Tag Archive: どこからでもエラーコード38

virus tag

Outlook エラー 0X8004011d を修正する方法: サーバーが利用できません-0x800ccc0d Outlook 2007???

「サーバーが利用できません」という Outlook エラー 0X8004011d が発生すると、特に Outlook が電子メール通信に重要なツールとして機能する場合、非常にイライラすることがあります。このエラーによりワークフローが中断され、不必要なストレスが加わります。ただし、それを解決するための効果的なトラブルシューティング手順があります。このガイドでは、盗用されたコンテンツに頼らずに Outlook エラー 0X8004011d を修正するプロセスを説明します。 Outlook エラー 0X8004011d: サーバーが利用できませんについて 解決策について説明する前に、Outlook エラー 0X8004011d の背後にある理由を理解しましょう。このエラーは通常、Outlook クライアントと電子メール サーバー間の接続の問題が原因で発生します。 Outlook エラー 0X8004011d: サーバーが利用できません: 次のようなエラーが発生する可能性があります。 ネットワーク接続の問題:インターネット接続が不十分であったり、干渉が発生したりすると、Outlook の電子メール サーバーへの接続が妨げられる場合があります。 古い Outlook バージョン:古い Outlook バージョンを使用すると、電子メール サーバーとの互換性の問題が発生する可能性があります。 破損した Outlook プロファイル:破損した Outlook プロファイルはアプリケーションの適切な機能を妨げ、エラー…
Read more

scanpstでファイルを簡単にスキャンする方法-0x800CCC14???

Outlookユーザーがscanpstを使用する理由 破損した、破損した、削除されたPSTファイルの失われたMS Outlookユーザーの問題の最も一般的な一般的な原因の一つです。ただし、MS OutlookはPSTファイル形式ですべてのものを保存した最善の電子メールクライアントアプリケーションとしてリライトされていますが、PSTファイルが破損、紛失または破損してOutlookアプリケーションにアクセスできない場合があります。その時点で、人がファイルをスキャンして手間をかけずに簡単に回復できるようにするために、scanpstが必要です。 PSTファイルがどのように破損するかを知る PSTファイルの破損の背後には、責任ある要素がいくつかありますが、それらのいくつかは次のとおりです。 Outlookを最新またはそれ以上のバージョンにアップグレードする。 マルウェアやウイルス攻撃。 MS Outlookの突然の終了。 特大のPSTファイル オペレーティングシステムの再インストールなど scanpstでPSTファイルをスキャンして修復します。 Scanpstは、システムユーザーが自分のPCにMicrosoft Outlookをダウンロードしてインストールすると、デフォルトでPCの内部にインストールされる受信トレイ修復ツールとも呼ばれます。このコストのかからないユーティリティは、ファイル構造をリセットし、MS Outlookアイテムのヘッダーを再構築することによって、ほぼすべてのOutlook関連の問題を修正しようとします。このユーティリティを使用するには、プログラムファイルを移動して、MS Outlookフォルダ内で同じものを検索する必要があります。間違いなく、MS Outlookのマイナーな問題を解決するには十分だが、MS Outlookに関連するオーバーサイズまたは主要な問題を解決するには、システムユーザーはOutlookの問題を簡単に解決するのに十分なOutlook PST修復ツールというサードパーティのツールを使用する必要があります、安全かつ完全に。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

破損後にOutlookを修復する方法を理解する-0x800CCCA0???

PST (パーソナルストレージテーブル)は、情報の損失を保存することができるため、重要なファイル形式の見通しです。 Ms Outlookはインディビジュアルや組織の情報を共有するすばらしいアプリケーションです。これらのファイルとは別に、pstファイル自体が制限されています。オーバーサイズのpstはPSTの破損の問題の背後にある頻繁な理由です。もう1つの理由は、システムの誤動作、アプリケーションのクラッシュ、マルウェア攻撃、Outlookアプリケーションの不適切なインストール、ユーザーの間違いなどの問題です。 このような修復見通しの場合、破損したPSTファイルを完全に修復するには、サードパーティの修復ソフトウェアを入手する必要があります。 PSTの修復ソフトウェアは、破損したPSTファイルの任意のタイプを簡単に修復でき、失われたアイテムや削除されたアイテムの回復を提供できる最も信頼性の高い効率的な修復ソフトウェアの1つです。このツールは、特別な設計であり、事前スキャンアルゴリズムと最新のプログラムロジックで開発され、感染したすべてのPSTファイルをスキャンして修正します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

PSTファイルにCRCエラーを修正する方法-0x80040115 Outlook???

PSTファイルのCRCエラーを修正するための完全な解決方法が不思議なら、幸いなことに正しい投稿を読んでいることでしょう。エラー「Can not copy。データエラー(Cyclic Redundancy Check:巡回冗長検査)は面倒なエラーで、特にハードドライブに不良箇所がある場合に発生します。 Microsoft Outlookアプリケーションを使用して電子メールをダウンロードすると、CRCエラーが発生する可能性があります。簡単な方法で、エラーは.pstの破損を示します。 PSTファイルでCRCエラーが発生する原因はいくつかあります。非常に一般的に見られるものがいくつかあります: Outlookの突然の終了。 ハードドライブ上の不良セクタの形成 ネットワーク上のPSTファイルを共有する。 PSTファイルが有害なウイルスに感染しています。 Outlookの実行中にシステムがクラッシュする 理由は異なるかもしれませんが、唯一の良いニュースは、PST修復ソフトウェアを使用してPSTファイルにCRCエラーを修正できることです。手動での修復はオプションですが、そのためには技術的に熟練する必要があります。そうでなければ、他の悪い問題に直面する可能性があります。だから、PSTファイルや他の種類のPSTの問題でCRCエラーを解決するのに最適で完全なソリューションだから、提案されたツールを試してみてください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする