとして扱うことは間違いではありません。このユーティリティの場所は、Outlookのバージョンによって異なります。 いくつかのOutlookバージョンのpstスキャンの場所は次のとおりです。 Outlook 2016 32ビットWindows:C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office16 64ビットWindows:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office16 Outlook 2013 32ビットWindows:C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office15 64ビットWindows:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \…
Read more