Tag Archive: 報告されたエラー0x800ccc13を送信するOutlook 2013

virus tag

Outlook2010からアーカイブされた電子メールを救出する方法-Outlook?pst???????????

Outlook 2010でアーカイブされた電子メールをレスキュー/回復しますか? MS Outlookユーザーは、Outlookにアーカイブフォルダがあり、古いメールと既読メールをすべて保存して、新しいメール用のスペースを確保できることを知っているかもしれません。これは、電子メールフォルダを整理するために受信トレイをすっきりさせるために行われます。これは、古いものを移動して、任意のフォルダーからアーカイブフォルダーに電子メールを読むのに適した習慣です。一度は、アーカイブされたメールやその他のOutlookpstファイルをデフォルトの場所またはその他の目的の場所に簡単に復元できます。ただし、実際の問題は、ユーザーがOutlook2010からアーカイブされた電子メールをレスキューまたは回復できない場合に発生します。 実際には、アーカイブフォルダ内の電子メールは、ユーザーによって消去されたり、ソフトウェアの競合のために削除されたりする可能性があります。空き容量を増やすために、Outlookユーザーは、アーカイブされた電子メールが完全に削除されることに気付かずに、誤ってShiftキーと削除キーを押すことがあります。これにより、多くの場合、重要な電子メールが消去されます。ウイルス攻撃、特大のpstファイル、Outlookの終了、Outlookプロファイルのインポートに加えて、Outlook 2010でアーカイブされた電子メールにアクセスできなくなるpstファイルの破損も発生する可能性があります。このような状況でも、pstファイルのバックアップがある場合はOutlook 2010からアーカイブされた電子メールをレスキューするために使用されます。したがって、そのような場合、ユーザーは組み込みのscanpst.exe、別名受信トレイ修復ツールを使用することをお勧めします。これは、pstファイルの破損を修復し、pstの破損を修正できる無料のユーティリティです。ただし、特定の制限があり、ほとんどの場合、信頼できません。または、ユーザーは、Outlook2010およびその他のOutlookバージョンでアーカイブされた電子メールを簡単に回復できるサードパーティのPST回復ソフトウェアを選択できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

PhoenixDLL.dllを登録するには?-0x800CCC06???

この投稿はPhoenixDLL.dllを正しく登録する方法を知りたいOutlookユーザを助けるために作成されます。こちらに到達したら、PhoenixDLL.dllを登録するためのステップバイステップの指示も探していることが確認されています。さて、このガイドをたどり、与えられた指示に正確な順序で従ってください。 PhoenixDLL.dllについて知っておくべき事実 PhoenixDLL.dllはdimastrcomからのファイルであり、MS Outlook Redemptionの一部と見なされています。この種類のファイルは、通常e:¥Program Files¥Stellar DBX to PST Converter¥にあります。ファイルサイズは約4293120.00バイトです。メモリとCPUリソースを非常に消費するPC上で実行されているプロセスがいくつかあるため、プロセスの一部は悪意のあるファイルとして表示され、それらはユーザーのPCを攻撃します。だから、まず最初にあなたはWindows Startupからこのファイルを削除した後PhoenixDLL.dllプロセスを停止しなければならない。最後に、 PhoenixDLL.dllを正常に登録しなければなりません。 PhoenixDLL.dllを正常に登録するための手動指示 まず第一に、あなたはあなたのPCをシステム管理者としてログインしなければなりません。 その後、インストールフォルダ(C:¥Program Files¥OneSafe Outlook PST Repair)に移動します。 リストされたプログラムファイルリストから、フォルダ内のPhoenixDLL.dllを見つけます。 次に、スタートボタンをクリックしてください。 実行ウィンドウを起動します。 [ファイル名を指定して実行]ボックスに、regsvr32と入力します。 今、再び 'OneSafe Outlook PST Repair'のインストールフォルダを開いてPhoenixDLL.dllファイルを選択してください。 ファイルを選択したら、ファイルを単純にドラッグしてRun Windowsにドロップします。 PhoenixDLL.dllファイルを正常に削除した後、パスはregsvr32 'C:¥Program Files¥OneSafe Outlook PST Repair¥PhoenixDLL.dll'として表示されます。 次に、OKボタンをクリックしてください。 これで、画面にポップアップウィンドウとメッセージが表示されます。 あなたはOKボタンをクリックしなければなりません。 上記の手動のステップバイステップの指示の後であなたは間違いなくPhoenixDLL.dllを正しく登録するでしょう。しかし、手動の指示は多大な労力と時間を必要とします。その場合、MS…
Read more

Scanpst.exeがOutlook PSTファイルの破損を修復するのにどのように役立ちますか?-550????????

OutlookのPSTファイルには、電子メール、メモ、連絡先、予定表、仕事などのほとんどすべての重要なデータが含まれています。しかし、残念ながらPSTファイルは破損したり破損したりする傾向があるので、それが適切に処理されない場合、その場合ユーザはいくつかの種類のエラーや問題に直面しなければならない。破損または破損したPSTファイルによって作成される問題に取り組むために、Outlookは受信トレイツールであるScanpst.exeを提供しました。 Scanpst.exeは、エラーや問題の多くを解決する破損したOutlookのPSTファイルを修復するのに役立ちます。ただし、この受信トレイユーティリティは常に動作するわけではなく、PSTファイルの修復に失敗することもあります。 受信トレイツールにはいくつかの制限があり、それはひどく損傷を受けたか大きいサイズのPSTファイルを修復することができません。 Scanpst.exeが破損したOutlookのPSTファイルを修復するのに役立ちますがそれが失敗した場合、あなたはサードパーティ製のツールを使用する必要があることは間違いありません。最もよいユーティリティの一つは、あなたがscanpst.exeと一緒に修正することができないひどくそしてひどく破損したPSTファイルを修復する機能を持っているPST修復ソフトウェアです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2011が応答しない場合の対処方法-0x800cccof???

Outlook 2011が応答しないというエラーについて報告するユーザーが多数います。あなたのOutlookもフリーズしている場合は、アクセスしている間は作業をやめてから、心配しないでください。ここでは、この厄介な問題を解決するための完全な情報が得られます。古いOutlook、大きなメールボックス、破損したユーザープロファイル、ウイルス対策の問題、または破損したOutlook PSTファイルの破損など、この問題の背後には多くの理由があります。この問題を解決するには、以下のいずれかの修正を試してください: Outlookをセーフモードで開き、アドインを削除する 外部コンテンツの読み込みを停止し、メールボックスを明るくする Outlookの最新の更新プログラムをインストールする 上記の修正プログラムを使用した後も、Outlook 2011がまだ応答していない問題に直面している場合は、PSTファイルに破損があることを示すものです。多くのOutlookユーザーはPSTを修復するためにインボックスツールに行きますが、ファイルがひどく損傷しているとscanpstは機能しません。このような状況では、サードパーティのツールを使用する必要があります。 PST修復ソフトウェアは、そのような素晴らしいユーティリティthateasily PSTファイルを修復し、Outlookを円滑に実行させる。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Microsoft .Pst修復に関する完全な情報を知る-0x80042108???????

あなたがMicrosoftの.pst修復を探しているなら、あなたのOutlookが.pstの破損に悩まされている可能性があります。 Outlookユーザーが.pstの破損によりファイルにアクセスしない状況に遭遇すると、これは本当に重要な動きです。 Outlookユーザーにとっては非常に一般的であり、いくつかの結果に直面しています。これらのシナリオを処理するために、Microsoft Outlookは、Pstの破損を効果的に処理するOutlookアプリケーションと共にScanpst.exeツールを開発してインストールしました。ただし、このツールは、pstの破損に関する小さな問題を修正するように設計されています。その場合、この問題を解決できる他のサードパーティのツールが必要です。 ただし、 PST修復ツールは、破損したOutlook PSTファイルの破損または破損に適切なソリューションです。破損は、オーバーサイズのpstファイル、ファイルヘッダーの破損、アプリケーションのクラッシュまたはウイルスの感染などにより発生する可能性があります。このソフトウェアは、パスワードで保護され暗号化されたPSTから電子メールを取得し、削除された電子メールを回復するのに役立ちます。 PST修復ツールからの回復プロセスは、すべてのメールボックスコンポーネントの新しいpstファイルへの復旧を保証します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookのカレンダーのリカバリ:破損したOutlookのPSTファイルを修復する-0x800CCCA6???

Microsoft Outlookは、カレンダー、タスク、メモ、会議などのさまざまな機能を含むMS Officeソフトウェアスイートの一部です。ユーザーは会議やイベントのスケジュールを設定したり、重要な日付のアラームを作成できます。 Microsoft Outlookのカレンダーのエントリが正しく表示されない場合は、カレンダーに格納されているデータがさまざまな理由で破損または失われている可能性があります。したがって、Outlookのカレンダーの回復を実行するには、以下の手順に従ってOutlookプロファイルからカレンダーを回復する必要があります。 まず、Microsoft Outlookアプリケーションを終了します。 'スタート'メニューを開き、 '実行'アイコンをタップします。 ここで、 'outlook / cleanreminders'と入力してEnterボタンを押す必要があります。 もう一度[実行]ダイアログボックスを開きます。 「outlook / resetfolders」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。 Outlookアプリを再起動すると、Outlookの予定表の回復が表示されます。 注:上記の手順でOutlookの予定表の回復に役立たない場合は、信頼できるOutlook PST修復ツールを試す必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook TCPのIPエラーを修正-0x800CCC42???

Outlookは、電子メールやその他の重要なことを組織的に管理する便利な機能を提供します。しかし残念ながら、他の電子メールクライアントのような問題も起こりやすく、使用中にエラーメッセージが出ることがあります。 Outlookを使用している間に発生する可能性のあるエラーの1つは、Outlook TCP IPエラーです。ほとんどのエラーメッセージと同様に、ユーザーが電子メールを送信または受信しようとしたときにも発生します。ここでは、エラーがどのように正確に見えるかを見ることができます: "サーバーへの接続中にTCP / IPエラーが発生しました(アカウント: 'pop.earthlink.net'、POP3サーバー: 'pop.earthlink.net'、エラー番号:0x800cc15)。 また、Outlook TCPのIPエラーが発生していて、それを修正したい場合は、TCP / IPを再インストールする必要があります。しかし、頻繁に発生するエラーメッセージは、PSTファイルを破損または破損させ、データの消失につながる可能性があります。ただし、scanpstを使用してPSTの被害を修正することはできますが、それは常に有効ではありません。このような状況では、PST修理ソフトウェアを選ぶことができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

scanpst.exeを使用してpstファイルを修復するユーティリティ-0x800CCC00???

scanpst.exeの無料ユーティリティの利点 MS Outlookは、その先進機能のために電子メールを送受信するプロセスを実行するために何千人もの人々が好むような電子メールアプリケーションです。タスクマネージャ、メモ、ジャーナル、カレンダーなどを含むすべての電子メールやその他のデータを整理します。この電子メールクライアントは、すべてのデータをpstファイルと呼ばれる個人用ストレージファイルに格納します。しかし、いつかpstファイルにアクセスできなくなってしまい、その破損を明確に示しています。いくつかの理由により発生する可能性があります。その場合、ユーザーはscanpst.exeフリーツールであるOutlookの組み込み機能の利用を好む場合があります。 PSTファイルの破損は、以下の理由により発生する可能性があります。 PCのランダムシャットダウン。 突然の電源供給。 PC上のマルウェア攻撃。 pstファイルのサイズ以上 scanpst.exeフリーユーティリティは、pstファイルの破損の原因が厳しくない場合に、この問題の状況を克服するのに役立ちます。それ以外の場合、彼らは破損の重大度に関係なくpstを修復する究極のソリューションと考えられているOutlookのPST修復ソフトウェアをサードパーティの修復ツールのインストールを選択することがあります。すべてのOutlookデータとMs Outlook 2007のInterfaceとのマッチングの効率を回復します。ITは、競合他社から最高のものとして認識するために最も重要な機能であるpstファイルの一括サイズで正しく機能します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする