Tag Archive: 大きなpstファイルを修復する

virus tag

Outlook 2010の自動受信トレイ更新の問題を修正する-0x800CCCA4???

長い間Outlook 2010を使用してメールを送受信しています。しかし、今日Outlookを起動して送受信操作を実行すると、自動的に実行されません。問題を修正するためにOutlookの設定を変更するように勧められた友人がいますが、どうすればよいかわかりません。これは非常に迷惑な問題であり、メールの送受信を妨げます。 Outlook 2010の自動受信トレイ更新の問題を修正するのを手伝ってください。 Outlookが、ユーザーが問題に苦しむ必要があるため、期待どおりに応答しないことがあります。このような問題の1つは、Outlookが送信または受信機能を実行してサーバーから電子メールを自動的に取得しない場合に発生します。通常、問題はOutlookの送信または受信グループが影響を受けるか壊れている場合に発生します。ただし、以下のトラブルシューティング方法を使用すると、Outlook 2010の自動受信トレイ更新の問題を修正できるため、緊張する必要はありません。 最初にリボンバーの[送受信]タブを選択します 次に、[送受信グループ]を選択します その後、「送受信グループの定義」をクリックします 次に、自動送信/受信エントリのスケジュールをマークします 最後に制限時間を指定する必要があります したがって、上記の手順を使用すると、Outlook 2010の自動受信トレイ更新の問題を修正できます。しかし、これらのエラーがPSTファイルの破損または損傷につながることもあり、組み込みのユーティリティで修復するのも簡単ではありません。ただし、サードパーティのアプリケーションを使用してPSTを修復できるので、悲しいことはありません。 PST修復ソフトウェアは、Scanpst.exeが失敗したときにユーザーがあらゆる種類のPSTを修復できる、強力で信頼性の高いユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

「Outlook PSTにアクセスできない0x80040116」エラーを簡単に修正する方法-0x800CCCAD???

あなたはOutlookユーザーであり、「Outlook PSTにアクセスできない0x80040116」というエラーに直面していますか?それはあなたが通常あなたのOutlook上で何か操作をするのを避けますか?エラー 'OutlookのPSTにアクセスできない0x80040116'を修正するための効果的なガイドをお探しですか?もしそうなら、あなたは正しい場所にいます。ここでは、 'OutlookのPSTにアクセスできない0x80040116'エラーと、このエラーメッセージを修正するための適切な解決策のすべてを知ることになります 。 「Outlook PSTにアクセスできない0x80040116」エラーについて知っている MS Outlookは、さまざまな注目すべき機能を備えた最も広く使用されている主要なソフトウェアですが、すべてにもかかわらず、「 Outlookの PSTファイルにアクセスできない0x80040116 」エラーの発生は、PSTファイルに問題があることを示しています。そのようなエラーメッセージを取得することは本当に心配の問題です。あなたはエラー 'OutlookのPSTにアクセスできない0x80040116'と遭遇し、本当にそれを修正したい場合は、それからその前に 'OutlookのPSTにアクセスできない0x80040116'エラーが発生する要因について知っておく必要があります。 「Outlook PSTにアクセスできない0x80040116」エラーの原因となっている主な要因 MS Outlookを不適切にシャットダウンします。 ヘッダファイルの破損。 Outlookメールボックスの大部分。 MS Outlookファイルの破損または破損。 オーバーサイズのOutlook PSTファイルなど 「OutlookのPSTにアクセスできない0x80040116」エラーを修正するための効果的な解決策 解決策1:新しいMS Outlook PSTファイルを作成する コントロールパネルを起動してください。 メールアイコンをクリックしてください。 メールセットアップのウィザードで、ダイアログボックスからプロファイルの表示を選択します。 その後、プロパティをクリックしてください。次のダイアログボックスから、データファイルオプションをクリックします。 次に、デフォルトに設定のオプションを選択します。 Eメールタブの下で、新規ボタンをクリックしてください。 今、あなたはEメールアカウントのすべての必要な詳細を記入しなければなりません。 [常にこのプロファイルを使う]ラジオボタンをオンにして、[完了]ボタンをクリックします。 解決策2:ScanPST.exeを使用した「Outlook PSTにアクセスできない0x80040116」エラーの修正 まず最初に、開いているOutlookアプリケーションを閉じる必要があります。 Scanpst.exeを見つけてダブルクリックして実行します。…
Read more

Windows 10をアップデートした後の(解決された)Outlookエラー-0x800ccc13 Outlook???

Windows 10を更新した後Outlookエラーを取得することは多くのユーザーによって報告されています。 Windowsの更新は重要な作業の1つであり、Outlookを含むインストール済みソフトウェアの動作に影響を与える可能性があります。 WindowsのアップデートによりOutlookのコンポーネントが変更され、エラーやその他の問題が生じる可能性があります。あなたのOutlookがWindowsを更新することによって影響を受けるならば、あなたはそのようなOutlookが開始できない、Outlookに十分な許可がない、未知のエラーが発生する、Outlookデータなどをロードできないなど多数の煩わしいエラーに直面するかもしれません。 Windows UpdateによるOutlookのエラーを回避するための注意事項 Windows OSをアップデートする前に、まずOutlookでどのような変更が行われるのかを確認してください。 Windows OSをアップデートするときは、Outlookのアップデートも確認する必要があります。いつか古いバージョンのOutlookはWindowsと互換性がなくてエラーを投げます。 あなたがWindows 10を更新した後にあなたのOutlookエラーとそれにアクセスできない場合は、Scanpst.exeを利用することができます。しかし、この作り付けのユーティリティは限られた問題しか解決できず、すべての問題を解決することはできません。したがって、サードパーティ製のツールを利用することをお勧めします。 PSTファイルの修復ソフトウェアは制限なしで来るそれはどんなOutlookのエラーを修正することが可能である熟練したユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Microsoft Outlook受信トレイ修復ツールの詳細情報-0x800CCC41???

Microsoft Outlook受信トレイ修復ツールは、Scanpst.exeとも呼ばれる内蔵アプリケーションで、あらゆる種類のpstファイルの破損を管理します。このツールは、.pstの破損を診断して効率的に解決するように設計されています。しかし、Microsoft Outlookの受信トレイの修復ツールの助けを借りて、メジャーな.pstの破損を修正できないユーザーもいます。失敗の背後にある理由は、内蔵ツールには独自の制限があるためです。このユーザーは適切な解決策を得ることができません。このケースの専門家に対処するためには、PST修復ツールを明示的に推奨します。 提案されたツールはその特徴と機能を備えています。それは、専門家と深いスキャンOutlookフォルダによって設計され、壊れた、破損した、アクセス不能な、削除された、整形された.pstファイルを見つける。このツールは、最新の技術に完全に基づいた事前スキャンアルゴリズムを使用します。専門家がPSTの修復ツールを推奨する理由は、マイクロソフトOutlookの受信トレイの修復ツールではなく、あらゆる種類の.pstの破損を回復するための信頼できる主な理由があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2007 .PST修復ツール:すべてのメールボックスアイテムを簡単に回復する-0x800ccc13

Outlook 2007の.pst修復ツールは、過大なPSTファイル、ウイルス攻撃、ネットワーク上のPSTファイルの共有などにより引き起こされる破損したPSTファイルまたは破損したPSTファイルを回復するために必要です。このユーティリティは、パスワードで保護され暗号化されたSTファイルからの電子メールを救助し、破損したPSTファイルから削除された電子メール、添付ファイル、会議およびその他の重要なメールボックスアイテムを回復するのにも役立ちます。連絡先、ジャーナル、カレンダー、タスク、メモなどのメールボックスのすべてのコンポーネントの復旧を保証し、それらをすべて新しいPSTファイルに取り込みます。 Outlook 2007の.pst修復ツールを使用すると、誤ってInboxから削除されたか、またはMicrosoft Outlookプロファイルの「削除済みアイテム」フォルダから空になった電子メールを簡単に保持できます。このような機能は、予期せぬコンピュータのフォーマットによって誤って削除された古い電子メールや添付ファイルを参照する必要がある場合に便利です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

OutlookのPST回復ソフトウェア:究極のソリューションは、大規模な.PSTの回復-0x800CCCC3???

効果的な特大の.pst回復ツールをお探しですか?さて、特定の問題の解決方法に関する実証済みの作業ガイドラインをOutlookユーザーに提供するために作成されたものであるため、投稿された記事を慎重に検討してください。 PSTファイルは実際にはOutlookアプリケーションで使用されるストレージファイルです。このPSTは「パーソナルストレージテーブル」の略です。それは、すべてのユーザーの電子メール、カレンダー、連絡先、メモ、および雑誌のローカルコピーを保持します。この記憶域テーブルには、Outlookのバージョンによって異なるファイルサイズの保存制限があります。 このPSTファイルは大きすぎるため、Outlookアプリケーションを応答したりファイルを開くのに多くの時間がかかり始める位置にレンダリングします。問題は、電子メールまたは連絡先にアクセスしようとしたときにさらに悪化し、指定されたメッセージのいずれかで応答されます。 "ファイルをフォルダに追加できませんでした。アクションを完了できませんでした。" "xxxx.pstにアクセスできません – 0×80040116" "ファイルxxxx.pstが最大サイズに達しました。このファイルのデータ量を減らすには、不要になった項目を選択し、永久に(シフト+デル)削除してください。 Outlook.PSTファイルでエラーが検出されました。すべてのメール対応アプリケーションを終了し、受信トレイ修復ツールを実行します。 バックグラウンド同期エラー 今は状況が処理に忙しいという事実にかかわらず、パニックを起こさず、多くの強力なスキャンアルゴリズムを備えたOutlook PST回復ソフトウェアを使用するように提案されていますが、このツールには潜在的なものが含まれています最も効率的な特大の.pst回復ツールの一つとして言及されているすべてのバージョンのOutlookのOutlook 2000、2003、2007とMS Outlookの2010を作成した特大のOutlookのPSTファイルを修復する、それが簡単なだけでなく、インタラクティブなユーザーを含む通知されました-インタフェース。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookタスクを修復する方法-0x800CCCAE???

Outlookタスクがタスクフォルダにアクセスするのが困難になっているためにダメージを受けている場合は、Outlookタスクを修復する必要があります。このページに従って、破損したOutlookタスクを修正する方法と方法について知ってください。 Outlookアプリケーションは、あなたが何も失うことができない1つの先進的なメール管理システムです。すべての単一ファイルは、破損している場合はOutlookアプリケーションで重要ですし、システム上で正常に動作しない可能性があります。エラーを修正するために時々アラートメッセージが表示されますが、ここでの問題はOutlookのタスクを修復する方法が何もわからないことです。このような種類の損傷を修復するために、どのステップが使用されますか。 Outlook自体がscanpst.exという組み込みの修復ツールを提供しているので、心配する必要はありません。このツールは、OutlookのPSTのすべてのダメージファイルとフォルダを修復します。しかし、PSTフォルダのファイルサイズは2GBを超えないようにしてください。これが起こった場合、組み込み修復ツールは修復に失敗します。この場合、PSTの修復ツールに行く必要があります。破損したOutlookを修正するのに役立つアドバンテージです。だから、Outlookのタスクを修復するためには、より良い2つ目のオプションではなく、それinbuiltツールを移動します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookプロファイルエラーを修正できない-0x800ccc0d outlook 2007

MS Outlookには、電子メールを簡単なタスクにするいくつかの機能が用意されていますが、問題がないわけでもありません。 Outlookのユーザーは、不便を引き起こすいくつかのエラーについて継続的に報告します。 Outlookプロファイルエラーを開くことができませんあなたの電子メールの経験を台無しにするような問題です。このエラーは、通常、ユーザーがOutlookで新しいアカウントを構成するときに発生します。この迷惑なエラーの主な理由は、PSTファイルの設定が間違っているためです。 PSTファイルが誤って設定されると、エラーメッセージを開いて表示することを拒否します。あなたも同じ問題に直面している場合は、次の方法を使用して解決しようとすることができます: Windows + Rボタンを押して実行ボックスにOutlook.exe / resetnavpaneと入力します その後、Enterキーを押します 上記の方法を使用してOutlookプロファイルエラーを解決できない場合は、適切なサードパーティプログラムを使用することをお勧めします。 PST修復ソフトウェアは、PSTファイルを修復し、それによって発生した問題を解決するそのようなプログラムです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

迅速にOutlook 2007のPSTの修復ツールで破損したPSTファイルを修復する-800ccc0f???

Outlook 2007のPSTの修復ツールについての分析 MS Outlook 2007はさまざまな活動に使用され、ユーザーは自分の都合に合わせて電子メールアカウントを管理できます。それは、スペルチェックや文法ミスのためのフォーマットを提供しています。これは、送信してからすぐに送信する必要があるかどうかを選択します。 MS Outlookには、すべてのデータがpstファイル形式で格納されていることがよく知られています。しかし、それは次の理由のいずれかのために壊れてしまうので注意を払うことの対象です: PSTファイルサイズが2GBを超えています。 MS Outlookアプリケーションの不適切なインストール。 電源の変動。 ウイルス攻撃 ユーザーがpstファイルにアクセスできない場合は、Outlook 2007 pst修復ツールの助けを借りることがあります。 pstファイルを修復するための組み込みソフトウェアも利用できますが、それは制限内で動作します。 Outlook 2007のPSTの修復ツールの機能 このユーティリティを使用すると、ユーザーは破損したpstファイルをスキャンし、修復後にすべてのPSTファイルを新しいPSTファイルに保存できます。 これは、暗号化されたパスワード保護されたpstファイルの修復をサポートします。 また、2016年、2013年、2010年、2007年、2002年などの他のバージョンのOutlookと互換性があります。 破損したPSTファイルや破損したPSTファイルを直ちに修復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする