Tag Archive: どこでもエラーコード10

virus tag

pst19upg.exeでPSTパスワードを削除する方法-scanpst exe????????

Microsoft Outlookは、pstファイルからパスワードを削除するpst19upg.exeとして無料の組み込みユーティリティで有効になっています。ただし、ANSI形式で動作するため、MS Outlook2002およびそれ以前のバージョンにのみ適用可能であるという特定の要件を満たす必要があります。したがって、ANSI形式のみをサポートし、UNICODE形式はサポートしません。 OutlookのPSTファイルからパスワードを削除するためにpst19upg.exeを使用する手順 ユーザーはOutlookを閉じて終了し、PSTファイルのコピーを作成する必要があります。 ScanPST.exeを実行し、PstCopyを修復します。完了したら、ファイルをpst19upg.exeの場所に移動します。 次に、ユーザーはWindows + Rを押す必要があります。 これにより、[ファイル名を指定して実行]ウィンドウが開きます。ここで、CMDと入力し、Enterキーを押します。 ユーザーはpst19upg.exeのパスを入力し、Enterキーを押す必要があります。 「pst19upg.exe-xPstCopy.pst」と入力し、Enterキーを押します。これにより、新しいファイルPstCopy.psxが作成されます 元のPSTファイルの名前を別の名前に変更します。次に、CMDに「pst19upg.exe-i PstCopy.psx」と入力し、Enterキーを押します。 ユーティリティは、パスワードを持たない新しいPSTを作成し、最終的にはパスワードなしでpstファイルにアクセスできるようになります。ただし、前述のように、この方法は以前のバージョンのOutlookでのみ機能するか、適用できます。ただし、Outlook 2007などの新しいバージョンまたはそれ以降のバージョンを使用している場合は、サードパーティのOutlookPSTパスワード回復ソフトウェアを使用する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

無料のPST修復ソフトウェア(ScanPST.exe)を実行する手順-?????pst???????????

あなたのPSTファイルは壊れていますか? MS Outlookのメールボックスアイテムとデータにアクセスできませんか? Outlookのエラーを修正するためにScanpst.exeとして無料のPST修復ソフトウェアを実行しますか?実際、Outlookには、scanpst.exeまたは受信トレイ修復ツールとして無料のpst修復ユーティリティが組み込まれています。これは、Outlook 2019、2016、2013、2010および以前のバージョンのMSOutlookを含むすべてのバージョンのMSOutlookにプリインストールされています。 pstファイルは破損する傾向があるため、ユーザーはいくつかまたはその他のOutlookエラーに遭遇する可能性があります。これらのOutlookエラーにより、データとpstファイルにアクセスできなくなります。 この時点で、Scanpst.exeとして無料のPST修復ソフトウェアを使用して実行する必要が生じます。ただし、使用しているOutlookのバージョンとWindows OSに応じて、最初にそれを見つける必要があります。 Outlook2010の場合 32ビットWindows:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office14 \ 64ビットOutlook:C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office14 \ Outlook 2013では、 32ビットWindows:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office15 \ 64ビットOutlook:C:\ Program Files \…
Read more

Outlookエラーコード0x800CCC0Aを簡単に修正する方法-800ccc0f???

この投稿は、CONNECTION_DROPPEDとも呼ばれるMS Outlookエラーコード0x800CCC0Aを修正する効果的なソリューションを備えています。だから、この投稿を完全に読んでください。 MS Outlookエラーコード0x800CCC0Aについて知っている MS Outlookのエラーコード0x800CCC0Aは、ほぼすべてのMS Outlookユーザーが直面する最も一般的なエラーメッセージの1つです。これは通常、Microsoft Outlookがクラッシュしたり、実行中に失敗したりするときに発生します。このようなエラーは、訂正され処理されない限り、ユーザーの画面に表示されるように、あまりにも面倒です。 MS Outlookエラーコード0x800CCC0Aの出現の原因 不完全なデザイン 互換性のないプログラムの実行 メモリの問題 不適切なグラフィックスドライバ マルウェアの攻撃など 解決方法MS Outlookのエラーコード0x800CCC0Aを修正するには 解決策1:競合するプログラムを閉じる Ctrl + Alt + Delキーを同時に押してWindowsタスクマネージャを起動します。 これで、実行中のすべてのプログラムの一覧が画面に表示されます。 [プロセス]タブに移動して、すべてのプログラムを強調表示して1つずつ上に移動します。 [プロセスの終了]ボタンをクリックします。 ソリューション2:ランタイムライブラリを再インストールする すべての追加または未知のパッケージを「プログラムと機能」でアンインストールします。 MS Visual C ++再頒布可能パッケージを見つけて強調表示します。 一覧の上部にある[アンインストール]ボタンをクリックします。その後、PCを再起動してください。 次に、合法的なMicrosoftから最新の再配布可能パッケージをダウンロードし、インストールした後にインストールします。 解決策3:ディスククリーンアップを実行する システムファイルをバックアップし、システムハードドライブの空き容量を解放することを検討してください。 キャッシュをクリアして、PCを再起動してください。 ディスククリーンアップを実行し、MSエクスプローラウィンドウを開き、メインディレクトリを右クリックします。 プロパティに移動し、ディスククリーンアップをクリックしてください。 解決策4:グラフィックドライバを再インストールする…
Read more

特大の.pst修復ユーティリティ:簡単に特大のPSTファイルを修復する-0x800ccc0d Outlook 2007???

OutlookはすべてのデータをPSTファイルと呼ばれるコンテナに格納します。このストレージテーブルには、電子メール、連絡先、住所、メモ、スケジュール、下書き、タスクなど、あらゆる種類のデータが含まれています。しかし、問題は、このストレージテーブルは限られた記憶容量を持ち、ユーザーはOutlookのバージョンに依存する限られたファイルサイズを格納できるということです。 Outlookの継続的な使用のためにPSTファイルは限られた記憶容量を横切る特大を得ることがあります。これが起こるとPSTファイルが破損し、ユーザーがメールにアクセスしようとするたびにエラーが発生します。これは、大規模な.pst修復ユーティリティに関するユーザーの検索のほとんどを行う理由です。 しかし、OutlookはPSTファイルを修復するためのinbuiltユーティリティを提供していますが、問題があります。この受信ボックスユーティリティは、オーバーサイズのために損傷を受けるPSTファイルを修復しません。このような状況では、PST修復ソフトウェアなどのサードパーティ特大の.pst修復ユーティリティを使用する必要があります。特大サイズのために破損するPSTファイルを修復するためのhepユーザーに最適なソフトウェアの1つです。 inbuiltユーティリティのように、それは何の制限もなく、どんな状況でもPSTファイルを修復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする