Tag Archive: オフィス2013 pstの修理ツール

virus tag

Outlook 2016アーカイブが機能しない問題を修正するための最良の解決策-0x800ccc05???

Outlook 2016アーカイブが機能しない場合はどうすればよいですか?同じ目的でインターネットを掘り下げているOutlook 2016ユーザーはたくさんいます。あなたもその中にいるなら、これはあなたにとって正しい場所です。アーカイブは、ユーザーが受信トレイのサイズを管理できるOutlookの最高の機能の1つです。 Outlookを長期間使用している場合は、大量のメールが送信され、その結果、受信トレイがいっぱいになります。このような状況では、新しいメールは届きません。 ユーザーはOutlookで自動アーカイブオプションを設定して、定期的にメールをアーカイブし、受信トレイのサイズを管理できます。ただし、自動アーカイブが機能せず、ユーザーが新しいメールを受信できなくなることがあります。したがって、Outlook 2016アーカイブが機能しない場合は、次の手動アーカイブオプションを試すことができます。 [ファイル]メニューに移動し、[クリーンアップツール]を選択します [アーカイブ]をクリックし、[このフォルダとすべてのサブフォルダをアーカイブする]を選択します。 アーカイブするには、フォルダ(メールをアーカイブする受信トレイ)を選択します。 しかし、Outlook 2016アーカイブが機能しない古いメールが破損してアクセスできなくなることがあります。その場合、Scanpst.exeは大きなPSTファイルを修復できないため、サードパーティのアプリケーションを使用してメールを修復する必要があります。 PST修復ソフトウェアは、サイズが大きいために破損した電子メールを修復できる最良かつ最も信頼性の高いユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

セーフモードでもOutlookが開くとクラッシュするのはなぜですか?-pst???????????

クラッシュするたびにOutlookをセーフモードで起動します。しかし、セーフモードでもOutlookが起動しなくなった場合はどうなりますか?はい、そうです、Outlookはセーフモードで起動中にクラッシュする可能性があります。同時にユーザはまたMSPST32.DLLに関連するエラーに気づきます。今、あなたはMSPST32.DLLは何ですか?実際には、アプリケーションに簡単にアクセスするために必要なOutlookの重要なファイルです。このファイルが破損、破損、または見つからない場合、Outlookがクラッシュし、ユーザーがいくつかの問題に直面し始めます。このような状況では、Outlookをセーフモードで実行しても機能しません。この問題を解決するには、以下の手順に従ってください。 スタートメニューにコマンドを入力 CtrlキーとShiftキーを同時に押して、Enterキーを押します。 次に、はいを選択します。 regeditと入力してEnterキーを押します。 レジストリエディターで、MSPST32.DLL関連キーを選択してください。 ファイルメニューからエクスポートオプションを選択します。 保存先タブで保存先を指定します。 ファイル名を入力し、保存ボタンをクリックしてください。 あなたのOutlookがセーフモードでも開いてクラッシュした場合は上記の手順を使用した後、それはPSTファイルに破損があることを意味します。 Scanpst.exeはPSTファイルを修復するのに使用することができますがそれはいつか修復に失敗し、データ損失につながる。したがって、専門家はPST修復ソフトウェアなどのサードパーティ製ユーティリティを使用することをお勧めします。それはPSTファイルを修復し、何の問題もなくOutlookの問題を修正することが可能である素晴らしいユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2010のMapi 1.0エラーを修復するには?-800ccc92???????

多くのユーザーがOutlook 2010でmapi 1.0エラーについて報告しています。ユーザーによると彼らはOutlook 2010で電子メールを送受信しようとするとこのエラーが発生するとしています。君は。ユーザーがOutlook 2010でMS Wordを介して添付ファイルを送信しようとすると、通常mapi 1.0エラーが表示されます。それは本当に厄介ですが、ここではあなたがそれを修正する方法を知るでしょう心配しないでください。このエラーが発生した場合は、Outlookを閉じてPCを再起動してください。これでうまくいかない場合は、次の手順を試してください。 MS OutlookまたはOffice 2010をアンインストールしてから再インストールします。 mapi.dllまたはmapi32.dllファイルの名前を変更する 作り付けのツールfixmapi.exeを実行してみてください Outlookをデフォルトの電子メールクライアントとして設定する 上記の提案を使用してOutlook 2010でmapi 1.0エラーを修正できない場合は、心配しないでください。 PSTが破損しているためにエラーが発生することもあります。あなたはPSTの破損の問題を修正するために受信トレイツールを使用することがありますが、破損がひどい場合は失敗します。したがって、PST修復ソフトウェアなどの強力なユーティリティを使用することをお勧めします。内容に影響を与えずにPSTファイルを正しく修復する信頼できるソフトウェアです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

無料のScanpst.exeダウンロード:PSTファイルを修復する最良の方法-???????????????????Outlook 2007???????????

Microsoft Outlookの電子メールクライアントを通常の目的だけでなく公的な目的で使用する際に、重要なメールボックスコンポーネントにアクセスしようとする際に、いくつかの問題が発生する場合があります。ここでは、重要なメール、添付ファイル、タスク、メモ、雑誌、カレンダー、およびPSTファイルに保存されているその他のデータを理解することが重要です。 MS OutlookのPSTファイルが壊れたり破損したりする可能性があるため、メールボックスアイテムにアクセスする際に問題が発生した場合は、scanpst.exeのダウンロードを無料にする必要があります。 ただし、Scanpst.exeは、OutlookユーザーがPSTエラーを無料で解決できるように、Microsoftが開発した無料の組み込みユーティリティです。技術的には、この受信トレイの修復ツールは、特にPSTファイルのマイナーレベルの破損問題を修正するようにプログラムされています。したがって、PSTファイルが何らかの理由で破損したり破損したりすると、scanpst.exeの無料ダウンロードはファイルの修復やメールボックスコンポーネントの復旧に役立ちません。そのような状況では、PSTの問題を修正し、メールボックスのアイテムを復元する評判の良いOutlook PST修復ツールから助けを借りてください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

ガイドOutlookの添付ファイルの回復を実行するにはMS Outlookの添付ファイルを回復する-0x8000ccc13 Outlook 2013

Outlookの添付ファイルの回復が必要なシナリオ Outlookのメッセージを入手できなくなると、ほとんどのOutlookユーザーは電子メールの添付ファイルがなくなったと思うが、Outlookのユーザーの中には、一時的なインターネットファイルフォルダに安全だと思われる添付ファイルがMS Outlookに保存されることはほとんどない。 Outlookの添付ファイルは、実際には、ユーザーがすべてのメッセージとデータを1か所に保存できる主要な有益な機能の1つです。しかし、いつかは何らかの理由で添付ファイルが削除されたり、アクセス不能になったり、紛失または破損したりすることがあります。 サードパーティのツールを使用してOutlook添付ファイルの回復が可能 Outlookユーザーは、scanpst.exeというOutlookの組み込み修復ツールを使用してOutlookの添付ファイルの回復を実行できます。このツールには、すべてのアクセスできないファイルや壊れたPSTファイルを修正するMicrosoft Outlookアプリケーションが付属しています。 MS Outlookの内蔵ツールの助けを借りて、あなたは簡単にあなたの破損した、破損した破損した電子メール添付ファイルの紛失を回復することができます。しかし、すべてのOutlook関連の問題を修正したり、Outlookの添付ファイルの回復を実行できない場合は、サードパーティのOutlook添付ファイル回復ツールを選択する必要があります。 Outlookの添付ファイルの回復を実行するには、オンラインでもオフラインでも利用できるサードパーティのユーティリティがいくつかありますが、すべてのOutlook PST修復ツールの中で、OutlookユーザーがOutlookの添付ファイルの回復を成功させ、 、紛失、破損、壊れた電子メールの添付ファイル。このサードパーティのツールは、Outlookの添付ファイルの回復を実行するために専属の安全で使いやすいユーザーとして設計されています。これは、元のPSTファイルからデータを読み取り、修正手順の間に新しい正常ファイルを作成します。 MS Outlookユーザーの任意のバージョンは、OutlookのPSTの修復ツールを使用して簡単にOutlookの添付ファイルの回復を実行することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

最善のソリューションは、壊れたOutlookファイルを回復する-0x800CCC12???

PCユーザーの多くは、個人的な使用やビジネスでの使用など、さまざまな目的でMicrosoft Outlookを使用して電子メールに簡単にアクセスできるということについて疑いはありません。 MS Outlookは、すべてのデータファイルをパーソナルストレージテーブル(PST)ファイル形式で保存します。たとえば、すべての種類のデータファイルを保存できます。電子メール、添付ファイル、連絡先、メモ、カレンダーなどがあります。基本的に、ユーザーはバックアップ情報を小さな部分に分割して適切に処理できます。いずれにしても、Outlookデータファイルに破損があると複数のファイルやデータが失われ、影響を受けるユーザーが破損したOutlookファイルを回復するのは非常に複雑になります。したがって、PSTデータファイルのバックアップを維持する必要があります。ユーザーが誤ってPSTファイルを削除し、失われたOutlookデータファイルを復元する場合があります。 Outlookファイルがメールボックスから壊れてしまった場合は、まずは[削除済みアイテム]フォルダを確認する必要があるため、修正することができます。これが見つからない場合は、次にOutlook PST修復ツールを使用してアクセスできる回復可能なアイテムフォルダが表示されます。このOutlookのPSTの修復ツールを使用すると、簡単に破損したOutlookファイルを回復することができます。 Outlookデータが誤ってまたは意図的に破損した被害者にとっては、本当に恩恵です。回復ツールには強力なスキャンアルゴリズムがあります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする