Tag Archive: どのようにPSTファイルOutlook 2013を修復する

virus tag

PSTファイルを解決する方法にデータエラーはありませんか?-0x800CCC69???

.pstファイルを読み取るエラーメッセージを表示するOutlookプロファイルにデータがありませんか? Outlookプロファイルに保存されているデータにアクセスできませんか? Outlookは、Outlookデータを保存および管理する最も用途の広い電子メールクライアントアプリケーションです。ただし、pstファイルは破損する傾向があり、そのような状況では、Outlookプロファイルを開いてアクセスするとすぐに、.pstファイルを示すOutlookプロファイルにデータエラーがないことを期待するのは不思議ではありません。 pstファイルが破損し、Outlookプロファイルが.pstファイルにデータエラーがないという次の条件を見てみましょう PSTのヘッダーファイルの破損または損傷 ハードドライブ上の不良メディアまたはセクターの存在 マルウェアの侵入 MS Outlookバージョンの不適切な更新 Outlookプロファイル構成の欠陥 ただし、pstファイルが破損していて、.pstファイルにデータがない場合、ユーザーは慌てる必要はありません。それはあなたのpstファイル全体または保存されたデータが失われるということではありません。 MS Outlookで新しいプロファイルを作成することで修正できます。ただし、問題が解決しない場合は、pstファイルにさらに損傷を与える可能性があるため、ユーザーはOutlookを終了しないでください。サードパーティのOutlook PST修復ソフトウェアを使用して、破損したpstファイルを修復し、.pstファイルにデータエラーがないことを修正することをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

ローカルシステムからPSTファイルを削除するには?-0x800CCC96???

PSTはOutlookの主要コンポーネントであり、電子メール、連絡先などを含むすべてのデータを保持します。しかし、ユーザーが誤ったために重複したPSTファイルを見つけることがあります。 PSTファイルの重複は不要であり、ハードドライブのスペースを消費します。したがって、ローカルシステムからPSTファイルを削除して、領域を解放することが重要です。 PSTファイルを削除する前に、重要なファイルを誤って削除することがあるため、バックアップを作成することをお勧めします。まず最初にPSTファイルを削除するには、その場所を見つける必要があります。その後、次の手順に進みます。 削除するPSTファイルのパスをコピーします エクスプローラーウィンドウのアドレスバーにパスを貼り付け、Enterキーを押します PSTファイルを選択し、右クリックして[はい]をクリックします 確認ウィンドウが表示されたら[はい]を選択 ただし、ローカルシステムからPSTファイルを削除しようとしているときに重要なPSTファイルを削除した場合は、心配しないでください。サードパーティのソフトウェアの助けを借りてバックアップがなくても、削除されたPSTファイルを回復できます。 PST修復ソフトウェアは、PSTファイルを修復するだけでなく、削除されたPSTファイルを回復する優れたユーティリティです。それは読み取り専用ソフトウェアであり、数回クリックするだけで削除されたPSTファイルを回復するために利用できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

電子メールが送信トレイに行き詰まったときの対処方法-0x8004210b???

あなたのメールは送信トレイに詰まりますか?電子メールの送信プロセスには時間がかかりますか?あなたが同じ問題を抱えているならば、ここであなたは完璧な解決策を得るでしょう。 Outlookで電子メールをすばやく送信する必要があるときに迷惑なだけでなく、非常に問題がありますが、動かなくなったり、送信に時間がかかります。通常、Outlookの電子メールに大きな添付ファイルが含まれているか、メールサーバーに問題があると、メールが動かなくなります。それとは別に、Outlookで電子メールの送信を停止するその他の理由があります。 アドインのために電子メールが閲覧済みとしてマークされている場合 Outlookアカウントがメールサーバーに認識されない場合 Outlookの送受信設定が正しくない場合 ウイルス対策プログラムが送信メールをスキャンするとき あなたのメールが送信トレイに詰まってしまい、それを取り除きたい場合は、Outlookの接続状態を変更してみてください。ステータスが切断されている場合は、変更する必要があります。しかし、あなたの大切なEメールや添付ファイルがこのエラーのために削除されても、それは悲しいことではありません。 PSTの修復ソフトウェアの助けを借りて、あなたは簡単にOutlookのPSTデータを回復することができます。これだけでなく、ソフトウェアはあなたが受信トレイユーティリティ(Scanpst.exe)で修復することはできませんこのようなPSTファイルを修復することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst.exeダウンロードOutlook 7:PST修復のための最善の解決策-0x800cccof Outlook????

Scanpst.exeをダウンロードするOutlook 7は、OutlookユーザーがPSTファイルを無料で修復できるようにMicrosoftが設計した無料の組み込みツールです。 PSTは、電子メール、添付ファイル、メッセージ、連絡先、雑誌、メモ、タスクなどの重要なメールボックスコンポーネントを格納するために使用されるMicrosoft Outlookの非常に重要なファイルですが、ファイルが破損したり、理由、次にScanpst.exeをダウンロードするOutlook 7は、ユーザーを修復するのに役立ち、それらのメールボックスアイテムに再度アクセスできるようにします。 さらに、Scanpst.exeを実行して、システム上でOutlook 7をダウンロードして、PST関連の問題を修正する必要があります。残念ながら、PSTファイルのマイナーレベルの破損や損傷の問題のみを診断できるため、時々失敗することがあります。そのため、Scanpst.exeの代わりにサードパーティ製のOutlook PST修復ツールを使用してOutlook 7をダウンロードし、PSTファイルを修復し、数分で重要なデータに再度アクセスする方がよいでしょう。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookのアドレス帳を元に戻す方法は?-421????????

すべての人の詳細を暗記するのは簡単な作業ではありませんが、この作業を簡単にするために、MS Outlookはアドレス帳という便利な機能を提供しています。アドレス帳を使用すると、人の情報、電子メールの処理、タスク、および会議出席依頼を保存できます。しかし、いつか他のPSTファイルのように、これらのアドレス帳は削除されるか、異なる理由によりアクセス不能になります。私たちが知っているように、アドレス帳はma PSTファイルであり、PSTファイルが破損したときにほとんど削除されます。この問題に直面し、Outlookのアドレス帳の復元を解決するためのソリューションを探している多くのOutlookユーザーがいます。 ウイルス攻撃、オーバーサイズ、Outlookの不適切な使用などOutlook PSTファイルの破損の背後には多くの理由があります。しかし、Outlookの削除されたアイテムフォルダから削除したアドレス帳を復元することができます。削除済みアイテムフォルダが空の場合、サードパーティのソフトウェアを使用する必要があります。 PSTの修復ソフトウェアは、Outlookのアドレス帳を復元するための最良のソリューションです。それは簡単に深刻な破損したPSTファイルを修復し、また、削除されたPSTファイルを回復します。あなたのアドレス帳が削除または紛失した場合、このソフトウェアを使用することができます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

ScanPST MSMAPI32 DLLエラー後のPST修復-0x800ccc0d Outlook???

ScanPST MSMAPI32 DLLエラーのあと、PST修理に向けた解決策を探していれば、幸いなことに、あなたは正しいポストに着陸しました。 Mapi32.dllは、Microsoft Outlookに加えてインストールされるダイナミックリンクライブラリです。 mapi32.dllエラーは、通常、Microsoft Outlookのバージョンをアップグレードするときに発生するか、またはアンインストールしてからOutlook 2007をコンピュータに再インストールした場合に発生する可能性があります。アップグラデーションの間、mapi32.dllファイルは置き換えられません。これにより、非互換性の問題が発生します。 ScanPST MSMAPI32 DLLエラーを修正するには、以下の手順に従ってください。 – "スタート"をクリック>> "コンピュータ"をクリック>> Cドライブに移動します。 "Program Files" >> "Common Files" >> "System"、 ">>" MSMAPI ">>" 1033 "フォルダに移動します。 ファイル "Msmapi32.dll"を右クリック>> "名前の変更"をクリック ファイルの名前を "Msmapi32.old"と変更します(ファイルのバックアップとして機能します) Microsoft Outlookを起動します。 Outlookが起動すると、ファイルの1つが "Msmapi32.dll"を探します。 Outlookアプリケーションでファイルが見つからない場合は、現在のOutlookバージョンと互換性のあるファイルが再作成されます。状況が同じ場合、PST修理ソフトウェアを使用してScanPST MSMAPI32 DLLエラーが発生した後もPST修理として失望する必要はありません。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする