Tag Archive: エラー0x800ccc78 outlook 2007

virus tag

{解決済み}:Outlookエラー0x800ccc1a-0x800CCCAD???

Outlookエラー0x800ccc1aに直面していますか?このエラーのためにOutlookアプリケーションをスムーズに使用できませんか? 0x800ccc1aエラーを修正しますか?破損したpstファイルが主にこれに責任があり、それを修正するために破損したpstファイルを修復する必要があります。ここで、この特定のエラーとその原因に焦点を当てましょう。実際、Outlookユーザーは、使用されているバージョンに関係なく、Outlookでエラーを送受信するときに問題に直面する可能性があります。このような場合、ユーザーは、エラーの背後にある理由を明確に示すポップアップとしてエラーメッセージを受け取ります。メッセージで指定されている暗号化設定タイプに問題がある場合。ただし、誤ったポート番号や破損したpstファイルなどの他の可能性も除外できません。 Outlookエラー0x800ccc1aを修正する方法は? このために、MSOutlookの暗号化設定を変更する必要があります 最初にOutlookアカウントを開き、次にメインメニューの[ファイル]をクリックする必要があります。 これにより、この中の情報画面として、ドロップダウンを選択してアカウント設定を選択し、それをクリックする必要があります。 アカウント設定内で、メールアカウントを選択してから、このオプションをクリックして変更を選択する必要があります 次に、[アカウントの変更]ウィンドウ内の[その他の設定]をクリックする必要があります 次に、[詳細設定]タブをクリックして、チェックボックスをオフにします。これにはSSLまたは暗号化された接続サーバーが必要です 暗号化されたサーバー接続のポート番号を変更する必要があります 次に、終了時に選択して設定を保存します。 ただし、Outlookエラー0x800ccc1aの理由が破損したpstファイルである場合は、scanpst.exeを使用してpstファイルをスキャンして修復する必要があります。これは、Outlookにデフォルトで存在する受信トレイ修復ツールです。同じものを次のように指定されたパスに配置できます Outlook 2019:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2016:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2013:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office15…
Read more

破損したOutlookプロファイルを削除して新しいプロファイルを作成する方法-Outlook?pst????????????

Outlookでメールアカウントが見つかりませんか? Outlookプロファイルに関連付けられているOutlookデータにアクセスできませんか? Outlookの電子メールクライアントが存在しないように見えるか、それを見つけることができない場合は、Outlookプロファイルが破損していることを明確に示しています。このような状況では、破損したOutlookプロファイルを削除し、インポート/エクスポートウィザードを使用して新しいプロファイルを作成する必要があります。ただし、破損したプロファイルを削除する前に、すべてのOutlook .pstデータのバックアップを作成して、データ損失の状況を回避することが非常に重要です。 Outlookで新しいプロファイルを作成する方法 まず、コンピュータのコントロールパネルを開き、メールオプションをクリックします。 次に、[Outlookとしてメール設定]ダイアログボックスを使用して[プロファイルを表示]を選択する必要があります。 次に、[追加]ボタンをクリックします この後、Outlookの新しいプロファイルの名前を指定し、[OK]を選択する必要があります Outlookで新しいプロファイルが作成されたら、この新しく作成されたプロファイルを使用してOutlookを起動し、すべての電子メールアカウントをそれに追加します。 ただし、破損したOutlookプロファイルが原因でpstファイルが破損している場合は、OutlookPST修復ソフトウェアを使用してpstファイルの破損を修復する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook PSTファイルの修復ユーティリティの使い方-0x800CCC6D???

OutlookのデータファイルやWindowsユーザーの.pstファイルが何らかの理由で破損、紛失、削除された場合はOutlook PSTファイル修復ユーティリティの要求が必要です。あなたの.pstファイルも失われて昔から効果的なOutlookのPSTファイルの修復ユーティリティを探しているなら、あなたの検索は間違いなくここで終了します。この記事では、あなたは.pstと適切なOutlookのPSTファイルの修復ユーティリティに関連するすべての情報を知っているでしょう。 OutlookのPSTファイルの紹介詳細 PSTは、ユーザーのデータを保存するためにMS Outlookアプリケーションで使用される特定のファイル形式です。このEメールクライアントアプリケーションは、Eメールの送信、受信、メモの作成、スケジュール、カレンダーエントリ、重要なメモ、タスク、その他の操作を行うことができます。ユーザーの電子メールを保存し、いくつかのタスクを実行するために、MS Outlookは本当に最高で完璧なソリューションです。最近では、それが非常に高度な機能であるという理由だけで、幅広いWindowsユーザーによって使用されています。しかし、問題は、そのユーザーが.pstファイルの損失シナリオに直面する可能性があるということです。 PSTファイルの破損の背後にある原因 ハードディスク上の不良セクタの発生 システムネットワークに関する問題 突然または予期せぬ停電 標的のマシン上に悪意のあるソフトウェアまたはハッキングされたソフトウェアが存在する。 PCとOutlookの異常シャットダウン 効率的なOutlookのPSTファイルの修復ユーティリティとして受信トレイ修復ツールを使用する .pstファイルの破損の背後にある、何千もの要因が原因ですが、良いニュースは、ScanPSTという名前の最高のOutlook PSTファイル修復ユーティリティを使用してそれらを回復できることです。これは、Outlookユーザーを支援するためにMicrosoftによって提供されている組み込みの修復ユーティリティです。このユーティリティを使用するには、以下の指示に慎重に従ってください。 まず、開いているMS Outlookアプリケーションを閉じます。 その後、ScanPST.exeを見つけてダブルクリックして実行します。 正常に実行されると、ウィンドウが画面上に開きます。 これで、あなたは参照ボタンを使用してPSTファイルを選択するか直接PSTファイルの名前を入力する必要があります。 ファイルを選択したら、スキャン手順を開始するためにスタートボタンをクリックしてください。 正常にスキャンされたら、エラーが発生した場合はその後[修復]ボタンをクリックしてください。 ScanPST.exeという名前のOutlookの受信トレイ修復ツールは効率的なOutlookのPSTファイルの修復ユーティリティですが、PSTファイルがマイナーな理由により破損した場合にのみ適用されます。場合には、あなたのPSTファイルが主な理由で破損または破損したなら、あなたはOutlook PST Repair Toolという名前のサードパーティ製ユーティリティを使用しなければなりません。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

アクセスできないOutlook 2010のプロファイルの問題を修正する方法?-0x800cccof Outlook????

アクセスできないOutlook 2010のプロファイルは、ユーザーから報告された一般的な問題の1つです。ユーザーからの報告によると、OutlookをOutlook 2010バージョンにアップグレードしたため、ユーザーは自分のプロファイルにアクセスできません。彼らは問題の正確な理由を知らないので、ユーザーはパニックになります。あなたがそれらのユーザーでもあるのであれば、ここであなたはtjis問題を解決するための解決策を得るので、心配しないでください。実際にはOutlookのプロファイルが破損したときに問題が発生します。 Outlookプロファイルの破損につながる可能性があるなど、いくつかの理由があります。 OutlookまたはOSの不適切なアップグレード Outlookファイルをインポートするための誤った方法 Outlookの実行中にシステムを閉じる システム誤動作とCRCエラー それとは別に、Outlookプロファイルが破損しているという他の理由もあります。アクセスできないOutlook 2010のプロファイルを修正するには、次の手順を実行します。 Outlookを開き、[ファイル]メニューをタップします アカウント設定オプションを選択します 今すぐあなたのOutlookプロファイルを選択してください 最後に修復オプションをクリックしてください 表示される指示に従ってください ただし、これらの手順で問題が解決しない場合は、サードパーティ製のツールを選択する必要があります。 PSTファイルの修復ソフトウェアは、PSTファイルを修復し、アクセスできないOutlook 2010のプロファイルにアクセスできるようにするような高度なユーティリティです。あらゆる種類のPSTファイルを修復し、Outlookバージョンのほとんどをサポートできます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookエラーコード0x800CCC12を簡単に修正する方法-????Outlook???????

Outlookエラーコード0x800CCC12に直面していますか?このエラーメッセージが何度も遭遇しましたか? Outlookエラーコード0x800CCC12を修正する最適なソリューションを探していますか?もしそうなら、あなたの検索はここで終わります。この記事には、Outlook Expressのエラーコード0x800CCC12を簡単に作成できる効果的なソリューションが含まれています。 Outlookエラーコード0x800CCC12について知っておくべき重要なポイント Outlookエラーコード0x800CCC12は、16進形式で表示されるエラーコードです。 Windowsユーザーが直面する最も一般的なエラーコードの1つです。このようなエラーコードには、一般的なエラー番号と技術的な説明があります。 Windowsシステムファイルが破損する可能性があります。また、Outlookエラーコード0x800CCC12の発生原因には、次のような原因があります。 ハードウェアまたはアプリケーションの不適切な削除。 MS Outlookの不完全なインストール。 Outlookのアンインストールが不完全です。 マルウェアやウイルスの攻撃などがあります。 手動の解決策Outlookエラーコード0x800CCC12を修正するには PCを起動し、システム管理者としてログオンします。 [スタート]> [すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システムツール]の順に選択し、[システムの復元]オプションをクリックします。 新しく表示されたウィンドウで、[前の時間にコンピュータを復元する]オプションを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。 [このリストでは、リストアピン]リストをクリックします。最新のシステム復元ポイントを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。 次に、確認ウィンドウをクリックします。 復元手順が正常に終了すると、PCが再起動します。 ScanPST.exeを使用してOutlookエラーコード0x800CCC12を修正します。 ScanPST.exeツールを見つけてダブルクリックし、正常に起動します。 表示されたウィンドウでPSTファイルの名前を入力するか、[参照]ボタンをクリックして適切なものを選択します。 ファイルを選択したら、[スタート]ボタンをクリックしてスキャン手順を開始します。 手順をスキャンした後にエラーが見つかった場合は、[修復]ボタンをクリックします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Microsoft Outlookの.Pst修復ツールの詳細を知る-???pst?????

Microsoft Outlook .Pst修復ツールをお探しの場合は、.pstファイルが破損したり、さまざまな理由で破損している可能性があります。 Microsoft Outlookには、電子メールを別の電子メールに伝達するために使用される革新的なプログラムがあります。これとは別に、必要に応じてプロや個人のユーザーが使用する他の多くの機能があります。残念ながら、ユーザーは、.pstファイルの破損により重要なファイルや文書にアクセスできない状況に遭遇します。この破損は、ウイルス感染、アプリケーションのクラッシュ、大容量のpstファイルまたはファイルヘッダーの破損によって発生する可能性があります。 さらに、.pstファイルの破損には多くの理由がありますが、この問題に対処するにはMicrosoft Outlookの.pst修復ツールが必要です。 Scanpst.exeは、すべての.pstファイルの破損/損傷を処理するMicrosoft Outlookの組み込みツールです。しかし、この組み込みツールはその限界のために動作しない場合があり、修復に失敗しました。その場合は、.pstファイルの破損を修正するために資格のある専門家によってプログラムされたPST修復ツールとしてのプロフェッショナルツールが必要です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook PSTエラー2146959355-0x800CCCDC???

Outlookユーザーと協力しながらPSTデータにアクセスできないエラーメッセージを表示する未知の問題が発生する可能性があります。エラー2146959355は、Outlookユーザーがほとんど遭遇しないような問題です。 OutlookでGoogle同期アプリを使用しているユーザーは、通常このエラーメッセージに遭遇します。私たちは知っているように、Googleは、機能を活用するためにOutlookで結合することができる優れたアプリケーションがたくさん付属しています。しかし、Outlookを正しく使用していない場合、このエラーメッセージが表示される可能性があります。また、同じエラーを引き起こす場合は、レジストリ内の適切なDLLファイルを確認するか、MS Officeアプリケーションを再インストールして、修正することができます。 しかし、一部のユーザーがPSTファイルの破損につながるOutlookエラー2146959355を修正できません。 PSTファイルの破損を修正するには、Outlookの受信トレイツールであるScanpst.exeを使用できます。しかし、この受信トレイツールはほとんどの場合動作しません。そのような場合には、PST修復ソフトウェアを使用して破損したPSTファイルを修復することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする