Tag Archive: 恒星pstの修復ツール

virus tag

Outlook 2016で予定表アイテムとメールを復元する方法-0x800CCC19???

Outlook 2016で削除されたカレンダーとメールを復元しますか?はいの場合、このガイドを参考にして、Outlook 2016でカレンダーアイテムとメールを復元する方法を正確に理解してください。MSOutlookは、メールを保存し、カレンダー、予定、ジャーナルなどを管理するメールクライアントアプリケーションですが、メールやカレンダーなどのデータは他のデータと同様に破損に対して脆弱であり、破損する傾向があります。 Outlook 2016でのカレンダーとメールの破損/削除には、さまざまな理由が考えられます ウイルス攻撃 Outlookでのメールとカレンダーの誤った削除 Outlookエラー システムの損傷 PSTの破損 ファイルが削除されるとすぐに、削除されたアイテムフォルダーに送信され、アプリケーションが終了すると、削除されたアイテムフォルダーの内容が削除されます。削除済みアイテムを空にするチェックボックスを有効にしてチェックを外し、設定を保存することでファイルが削除されないように設定できます。これにより、以下で説明するように、Outlook 2016で予定表アイテムとメールを確実に回復できます。 Outlook 2016で予定表アイテムとメールを復元する方法 Outlook 2016を開き、削除済みアイテムフォルダーに移動します。 次に、フォルダをダブルクリックして、最近削除された電子メール、カレンダー、添付ファイルなどを表示します。 復元するカレンダーアイテムまたはメールを選択し、右クリックします。 移動/その他のフォルダを選択します。 フォルダのリストで受信トレイまたは下書きを探し、そこにメールまたはカレンダーを移動します。 [OK]をクリックして変更を適用します。その後、カレンダーとメールは簡単に復元されます。 ただし、深刻なpstファイルが破損している場合は、メールとカレンダーも破損し、Outlook 2016でそれ以上アクセスできません。このような場合、ユーザーはOutlook PST修復ソフトウェアを使用して、Outlook 2016でカレンダーアイテムとメールを回復することができます。 。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

修正方法は、Outlookデータファイルエラーを作成できませんでしたか?-Outlook?pst???????????

この記事は、Outlookデータファイルエラーを作成できなかったユーザーにソリューションを提供するために作成されました。あなたもそれらのOutlookユーザーの間にいるなら、注意深く読んで、与えられたステップに従ってください。通常、ユーザーが電子メールを追加しようとするとこの問題が発生し、エラーが原因で追加できません。それはあなたの重要な仕事を止めるかもしれない本当に問題のあることです。エラーの修正方法を知る前に、Outlookでこの迷惑な問題を引き起こす原因を知る必要があります。 Outlookデータファイルを作成できなかった原因は何ですか? このエラーの主な原因は、ユーザーがアカウントの追加オプションからメールを追加できないようにするOutlookのバグです。 簡易アカウント作成ウィザードを使用すると、Outlookデータファイルエラーを作成できませんでした。 Outlookデータファイルエラーを作成できなかった問題を修正するには、アカウントの簡易作成を無効にします。ただし、エラーが原因でOutlook電子メールのいずれかが破損または破損しても、心配する必要はありません。 PST修復ソフトウェアを使用できます。これは、ひどく損傷および破損したPSTファイル(電子メール)を修復できる強力なユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2010でPSTファイルが破損するのはなぜですか? –すべての理由を知る-0x800CCC61???

この投稿の目的は、Outlook 2010でPSTファイルが破損する理由と、PSTファイルを問題なく簡単に修復する方法について詳しく説明することです。ですから、最後まで読んでください。 Outlook 2010でPSTファイルが破損するのはなぜですか? MS Outlook 2010は、すべてのメールボックスデータをPCの.pstファイルに保存するために複数のWindowsユーザーが使用する、よく知られた人気のあるOutlookアプリケーションです。 PSTはPersonal Storage Tableの略で、電子メールがアーカイブされたときにOutlookのメールボックスを保存できる電子メールバックアップシステムです。 PSTファイルは、ファイル拡張子が.pstのCフォルダーに簡単に配置できます。間違いなく、PSTファイルにはさまざまな機能が付属していますが、他のファイル形式と同様に、.pstファイルも何らかの理由で破損、削除、または破損する可能性があり、その時間はOutlook 2010で破損したOutlook pstファイルを修復する必要があります。 Outlook 2010でPSTファイルが破損する-この理由は何ですか? PSTファイルを含むセクターの物理的および論理的損傷。 MS Outlook 2010の突然または突然の終了。 大きすぎるまたは大きいOutlook PSTファイル。 PCでのマルウェアまたはウイルス攻撃。 不良回復ソフトウェアなどの使用。 MS Outlook 2010 PSTファイルの破損を防ぐコツ Outlook 2010 PSTファイルをアクセス可能な場所に保存します。 MS Outlook 2010を適切に終了します。 大きなメールを一度に処理することは避けてください。 保存する前に、Outlook 2010のファイルサイズの制限を確認してください。 Outlook PSTファイルのバックアップを定期的に取ります。 破損したOutlook 2010…
Read more

OutlookのRundll32エラー後の修復PST-0x800CCC6C???

Outlook Rundll32エラーを経験しているユーザーが多く、Outlookアカウントにアクセスしようとしています。あなたが最も必要とするときにあなたのアカウントにアクセスすることができないので、厄介な問題です。何も不可能で、あなたもこの問題を解決することができるので、心配しないでください。しかし、解決に向かう前に、このエラーの発生原因を知ってください。このエラーは通常、システムに専用のグラフィックスカードがある場合に発生します。同じエラーが発生した場合は、次の手順を実行して解決することもできます。 安全モードでOutlookを起動し、クリーンブート状態を実行します。 Microsoft Wordを開く>ファイルオプション>オプションを選択 [詳細設定]をクリックし、表示が見つかるまでスクロールダウンします ハードウェアグラフィックスアクセラレーションを無効にするチェックボックスをオンにします。 > [Officeアプリケーションを完全にアンインストール]をクリックします。 Microsoftから修正する> Officeを再インストールする 上記の修正を使用してOutlook Rundll32エラーを修正することはできますが、この例ではPSTファイルが破損します。受信トレイツールを使用して破損したPSTファイルを修復できますが、破損が深刻な場合は受信ボックスツールも役立ちません。 PSTの修復ソフトウェアを使用すると、破損したPSTファイルを簡単に修復してコンテンツにアクセスできるので、悲しいことではありません。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Olmapi32.dllはMicrosoft Outlookと互換性がありません-0x800CCC93???

Outlookは、いくつかの絶滅した機能が付いている、信頼性が高く主に使用される電子メールクライアントです。しかし、いつかは何らかのエラーが発生したときにOutlookで特に苦労してアプリケーションを開くのを防ぐ必要があります。 olmapi32.dllはMicrosoft Outlookと互換性がありません。Outlookでの使用経験を低下させるようなエラーメッセージです。通常、このエラーメッセージは、ユーザーがOSをアップグレードしたときに表示されます。 OSユーザーをアップグレードする際、このエラーの原因となるOLMAPI32.dllファイルを置き換えることを忘れないでください。しかし、この問題は、olmapi32.dllファイルを新しいものに置き換えることで解決できます。これを行うには、次の手順を実行します。 スタート>コンピュータをクリックし、ローカルディスク(C)をダブルクリックします。 次に、[プログラムファイル]を選択し、Microsoft Officeに移動します。 プログラムの追加と削除、およびMicrosoft Officeスイートの修復に進みます。 しかし、上記の手順を経てもolmapi32.dllがMicrosoft Outlookのエラーと互換性がない場合は、PSTファイルを修復する必要があります。 Scanpst.exeと呼ばれる受信ボックスユーティリティを実行して、破損したPSTファイルを修復できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする