Tag Archive: オフィス2013修理のPST

virus tag

修正 '操作を完了できませんでした。 1つ以上のパラメーター値が無効です。簡単に-0x80040115 Outlook???

このチュートリアルガイドでは、「操作を完了できませんでした」というエラーについてすべて知っています。 1つ以上のパラメーター値が無効です。そして、このエラーメッセージを修正するための適切な解決策。だから、この記事を注意深くそして完全に読んでください。 All About '操作を完了できませんでした。 1つ以上のパラメーター値が無効です。エラー ' 操作を完了できませんでした。 1つ以上のパラメーター値が無効です。 'は、複数のWindowsユーザーが遭遇するエラーメッセージです。メッセージ要求の送受信中、アポイント、タスク、連絡先などの保存中に発生する可能性があります。このエラーメッセージが表示される理由はいくつかありますが、最も一般的な理由はオートコンプリートリストの破損です。だから、それを修正するためにオートコンプリートリストをクリアすることをお勧めします '操作を完了できませんでした。 1つ以上のパラメーター値が無効です。エラー。 エラーを修正する方法 '操作を完了できませんでした。 1つ以上のパラメーター値が無効です。 解決方法1:オートコンプリートリストからメールアイテムを1つずつ削除する エラーを修正するには '操作を完了できませんでした。 1つ以上のパラメーター値が無効です。オートコンプリートリストから個々の電子メールアドレスと各電子メールアイテムを削除することは、ストレートでシンプルな解決策です。この方法では、このようなエラーメッセージを簡単に修正できますが、実際には時間がかかり、多大な労力とスキルが必要です。アイテムを削除するには、まず新しいメールのアドレスバーに名前の最初の文字を入力する必要があります。その後、名前が自動的に表示されます。マウスをその上に移動してから削除するだけです。 解決策2:オートコンプリートのリストをクリアする Microsoft Outlookを起動し、[ファイル]メニューをクリックします。 その後、「オプション」ボタンをクリックしてください。 ドロップダウンメニューから、メールオプションを選択します。 メッセージの送信セクションの下にある 'オートコンプリートリストを空にする'ボタンをクリックしてください。 オートコンプリートのリストを空にするには、[はい]ボタンをクリックします。 解決策3:オートコンプリートのキャッシュをクリアする Windows PCを起動してください。 スタートに移動し、すべてのプログラムを選択してから、実行をクリックします。 または、Win + Rキーを押して[ファイル名を指定して実行]ボックスを開くこともできます。 開いたファイル名を指定して実行ボックスに、outlook.exe / cleanautocompletecacheと入力し、[OK]ボタンをクリックします。 上記の命令は間違いなくエラーを解決します '操作を完了できませんでした。 1つ以上のパラメーター値が無効です。…
Read more

Outlookが自動的に更新されないというエラーを修正-0x800ccc0e

Outlookを自動的に更新しない問題を修正するには?さて、あなたが同じ問題を抱えているなら、ここであなたはそれを修正するための解決策を見つけるでしょう。多くのユーザーは、Windowsシステムで設定したPSTファイルは、電子メールを送受信しても自動的には更新されないと報告しています。通常、この問題はOutlookで送受信グループが破損したときに発生します。しかし、それは深刻な問題ですが、修正できるのでパニックにならないでください。 Outlookで新しい送受信グループを作成することで、この問題に対処できます。それを行うには、与えられた手順に従います。 Outlookを開いてツールをクリック 送受信設定を開き、[送受信グループ]をクリックします。 新しいグループの名前を入力して[OK]を押します。 古いグループ名をクリックしてチェックボックスをオフにします 今すぐ閉じるオプションを選択し、Outlookを再起動します。 その後、あなたはOutlookが自動的に問題を更新していないのを取り除くでしょう。しかし、情報を格納しているPSTファイルのヘッダーが破損すると、このメソッドは失敗します。悲しいことではない、あなたは修復ユーティリティを使用して破損したPSTを修復することができます。 PSTファイルの修復ソフトウェアは、あなたがPSTファイルを修復し、Outlookのアップデートの問題を修正するために使用できる信頼性の高いユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2007の起動エラーを修正する:「Microsoft Office Outlookを起動できません」-????????????????????

Outlook 2007の起動時にエラーが発生した場合:MS Outlook 2007を使用しているときに「Microsoft Office Outlookを起動できません」問題を解決するための適切な解決策を検索してください。このガイドをよく見てください。 Outlook 2007の起動エラーを修正するための解決策: "Microsoft Office Outlookを起動できません" 解決策1:MS Outlook 2007のナビゲーションウィンドウをリセットする まず最初に "Windows + R"キーを同時に押して[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。 [ファイル名を指定して実行]ボックスにoutlook.exe / resetnavpaneと入力し、Enterキーを押した後。 最後にPCを再起動してください。 解決策2:Outlook 2007の起動エラーを修正するために互換モードを無効にする: "Microsoft Office Outlookを起動できません" スタートに移動して検索ボックスを開きます。 検索フィールドにoutlook.exeと入力します。 それでは、Outlookを右クリックし、[プロパティ]オプションをクリックします。 [互換性]タブにカーソルを移動し、[互換モードでこのプログラムを実行する]のチェックボックスをオフにします。 さらに手順を進めるには、OKボタンをクリックしてください。 解決策3:新しいMS Outlookプロファイルを作成する 最初に、Windowsのコントロールパネルに移動しなければなりません。 さて、[表示]オプションを[小さいアイコン]に設定してから、[メール]のオプションを開きます。 次に、[プロファイルの表示]オプションをクリックします。 その後、追加ボタンをクリックしてプロファイル名を入力してください。 新しいプロファイルを作成するには、さらに進んでください。 それでは、「使用するプロファイルの入力を求める」のチェックボックスをクリックしてから、「OK」ボタンをクリックしてください。…
Read more

エラーPSTがOutlookデータファイルではないの修復方法-0x800ccc0b Outlook???

この記事はあなたが簡単にエラーを修正することができるそれを通して簡単で適切な解決策を含みますPSTはOutlookデータファイルではありません。だから、この記事を徹底的に調べてください。 エラーPSTを修正するためのステップバイステップのソリューションはOutlookデータファイルではありません 解決策1:OutlookのPSTファイルが読み取り専用の属性ではないことを確認する MS OutlookのPSTファイルを右クリックします。 次に、[プロパティ]オプションを選択します。 [全般]タブに移動し、[属性]の下の[読み取り専用操作]をオフにします。 今、あなたはMSの見通しを起動します。 [ファイル]オプションを選択し、[開く]ボタンをクリックしてOutlook PSTファイルをインポートします。 解決策2:MS Outlookの受信トレイ修復ツールを実行する。 ScanPST.exeを見つけて、このファイルをダブルクリックして実行します。 次に、[参照]オプションをクリックして、エラーPSTがOutlookデータファイルではないことを示すOutlook PSTファイルを選択します。 次に、スタートボタンをクリックして、スキャン手順の完了を待ちます。 このユーティリティにエラーが表示された場合は、スキャンしたファイルのバックアップを作成してから[修復]ボタンをクリックした後。 解決策3:信頼できてよく評判の良い第三者ツールを使う ScanPST.exeは、PSTはOutlookのデータファイルではありませんエラーを解決することが可能ですが、それはあなたが簡単にそのようなエラーを修正することができないためにいくつかの欠点があります。その時点でユーザーはプロのPST修復ツールに自分自身を切り替える必要があります。この実用性は専門家によって設計されました、そして、それはいくつかのすばらしい特徴で特色にされます。それは健康的なPSTファイルを修正して作成するために、ディープスキャンを実行します。 OutlookのPST ファイルの修復ソフトウェアの助けを借りて、あなたは簡単にあなたのOutlook関連のエラーを修復し、エラーを修正することができますPSTはOutlookのデータファイルではありません 。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

どのようにMicrosoft Outlookのエラー0x8007065eを修正するには?-0x800CCC78???

Outlookでエラー0x8007065eを取得すると、重要な作業に問題が発生する可能性があります。このエラーは、通常、ユーザーがOutlookで電子メールを送受信しようとしたときに発生します。多くのユーザーはこのエラーの原因を知らず、状況を複雑にするいくつかのことをやり始めます。専門家によると、Outlook PSTファイルの不正な同期、不明なバグ、不適切なインターネット接続、破損など、この迷惑なOutlookエラーの背後にはいくつかの理由が考えられます。同じエラーが発生した場合は、次の手順を実行してください。 お使いのシステムがインターネットに接続されているかどうかを確認する Microsoft Outlookをセーフモードで実行し、エラーが発生していないかどうかを確認する システムのアンチウィルスまたはファイアウォールを無効にし、電子メールの送受信を試みる 上記の手順を実行してもOutlookエラー0x8007065eが表示される場合は、PSTファイルに破損があることを示すものです。 PSTの破損になると、多くの人が受信箱ユーティリティであるscanpstを参照します。しかし、この受信箱ユーティリティの問題は、重大な破損があれば失敗するということです。しかし、あなたがインボックスユーティリティが失敗したときにPST修理ソフトウェアのようなサードパーティのユーティリティを使用することができます心配しないでください。それは何の制限もありませんし、重大な破損を修復し、PSTファイルを破損します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Microsoft Outlookの.Pstファイルを実行する方法を知るCorrutption後の回復-0x800cccof Outlook????

あなたがWindowsユーザーで、Microsoft Outlookアプリケーションを使用してコミュニケーションやその他の重要なサービスを利用している場合は、アプリケーションがどのくらい受益者であるかがわかります。プログラムにはいくつかの機能とサービスがあり、ユーザーは重要な作業を行うことができます。しかし、いったんMicrosoft Outlookアプリケーションが壊れたり破損したりすると、重要なファイルにアクセスできなくなる可能性があります。残念ながら、これらのタイプの破損は、.pstファイルやユーザーが重要なファイルにアクセスできない場合があります。 .pstファイルの破損に対処するには、すべての Microsoft Outlook .pstファイルの破損/損傷を効果的に 処理するPST修復ツールとしての専門的なツールが必要です 。 ただし、Microsoft OutlookにはScanpst.exeという名前のツールが組み込まれています。また、すべての種類のpst破損を処理する受信トレイ修復ツールと呼ばれています。残念ながら、このツールにはいくつかの制限があり、ユーザーは Microsoft Outlookの.pstファイルを正常に 修復できません 。その場合、 PST修復ツールとして推奨されるツールは、すべての破損の問題を突き止めるのに適しています。提案されたプログラムはMicrosoft Outlookのすべてのバージョンをサポートしているので、このソフトウェアの助けを借りて緊張して完全な解決策を得る必要はありません。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookで電子メールを送信すると、操作が失敗したエラーを修正しました。-0x800CCCD9???

電子メールを送信するときに操作の失敗に不満を訴えたOutlookユーザーの数があります。このエラーは、主にOutlook 2010ユーザーが遭遇します。 Outlookユーザーでもこのエラーが発生する可能性があります。ほとんどのエラーと同様に、ユーザーが必要な電子メールを送信できないため、迷惑です。このエラーが発生した場合は、Sage ACTを閉じるだけで解決できます!そしてそれをもう一度開く。このエラーを解決するには、更新されたロールアップをインストールすることもできます。 上記の修正を使用すると、Outlookで電子メールを送信するときに操作が失敗するというエラーが発生する可能性がありますが、電子メールを送信中に中断すると、PSTファイルが破損する可能性があります。このような状況では、scanpstを使用することもできますが、問題が解決される可能性は低くなります。したがって、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティのユーティリティを使用することをお勧めします。何らかの理由で被害を受けるPSTファイルを簡単に修復する高度な修復ユーティリティです。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

簡単な方法は、Outlookの連絡先リストを削除した回復する-0x800CCC7B???

Microsoft OutlookはMicrosoftの最も人気のある電子メールクライアントアプリケーションの1つです。このアプリケーションでは、連絡先リスト、メッセージ、電子メールの添付ファイル、重要なメモ、カレンダーなどを保存することができます。ただし、他のアプリケーションと同様に、このアプリケーションの使用中にデータが失われる可能性もあります。 Outlookの連絡先リストまたはMS Outlookの破損の削除は、通常、システムユーザーが非倫理的な慣行を行った場合に発生します。重要な連絡先の紛失につながる理由はいくつかあります。 Outlookの連絡先リストの削除の背後にある理由 バックアップを取らずにPCを誤ってフォーマットする MS Outlookの更新中に問題が発生する ウイルス攻撃 誤ってまたは意図的にMS Outlookアカウントを削除する。 連絡先リストなどを削除するには、Ctrl + Shift + Delキーを使用します。 削除されたOutlookの連絡先リストを復元する手動のアプローチ MS Outlookを開き、電子メールフォルダのリストに移動し、[削除済みアイテム]をクリックします。 "CTRL + E"を押すか、単に削除済みアイテムを検索して、回復したいアイテムを探します。 連絡先を見つけて右クリックしてください。その後、移動>その他のフォルダをクリックします。 連絡先を連絡先リストに戻すには、連絡先をクリックして[OK]ボタンを押します。 注:前述の削除のヒントを実行した後は、間違いなく削除されたOutlookの連絡先リストを回復します。しかし、この方法は技術的スキルとコンピュータ知識が必要です。上級ユーザーでなく、連絡先リストを簡単に復元したい場合は、 Outlooks PST Repair Softwareというサードパーティのツールを使用できます。それはMS Outlookのすべてのバージョンと互換性があり、ほぼすべてのOutlookデータを回復します。このソフトウェアの最も良い点は、ユーザーフレンドリーなインターフェイスが付属していることです。だからあなたは面倒なくOutlook PSTの修復ツールを使用することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

pst Outlook 2007の修復方法は?-0x800ccc0e

Microsoft Outlookを使用して毎日のメールを管理したり、タスクをスケジュールしたり、予定表を整理するなど、何百万人もの人々がいます。Outlookはいくつかのバージョンをリリースしており、Outlook 2007はその中でも最も優れています。 Outlookは、すべてのデータをPSTと呼ばれる個人用ストレージテーブルに格納するために使用します。したがって、PSTファイルへのあらゆる種類の損傷は、データ損失につながる問題を引き起こす可能性があります。 Outlookにアクセスする際にも問題がある場合は、PSTが破損している可能性があります。このような問題を解決するには、pst Outlook 2007を修復する必要があります。 ファイルのオーバーサイズ、ウイルス攻撃、アプリケーションの不適切な終了など、PSTファイルの破損の背後には多くの理由があります.pst Outlook 2007を修復するにはScanpst.exeと呼ばれるMicrosoftの受信ボックスユーティリティを使用できます。この受信トレイツールはOutlookに組み込まれており、その場所はオペレーティングシステムによって異なる場合があります。したがって、PSTの破損のためOutlookにも問題がある場合は、scanpstを使用して修正してください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする