Tag Archive: 受信トレイツール

virus tag

破損したOutlookプロファイルを修正する方法-0x800ccc13????

プロファイルが破損しているためにOutlookデータにアクセスできませんか? Outlookプロファイルが破損していますか?実際には、Outlookプロファイルが破損していると、ユーザーがメールボックスアイテムとpstデータにアクセスできないという問題が発生する可能性があります。このような状況では、Outlookユーザーは破損したOutlookプロファイルを修正および修復するか、MSOutlookで新しいプロファイルを作成する必要があります。 新しいOutlookプロファイルを作成する方法は? まず、Windowsでコントロールパネルを開き、次にメールに移動します 次に、[プロファイルの表示]をクリックし、[追加]オプションをクリックする必要があります メールアカウントの詳細を入力し、[完了]をクリックします。プロセスが完了するとすぐに、新しいプロファイルが作成されます コントロールパネルをもう一度開き、と同じ手順に従います。 [コントロールパネル]> [メール]> [プロファイルの表示]に移動します。ドロップダウンメニューをクリックして、作成されたプロファイルを選択し、デフォルトプロファイルとして設定する必要があります。これにより、[常にこのプロファイルを使用する]オプションが選択されている場合、新しいプロファイルがデフォルトプロファイルとして設定されます。 ただし、それでも問題が発生し、pstファイルまたはメールボックスアイテムにアクセスできない場合は、pstファイルがひどく損傷していることを明確に示しています。あなたはscanpst.exeまたはサードパーティのOutlookPST修復ソフトウェアを使用して破損したpstファイルを修復する必要があります。ただし、scanpst.exeには特定の制限があり、深刻なpstの破損を修復することはできません。したがって、より良い代替手段はOutlookPST修復ソフトウェアです。ユーティリティのデモバージョンは、修復されたpstファイルのプレビューをスキャンして表示します。ただし、修復されたpstファイルを目的の場所に保存するには、ソフトウェアのライセンスバージョンを購入する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst.exe Outlook 2007が失敗しました:PSTを修復する方法を知る-0x800CCCDE???

Outlook 2007のscanpst.exeに関する情報 多くの人々がOutlook 2007を今日でも使用しています。これは、個人的なニーズと専門的なニーズのための簡単なインターフェイスのためです。重要なデータ、電子メール、添付ファイルへのアクセスを効率的に提供します。これらのすべてにかかわらず、人々はデータの過剰使用や過負荷がPSTファイルの破損として現れることを忘れてはなりません。そのユーザーはこれらの事態に気づく責任があり、scanpst.exe outlook 2007ソフトウェアの助けを借りて、PSTファイルの破損を修正する必要があります。この手順は、MS Outlook上のユーザーによるワークフローのメンテナンスに多く役立ちます。 scanpst.exe outlook 2007の利点を利用するには、ユーザーはその場所を十分に理解している必要があります。 scanpst.exe outlook 2007の場所: Microsoft Outlook 2007(64ビットWindows):C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office12 Microsoft Outlook 2007(32ビットWindows):C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office12 scanpst.exe outlook 2007が被害PSTファイルを修復できなかった場合、今、どのステップを実行する必要がありますか。 scanpst.exe outlook 2007が修復作業に失敗した場合、彼はPSTファイルを破損し、その状態でユーザーは破損したPSTファイルの再構築に役立つOutlook PST修復ソフトウェアをインストールする可能性があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする