Latest Posts

scanpst.exeダウンロード:PSTファイルを修復するソリューション-0x800CCCAE???

Microsoft Outlookは、Personal Outlookフォルダ(PST)にすべての種類のデータを保存するすばらしいアプリケーションです。 PSTはOutlookの重要な部分であり、過度の不適切な使用が.pstの破損につながる可能性があるため、これを適切に管理する必要があります。幸いなことに、Outlookアプリケーションは簡単な方法でOutlookの問題のすべての並べ替えを修正することができますscanpst.exe Outlookの受信トレイの修復ツールを内蔵ツールで提供されます。 Outlookのscanpst.exeの場所を見つけることは、すべてのOutlookのバージョンによってその場所が異なるため、難しい作業です。 Windows 10の受信トレイの修復ツールscanpst.exeには、以下の場所があります。 Windows x32 – C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office15 Windows x64 – C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office15 .pstファイルを破損させるには、まずOutlookプログラムを終了し、scanpst.exeのダウンロード操作を実行してOutlook 2010受信トレイ修復ツールをダウンロードする必要があります。 scanp.exeのダウンロードが正常に完了したら、PCに正しくインストールして、すべての種類の.pst問題を修正してください。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Pstからパスワードを削除する方法-0x800CCCDA???

パスワードをPSTファイルに追加すると、不正なアクセスから保護されます。しかし、PSTファイルを開くたびに、パスワードを要求するダイアログボックスが表示されるため、いつも迷惑になることがあります。正しいパスワードを入力した場合にのみ、PSTファイルのコンテンツにアクセスできます。これにより、pstからパスワードを削除する必要が生じます。あなたがパスワードを知っていて、それを疲れたら、心配しないでください。次の手順を使用すると、PSTファイルのパスワードを簡単に削除できます。 pstファイルからパスワードを削除する手順 フォルダリストで、PSTファイル名を右クリックします。 その後、プロパティを選択し、[詳細設定]ボタンを選択します。 パスワード変更ボタンをクリックしてください 古いパスワードボックスにパスワードを入力します 新しいパスワードを残して、領域が空白であることを確認します。 最後に[OK]をクリックしてOutlookに戻ります ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

scanpst.exeダウンロード:PSTファイルを回復するための簡単で作業ステップ-0x800CCC93???

scanpst.exeは何をダウンロードしますか? PCのユーザーがOutlookのデータ保存ファイルまたはPSTファイルの破損の状況を通過しなければならない場合は、 scanpst.exeのダウンロードが必要になります。しかし、このユーティリティの最も便利な機能は、MS Outlookのインストールとともに自動的にインストールされることです。しかし、MS OUtlookが適切な方法でインストールされていない場合は、Microsoft Officeの公式サイトからscanpst.exeをダウンロードしてください。その起動は、ユーザーがpstファイルにアクセスするのが困難で、「Microsoft Outlookを起動できません」などのエラーがPC画面に表示された場合に必要です。このような問題が発生すると、scanpst.exeアプリケーションの助けがそれを克服するために取られることがあります。 今、MS Outlookでscanpst.exeアプリケーションの場所を知ることは非常に重要です。実際には、バージョンによってその場所はある程度異なります。 例えば: Outlook 2016: 32ビットWindows; C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office16 \ 64ビットウィンドウ。 C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office16 \ 64ビットOutlook; C:\ ProgramFiles \ MicrosoftOffice \ Office16 \ Outlook…
Read more

Outlookで.pstファイルを分割する方法?-550??????

年数から同じPSTファイルを使用するとサイズが大きくなり、Outlookとそのパフォーマンスが向上し、.pstファイルを分割する必要があります。 pstファイルをアーカイブ機能で分割することができます。しかし、分割を開始する前に、OutlookがModified date to Not Modified dateに設定されていることを確認してください。インポートまたは変更された電子メールがメインPSTに残らないようにします。次に、以下の手順に従って.pstファイルを分割します。 [アーカイブ]ダイアログボックスを開き、[このフォルダとすべてのサブフォルダをアーカイブする]を選択します。 トップレベルのフォルダをクリックしてメールボックス全体を選択する アーカイブを作成したい場合は、1月1日より古いアーカイブアイテムの日付を設定します。 次に、PSTファイルの場所または名前を指定します。2011年以前のバージョンでは、ネットワーク共有ではなくローカルドライブに場所を設定します。 最後に[OK]をクリックします。 アーカイブを完了したら、手順を繰り返しますが、手順3または4で別の日付を入力します。最後に「今すぐ圧縮」ボタンをクリックして、PSTファイルのサイズを縮小します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst:瞬時に簡単にPSTファイルを修復する-0x80040154???

scanpstについての分析 scanpstは、受信トレイ修復ツールとしても有名なアプリケーションです。これは、いくつかの制限までに破損したPSTファイルを修復する機能を備えています。 Outlookと同様に、すべての電子メールとフォルダは単一のPSTファイル内に存在します。したがって、何らかの理由で破損すると、ユーザーはフォルダやメールボックスの内容にアクセスできなくなります。その場合、ユーザーはscanpstアプリケーションを使用することをお勧めします。それは、PSTファイルに関連する問題を調査し、破損したPSTファイルを修復して取り戻します。それはPCの中にMS Outlookのインストールと一緒に自動的にインストールされます。場合は、破損している場合にのみ、別のインストールの要件があります。 scanpstの機能: scanpstには、些細な腐敗の問題に取り組む効果があります。 スキャン処理が終了した後、ログレポートが作成されます。コンポーネントはこのアプリケーションで正常に修正されました。 このユーティリティは、ユーザーが損害に対処し、PSTファイルの内部データ構造を検証することをサポートします。 最も有利な機能は、ユーザーがMS OutlookをインストールしたときにscanpstがOSの内部に自動的にインストールされることです。 scanpstの制限: scanpstは、削除されたオブジェクトを効率的に復元できません。 それは大きな損害を克服するのに役立つことはできません。 パスワードで保護されたファイルは回復できません。 身体の部分で腐敗が起きたときは無益です。 また、修理時に誤って電子メールを削除することもあります。 したがって、scanpstが正常に動作しない場合、ユーザーはPSTファイルを修復する目的でOutlook PSTファイル修復ツールを使用することがあります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

pstパスワードの回復-??pst????????2007

pstパスワードを忘れましたか? pstパスワードリカバリの究極のガイダンスをお探しですか?さて、この記事は、pstパスワードを簡単かつ簡単に回復する方法を提供することを目的としています。 私たちは皆知っています、MS-Outlookは驚くべきアプリケーションであり、その豊富な機能は私たちに多大な感銘を与えましたが、さまざまな段階でのエラーや問題はOutlookユーザーを悩ませ続けています。そのうちの1つは、パスワード回復のためのpstの必要性と幸いにも今pstのパスワード回復ソフトウェアを使用することが可能です。マニュアルリカバリも可能ですが、プロセスが長くなり、エラーが発生した場合には重大な大きな問題に直面する可能性があります。だから、手動のステップを試して、信頼性の高い使いやすいpstパスワード回復ソフトウェアを試してみると、紛失したpstパスワードを取り戻すための究極のガイダンスには、長時間の「もうしばらく」と言えます。推奨されるツールは、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを持ち、MS Outlook 2016のすべてのバージョンをサポートしています。多言語と複雑なパスワードをサポートする最善の部分です。それで、pstパスワードリカバリソフトウェアを試してみてください。それはpstパスワードリカバリのための最高の究極の指針です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst.exe:PSTファイルの破損を修正する受信トレイの修復ツール-800ccc92???????

Scanpst.exe別名インボックス修復ツールは、Microsoftがpstファイルの破損を修復するために提供する組み込みユーティリティです。ただし、pst Outlookストレージデータに関連する重大な破損を修復できないため、使用が制限されています。これは、pstファイルに関連するヘッダーファイルの破損を修復するためにのみ適しています。 scanpst.exeの場所は、使用されているOutlookのバージョンによっても異なります。 Outlook 2016の場合、 32ビットWindows; C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office16 \ 64ビットWindows; C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office16 \ 64ビットOutlook; C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office16 \ Outlook 2013ユーザーの方は、ここをクリックしてください 32ビットWindows; C:\ Program Files…
Read more

scanpst.exe:PSTの問題を解決する簡単な方法-Outlook?pst??????????????????

scanpst.exeは、Inbox Repair Toolとも呼ばれ、問題のあるPSTファイルを診断して特定するために使用される、MS-Outlookに組み込まれているツールです。このアプリケーション作業は、個人用のフォルダファイルを調べ、データが破損しているか修復が必要かを調べます。 scanpst.exeは.pstの破損を修正するのに非常に役立ち、すべての対策を提供するので、Outlookアプリケーションを簡単に操作できます。 scanpst.exeの場所に来ると、ほぼすべてのバージョンのOutlookで異なります。 Scanpst.exe(受信トレイ修復ツール)場所: – Outlook 2016 / Office 365 32ビットWindows: – C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office16 64ビットWindows: – C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office16 64ビットOutlook: – :\ Program Files \ Microsoft Office \…
Read more

Scanpst 2007を使用してPSTの破損を修正する-Outlook?550???

Scanpstは、Outlookの破損したPSTファイルや破損したPSTファイルを修復するために使用できる、組み込みツールです。 Outlookを正しく使用しないと、PSTファイルが破損し、アプリケーションがエラーメッセージをスローします。このような状況では、Scanpst 2007が使用され、破損したPSTファイルを修復して問題を修正します。しかし、このinbuiltツールを実行する前に、専門家のOutlookで提案されているように適切に閉じておく必要があります。 PSTファイルを開いたままにしてscanpstを開始すると、PSTファイルが破損し、Outlookでエラーメッセージが表示されます。 また、scanpst 2007には、Outlookのエラーを修正するのに役立つにもかかわらず、Outlookのファイルサイズが2 GBを超える問題を修正できない場合でも、制限の問題があります。特大のPSTファイルを修復しようとすると、このinbuiltユーティリティが応答しなくなります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookを修復する方法メールを送信または受信中に0x8004210bエラーが発生する-0x800CCC65???

あなたはOutlookの0x8004210bエラーに直面している彼らの一人ですか?これは、Outlookユーザーが直面する最も広く発生したエラーの1つです。実際、これは最近、ユーザーが苦情を申し立てている重大な問題であることが判明しました。調査では、pstファイルの破損またはOutlookの誤ったインストールが、Outlookの0x8004210bエラーの最大の原因であるように見えることが判明しました。 Outlook 0x8004210bエラーの発生原因 ほとんどのユーザーはMS Outlookでいくつかのタスクを達成しながらこの問題に直面します。残念ながら、前記操作は間に失敗し、ユーザはSMTPサーバからのタイムアウト応答のために長く待たなければならない。ユーザーは、サーバー管理者またはISP(インターネットサービスプロバイダ)に連絡するようにさらに通知されます。これだけでなく、フリーズするためにうまく動作しないWindowsの誤動作にもつながります。 Outlook 0x8004210bエラーのためにシステムがクラッシュした場合、重大なデータ損失が発生する可能性があります。 Outlookの0x8004210bエラーのために症状を見てみましょう 上記のように、メールの送受信中にタスク – 送信中のエラー報告(0x8004210B)が頻繁に画面に表示されます。 Windows PCの頻繁なハンギングとクラッシュ コマンドの失敗によるシステム応答の遅れ キーボードやマウスからの入力も時には失敗します。 これらのすべての症状は確かであり、0x8004210bエラーの撮影確認です。 0x8004210bエラーの原因 特に、このエラーの背後には多くの理由があります。これらのうちのいくつかを以下に示します。 MS Outlook関連のプログラムまたはファイルの削除 OutlookをWindowsに不適切または不完全にインストールする ウイルス攻撃によるWindowsレジストリの破損 したがって、このエラーに直面している場合、円滑なOutlook操作のためにOutlook 0x8004210bエラーを修正する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする