Tag Archive: 無料のOutlookのPSTの修復ツール

virus tag

Outlook 2016が開かない問題を修正する最善の解決策-0x8004210A???

最近、新機能を利用するためにOutlook2010をOutlook 2016にアップグレードしました。しかし、今日Outlook 2016を開こうとすると、開かず、0xc0000409エラーメッセージが表示されます。組み込みの修復ユーティリティも使用しましたが、役に立ちません。 Outlook 2016が未解決の問題を修正するのを手伝ってください。 Outlook 2016は、このメールアプリケーションの最新バージョンであり、多くの高度な機能を備えています。しかし残念ながら、ユーザーはこのバージョンでも上記の問題に苦しむ必要があります。まあそのようなタイプの問題は一般的に不要なアドインまたは破損したPSTファイルが原因で発生します。 Outlook 2016が開かず、この問題を修正したい場合は、以下の手順を使用してセーフモードで起動できます。 検索ボックスからOutlook.exe / safeと入力し、Enterキーを押します Outlookがセーフモードで起動したら、[ファイル]をクリックします。 次に[オプション]をクリックし、[アドイン]をクリックします COMアドインを選択し、[移動]オプションをクリックします すべてのボックスをクリアして[OK]をクリックします 最後にOutlookを再起動します このオプションも失敗し、Outlook 2016が開かない場合でも、心配する必要はありません。あなたはサードパーティの回復アプリケーションを使用して問題を修正することができます。 PST修復ソフトウェアは、PSTファイルを修復し、Outlookのクラッシュの問題を修正できる高度な回復アプリケーションの1つです。破損したPSTによる問題か、その他の理由かに関わらず、このソフトウェアは問題を修正します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Windows 7のためのエラーコード0x80004005を修復する方法-0x800ccc13 windows 10

Windows 7のためのエラーコード0x80004005を修正するための効果的な解決策 解決策1:破損した.DLLファイルを確認する スタートボタンをクリックして、コマンドプロンプトをクリックしてください。 または、Win + Rキーを同時に押してコマンドプロンプトを開き、検索ボックスに「cmd」と入力します。 Enterキーをタップしてください。 画面にコマンドプロンプトが表示されたら、sfc / scannow kを貼り付けて、Enterキーを押します。 今、スキャンが続くように数分待ちます。 その後デバイスを再起動し、それでもエラーコード0x80004005があなたのWindows 7に表示されるかどうかを確認します。 解決策2:レジストリエディタにいくつかの修正を加える Win + Rキーを押して実行ボックスを開きます。 実行ボックスにregeditと入力してEnterキーを押します。 C:¥Program Files¥Oracle¥VirtualBox¥VirtualBox.exe "=" DISABLEUSERCALLBACKEXCEPTIONを探します。 このレジストリキーが表示されたら、それを削除してください。 解決策3:エラーコード0x80004005を修正するためにトラブルシューティングウィンドウズアップデートを使用してください Win + Sキーを押します。検索ボックスに「トラブルシューティング」と入力し、Enterキーを押します。 今、あなたのスクリーンに新しいスクリーンが現れるでしょう。 左上の領域で、トラブルシューティングを探してクリックします。 これで、新しいボックスが画面に表示され、そこですべて表示をクリックする必要があります。 windows updateのような検索リストから、それを右クリックしてください。 [管理者として実行]オプションをクリックしてから、[詳細設定]に進みます。 最後に、[自動的に修復を適用する]のチェックボックスをオンにします。 解決策4:ダウンロードフォルダ内のすべてを削除してエラーコード0x80004005を修正する まず最初に、C:\ Windows \…
Read more

Outlook PST 2016ファイルを簡単に修復する方法-0x800CCC94???

Outlook PST 2016の概要 Outlook PST 2016は、MS Outlookアプリケーションのアップデートされた亜種です。その高度な機能のために、需要は高まっています。そのすべての機能にもかかわらず、データの損失が発生しやすくなります。つまり、MS Outlook 2016のユーザーはデータ損失のシナリオに苦しむ必要があります。電子メールアイテムとPSTファイルにアクセスしているときに、PSTファイルにアクセスできなくなったり、破損したり、破損したり、削除されたりする可能性があります。 Outlook PST 2016からのデータ損失の背後にある一般的な理由 さて、Outlook PST 2016ファイルが破損したり、アクセスできなくなったり、削除されたりするのは何千もの理由がありますが、最も一般的な要因のいくつかは次のとおりです。 信頼できないネットワークデバイス上でのPSTファイルの共有。 サードパーティのユーティリティを使用して、PSTファイルの大きなサイズを分割または圧縮します。 オーバーサイズのPSTファイル。 マルウェア攻撃 ヘッダーファイルの破損 ハードウェアおよびソフトウェアの障害など Scanpst.exeユーティリティを使用してOutlook PST 2016を修復する あなたのOutlook PST 2016ファイルがどのように損なわれても問題はありません。あなたは簡単にScanpst.exeと呼ばれる受信箱修復ユーティリティを使用してOutlook PST 2016をOutlookすることができます。しかし、それは費用のかからないユーティリティであり、それはわずかな関連問題を修正するためだけに可能であることをあなたの心に留めておいてください。大きな問題のため破損または破損するOutlook PST 2016ファイルを修復するには、Outlook PST修復ツールという名前のサードパーティユーティリティを選択する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする